こんにちは、コンティー海です。

起業にご興味のある方は
それなりにいらっしゃるでしょうが
実際に起業される方は少ないかと思います。

なので、自身の周りの人から
起業の話を聞くことはまずありませんし
起業の失敗率もご存知ではないでしょう。

そこで、今回は世界各国と比べた
日本の起業環境の良悪がどの程度であり
そして、起業した際の失敗率に関しても
お伝えしていきたいと思いますね

起業する確率はどのくらいか?

終身雇用の終わりや副業解禁などで
昔よりかは起業される人は増えてきましたが
それでも、自身の周りに
起業家さんの知り合いがいらっしゃる方は
ごく少数だと思います。

では、具体的にどのくらい人たちが
起業をされているのでしょうか?

それは、中小企業庁が発表している
下記のグラフをご覧になれば分かります。


引用元:開廃業の状況

このグラフは開廃業率のグラフなんですが
直近10年ぐらいは開業率が緩やかに上がってきており
2017年には開業率が5.6%になっているのが
お分かりになるかと思います。

つまり、このグラフから判断できるように
日本における起業する確率というのは
大体、5%程度の方が起業をされるとなっているんですね

ただ、上記のグラフは雇用保険から
開廃業率を計算しているため
雇用保険が必要でない個人事業主の方は
ここには含まれていませんので
そういった個人事業主も含めると
もうちょっと確率は高くなると思います。

ちなみに、主要な先進国と開業率を比べると
下記のように日本の開業率は
かなり低い水準となっています。


引用元:開廃業の状況

また、世界銀行が発表している
起業のしやすやランキングにおいても
日本のランキングは39位と低いです。


引用元:THE WORLD BANK

ついでに言うと、同じアジアの国々である
韓国と香港のランキングは下記の通りです。


引用元:THE WORLD BANK

はい、日本よりも遥か上に位置しています(汗)

では、どうして日本という国では
起業がしずらいのでしょうか?

日本で起業がしずらい理由

起業がしずらい理由に関してですが
まずは、下記の画像をご覧ください。


引用元:THE WORLD BANK

「Getting Credit」と「Paying Taxes」の項目が
日本は85位と97位とかなり低い水準になっているのが
お分かりになるかと思います。

では、「Getting Credit」と「Paying Taxes」が
何を表しているかと言うと「資金調達」と「納税」です。

要するに、日本で起業しようとすると
起業するための資金調達が難しく、
そして、起業したあかつきには
多額の税金を支払うことになるのです。

これが日本の起業におけるネックなんですよ

例えば、フランスであれば
起業して売上が出なかった場合
所得税や社会保障費が全額免除となったり
地方税の免除などの優遇措置なんかもあります。

他にも、アメリカであれば
エンジェル投資家などによる
ベンチャー起業家への投資が盛んなので
日本よりも資金調達がしやすいです。

もちろん、日本でも起業を支援する制度はありますが
上記のフランスやアメリカなどと比べると
かなり見劣りするように感じてしまいますね

以上のように、日本における起業環境は
他の先進国と比べるとあまり良くなく
起業がしずらい国となっているのです。

とはいえ、起業後の成功率が高ければ
たとえ起業する敷居が高くても
それに見合っているとは思いますが
実際には失敗する確率の方が遥かに高いです。

起業失敗率は驚異の90%!

まず、そもそもの話になりますが
起業における「失敗」とは何を指すのでしょうか?

コレといって明確な定義はありませんが
多くの方がイメージされるのは
「起業失敗 = 廃業」かと思います。

そうなると、先ほどお見せした廃業率が
そのまま失敗率になりそうですが
先ほどの廃業率は
何年も続いている大企業も全て含めた上での
計算結果になりますので
それを失敗率にするのは違うでしょう。

あくまで、起業における失敗率とは
新しく起業した方が事業を継続できずに
廃業してしまう確率を指すかと思います。

そうなると確認するべきデータは
起業した後の生存率です。

そして、その生存率については
下記のように中小企業庁が発表しています。


引用元:中小企業庁の事業の存続・倒産と再生

このグラフは起業後の経過年数により
どの程度が生存しているかを表しているグラフです。

1年経過後の上に書いてある
「平均62.3」という数字は
1年後には62.3%の起業家が
残っていることを表しており、
2年経過後の上にある「平均75.9」は
1年後に残っていた起業家のうち
2年後には75.9%が残っていることを表しています。

では、このグラフをもとにして
5年後、10年後にも廃業せずに
生存している確率を求めてみると…

5年後 :25.57%
10年後:11.64%

※ 小数点第3位以下は切り捨て

5年後には起業した3/4が消え、
10年が過ぎた後にはなんと
約90%もの起業家たちが消えているのです。

そもそも、起業してたった1年で
約4割もの起業家たちが消えることを考えれば
起業の失敗率はかなり高いことが
お分かりになるのではないでしょうか。

まとめ

ここまで、世界の国々と比べた
日本の起業環境についてと
起業の失敗率に関して解説をしてきました。

正直、起業のマイナス面ばかりが
目立ってしまったかもしれませんね

でも、これからの人生において
自由な時間やお金を沢山手にしたいなら
会社に雇われているだけでは無理なので
何かしらで起業されるしかありません。

ただし、借金をしてまで起業するのは
辞めた方がいいです。

最悪の場合、悲惨な末路を迎えるので…
⇒起業に失敗!?その後の悲惨な末路について

なので、できるだけ資金がいらない
ネット起業などを選んでください。
⇒田舎でも資金ゼロでも成功できるネット起業について

資金がかからなければ
たとえ起業して失敗したとしても
浅い傷で済みますからね

それでは、失礼いたします。