こんにちは、コンティー海です。

「漢字・ひらがな・カタカナ」

日本人が日常的に使うものであり
当然、ブログで記事を書く時にも
誰もが絶対に使うものです。

しかし、漢字・ひらがな・カタカナを
何も考えずに適当に使ってしまうと
場合によってはブログの記事が
とても読みづらくなるんですよ

なので、読みやすいブログにするなら
漢字・ひらがな・カタカナの使い方を
気を付ける必要があるんです。

では、どのように使えばいいのか?

この記事ではそれについて解説しますので
普段、漢字・ひらがな・カタカナを
意識して使った事がないなら
是非とも、この先をご覧になっていただき
参考にしていただければと思います。

漢字・ひらがな・カタカナの性質について

初めに、お伝えしたい事があります。

それは、漢字・ひらがな・カタカナは
・漢字:固くて圧迫感を感じる
・ひらがな:優しく感じる
・カタカナ:固く感じる

という性質がある事です。

なぜ、こんな性質があるのかは
下記をご覧になられれば
お分かりになるかと思います。

唖唖唖唖唖唖唖唖唖唖唖唖唖唖唖唖唖
アアアアアアアアアアアアアアアアア
あああああああああああああああああ

これは「あ」という文字を
それぞれ、漢字・ひらがな・カタカナで
連続して書いたものです。

ご覧の通り、漢字は他のと比べ
余白が少なくなっていますよね?

また、漢字やカタカナは丸みが少なく
角張ったところが多いですよね?

そのため、余白の少なさや角張った形が
漢字やカタカナを固くさせ、
圧迫感を感じさせるのです。

そして、この固さや圧迫感が
読者に読みづらさを与えてしまいます。

実際、下記のような、

漢字が多い文章は私達には非常に読み辛い。

漢字が多い文は多くの読者にとって
読みづらい文となりますので

なので、ブログを読みやすくするなら
余白が多くて丸い所が多い
ひらがなを多用した方がいいんですね

とはいえ、いくら優しい感じの
ひらがなであったとしても
それだけにするのはダメですがね

漢字・ひらがな・カタカナは区切りにもなる

なぜ、ひらがなだけがダメかと言えば
先ほどの漢字を使った例文より
ひらがなだけの文の方が遥かに
読みづらい文となってしまうからです。

かんじがおおいぶんしょうは
わたしたちにはひじょうによみづらい。

余白が多くて丸い所が多い
最も読みやすいはずのひらがなが
読みづらくなるのです。

じゃあ、なんで読みづらくなるかと言うと
文の区切りが分かりづらいからです。

というのも、日本語における
文の区切りというのは
漢字・ひらがな・カタカナを
あわせて使う事で表しているため
どれか1つだけで文を書いてしまうと
区切りが分からなくなっちゃうんですよねぇ

現に、ひらがなだけの下記例文だと、

かんじがおおいぶんしょうは
わたしたちにはひじょうによみづらい。

「かんじが」で区切れるのかが
パッと見で分かりませんが
漢字とひらがなを合わせている
下記例文であれば、

漢字が多い文章は私達には非常に読み辛い。

「漢字が」で区切れるのが
パッと見で分かります。

つまり、「漢字ひらがな」や
「ひらがなカタカナ」のように
漢字の次にひらがなを書いたり、
ひらがなの次にカタカナを書くなどで
文字の種類が切り替わると
文の区切りがパッと分かるのです。

なので、文字として
一番 読みやすいのはひらがなですが
分かりやすさも考慮するとなると
ある程度、漢字とカタカナを
おり交ぜる必要があるんですね

では、どのくらいの比率で
漢字・ひらがな・カタカナを
おり交ぜるべきなのでしょうか?

ひらがな:7 漢字・カタカナ:3の比率がベスト

早速、結論を言ってしまうと
「ひらがな:7 漢字・カタカナ:3」
この比率になるぐらいがベストですね

実際、先ほどの漢字ばかりの固い文も
下記のように7:3を意識すれば
読みやすい文となりますので。

漢字がおおい文章は
私たちにはとても読みづらい。

ちなみに、比率を調べるなら
下記サイトを利用するのがいいです。

引用元:漢字使用率チェッカー

このサイトを利用すれば
下記のようにワンボタンで
比率が簡単に分かりますので。

まぁ、とは言うものの
よほど意識して漢字を使わなければ
早々、漢字が多い文にはならないでしょうが
念のため1度は上記サイトで
自身が書いたブログ記事の漢字比率を
調べてみるのがいいと思いますね

その結果、もし漢字が多すぎなら
意識して漢字を少なくするよう、
注意していただければと思います。

あと、下記についても注意してください。

その他の注意点

難しい漢字を使わない

まずは、「難しい漢字を使わない」です。

例えば、下記のような文です。

扁桃の皮を兀兀と剥いている。

扁桃(アーモンド)、
兀兀(コツコツ)、
剥いている(むいている)、
これらの漢字はまず見ないので
なんて読むか分かりませんよね?

このように難しい漢字を使うと
読者が文を読めなくなるのです。

そのため、使う漢字はできるだけ
下記の常用漢字となっている
簡単な漢字だけに絞る方がいいです。

引用元:文化庁の常用漢字一覧

どうしても難しい漢字を使いたいなら
フリガナを振っていただければと思います。

漢字・ひらがな・カタカナを統一しなくてもいい

あと、漢字・ひらがな・カタカナを
わざわざ統一しなくてもいいですからね

仮に、下記文のように
「漢字がおおい文章は
 私たちには非常に読みづらい」と
「多い」をひらがなの「おおい」として
書いたとしましょう。

この時、他の文でも「おおい」に
するべきかと言えば
決してそんな事はありません。

例えば、下記の文。

ひらがなを多くするととてもやさしい文章になる

「多く」と書いてある部分がありますが
これをひらがなにしてしまうと
ひらがなが続いてしまい
文の区切りが分からなくなります。

ひらがなをおおくするととてもやさしい文章になる

そのため、この場合「多く」は
ひらがなにするべき言葉ではありません。

このように、漢字・ひらがな・カタカナ、
どれにするべきかは
文によって変わってきますので
別に統一しなくてもいいんですね

ただし、

重要な言葉に関しては
統一した方がいいです。

記事タイトルで使った言葉や
主要な内容を表す言葉などは
変にコロコロと変えてしまうと
読者に伝えたい事が
伝わりづらくなってしまうので。

漢字・ひらがな・カタカナをどこで使うか意識してみましょう

漢字・ひらがな・カタカナは
多くの人たちが何の意識もせずに
何となくで使っているでしょうが
それらを、ちょっと意識するだけで
ブログ記事の質が変わってきます。

先ほど解説したように
漢字・ひらがな・カタカナの
比率を意識して書けば
読みやすくて分かりやすい
記事にする事ができますからね

なので、もし比率を意識した事がないなら
この機会に比率を意識してブログ記事を
書いてみていただければと思います。

そうすれば、驚くほどあなたの記事は
読みやすく分かりやすくなりますので。

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加