こんにちは、コンティー海です。

「アフィリエイトはオワコン」

こんな風潮があちこちで流れてますので
アフィリエイトをオワコンだと
思っている方は少なくないかと思います。

ちなみに、当記事をご覧のあなたは
アフィリエイトの事を
「オワコン」だと思われますか?

もし、「オワコン」だと思われてるなら
その考えはどうぞ捨てていただければと思います。

だって、アフィリエイトはオワコンでないから。

もちろん、オワコンでないと言うには
それ相応の理由がありますので
今回は「アフィリエイト = Not オワコン」
について解説していきたいと思います。

アフィリエイトがオワコンでない理由

市場規模が増え続けている

まずは、下記の画像をご覧ください。

引用元:アフィリエイトの市場規模

これは株式会社矢野経済研究所が
2019年9月~12月の期間で調べた
アフィリエイトの市場規模なんですが
ご覧の通りキレイな右肩上がりになってるのが
お分かりになるかと思います。

どこからどう見ても
現在進行形で成長中の市場ですよね

参入者も増え続けている

次に、下記2つの画像もご覧にください。

上が2000年時点での検索結果で
下が今現在の検索結果なんですが
画像の真ん中に表示されている
検索ヒット数が
下の方が圧倒的に多いですよね
(その差は約8500倍)

この事から分かるように
それだけ多くのサイトやブログが
作られている事になります。

そして、サイトやブログの大多数は
アフィリエイトをしています。

まぁ、企業サイトやブログなどは
アフィリエイトをしてませんが
それ以外のものについては
100%と言っても過言ではないぐらい
何かしらのアフィリエイトを
行っていますね

なので、アフィリエイトへの参入者も
市場規模と同様に増えているのです。

市場規模も参入者も増え続けている、
こんなアフィリエイトが
ホントにオワコンなのでしょうか?

減り続けているなら
オワコンだと言えるでしょうが
増え続けているのですから
オワコンではないですよね

このようにデータで判断すれば
アフィリエイトがオワコンではない事は
スグに分かるのです。

でも、世間の一般人たちは
こういったデータを確認しないで
ちょっとした規制があっただけでスグに
オワコンだと決めつけちゃうんですよねぇ

世間は間違うもの

例えば、様々な規制が入っており
2014年からオワコンだと言われ続けている
パチンコ業界ですが
休日やイベントがある日なんか
今でも人がいっぱい来ています。

確かに、全盛期と比べれば
パチンコ業界は衰退していますが
それでもオワコンと言えるほど
ヒドイ状況にはなっていません。

なのに、オワコンだと言われてる…

つまり、世間が言うオワコンなど
全く当てにならないんですね

まぁ、アフィリエイトでも
ITPという技術が向かい風となってますが
それもASP各社がITP対応をしてるので
いずれ、ITPなど気にならなくなるでしょうね

それにネット利用の観点から見ても
アフィリエイトは間違いなく
これからドンドン伸びる市場です。

ネット利用の観点からもオワコンではない

下記グラフは総務省が発表した
ネット利用率の推移ですが
その利用率は約80%と
めちゃくちゃ高い数字になってるのが
お分かりになるかと思います。

引用元:総務省

また、あわせて下記グラフもご覧ください。

引用元:総務省

若者のネット利用率はほぼ100%であり
年齢が上がるほど下がっているのが
お分かりいただけるかと思います。

では、以上を踏まえた上で
今後のネット利用率は
どうなっていくと思いますか?

ネット利用率ほぼ100%の若者が
何十年後に老人となっても
おそらく、ネットを利用される方が
かなり多いと予想できます。

そうなると、先ほどの
年齢層別のネット利用率が
年齢が上がっても高いままとなりますし
結果、ネット利用率は
さらに高くなりますよね

そして、アフィリエイトは
ネットを使った稼ぎ方になります。

今後、ネットの利用率は
さらに増えていく事を考えれば
ネットを使った稼ぎ方であるアフィリエイトは
非常に将来性がありますよね

以上のように、
様々なデータが示しているように
アフィリエイトはオワコンではないのです。

とはいえ、世間の風潮的に
オワコンと言われるのは
個人的には大歓迎ではありますね

だって、アフィリエイトが
オワコンと言われれば言われるほど
それはチャンスとなりますので…

オワコン風潮にチャンスあり

オワコン風潮がチャンスとなる理由ですが
至って単純明快です。

参入してくる人が減るから。

だって、ウソだとは言っても
世間の風潮が「オワコン」となっている、
そんなビジネスを一般の人たちは
実践しようとはしませんからね

まぁ、それでも上記でお見せした
市場規模などのデータを見れば
オワコンでないのはスグに分かりますが
そこまでする人なんて
ハッキリ言って滅多にいません。

人が言った事、誰かが言った事、
有名人の発言、世間の風潮、など
ちょっと正しそうに聞こえれば事実確認もせず
多くの人たちは信用してしまうものです。

実際、当記事をご覧のあなたも
テレビで言っていた事や国が言った事を
そのまま鵜呑みにしてませんか?

いずれにしても
アフィリエイトには「オワコン」という
風潮が流れていますので
参入者の減少や撤退する人が
増える事でしょう。

しかし、

アフィリエイトの市場規模は
右肩上がりの成長市場ですよね

成長市場なのに実践者が減るのは
正にチャンスですよね

だからこそ、オワコン風潮が流れるのは
アフィリエイトを生業としている
自分としては大歓迎だとお伝えしたんですね

とはいえ、アフィリエイトは
簡単に稼げるわけではありません。


バカな奴は単純なことを複雑に考え
普通の奴は複雑なことを複雑に考え
賢い奴は複雑なことを単純に考える
          by 稲盛和夫

お金稼ぎは難しいと
感じるかもしれませんが
突き詰めればたった1つの
単純な本質へとたどり着きます…

その本質とは?

無料メール講座にて公開中!

オワコンではないが簡単ではない

上位5位にならないと稼げない

オワコン風潮はありますが
それでも、今のアフィリエイトには
多くの参入者が存在しています。

まぁ、参入者が多かったとしても
全員が全員、稼げるならいいですが
当然、現実はそう甘くありません。

まず、下記の画像をご覧ください。

引用元:NINJAS

この画像は検索順位による
クリック率の変化を表していますが
検索上位の方がクリックされやすく
6位以下のものについては
ほとんどクリックされないのが
お分かりになるかと思います。

そのため、サイトやブログを作っても
検索上位に入る事ができなければ
アクセスはほとんど来ないんですね

(21位以降などはアクセス0と言っても
 過言ではありませんね)

実際、あなたが検索した時のことを
思い出して欲しいのですが
大抵、上位5ページぐらいまでしか
確認されませんよね

このように検索上位になれなければ
誰からもクリックされず
アクセスが来ることはありません。

もちろん、アクセスがなければ
稼ぐこともできないです。

なので、参入者が増えてくると
それだけ検索上位になりづらくなり
アフィリエイトで稼ぐのが
難しくなっていくんですね

一応、下記で解説したように
参入者が少ないキーワードを狙えば
100文字程度のショボい記事でも
検索トップになれなくはありません。

【実例あり】たった100文字のブログでも検索トップになれちゃいます

それでもキーワードを探すのは
楽な事ではありませんので
いずれにしてもアフィリエイトは
簡単には稼げるものではないですね

ただ、簡単じゃないからこその
メリットがあるんですよ

難しいから継続した収益が見込める

仮に、先ほど画像でお見せした
「生命保険」というキーワードで
検索上位を目指すとしましょう。

その場合、生命保険に関する
多種多様な記事を書く必要がありますし
それだけでなく記事の文字数も
ドンドン増やしていく必要があるので
かなりの時間がかかります。

それでも諦めずに頑張り
何とか検索上位になったとします。

当然、アクセスが集まるようになり
アフィリエイトでかなりの
収益を上げることが可能です。

で、です。

ここまでの状態になれれば
長期間、継続して稼げると思いませんか?

仮に、アフィリエイトのライバルが増えても
そのライバル達が検索上位になるためには
同じように記事をたくさん書いたり、
記事の文字数を増やす必要があるので
めちゃくちゃ時間がかかりますよね

そして、継続できる人間というのは
あなたもご存知の通り
ほんの一握りしかいませんので
大多数の参入者たちは
検索上位になる前に挫折しちゃいます。

実際、アフィリエイトで
挫折される人は非常に多いですし
そのせいか、検索上位のサイトやブログたちは
今現在もほとんど順位は変わってないです。

つまり、

稼ぐまでは楽ではないですが
そこまで行ってしまえば
継続して稼ぎやすいんですね

じゃあ、稼ぐまでに
どのくらいの記事数や文字数が
必要になってくるか?については
下記記事で解説してますので
そちらをご参照ください。

『100 + x』これがアフィリエイトに必要な記事数です

【ベストな文字数】→アフィリエイトブログの記事は多い方が有利

それと、

アフィリエイトには
手軽にできるというメリットもありますね

手軽にできるアフィリエイト

開業資金がゼロ

通常、何かしらのビジネスで開業する場合
下記のように高額な開業資金が必要です。

でも、アフィリエイトでは
こんな開業資金は必要ありません。

0円で始める事ができちゃいます。

というのも、アフィリエイトは
基本的に報酬を得るためのASPと
ブログなどのネット媒体さえあれば
実践する事ができるんですが
これらを使うのにお金って
一切かからないんですよねぇ

ぶっちゃけ、中学生でも実践できます。

ランニングコストがほぼ0円

また、一般的に開業すると
オフィス代や、給料代や、光熱費など
最低でも数十万円規模の
ランニングコストがかかりますが
アフィリエイトなら
そうゆうのもいりません。

まぁ、独自ブログを作るとなると
サーバー代やドメイン代がかかりますが
それでも月に数百円程度です。

正直、昼飯1回分程度の費用など
一般的なランニングコストと比べれば
無いに等しいですよね

資格も申請もいらない

他にも、何かしらの資格や
国への申請がいらないのも
アフィリエイトの良い点ですね

例えば、医者をするなら
医師免許という資格が必要ですし
飲食店をするにしても
保健所に飲食店営業許可を
申請しなくてはいけません。

でも、アフィリエイトで必要な
ASPも、ブログも、
利用するのに資格はいりませんし
慣れてれば数分で終わるような
ちょっとした登録作業があるだけです。

以上のように、資金も、コストも、
資格さえも無かったとしても
アフィリエイトなら実践できるので
非常にお手軽なビジネスなんですね

とはいえ、
オワコンではないが簡単ではない」で
お伝えしたように
実践するのはお手軽にできますが
稼ぐのはお手軽ではありません。

では、そんなアフィリエイトで
どうすれば生き残れるのか?

ライティング力がないアフィリエイターはオワコン化する

見出しにも書いてありますが
「ライティング力」がないと
今後のアフィリエイトでは
生き残っていけないでしょうね

低質なライティングしかできない、
そんなアフィリエイターはオワコンです。

理由としては集客がしづらくなるからです。

というのも、上記で解説したように
アフィリエイトには様々なメリットがある、
非常に優秀なビジネスモデルとなっており
実在する企業がそんなビジネスに
目を付けてきてるので。

実際、東証一部に上場している
株式会社ATEAMはアフィリエイトで
収益を上げています。

引用元:株式会社ATEAM

そんな資金力もマンパワーも
ガッツリと保持している企業が
ブログやサイトを作って
めちゃくちゃ沢山の記事を書いてるので
個人が作ったブログやサイトではどうしても検索上位に表示されづらいです。

それでも、記事の質を高めていけば
検索上位に表示できなくはないですが
今のGoogleでは中々、厳しいですね

なので、個人のブログなどは
どうしてもアクセスが少なくなりがちですので
現状は集客がしづらい状況となっています。

だからこそ、ライティング力がいるんです。

少ないアクセスでも
アフィリ商品の成約に繋げられる、
そんなライティング力が…

ちなみに、集客こそが全てとなっている
トレンドアフィリエイトはオワコンなので
間違っても実践しないでくださいね

先ほども言いましたが
企業が参入してきてる以上、
いくら一個人が頑張ろうとも
トレンドアフィリエイトで稼ぐための
莫大なアクセスを得られるわけがないので。

それに、トレンドアフィリエイトの
生命線ともいうべき
行動ターゲティング広告に対し
規制が入ってきてるのも向かい風ですね

行動ターゲティング広告「は」オワコン

トレンドアフィリエイトでは
Googleアドセンスなどの
読者の属性によって表示する広告が変わる
行動ターゲティング広告を利用して
稼いでいくものとなっています。

でも、サードパーティークッキーの規制で
この広告はうまく機能しなくなるんですよ

詳しくは下記記事で解説してますが
トレンドニュースを扱うブログの収益力が
60%以上も激減してしまった…
なんて調査結果も出ているので
トレンドアフィリエイトのオワコン化は
今後、ますます進んでいくでしょうね

【2020年以降】トレンドアフィリエイトはオワコン待ったなし

そもそも、行動ターゲティング広告自体が
オワコン化していると言っても
なんら過言ではありません。

なんせ、行動ターゲティング広告を
忌み嫌う人たちは年々増えていますし
そのせいか、この広告自体を
ブロックしてしまう機能も
既に存在しているぐらいなので。

例を挙げると「AdBlock」という
ブラウザの拡張機能とか。

引用元:AdBlock

実際にこの機能を入れてブログを見ると
下記のような違いが出ます。

・イケダハヤトのブログ(AdBlockなし)

・イケダハヤトのブログ(AdBlockあり)

どちらも同じ記事ですが
AdBlockなしでは表示されてた広告が
AdBlockありでは表示されてないのが
お分かりになるかと思います。

このようにGoogleアドセンスなどの
行動ターゲティング広告自体を
非表示にしてしまう機能がある以上
この広告自体がオワコンに向かっており
これを収益源としているアフィリエイト手法も
同様にオワコンなんですね

ただ、

アフィリエイト自体が
オワコンというわけではありません。

というのも、読者の属性によって
広告を切り替えるものでなく
一定の広告を表示するものであれば
非表示にされる事はないので。

実際、下記画像の記事では
afbのアフィリ広告がありますが
AdBlockありでこの記事を開いても
アフィリ広告は普通に表示されてます。

このように、どんな読者にも
同じ広告を表示しているものに関しては
今でも普通に表示されるんですね

なので、今後アフィリエイトで稼ぐなら
オワコンな行動ターゲティング広告ではなく
ごく普通のアフィリ広告を利用するのが
稼ぐために必要となってきます。

結論:アフィリエイトはオワコンではない

ここまで解説したように
アフィリエイトは
将来性のあるビジネスであり
それでいて誰でも手軽に始められる
とても敷居が低いビジネスです。

しかも、それでいて
大金を稼ぎ出すこともできちゃいます。

ノー資金、ノーコスト、ノー資格で
実践できるビジネスでありながら
ガッツリと稼ぐこともできる。

そんなアフィリエイトビジネスでが
ホントにオワコンだと思いますか?

常識的に考えて「いいえ」ですよね

もちろん、先ほど解説したように
簡単に稼げるものではありませんし
ライティング力が必要になりますが、

それでも、

これだけ優れたビジネスは
他にはありませんので
もし、リスクなく稼ぎたいと思われるなら
アフィリエイトこそがベストだと思います。

それでは、失礼致します。