アフィリエイトを実践するなら
当然、稼ぎたいと思うでしょうが、

疑問
どのくらいの作業量と時間で
稼げるようになるんだろう?

いざ、実践しようとすると
こんな疑問を抱かれるかと思います。

実際、アフィリエイトを始めた頃は
自分もそうでしたから。

そこで、アフィリエイトで200万を稼ぎ、
数々のブログを見てきた自分が
アフィリエイトで稼ぐのに必要な
作業量と作業時間の目安を
この記事でお伝えしたいと思いますね

ちなみに、作業量は300記事
作業時間は1200時間
が目安です。

この数字には明確な根拠があるので
その根拠が気になられるなら
ぜひ、この先をご覧くださいね

ブログ作業

運営者写真

コンティー海
SE(システムエンジニア)からアフィリエイターに転身した人。わずかなアクセスしか来ない弱小ブログながら、ライティング技術を極め、稼げる文章構成を作り上げる事で、アフィリエイトで月200万円を達成。自分のライティング技術や文章構成は下記で公開してるので、よろしければご覧になってみてくださいね
⇒ライティング技術について
⇒稼げる文章構成について

必要な作業量が300記事である根拠

まず、どうしてアフィリエイトで稼ぐのに
300記事もの作業量が必要かと言うと
根拠は下記のグラフです。

記事数による収入の変化

ネット上には下記画像のような
特定の記事数を書き上げた後に
PVと収益がどうなったかを
公開しているブログがあるんですが
上記のグラフはそれらの情報を集め
記事数によって収益がどう変わるかを
グラフしたものになります。

ブログ50記事達成

で、このグラフをご覧いただくと
月の収入が10,001~30,000円の割合が
一番多くなってるのが300記事ですよね?

そのため、300記事という作業量を
アフィリエイトで稼ぐのに必要な
作業量だとお伝えしたんです。

「アフィリエイトで稼ぐ」で
どの程度の金額を指すかは
人それぞれにはなりますが
「月1万円」を目標にされる方は
かなり多くなっていますので
その「月1万円」を達成できる300記事が
1つの目安かと思います。

ちなみに、記事数による
アクセス数の変化も知りたいなら
下の記事で詳しく解説していますので
よろしければご覧くださいね

作業量を基に計算すると作業時間は1200時間になる

続いて、作業時間の根拠ですが
コレは先ほどの作業量から計算して
算出した値となっています。

どんな記事を書くかや
書き手の技量にも左右されますが
大体、1記事を書き上げるのに
平均的にかかる時間は4時間です。

ですので、必要な作業量300記事に
1記事当たりにかかる時間、
この2つをかけた値である1200時間が
アフィリエイトで稼ぐのに必要な
作業時間になるんですね

では、

必要な作業時間が算出できたので
次は、期間も算出したいと思います。

アフィリエイトで稼ぐのにかかる期間

1日当たりの作業時間が
1・2・3・4・5時間の時に
かかる期間は下記表の通りです。

1日1時間 1日2時間 1日3時間 1日4時間 1日5時間
3年4ヶ月 1年8ヶ月 1年1ヶ月 10ヶ月 8ヶ月

 
1日4時間以上の作業時間を取れるなら
1年以内でアフィリエイトで稼げますが
それより短い作業時間になると
1年以上はかかる計算となりました。

なので、当然ではありますが
アフィリエイトでより早く稼ぎたいなら
できるだけ多くの時間を
アフィリエイトに費やしてください。

とはいえ、

色々と忙しくて
作業時間があまり取れないという方が
中にはいらっしゃるかと思います。

そうゆう方はどうやって
作業量を増やせばいいのでしょうか?

作業量を増やすための方法

作業時間を確保する

まず、簡単にできる方法としては
作業時間を確保する事です。

確保

例えば、起動の速いPCを購入するとか。

起動が速くなれば待ち時間が減るので
その分、作業時間が確保でき
作業量を増やせます。

他にも、ムダな時間を過ごさないための
環境を作るのも大切ですね

時間がない、時間がないとは言っても
自身の行動を見返して見ると
結構、ムダな時間を
過ごしてたりするんですよねぇ

ダラダラとTVを見てたとか、
スマホゲームをしてたりとか、
youtube動画を見てたりとか。

ですので、テレビのリモコンを隠して
TVをつけづらくしたり、
家に帰ってきたら
スマホを玄関に置きっぱなしにして
スマホを使いづらくしたり、
PCのデスクトップやブックマークから
youtubeを消したりして
youtube動画を見づらくしてください。

こんなちょっとした事をするだけでも
ムダな時間をなくし
作業時間を確保する事ができるので
その時間を使えば普段より
作業量を増やせますから。

でも、いくらムダをなくして
作業量を増やすと言っても
一個人ができる作業量には
どうしても限界がありますので
より作業量を増やすなら「外注化」です。

外注化する

外注

何を外注化するかと言えば
当然、ブログの記事になります。

ライターさんと契約して
自身が書いて欲しい記事を伝え、
ライターさんにブログの記事を
書いてもらうのです。

こうすれば、仮にめちゃくちゃ忙しくて
作業時間が全く取れなくても
勝手に記事が書きあがってくるので
作業量を増やせます。

当然、こなせる作業量は
一人の時よりも多くなります。

とはいえ、当たり前ですが
その分、お金はかかりますけどね

もし、300記事全てを
ライターさんに外注するとなると
1文字1円のライターさんであれば
1記事2000文字の記事を書く場合、
最低でも60万の費用がかかります。

なんにしても、作業量を増やすためには
何とかして自身の作業時間を確保するか
誰かに作業を手伝ってもらうのか
どちらかの方法しかありません。

どちらの方法にも
メリット・デメリットがあるので
自身の状況にあわせて
選択してみてくださいね

以上が、アフィリエイトで稼ぐのに必要な
作業量と作業時間についてです。

最後にはなりますが
1つ、あなたにお伝えしたい事があります。

最後に

記事作成者
作業量と作業時間だけを
どんなに増やしたとしても
大して稼げるようになりません

もちろん、アフィリエイトで稼ぐには
作業量も作業時間も必須ですが
単に、コレらを増やすだけでは
ロクに稼げない結果となります。

なぜなら、作業をするだけでなく
その作業の質も大切だからです。

つまりは記事の品質です。

どんな時間をかけて作業しても
どんなに沢山の記事を書いたとしても
記事の品質が低ければ
稼げて1万円ぐらいにしかなりません。

実際、最初にお見せした
記事数による収入の変化のグラフでも
月10万以上を稼ぐのは極わずかでしたが
それは品質の低い記事を書いてるからです。

なので、記事の品質を高めるために
下の記事で解説したような
ライティング技術を学んだり、

商品を効率的に販売する
セールスライティングなどを学び、

日々、向上心を持って
作業をこなしてくださいね

それでは、失礼いたします。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加