こんにちは、コンティー海です。

アフィリエイトで稼ぐために
ブログを運営される方は多いですが
その際に、1記事当たり
どれくらいの文字数で書くべきなのか?
という疑問を持たれる方は少なくありません。

で、その答えとして巷では
「1記事1000文字」と言われています。

確かに、100文字しかない記事よりかは
1000文字の方がいいとは思いますが
ホントに、1000文字あれば
稼げるようになるのでしょうか?

今回は、この疑問について
解説していきたいと思います。

書く

1000文字書けば稼げるのか?

検索トップになるサイトは何文字なのか?

まずは、こちらの画像をご覧ください。

「ブログアフィリエイト」の検索結果

「ブログアフィリエイト」の検索結果1番目

上の画像は、「ブログ アフィリエイト」で
検索した際の検索結果で、
下の画像は、その検索結果で
1番目に表示されていたサイトになります。

では、そんな検索最上位のサイトが
どのくらいの文字数であるかと言うと
下記の通りとなります。

「ブログアフィリエイト」の検索結果1番目の文字数

はい、4000文字オーバーです。

この結果だけを見ると
「やっぱり、1000文字じゃ無理なのか」
と思われるかもしれませんが
実は、そうでもないんです。

次に下記画像をご覧ください。

「イートンファイブス」の検索結果

「イートンファイブス」の検索結果1番目

上の画像が「イートンファイブス」で
検索した際の検索結果であり、
下の画像がそれの1番目のサイトです。
※ イートンファイブスとは超マイナーなスポーツです。

では、そんな検索最上位のサイトが
4000文字オーバーになっているかと言うと…

「イートンファイブス」の検索結果1番目の文字数

ご覧の通り、わずか1000文字程度しかないんです。

1000文字でも稼げなくない

上記の結果からも分かるように
たとえ1000文字程度の記事であったとしても
検索上位に表示させることは可能なんですね

当然、検索上位くるということは
それ相応のアクセスが来ることになるので
そのアクセスを使えば
アフィリエイトで利益を出すことができます。

なので、1000文字で稼ぐことは
決して不可能ではないんですね

しかし、

大きな収益を上げるのは
かなり厳しいと思います。

難しい

そもそも、上記の例に挙げた
1000文字の記事が検索上位にきているのは
あくまで超マイナーなスポーツだったからです。

要するに、ライバルが少ないからこそ
1000文字程度の記事でも
検索上位に表示されることができたんですね

実際、上記の検索結果をご覧になられれば
お分かりになるかと思いますが
「ブログ アフィリエイト」の検索結果が
「67,200,000」もあるのに対し、
「イートンファイブス」の検索結果は
わずか「215」しかありません。

そのため、ニッチな検索ワードを狙えば
1000文字でも十分、検索上位は狙えますが
ニッチである分たとえ検索上位になっても
あまり多くのアクセスは見込めません。

ちょっと考えれば分かると思いますが
誰もが知っているであろう「サッカー」と、
先ほどの「イートンファイブス」、
どちらかがより検索されるかなど
火を見るより明らかですよね

そういったこともあって
1000文字でも稼げるけど稼げる額は少ない、
とお伝えしたんですね

ただ、これはあくまで現状の話であり
将来的な話で考えると
正直、1000文字程度の記事では
今後ドンドン厳しくなると思ってます。

ニッチワードも厳しくなる

下記の画像は、矢野経済研究所が調査した
アフィリエイトの市場規模と
未来の予測となっているのですが
右肩上がりになっているのが
お分かりになるかと思います。

アフィリエイトの市場規模
引用元:https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2055

この事から分かるのは
ライバルが増える可能性が高いということです。

なんせ、右肩上がりのオイシイ市場なのですから
その市場に人が集まるのは
もはや自明の理ですよね

そうなれば当然、ライバルが少なかった
ニッチワードにも
アフィリエイターのライバルが
増えることになります。

まぁ、例えライバルが増えたとしても
そのライバル達が1000文字の記事しか
書かないのであれば
1000文字でも検索上位にすることは
できなくはないでしょう。

しかし、Googleも明言してますが
今後、検索上位に来るのは
高品質な記事になりますので
そうなると、1000文字程度の記事で
検索上位を狙うのは難しくなるでしょうね

もちろん、狙うワードやライバルの量によっては
1000文字でも稼げなくはないでしょうが
将来のことを考えるなら
1000文字というこだわりなど持たずに
品質の良い記事を書くことに
尽力されるのが賢明です。

とはいえ、

「良い記事なんてどう書くの?」
と思われるかもしれませんので
最後に良い記事を書くために
何をすべきかを解説したいと思います。

良い記事を書くためには?

情報を集める

まずは、書こうとしている記事の
情報を集めてください。

情報

例えば、美容に関する記事を書くなら
美容に関連するあらゆる情報、
ニキビ、スキンケア、肌荒れ、などなど

まず、そもそもの話になりますが
良い記事というのは
読者がその記事を読んで
「この記事はためになった」と
思われるような記事のことです。

そして、そんな記事を書くためには
記事内容に関して、
深い知識を持っている必要があります。

もちろん、大した知識が無くても
記事を書くことはできます。

でも、そうなると必然的に
「ためになった」と思われる可能性は
低くなってしまうんですよ

例えばです。

あなたは美容のスペシャリストであり
美容に関する深い知識があったとしましょう。

そんな時に、何かしらの美容記事を見た時に
自身が知っていることしか書かれてなかったら
「なんだ、全然役に立たない記事だな」
って思いますよね

つまり、読者が「ためになった」と思うには
少なくとも、記事の書き手であるあなたが
読者以上の知識を持ってなくてはダメなんです。

だからこそ、情報を集めるんです。

集めて、読者以上の情報通に
ならなくてはいけないんです。

そうして、情報を集めたのなら
更なる知識を身に付けるために
情報の検証も行ってみましょう。

情報の検証

例えば、「化粧品Aはスゴク良かった!」
という情報を見つけたとしましょう。

この時、単にこの情報を使うのではなく
できるなら、実際に化粧品Aを使ってみて
ホントに良いかを試してみるのがいいです。

検証

当たり前ですが、人それぞれ個性があるので
「スゴク良かった」という情報があっても
全ての人がそう思うわけではありませんよね

もしかしたら、あなたにとっては
そんなに良くないかもしれません。

これがいいんです。

こういった個人個人による
感じ方の違いを記事に書けば
その記事はあなたにしか書けない
特別な記事になりますし
それはつまり、
オリジナリティがあることになります。

Googleでもオリジナリティは
推奨されていますので
検索上位を狙うのであれば非常に効果的です。

ちなみに、検証して仮に
他の人と同じような結果になっても
何も問題はありませんからね

というのも、たとえ同じ結果になろうが
「検証した行為」そのものが
情報として価値があるものになるので
その過程などを記事を起こせば
読者のためになる記事になるので。

さて、

ここまでは読者以上の
情報通になるための方法について
解説してきましたが
残念ながら、それだけでは不十分です。

もう一つ、ライティング力が無くてはいけません。

ライティング力を身に付ける

読者以上の情報通になるのと同じぐらい
ブログで稼ぐにはライティング力が重要です。

ライティング

なぜなら、いくら情報通になろうとも
ライティング力がなければ
読者に「ためになった」と思ってもらえないからです。

例えば、テレビなどで
その道の専門家が出ることがあるかと思いますが
そういった専門家が言ってることって
正直、よく分からないことが多くないでしょうか?

専門家としては
ちゃんと説明しているつもりでしょうが
それを聞いている自分らからしたら
知らない専門用語ばかりで
何言ってるか分かんない、
とチンプンカンプンになることは
少なくないと思います。

要するに、

いくら正しいことを言おうが書こうが
読者が理解できなければ
ハッキリ言って、意味がないんですね

それがどんなに素晴らしい内容であっても
ゴミ同然なんです。

いくら情報通になって
有用な情報をブログで配信しようとも
読者に理解できる記事でなければ
「ためになった」とは思われないので
ライティング力を身に付けなければいけないのです。

まとめ

ブログにおいて1000文字が
一つの指標となっていますが
これからは1000文字なんて指標など
当てにならないというのは
ここまでで書いた通りです。

これからは1000文字の記事ではなく
良い記事を書くことを意識しなくてはいけません。

そして、良い記事を書くためには
「情報通」になり「ライティング力」を身に付ける、
この二つが重要です。

なので、是非とも
1000文字という指標は捨てていただき
良い記事を書くことに
力を注いでいただければと思います。

それでは、失礼いたします。