こんにちは、コンティー海です。

「田舎で起業しても儲けるのは難しいのでは?
 そもそも、0円では起業なんかできないのでは?」

もしかしたら、当記事に訪れてくださったあなたは
そんなことを思われているかもしれませんね

確かに、起業して儲けるためにはお客様が必要ですので
人口が少ない田舎で起業したとしても
儲けるのは難しいでしょう。

また、起業するためには通常
事業所やオフィスが必要となりますので
田舎であろうとそれらを用意するためには
かなりの資金が必要になってきます。

そういったこともあって
田舎で起業して儲けるのも、0円で起業するのも、
「無理!」と思われる気持ちは
決して分からなくはありません。

しかし、今は時代が違うんです。

田舎だろうが、0円だろうが、
どんな状況の方でも起業して儲けることができる!

なんせ、今の時代にはネットを活用した
ネット起業がありますので…

そこで今回は、ネット起業であれば
田舎でも0円でも起業して儲けられる理由について
解説をしていきたいと思いますので
起業にご興味がおありでしたら
是非とも、参考にしていただければと思います。

田舎で起業しても儲からない最大のデメリット

冒頭でもお話した通り、
田舎で起業したとしても
儲けられる可能性はかなり低いです。

理由は単純明快で田舎にいると
「集客」ができないからです。

起業して何かしらの商売を始める場合、
商品やサービスを販売することになりますが
そのためにはお客様が来てくれないと
販売することなどできません。

そうなると、必然的に人口が少ない田舎では
お客様になってくれる人の絶対数が少ないので
起業して儲けるのは難しくなるんですね

実際、総務省が発表している
下記の転出入超過数のグラフからも分かるように
多くの方々は地方から三大都市圏へと移動されているので
今後も地方や田舎の人口は減り続ける一方でしょう。


引用元:人口減少社会の到来とその処方箋

そもそも、全国的に見ても
人口は減少し続けているのですから
地方や田舎の人口が減ることはあっても
増えることはまずありません。


引用元:総務省統計局の人口推計

当然、人口減少 = お客様の減少になりますし
その結果、儲けられなくて商売を続けることができない…
ということになるので
今後、田舎で起業するのは益々厳しくなるでしょうね

まぁ、でも特別な何かがあるなら
田舎で起業して儲けるのも難しくありません。

めちゃくちゃ美味しいスイーツだったり、
もの凄い機能を持った時計だったり、
ごく一部の職人しか作れない食器だったり、など

こういった他にはない
並外れた商品やサービスがあるなら
たとえ田舎で起業したとしても
遥々、遠い県から訪れてくれるお客様も
いらっしゃるようになるでしょう。

でも、そんな技能やらスキルを持ってるのは
限られた天才たちだけですので
一般の方たちにはありませんよね

せいぜい、人より少しだけ優れている、
程度のものしかないと思います。

そうなると、周辺の人たちしかお客様になりませんので
人口の少ない田舎で起業すると
圧倒的に集客ができなくなってしまうのです。

これが田舎で起業しても儲けることが難しい
田舎起業での最大のデメリットになります。

しかし、

仮にそんな田舎であったとしても
ネット起業なら儲けることが可能となるんです。

田舎でも0円でもネット起業なら儲かる9つの理由

田舎にいても地方にいても全国から集客可能

先ほどもお伝えした通り
田舎起業での最大のデメリットは集客です。

でも、「ネット」がある現代であれば
そんなデメリットなど跳ね除けることができちゃうんですよ

実際、都心だろうが田舎だろうが
「ネット環境」さえあるなら
当記事をご覧になることはできますよね

そして、自分の記事以外にも
全国、世界中の人々が作った
記事やら、動画やら、SNS投稿なんかを
「ネット」があれば見ることができますよね

つまり、世界中の人々と繋がれる
「ネット」の登場により
田舎にいながらでも世界中の人々を
集客することが可能となったのです。

まぁ、そうは言っても
日本語で作られた記事や動画などを
海外の人が見ることはほとんどありませんので
集客可能な範囲は全国には絞られるでしょうが。

だとしても、田舎の周辺しか
集客できなかった昔と比べれば
集客できる量は段違いですよね

だからこそ、たとえ田舎で起業したとしても
ネット起業であれば儲けることができるのです。

まぁ、もしかしたら
「田舎でも広告を出せば多少は集客できるのでは?」
と思われるかもしれませんが
広告においてもネットの方が遥かに有能です。

田舎や地方の広告より有用なネット広告

広告と言ってイメージされるのは
電車の広告とか看板の広告、
他には新聞と一緒に来るチラシ広告かと思います。

確かに、広告を出せば
一定の集客効果はありますが
上記のような広告では
不特定多数の人にしかリーチできません。

仮に、あなたが田舎で
女性美容に関する起業をして広告を出したとしても
その広告を見たのが男性の人だけだった場合
集客効果はあまり見込めませんよね

そうなると広告費自体が無駄になってしまいます。

もちろん、女性が来そうな
場所や時間帯などを絞って広告を出せば
ある程度は広告を見る人を女性に絞れるでしょうが
結局は不特定多数へのリーチには変わりないので
どうしても無駄広告を避けることはできません。

一方、ネット広告であれば
不特定多数の人にリーチするのではなく
条件を絞った上で的確に広告を出すことが可能です。

例えば、女性だけに絞って広告を出すことができたり
他にも、年齢を絞って広告を出すことや
さらには、地域や時間帯やデバイス(スマホかPCか)なども
絞り込むことができます。

つまり、ネット広告であれば
田舎の広告では難しい、
あなたが欲しいと思っている顧客を
無駄なく効果的に集めることができるんですね

しかも、

ネット広告は1日当り数百円からでも
広告を出すことができますので
ほとんどお金がないような方でも
大した負担なく広告を出すことができます。

また、広告を出したとしても
その広告は数分もあれば
広告掲載を辞めることもできちゃうので
手軽に辞められるのもいい点ですね
(当然、広告掲載を辞めれば広告費はかかりません。)

このようにネット広告であれば
田舎や地方の広告では到底実現不可能な
低額で効果的な集客を実現することができるのです。

そして、ネット起業がもたらしたのは
田舎でも全国から集客できるという恩恵だけでなく
0円での起業も可能としたのです。

ネット起業に必要な資金は0円

一般的には今でも
「起業するには大金が必要不可欠」
という認識があるかと思います。

実際、フランチャイズを提供している
各種サービスの必要開業資金を見ていくと
指導塾に必要なのは「480万円」、

ストレッチ教室に必要なのは「300万円」、

と、かなりの資金が必要になってますからね

まぁ、これらの起業を行うためには
人を雇うための人件費、
オフィスを構えるための賃貸費、
必要な機材を揃えるための設備費など
様々な費用が必要不可欠となってきますので
たとえ物価の安い田舎にいようとも
かなりの大金がなければ起業するのは難しいです。

一方、ネット起業に必要不可欠なものは
何かしらの媒体だけになります。

(ブログでも、SNSでも何でも構いません。)

媒体さえあればネット上から集客が可能となり
ネット上で起業して商売できるようになるので
儲けを出せるようになります。

では、そんな媒体を持つのに
どのくらいの費用が必要かと言えば…

ぶっちゃけ、0円でも持てちゃうんですよ

というのも、無料で媒体が持てるサービスが
ネット上には沢山ありますので。

まぁ、さすがに無料サービスだと
色々と制限が付きますので
できるなら有料サービスの方がいいですが
仮に、有料サービスを選択したとしても
月にわずか1000円程度の費用だけで
済ませることができます。

また、起業に必要な資金だけでなく
商品に関する資金もネット起業では0円です。

田舎でも地方でも商品開発や仕入れが0円

起業家たちを悩ませる要因の1つとして
商品の悩みがあります。

例えば、自社商品を開発するための開発費や
販売する商品を仕入れるための仕入費用とかです。

当然、いくら儲けをだそうとも
開発費や仕入費用がバカ高くては
最悪の場合、赤字となってしまいます。

ですが、ネット起業であれば
こんな悩みとはおさらばすることが可能です。

理由としては「アフィリエイト」があるからです。

では、アフィリエイトって何なの?という話ですが
簡単に言ってしまうと、
他人が開発した商品やらサービスを
代理で紹介することができる仕組みです。
※ 詳しくは下記で解説しています。
  ⇒アフィリエイトとは?超簡単に一言で表します

もちろん、その代理紹介によって商売をして
商品やらサービスが売れれば
その売上の一部が報酬として貰えるようになってます。

つまり、今あなたの手元に
1つも商品やサービスが無かったとしても
アフィリエイトを活用することで
田舎で起業して儲けることができちゃうんですね

しかもです。

アフィリエイトを利用するために
何かを仕入れる必要は一切ありませんし
登録費などもかかることがなく、
さらには、商品などの保管すらもいりません。

そのため、あなたは田舎にいながら0円で
自身が販売するための商品やサービスを手にし
商売やビジネスを行って儲けを出すことができるのです。

なので、ネット起業であれば
苦労して商品を開発しなくても
高いお金を支払って
商品を仕入れる必要性もないんですね

他にも、人を雇わなくてもいいのも
ネット起業の魅力になります。

従業員が0でも起業できて儲かる

起業して商売を始める場合
商品開発、営業、事務、経営、総務など
やるべきことが沢山ありますので
大抵の場合、従業員を雇う必要があります。

でも、ネット起業で必要なのは
さっきも言った通り媒体の運営だけになります。

なので、1人でも起業することができちゃうんですよ

もちろん、従業員を雇ってマンパワーを上げれば
その分だけやれることは増えますが
ネット起業であればそんなことをしなくても
1人で媒体運営をしているだけで
月に数百万円の儲けを出すことができます。

実際、自分もアフィリエイトを行ってますが
特に従業員などを雇わず
1人だけでやっていても月に100万の利益は出せてますし
他のアフィリエイターさんだって
同等の利益を出されている方はいらっしゃいます。

まぁ、田舎であれば人件費も安く抑えられますが
それでもかなりの出費であることに間違いはありません。

なので、人件費という負担を無くしたいなら
ネット起業はオススメの起業方法です。

以上のように、

ネット起業には必要な資金はほとんどなく、
商品にかかる資金も0円であり、
さらには従業員を雇う必要性もないので
0円でも起業することができるんですね

正直、今までの起業と比べるとネット起業は
超低リスク起業と言っても過言ではありませんよね

むしろ、儲けを出すという観点だけであれば
旧時代の起業をするメリットなどほぼありませんし
今、この時代にそんな起業をするのは
ハッキリ言って辞めた方がいいと思います。

なんせ、資金が大量に必要な起業をすると
最悪の場合、悲惨な末路を迎えることになるので…
⇒起業に失敗!?その後の悲惨な末路について

もちろん、何かしらの夢があるなら
めちゃくちゃ資金がかかる起業をするのも
仕方ないとは思いますが
単純に儲けるだけが目的の起業なら
ネット起業にされる方がいいでしょうね

むしろ、ネット起業の超高利益率を考えるなら
ネット起業以外の選択肢はないと思います。

田舎でもネット起業なら圧倒的な利益率を実現できる

「自社の売上は1億円です!」

そんなことを言われると多くの方は
「この会社は儲かってるな~」と
感じられるかと思います。

確かに、売上1億円はスゴイと思いますが
もし、その売上を上げるために
人件費や、材料費や、設備費などのコストが
9,999万円もかかっていたらどうですか?

コストが9,999万円なので
たとえ売上が1億円もあったとしても
手元に残るのはわずかに1万円だけです。

正直、いくら売上が1億円だと言っても
手元に残るのが1万円では
儲かってるとは思えませんよね

要するに、起業して儲けるためには
売上から各種コストを差し引いた
利益率が重要になってくるため、
儲けを出すためには売上を上げることだけでなく
コストを抑えることも起業では大事なんですね

(先ほどの例だと利益率は1%もありません)

では、

ネット起業にかかるコストって
どのくらいなのでしょうか?

先ほどもお話しましたが田舎にいようとも
ネット起業のコストはほぼ0円ですよね

そのため、あなたが
100万稼ごうが、1,000万稼ごうが、1億稼ごうが
その全てがあなたの手元に残るのです。

だって、ネット起業ではコストが0円なので
利益率は約100%になりますからね

実際、他の業界の利益率と比べてみると
ネット起業の利益率がいかにバカ高いかが
お分かりになるかと思います。


引用元:業界別の利益率ランキング

だからこそ、儲けるために起業するのであれば
ネット起業にするべきなのです。

なんせ、田舎で起業しても
費用が全然かからないため
利益率は超高いですし
起業するための敷居もかなり低いので。

また、ネット起業の敷居の低さは資金面だけではありません。

資格0でも商売できるネット起業

ネット起業に必要な資金は0円
でお話した通り、ネット起業に必要なのは媒体だけです。

媒体さえあれば誰でも利益を上げることができます。

では、そんな媒体を作るためには
何か資格が必要になるのでしょうか?

答えは「NO」です。

なので、資格0のサラリーマンだろうが
ビジネス経験0の主婦だろうが
起業未経験の素人経営者だろうが
どんな方でもネット起業ができるのです。

(ただし、未成年者は一部制限があります。)

しかも、媒体を作るのなんて
慣れていれば1時間もかからずに作れちゃいます。

例えば、ブログであれば
有料サービスを使ったとしても
30分程度で作り上げることができますし
そこから1つ記事を書いて
アフィリエイト広告を載せたとしても
数時間で終わらせることが可能です。

まぁ、もちろんいくら数時間で終わると言っても
それで儲けが出るかは別問題ではあります。
(かなりのライティングスキルがなければ
 1つ記事だけで儲けを出すのは難しいです。)

ただ、重要なのは
主婦だろうがサラリーマンだろうが
どんな方でもやろうと思えば
短時間で起業ができる点です。

飲食店などの起業は
開業するのに食品衛生責任者などの
何かしらの資格が必要になったり
飲食店営業許可申請などを出して
国から認可を貰う必要がありますので
準備にかなりの時間と手間がかかります。

でも、ネット起業では資格も申請も
面倒なものは一切必要ありません。

つまり、田舎にいても「起業する」と思ったその日に
ネット起業であれば起業できちゃうのです。

このように、ネット起業は
資金的リスクの少なさだけでなく
始めるための敷居に関しても
かなり低いものとなっているんですね

また、ストレスフリーなのもネット起業のメリットです。

ストレスフリーで起業ができる

突然ですが、起業した方々は
うつ病にかかりやすいってご存知でしょうか?

起業に失敗!?その後の悲惨な末路について」でもお話したんですが
フリーマン博士の研究によって
起業した方の30%はうつ病になっている、
という研究結果が出ているんですよ

かなり驚きの数字ですよね

だって、30%ということは
3人に1人はうつ病を発症する計算になりますからね

では、どうして起業した方々は
こうも、うつ病を発症する確率が高いかと言うと
めちゃくちゃストレスがかかるからです。

そして、主な原因の1つが従業員との関係です。

実際、起業して従業員を雇うと
従業員から不平不満を言われることが多々ありますし
それらによって起業家たちは
かなりのストレスを負うことになりますからね

他にも、従業員の生活を担っている
プレッシャーからくるストレスや
借金返済の負担からくるストレスなど
起業した方には様々なストレスがかかってきます。

しかし、

ネット起業に必要な資金は0円」や
田舎でも地方でも商品開発や仕入れが0円」でも
お伝えしてきた通り
ネット起業は0円でも起業できるので
借金を負うことは全くありません。

また「従業員が0でも商売ができて儲かる」でも
お伝えしたように従業員を雇う必要もありません。

つまり、ネット起業であれば
多くの起業家が負っているストレスを
一切、負わなくて済むんですね

まぁ、中にはストレスを負ってでも
沢山儲けることができれば構わない、
という方はいらっしゃるかもしれませんが
それでうつ病にかかってしまっては本末転倒でしょう。

なので、精神的タフさに自信がないなら
ストレスがほとんどかかることがない
ネット起業をされた方がいいかと思います。

もちろん、ネット起業をされたからと言って
必ず儲かるわけではありませんが
ネット起業で儲けるためのノウハウなどは
今やネット上だけでもかなり手に入ります。

田舎にいても起業の勉強ができる

一般的に起業しようと思い立った方は
まずは、起業セミナーに参加しようとします。

起業セミナーに参加すれば
起業に関することを勉強することができますからね

ただ、こういった起業セミナーって
都心で開催されることが多いので
田舎に住んでいる方だと参加するのが大変なんですよねぇ

でも、

別にこういった起業セミナーに参加しなくても
それこそ、田舎から一歩も外に出なくても
起業のことを勉強することができるんですよ

「ネット」がある現代であれば。

というのも、「起業」というワードで検索されれば
スグにお分かりになると思いますが
今や起業に関する情報を提供している媒体は
非常に多いんですよ

実際、「起業」で検索してみると
下記のように1億を超えるサイトが
検索結果に引っかかってきます。

また、起業に関する情報だけでなく
アフィリエイトの情報やお金稼ぎの情報も出てきますし
自分もお金稼ぎの本質をお伝えする
メール講座を開いています。
⇒お金稼ぎの本質が知れるメール講座

他にもアマゾンを利用して
起業に関する本を手にすることも可能です。

要するに、わざわざ遠い都心に行かなくても
ネット環境さえあれば田舎にいても
起業について学ぶことができちゃうんですね

もちろん、中には間違った情報もありますが
それを言ったら起業セミナーだって同じで
クソみたいな起業セミナーを開いているとこは沢山あります。

なので、田舎からはるばる
都心の起業セミナーに参加してなくても
ネット上で手に入る情報や本だけでも
かなり色んな事を学ぶことができますし
それによって儲けを出すことも十分に可能です。

以上が田舎でも0円でも起業して儲けることができる
ネット起業の利点になります。

ただ、そんなネット起業であっても
欠点はありますので
次はネット起業における欠点について
解説していきたいと思います。

ネット起業の3つの欠点

起業しても人に会うことがない

ネット起業に必要な資金は0円」でも
お伝えしたように
ネット起業で行うことは基本的に
ブログやSNSなどの媒体運営だけになります。

なので、起業したとしても
人に会うことが全然ないんですよ

メールなどで人とのやり取りはありますが
実際に面と向かって話す機会は
一般的な社会人と比べると確実に激減します。

半月ほど誰とも喋らなかったという
軽い引きこもり状態になることも珍しくありません(笑)

まぁ、人とのコミュニケーションが
面倒くさいと感じる方には
起業しても人と会わないのはメリットでしょうが
人と話すのが好きな方にとっては
かなりの欠点になるでしょうね

とはいえ、人と会わないのは
あくまで仕事上ではの話なので
プライベートで積極的に人に会うようにすれば
コミュニケーションが好きな方でもいいかと思います。

ネット起業すると運動不足が加速する

学生時代には「体育」があるため
定期的に運動せざるを得ない状況になりましたが
社会人になると「体育」なんてありませんので
どうしても運動不足になりがちです。

そして、ネット起業をすると
その運動不足に拍車がかかります(汗)

なんせ、先ほどもお話したように
ネット起業では媒体運営がメインであり
基本的にはネットが繋がっているPCでしか
仕事を行いませんので
田舎にいようが都心にいようが
1歩も外に出る必要がありませんので。

まぁ、外に出る必要がないので
満員電車に乗らなくて済むのはいいのですが
その分、歩くことすらしなくなるので
健康面に関しては気を付けたほうがいいですね

ネット起業は目が悪くなる

また、運動不足だけでなく
目が悪くなるのもネット起業の欠点です。

やはり、PC画面を見ることが多くなるので
あまりPC作業をしない仕事と比べると
ネット起業は目が悪くなりやすいですね

とはいえ、ネット起業であれば
集客やセールスを効果的に行えば
少ない作業だけでガッツリと利益を出すことができるので
PCに向かい合っている時間を
かなり削減することは可能です。

他にも、ブルーライトをカットするメガネもあるので
それらを活用すれば目のダメージを減らすこともできます。

実際、長時間PCの作業を行うと
目の奥がジーンと痛くなることがあったんですが
ブルーライトカットメガネを付けた時には
ジーンとくる痛みはありませんでしたので。

以上がネット起業における3つの欠点となります。

主に、コミュニケーションや健康面が
ネット起業における欠点になりますが
それらを補って有り余るほどのメリットが
ネット起業にはありますので
田舎にいても0円でも儲けたいなら
ネット起業をするべきだと思いますね

ちなみに、そんなネット起業は
田舎でやった方が断然いいです。

田舎でこそネット起業するべき5つのメリット

残業がないから田舎はネット起業しやすい

田舎でも都心でも起業される方は
脱サラをして起業するか、
本業をしながら副業的な感覚で起業するかの
どちらかになるかと思います。

で、なんですが
本業しながらのネット起業の場合
田舎はとても素晴らしい環境と言えるんですよ

というのも田舎は都心に比べて
残業が少ないからです。

例えば、都心だと夜21時を過ぎても
やっているお店は多いですが
田舎に行くと夜21時にもなると
ほとんどのお店は閉まってしまいます。

要するに、それだけ田舎は都心に比べて
仕事が早く終わることが多いんですね

そのため、田舎なら本業がある方でも
時間的な余裕ができやすいので
ネット起業するには素晴らしい環境なのです。

これが都心だと田舎とは違い
毎日のように残業があることがほとんどなので
時間的余裕ができることは少なく
そんな中で起業するのは正直、厳しいと言えます。

そして、ネット起業をして儲けるためには
それなりに作業するための時間が
必要不可欠になりますので
そういった時間を確保し儲けるためにも
田舎でこそネット起業をするべきなのです。

また、田舎には満員電車がないのも
本業ありきでネット起業をするのに向いています。

満員電車がないから田舎はネット起業に向いてる

田舎ではない東京などの都心だと
仕事に行くときに毎日のように
満員電車に乗る羽目になります。

乗ったことがある人なら分かると思いますが
満員電車に乗ると、まぁ~疲れるんですよねぇ(汗)

実際、ラッシュ時の満員電車は
すし詰め状態になりますし
中にはあまりの圧迫によって
圧迫骨折をされた方もいらっしゃるぐらいなので。

そんな満員電車に乗って出社し
遅くまで残業した挙句に
帰りも満員電車に乗って帰る…

そうなれば当たり前ですが
会社が終わってから何かをする気力なんて
全くと言っていいほど起きませんので
本業をありきの起業をするのは
都心ではかなり厳しいんですね

一方、田舎であれば
田舎で起業しても儲からない最大のデメリット」でも
お伝えしたように
そもそもの人口が少ないので
都心のようなラッシュが起こることはありません。

なので、満員電車による疲れで
ドッと気力を奪われることがないので
本業の後でもネット起業を行う気力が残るため
田舎はネット起業に向いているんですね

もちろん、ドッと疲れている状態でも
体に鞭打って頑張れば
ネット起業はできなくはありませんが
田舎での気力がある状態で行うネット起業と、
都心での気力が空っぽで行うネット起業、
どちらの方がより儲けを出すことができるかと言えば
間違いなく前者です。

なんせ、気力がない状態で作業しても
集中できるわけがありませんし
それにミスが多くなってしまいますからね

だからこそ、ネット起業をして儲かりたいなら
田舎で起業する方が断然いいのです。

他にも、生活費が安いのも田舎で起業するメリットです。

田舎の生活費は安く済む

周りが田んぼばかりの
田舎で暮らしてみれば分かるのですが
都心と比べ田舎の生活費は
かなり抑えることができます。

実際、一時期仕事の都合で
トンビが空を飛んでいる
ドが付くほどの田舎に住んでたんですが
ビックリするほど生活費が安かったです。
(トンビというのは鷹みたいな鳥です。)

ちなみに、この時に住んでいたアパートが
2Kの賃貸だったんですが
月の家賃がなんと3万円でした(驚)

東京で同じところに住もうとすると
月に10万円以上は平気でしますので
1/3以下の値段で住める田舎は
めちゃくちゃ安いですよね

しかも、田舎には野菜の直売所などもあるので
スーパーよりも格段に安く
野菜を買うことができちゃうんですよ

例えば、スーパーで売ってるキュウリは
1本当たり50円ぐらいなんですが
田舎の直売所ではでっかいキュウリが5本も入った袋が
なんと…

100円で売られてました(驚)

正直、これを初めて見た時は思わず
「やす!」と声を出しちゃいましたね

そして、田舎の安い賃貸や直売所を使うことで
各種、光熱費や保険料をあわせても
月に10万円ちょっとで暮らせちゃったんですよ

これが東京なら20万円はないと厳しいですから
そう考えると、いかに田舎の生活費が
少なく済むかがお分かりになることでしょう。

なので、お金が無いけど起業したいなら
「田舎 + ネット起業」が最強だと思いますね

そして、生活費が安くすむ田舎のメリットが
田舎起業の新たなメリットを生み出します。

より多くの時間を起業して儲けることに使える

どんな起業であったとしても
いきなり売上がガッツリと入ってくることは
ハッキリ言って、まずありません。

それは田舎でネット起業をするのも同じです。

そのため、売上が安定してくるまでは
どうしても起業した事業以外にもバイトなどを行って
生活費を稼がなければいけません。
(そうしないと生活できませんからね)

でも、さっきも言ったように
田舎で暮らすのにかかる生活費は
かなり少なくすることができますよね

そのため、生活費のために行うバイト時間を
田舎なら大幅に減らすことができ、
その分だけ起業で儲けるための時間に使えるのです。

実際、せっかく起業したのに
生活するためのバイトで手一杯になってしまい
起業で儲けるための作業に
時間を割けなくなってしまう方がいらっしゃいます。

その結果、起業して失敗という
残念な結果に終わることもあります。

なので、バイトの時間を減らせる
田舎での起業は都会と比べ
作業する時間を確保しやすいので
起業して儲けやすいんですね

それに、田舎には助成金があるのも良い点です。

田舎には起業を手助けする助成金がある

例えば、島根県が行っている
「半農半X」に関する支援。


引用元:島根県の半農半Xに関する支援

ちなみに、半農半Xとは農業をしながら
別の事も行うライフスタイルであり
イメージしやすく言うなら「兼業」ですね

なので、農業をしながらのネット起業も
半農半Xとなりますし
島根県で半農半Xを行うと
上記のように助成金が貰えることがあるんです。
(1ヶ月当たり12万円で最長1年間)

また、助成金などの支援制度は各自治体ごとに
色んなものが存在しており
千葉県の館山市では
家賃の半分を助成金として貰える
「館山市移住定住促進助成金交付制度」が
ありますし、


引用元:館山市移住定住促進助成金交付制度について

三重県の熊野市では下記画像のように
格安で空き家に住むこともできます。


引用元:熊野市空き家情報

なんと、1LDKの物件がわずか
1万2千円で住めちゃんですよ

これが田舎でなく都心で
同じような物件に住もうとすると
10万円は超えてきますので
それと比べると約1/10の価格になります。

めちゃくちゃ安いですよね

上記の助成金以外にも
ちょっと変わった支援制度もあります。

例えば、福岡県の豊前市で行っている
トライアルワーキングステイ。


引用元:豊前市トライアルワーキングステイ

農・林・水産・商業・福祉等の地場産業を実際に体験し
その体験談や市の観光、グルメスポット情報を
SNS等で発信するとそのお礼として
情報発信謝礼(2~3万円)が貰える制度です。

他にも各自治体によって
様々な支援制度を行ってますので
田舎に住んでそういった制度を活用することで
起業して儲けるための手助けになるんですね

また、それだけでなく田舎での起業は
集中するのにうってつけなんですよ

田舎で起業すれば集中できる

「ちょっと、○○に遊びに行こうかな?」

都心に住んでいる方なら
そんなことを思ってスッと
どこかに遊びに行くことができます。

なんせ、都心には遊べるところが
山のようにありますからね

が、しかしです。

田舎であればそうはいきません。

というのも、周りは田んぼばかりですから
田舎では遊べる施設なんか滅多にありませんので。

要するに、あなたを誘惑する
様々な面白い施設が田舎にはほとんどないため
田舎であればガッツリと起業して儲けることに
専念することができるのです。

しかも、静かなのもポイント高いですね

ネット起業をすると大抵の場合、
仕事場は自宅になりますが
都心だと周りの騒音によって
集中を妨げられることがあります。

一方、田舎であれば
周りは田んぼばかりですので
騒音によって集中を乱されることは皆無です。

やっぱり、集中できれば作業がはかどりますし
その分だけ儲けを出しやすくなりますので
田舎という集中できる環境は
ネット起業で成功する上で最適な環境だと思いますね

まとめ

ネットの登場により
田舎で起業しても儲けることができ、
0円でも起業できる、
そんな世の中に変わってしまったことを
ここまでご説明してきました。

また、田舎という環境は
ネット起業にとても適しているとも言いましたね

なので、もし起業されるのであれば
田舎でネットビジネスをされるのが
個人的にはオススメです。

とはいえ、
「ネットビジネスってどのくらい稼げるの?」
という疑問があるでしょうから
実際に長年ネットビジネスを行っている
自分の収益をお伝えすると
月に100万円以上の収益は
コンスタントに上げています。

もちろん、これだけ利益を上げれているのは
色んな手法を知っているから、
という理由もありますが
それよりも、お金稼ぎに関する
確かな「本質」を知っているから、
という理由が一番強いです。

正直な話、この「本質」に気づいてなかったら
ここまで稼げてなかったでしょうし、
何年も稼ぎ続けてこれなかったと思います。

じゃあ、その「本質」とは何なのか?

それについては自分が作った
「リバティライフ」というメール講座で
お伝えしていますので
ご興味があれば下記リンクをクリックしていただき
「リバティライフ」にご参加いただければと思います。
⇒リバティライフに参加

参加するのは無料でできますし
今ならご好評いただいている
6大特典も付いてきますので
是非とも、「本質」と「特典」を
受け取ってくださいね

⇒「本質」と「特典」を受け取る

それでは、失礼いたします。