「心に響く文章を書きましょう」

面白いブログ記事を書くにも、
稼ぐライティングにおいても、
これが必要不可欠と言われています。

確かに感情がこもってなくて
心に響かない文章なんて
面白くも何ともないですし
そんな文章では商品が売れないので
ロクに稼ぐ事ができません。

なので心に響く文章が大切なのは
紛れもない事実なんですが…

どうすれば心に響く文章が書けるのか?

なぜ人は文章で感情が動くのか?

これらの疑問を論理的に解説してる人は
誰一人として存在しません。

まぁ文章って感覚的になりやすいので
論理的に解説しにくいのは分かりますが
それだと いくら心に響く書き方や
感情を動かす書き方を解説されても
感覚的だと理解しづらいです。

そこで、

上記の疑問に対して
1つの論理的な答えを持ってる自分が
この記事で詳しく解説したいと思いますね

ちなみに その答えは「記憶」です。

「記憶」があるからこそ
人は文章で感情が動いたり
心に響いたりするのです。

詳しくはこの先で解説しますので
ぜひ、ご覧くださいね

この記事をご覧になれば
心に響く・感情を動かす本質を知れ
どんな文章を書けばいいかを
明確に理解する事ができますので。

感情

運営者写真

コンティー海
SE(システムエンジニア)からアフィリエイターに転身した人。わずかなアクセスしか来ない弱小ブログながら、ライティング技術を極め、稼げる文章構成を作り上げる事で、アフィリエイトで月200万円を達成。自分のライティング技術や文章構成は下記で公開してるので、よろしければご覧になってみてくださいね
⇒ライティング技術について
⇒稼げる文章構成について

記憶こそが心に響く・感情を動かす本質

さて、冒頭で「記憶」こそ
人の心に響いたり・感情を動かす文章に
大切だとお伝えしました。

記憶

とはいえ「記憶」と言われても
今一つピーンとこないでしょうから
分かりやすい例を挙げたいと思います。

「知る」という記憶

まずは こちらの文をご覧ください。

おまえはヘイムスキア。

おそらく、何を言ってるか分からず
「え?」と困惑されているかと思います。

それが正常の反応ですので
特に気にされず次の文をご覧ください。

おまえはバカ。

今度は「え?」とならずに
大なり小なりイラっと
されたのではないでしょうか?

これらに一体 何の関係があるのか
よく分からないと
感じているかもしれませんが
これこそが人の心に響いたり
感情を動かすのに記憶が大切である
答えになっているんです。

というのも
「おまえはヘイムスキア」と
「おまえはバカ」は
内容的には全く同じなんですよ
※ ヘイムスキアはアイスランド語で
  バカを意味する言葉

このように同じ意味の文なのに
言葉を知ってるか?知らないか?で
感情が動いたり動かなったりします。

要するに言葉を知っているから、
その言葉の「記憶」があるからこそ
人は文章を読む事で
心に響いたり感情が動いたりするのです。

ただ、

知るという「記憶」だけでなく
もう1つ別の「記憶」もいります。

「経験」という記憶

突然ですが「ゴキブリ」という言葉に
あなたはどんな感情を抱きますか?

おそらく「汚い…」や
「気持ち悪い…」などの
何かしらの嫌悪感を抱くかと思います。

でも北海道に住んでらっしゃる方は
「ゴキブリ」という言葉を見ても
あまり嫌悪感を抱かない人が多いんですよ

というのも北海道では
「ゴキブリ」がほとんど出なく、
出会うという経験をしないので
知識として「ゴキブリ」を知ってても
いまいち嫌悪感を抱きにくいんです。

このように言葉そのものを知ってても
実際に経験した事がないと
いまいち感情が動かないんですね

ですので経験という「記憶」もいるのです。

ここまでの解説した事をまとめると
「知る」「経験」、この2つの記憶が
心に響く・感情を動かす文章に
必要なものたちとなります。

文章が感情を揺さぶる仕組み

俳句で素晴らしいと言われてる言葉でも
俳句で使われる言葉を知らなければ
その人の感情は動きませんし、
ものすごく辛い経験をして
それを文章に書いたとしても
その経験をした事ない人には
心に響く文章になりません。

そのため、心に響く・感情を動かすには
「知る」と「経験」の2つの記憶が
絶対に必要不可欠なのです。

では、具体的にどう書けばいいのか?を
次の章で解説していきます。

心に響く・感情を動かす文章の書き方

文字探しこそが本質

よく心に響く・感情を動かす文章を書くには
・1人に向けて書きなさい
・心を込めて書きなさい
・ストーリーにしなさい

なんて事が言われています。

確かに これらは有効です。

有効ではあるんですが
全員が全員 これを行うだけで
心に響く・感情を動かす文章を
書けるようになるかと言うと
決して そんな事はありません。

だって、これらは本質じゃないので。

じゃあ、何が本質なのか?

それは…

感情を動かす事ができる
言葉を、
文を、
文章を、
それらを探す事こそが本質です。

見つける

当たり前の話ですが
文章で人の感情が動いたり
心に響いたりするのは
人が文章を読んだ時になります。

「知る」と「経験」
2つの記憶を持っている状態で
文章を読んだ時に
無意識的に知ってる文字と
経験を結び付けるからこそ
文章で人の感情が動いたり
心に響いたりするのです。

例えば「バカ」という言葉を見た時
この「バカ」という文字が
相手を侮辱する文字だと知っていて
さらに そこから無意識的に
「バカにされた経験」を連想するため
「バカ」を見た人はイラっとします。

文章で感情が動く仕組み

つまり、

心に響いたり感情が動くかどうかは
どんな文字を使ったかで決まるのです。

だからこそ「文字探し」なんです。

ドラマの名シーンで俳優さんが語る
思わずウルッとしちゃうセリフ、
政治家が街頭演説を行う時に
集まった人たちを興奮させるスピーチ、
アニメのヒーローがピンチの時に言う
みんなを勇気づける胸熱な言葉。

それらだけじゃなく
何かしらの本を読んで見つけた
感動的な文章でも構いません。

他にもあなたの記憶を探して
どんな発言に感情が動いたかを思い出す、
とかでも構いません。

普段の生活であなたが
聞いたり・読んだり・見つけたりした文字、
その中にこそ答えがあるのです。

なので人の心に響く文章や
感情を動かす文章が書きたいなら
あなたの心に響いたり
感情が動いた文字たちを
探していただければと思います。

そういった文字を探し出して
あなたの文章にも使ってあげれば
人の心に響いたり感情が動く、
そんな文章が書けますので…

とはいえ いざ探すとなると
時間がかかってしまいますので
いくつか手軽にできるテクニックを
ご紹介したいと思います。

心に響く・感情を動かす文章を書くお手軽テクニック

感情表現を探す

まずはオンラインサービスを使って
感情表現を探す方法です。

使うサービスは日本語表現インフォです。

日本語表現インフォ
引用元:日本語表現インフォ

例えば「喜ぶ」で検索すると
下記のように「喜ぶ」に関係する
様々な感情表現がヒットします。

喜ぶの検索結果

そのため上記サービスを利用すれば
それぞれの感情に対応する感情表現を
簡単に探し出せますので
それらを使って文章を書けば
人の心に響いたり感情を動かす
そんな文章になりやすいです。

心の中で思った事をそのまま伝える

あと、心の中で思った事を
そのまま伝える
のも効果的です。

例えば下の文章のように
起こった事だけを書くのではなく、

昨日、東京に向かうときに
知らない人にぶつかられたが
特に謝ってこなかった。
正直、イラっとした。

下の文章のように
心の中で感じた事をそのまま
文章にしちゃうという感じです。

昨日、東京に向かうときに
知らない人にぶつかられたが
特に謝ってこなかった。
「はぁ!?なんだアイツ!」と思った。

最初より後の文章の方が
より怒ってるのを感じられる
感情的な文章になってますよね?

そのため心の中の声を文章にすると
読者に、書き手の感情を
ダイレクトに伝える事ができます。

ここで重要なのは
「感情は拡散する」という事です。

拡散

書き手の感情を読者に伝える事で
その感情が読者にも移るのです。

実際、縁もゆかりもない人でも
その人が笑ってたりすると
何となく嬉しくなったり
泣いてると悲しくなりますよね?

なので感情は拡散する性質上
感情的になりやすい心の声を
文章にそのまま書くのは
読者の感情を揺さぶるのに効果的なんですね

ちなみに文章ではなく
画像を使うのもありです。

笑う

こんな感じで何かしら感情を表す
そんな画像を貼り付ければ
その感情が伝染しますので
読者の感情を動かす事できます。

このように感情の拡散は
文章だけでなく画像でもできるので
うまく活用してみてくださいね

感動詞・終助詞を使う

また感動詞・終助詞を使うのも
手軽に感情を動かすのに効果的です。

例えば単に「素晴らしいです」と言うより
感動詞の「おぉ」を入れた
「おぉ、素晴らしいです」の方が
より感動してるように感じます。

そして終助詞の「ね」を入れた
「素晴らしいですね」なら
「素晴らしいです」よりも
人間味を感じられる文章にできます。

こんな感じでたった1~2文字入れるだけでも
グッと感情的な文章になるんですね

以上、3つのテクニックが
手軽にできるものになります。

ここでお伝えしたテクニックは
特に難しいものではなく
今スグにでも使えるものですので
これから文章を書く時には
ぜひ、やってみてくださいね

あー、それと

心に響いたり・感情を動かす文章とは
直接の関係はありませんが
分かりやすい文章の書き方も重要ですので
意識していただければと思います。

分かりやすい文章を書くのも重要

なぜ分かりやすさも重要かと言うと
人は分かる事にしか感情が動いたり
心に響いたりしないからです。

理解

例えば子供の頃はそうでもなかったけど
大人になってから面白いと感じる
アニメ・漫画・小説・映画などって
決して少なくありませんよね?

コレなんか正にそうですね

子供の頃はよく分からなかった事も
大人になって色々と経験を積んで
様々な事を分かるようになったからこそ
面白く感じるようになったのです。

それに先ほどもお伝えしましたが
心に響く・感情を動かす本質は記憶です。

「バカ」という文字を
見たり・聞いたり・読んだりした時に
バカは侮辱する言葉だという記憶、
バカにされてイラっとした記憶、
これらの記憶と紐づけられるから
人はイラっとします。

でもよく分からない文章だと
どの記憶に紐づけていいかが
全く分かりません。

当然、心に響く・感情が動く事もない。

そのため分かりやすい文章を書くのも
心に響く・感情を動かす文章には
必要不可欠なものになるのです。

ちなみに、分かりやすい文章の書き方は
下の記事で解説していますので
よろしければご覧になってくださいね

誰でも心に響いたり・感情を動かす文章を書ける

心に響く・感情を動かす文章を書くのを
難しいと感じてしまう人は多いですが
ここまで解説してきたように
やるべき事は非常に単純です。

ただ、文字を探すだけです。

あなたが聞いたり・見たり・読んだりして
心に響いたり感情が動いたと感じた、
そんな言葉や・文や・文章を
探すだけになります。

だからこそ誰にでもできるのです。

だって、探すだけなら
時間をかければ誰でもできますもんね

なので色々と探していただき
ぜひ、心に響く・感情を動かす文章を
書いていってくださいね

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加