こんにちは、コンティー海です。

今では様々な情報商材が存在しており
中には、情報商材を手にしたことで
稼げるようになった方もいらっしゃいます。

ただ、

非常に残念なことではありますが
ほとんどの稼げる系情報商材(90%以上)は
ハッキリ言って「詐欺」と言っても過言ではない
全く役に立たないゴミ同然な情報商材です。

そこで、今まで数百を超える
数多くの情報商材を見てきた自分が
情報商材の詐欺で使われる21の手口と
それを踏まえた上での詐欺にあわない対策を
ここで明かしたいと思いますね

なので、情報商材で詐欺に合わないためにも
この先の内容をご覧になっていただき
21もの詐欺手口と詐欺にあわない対策を
知っておいていただければと思います。

情報商材で詐欺するヤツらが使う21の手口

手口1:スゴい経歴は情報商材で詐欺するためのねつ造

ほぼ全ての情報商材において
販売者の経歴は凄いものとなっています。

「大手企業△△でトップの業績でした!」とか、
「有名企業の○○にコンサルを行ってます!」とか、
「世界的企業の□□で重役をやってました!」とか。

そして、その経歴によって
「へぇ、この販売者ってスゴいんだ~」
と思われる方は少なくありませんし、
そういったものに権威性を感じて
情報商材を買われる方も少なくはありません。

もし、当記事をご覧のあなたも
経歴を信用されたことがあるなら
どうぞ、今後は辞めてください。

というのも、こういったスゴイ経歴は
大抵の場合、情報商材で詐欺を行うために作られたねつ造であり
詐欺まがいな情報商材を買わせるための
1つの手口となっているからです。

例えば、自身のことを
元ゴールドマンサックスの
凄腕アナリストと語っていた
瀬尾恵子なる人物がいたんですが、

下記のように、当のゴールドマンサックスから
その事を否定されてました。


引用元:ゴールドマン・サックスからの注意喚起

多くの方々は何かしらの肩書や実績によって
その人に権威性を感じてしまうものですが
そういった人の習性みたいなものを利用しているのが
上記の情報商材で詐欺を行うヤツらの手口です。

なので、今後は肩書や実績なんてものは
当てにしないでいただければと思います。

それらを当てにしていると
情報商材で詐欺をしているヤツらの手口に
引っかかってしまいますので。

手口2:本の出版も情報商材で詐欺を行うヤツらのウソ

他にも、権威性を見せるための手口として
本を出版したと語る販売者もいます。

一例を挙げると、五十嵐瑛太なる経営コンサルタントが
下記の本を出版していると語っていました。


⇒五十嵐瑛太が手掛けた情報商材

上記の画像を見る限りは
いかにも本を出版しているように
感じるかもしれませんが
実は、この本たちも情報商材で詐欺を行うヤツらが作った
偽物であり自分たちを騙すための手口になっているんです。

実際、下記のように
本が実在するかを調べてみたところ
そんな本なんかありませんでしたので。

もちろん、中にはホントに本を出版し
下記のように好評を得ているものもあります。

しかし、だからと言って信用するのは危険です。

というのも、上記★の内訳って
こんなことになってるんですよ

はい、★5と★1が多くなってるんです。

正直、不自然だと思いませんか?

何でこんなことが起きるかと言うと
この本を出版した販売者が
自身の仲間に★5を付けさせているからです。

つまり、★5レビューのほとんどが
情報商材で詐欺するためのステマ(自演)であり
実際は、★1レビューが沢山付けられる
クソみたいな本ということです。

他にも、「ベストセラー作家です!」と語る
情報商材の販売者もいましたが
その実情は、
販売者が大量に自身の本を買うことで
人為的にベストセラーを作り出していた
なんてこともありましたね
(つまりはエセ ベストセラー作家ということです)

本の出版やベストセラー作家は
昔から1つのステータスとなっており
そのステータスによって
「この人ってスゴいんだな~」
と感じられる方は多いです。

ただ、そう感じてしまう性質を利用しているのが
情報商材で詐欺を働くヤツラの手口になっているんですね

なので、今後は上記のようなステータスに
惑わされないでいただければと思います。

手口3:情報商材の実践者など初めからいない

よくある手口として実践者を出して
「私の情報商材は誰でもこんなに稼げます」
なんてことを言ってくる販売者がいます。

やっぱり、実践者がいて
なおかつその実践者が稼いでいれば
提供される情報商材に期待を持ってしまうものですし
信用性も高まりますからね

ダイエットや美容の商品で
実際に実践した人が出ることが多いですが
手口的にはそれらと同様です。

しかし、

残念ながら、大抵の実践者は
情報商材で詐欺を行うヤツらが用意した架空の人物であり
実際のところは実践者など
存在してないことがほとんどです。

現に、神山雄一のアンサーズなる情報商材では
18,000人もの方が稼いでいる、と言ってましたが


⇒神山雄一のアンサーズについて

下記のように、消費者庁の調査によって
実践者など存在してなかったことが
分かっています。


引用元:アンサーズに関する消費者庁の調査結果

じゃあ、情報商材に出てくる実践者は
一体なんなのか?ですが
これはエキストラであることが多いです。

例えば、下記ランサーズの仕事をご覧になれば
お分かりになると思いますが、

動画に出てくる実践者たちは
クラウドソーシングを利用することで
情報商材で詐欺を行っているヤツらが集めてきた
単なるエキストラなんですね

要するに、動画に出てくる情報商材の実践者たちは
エキストラを使うことで
いくらでもねつ造することができるので
情報商材で詐欺を働くヤツらの
1つの手口となってしまっているのです。

ちなみに、体験談に関しても
下記のようにねつ造されていることがありますので
十分にご注意いただければと思います。


引用元:トップに関する消費者庁の調査結果

手口4:情報商材の動画に出る外国人も詐欺の手口

また、エキストラ繋がりで言うと
外国人も単なるエキストラであることが多いです。

例えば、五十嵐久徳のINFINITYで出てきた下記右側の外国人。


⇒五十嵐久徳のINFINITYについて

この方は「マーク チネリー」という
稲川素子事務所に所属する
タレントだったんですよ


引用元:マーク チネリーのプロフィール

つまり、情報商材の説明時に出てくる
「○○の第一者であるA氏!」
「システムの開発者であるB氏!」
「超天才数学者C氏が監修!」などの外国人も全て
情報商材で詐欺を行うために用意した
架空の人物となっており
自分らを騙すための手口になってるんです。

さらには、実践者や周りの人物以外にも
そもそも、販売者自体が架空の人物だったりもします。

手口5:販売者自体も情報商材で詐欺するための架空人物

例えば、カリスマ主婦と名乗っていた
加藤絢子(あやパン)が紹介する
スマホをタップするだけでお金が稼げる、
そんなオファーが存在したのですが、

消費者庁の調査で
こんなことが分かってしまったんですよ


引用元:加藤絢子(あやパン)オファーの消費者庁の調査結果

カリスマ主婦であるはずのあやパンは
株式会社Questが用意した架空の人物であることが。

要するに、情報商材の紹介ページや
動画に出てくる販売者たちは
多くの場合、裏で糸を引く詐欺を働くヤツらがいて
その詐欺師の指示通りに
情報商材の紹介を行っているのです。

実際、動画内で販売者たちが
自身の情報商材を紹介してる時って
結構な確率で棒読み感が出ているんですが
上記のように裏にいる詐欺を働くヤツらに
ただ言わされているだけになっているから
棒読み感が出ることが多いんですね

また、情報商材の紹介ページや動画で
販売者の顔が写っているのは
信用性を高めて情報商材を買わせるための
手口の1つとなっています。

そのため、いくら情報商材の販売者が
顔出しを行っていたとしても
それだけで信用するのは辞めてくださいね

なんせ、そういった販売者や実践者も含めて
全ての人物は架空の人物である可能性がありますので

手口6:街頭インタビューも情報商材で詐欺するためのヤラセ

また、自身の情報商材の有用性を示すために
街頭インタビューを行うものもあります。

例えば、坂本歩実のかんたん選択ビジネスなど。

このかんたん選択ビジネスでは動画内で
街頭インタビューを行っており
その中で、渋谷で会った菅原さんという方に
かんたん選択ビジネスを実践してもらってました。

なので、パッと見はそこらへんにいる人でも
簡単に稼げる、みたいな印象を抱くかもしれませんし
「これなら私でも稼げるかも!?」と
期待を抱かれるかもしれませんね

でも、消費者庁の調査でこんな事が分かっています。


引用元:かんたん選択ビジネスの消費者庁の調査結果

街頭インタビューに出てきた人は
販売者に雇われたモデルだということが。

つまりは、街頭インタビュー自体が
情報商材で詐欺を行うための
自分らを騙す手口となっており
何の信用性ないということです。

手口7:高級住宅も情報商材で詐欺を行うヤツらの手口

情報商材の販売者が
稼いでる感をアピールするために
動画内に高級住宅を写すことがあります。

ただ、こういった高級住宅は
単なるレンタルであることがほとんどです。

というのも、今や他人の家や賃貸に泊まれる
Airbnbなどの民泊によって
誰でも気軽に安価で、高級住宅や高級賃貸に
泊まることができちゃうんですよ

例えば、下記のような眺めが抜群で
めちゃくちゃキレイで広そうな家も
Airbnbで簡単にレンタルできちゃいます。


引用元:Airbnbに載ってる高級物件

なので、そういったサービスを使って
泊まった住宅や賃貸で動画撮影をすることで
一見、情報商材の販売者がその住宅や賃貸を
持っているような動画ができちゃうんです。

過去の事例で言うと
井口晃のエヴァンゲリストというオファーで
下記のような豪華な部屋が動画に出てきたんですが、

実はこの部屋、スタジオビーという
レンタルスタジオの部屋だったんです。


引用元:スタジオビーDスタジオ

他にも、販売者が住んでいるところを
下記のように静止画で見せてくる
中川鉄平の情報商材があったんですが、


⇒中川鉄平の情報商材について

単に、ネット上に公開されている
下記の画像を貼り付けただけ、という
お粗末なものもでした。


引用元:Shutterstockの画像素材

ちなみに、高級品や高級車なども
今ではレンタルすることができるので
動画に出てくるそういった品もほとんどの場合、
情報商材を買わせるために用意したレンタル品であり
これも詐欺まがいな手口になるのです。

そのため、何かしらの高級品によって
「この人、かなり稼いでいる人なのでは?」と
情報商材の販売者に権威性を感じていたなら
今後は、情報商材で詐欺を行うヤツらの
1つの手口だと理解していただき
そんなもので権威性は
一切、感じないでいただければと思います。

手口8:銀行通帳も情報商材で詐欺を行うヤツらが作った偽物

先ほどの高級住宅や高級品を使った
稼いでるアピールの他にも
銀行通帳を見せることで
稼いでるアピールを行ってくる
情報商材の販売者も存在します。

実際に通帳が表示され、
そこに大金が書かれていると
「ホントに稼いでるんだー」と
思われる方がいらっしゃるかと思いますが
大抵の場合、詐欺まがいな情報商材を
買わせるための偽物の通帳です。

例えば、実際に大金が入ってる通帳を誰かに借りて
動画撮影をする時に
その通帳の名前部分にモザイクをかければ
パッと見は販売者の通帳に見えてしまいますよね

他にも、画像や動画編集などによって
販売者の通帳に大金が入っているように見せる
詐欺まがいな情報商材もあります。

ついでに言うと、実践者の通帳なんかも
上記の方法でいくらでも偽装することが可能です。

まぁ、銀行通帳に表示されている金額の多さに
権威性を感じてしまう気持ちは分からなくはありませんが
結局、情報商材で詐欺を行うヤツらは
そういった自分らの気持ちを利用して
詐欺を行うための手口を考えているのです。

なので、銀行通帳の金額など今後は
参考にしないでいただければと思います。

手口9:札束は情報商材で詐欺を行うための模造品

さらに、銀行通帳だけでなく
札束を見せてくることもありますが、

これに関しても本物のお札ではなく
アマゾンなどで売っている
模造品が使われることがほとんどです。


引用元:アマゾンで売られている札束の模造品

ただでさえ、動画だと見にくいのに
そんな動画で本物か模造品かを見極めるのは
ハッキリ言って、ほぼ不可能ですので
くれぐれも札束に目がくらんで
騙されないように気を付けてくださいね

手口10:悪評を消すのも詐欺まがいな情報商材の手口

自身が気になっている情報商材が
詐欺かどうかを判断するために
ネット上の評判を確認される方がいらっしゃいます。

ただ、情報商材販売者の中には
ネット上の悪評を消しているヤツらがいるんですよ

例えば、実績を偽っていた
野村祐輔の520PROJECTという情報商材があるんですが、


⇒520PROJECTの野村祐輔では20万円は稼げません

そこの運営事務局から
下記のメールが届いたんですよ


引用元:520PROJECT運営事務局からのメール

画像に関しては引用しているだけなのに
「これは転載だ!」と意味不明な理由をつけては
記事の削除を命令してくるんです。

しかもご丁寧に罰金の情報なんかも添えて。

まぁ、要するに
情報商材で詐欺を行うヤツらの中には
上記のような脅しともとれるメールを送りつけて
自身の悪評を必死に消そうとする輩がいるのです。

実際、そういったメールによって
記事を消してしまう方もいらっしゃるので
仮にネット上に悪評が無かったとしても
「この情報商材の販売者は良い人なのかな」
なんて思わないでくださいね

上記脅しメールのような手口で
悪評がもみ消されている可能性がありますので。

手口11:好評を自演するのも詐欺まがいな情報商材の手口

先ほどは悪評を消すための手口でしたが
それとは逆に情報商材の詐欺師たちは
好評を自演することもあります。

例えば、熊本賢介のワークスタイルという
下記の情報商材があったんですが、


⇒熊本賢介のワークスタイル

この時には下記のような
自作自演のブログが存在していました。

また、中にはGoogleの広告を使ってまで
上記のような自演ブログが
多くの人の目に触れるようにしていた、
詐欺情報商材なんかもありましたね

なので、もしネット上の評判を調べて
仮に好評なものがあったとしても
それだけで信用するのは危険です。
(情報商材で詐欺を行うヤツらが用意した
 自演ブログかもしれませんので。)

しっかりとその好評が信用できるかを
念入りに確認しなくてはいけません。

手口12:豪華景品でつるのも詐欺まがいな情報商材の手口

「メールアドレスやLINEの登録をしてくれたら
 豪華景品をプレゼントします!」
なんてことを語っている
情報商材も中には存在します。

具体的には下記のような感じです。

ただ、この豪華景品についても
虚偽であることが多いんですよ

実際、今まで沢山の
豪華景品が貰えると語る情報商材に
メールアドレスやLINEを登録してきましたが
景品が貰えたことなどただの一度もありませんので。

むしろ、豪華景品の話など
最終的には無かったことにされてましたね(汗)

ちなみに、田中保彦氏の金と銀プロジェクトでは


⇒田中保彦氏の金と銀プロジェクト

「先着30名様に金と銀100グラムをプレゼント!」
なんてことを語っていましたが
消費者庁の調査で
そんな実態は無かったことが分かっています。


引用元:金と銀プロジェクトの消費者庁の調査結果

この事からもお分かりになるように
豪華プレゼントや景品なんてものは
情報商材で詐欺を行うヤツらの手口となっており
はなから用意などされていないのです。

手口13:キャッシュバックでつるのも詐欺まがいな情報商材の手口

情報商材の価格は数万円が相場となっており
結構なお値段になっていることが多いですが
中には、キャッシュバックを使って
お得感を出している情報商材があります。

例えば、「手口5」でもお伝えした
加藤絢子(あやパン)が紹介する
スマホをタップするだけで
お金が稼げると語っていた情報商材です。

この情報商材の価格は1万8千円となってましたが
5万円のキャッシュバックがあるという話だったので
「仮に、1万8千円払って稼げなかったとしても
 キャッシュバックがあるからいいかな」

と思って参加されてしまった方がいらっしゃいます。

が、これこそが詐欺の手口なんです。

というのも、情報商材で詐欺を行うヤツらは
はなからキャッシュバックを払うつもりなんて
1ミリたりとも無いんですよ

実際、加藤絢子の情報商材では
キャッシュバックを受け取るためには
厳しい条件を満たす必要がありました。

稼げないビジネスで50万円を稼ぐ、
という厳しい条件が…
(しかも、事前説明はありませんでした。)


引用元:加藤絢子(あやパン)オファーの消費者庁の調査結果

そもそも、加藤絢子が提供したビジネスは
全く稼げるものではないのに
そんなビジネスで50万円を稼ぐのは
厳しい条件というか、もはや
達成不可能な条件と言えます。

つまり、情報商材で詐欺するヤツらは
達成不可能な条件でキャッシュバックをつけ
その条件を伏せたままキャッシュバックだけを強調し
偽のお得感を演出しているのです。

なので、キャッシュバックが付いているからと言って
安心されるのは今後は辞めてくださいね

手口14:情報商材でよくある値引きは詐欺師のウソ

また、お得感を演出する繋がりで言うと
「通常価格○○円が今なら○○円!」
なんて事が書かれている情報商材もありましたね

下記の株式会社アイデアが提供する
カシャカシャビジネスが正にそうでした。

上記画像の通り、通常価格10万円が
会員様特別価格として今だけ2万円、
と書かれていますからね

そして、こういった情報商材に書かれている
「今だけ○○円」というものに
買わなきゃ損!と思われる方がいらっしゃいますが
実は、情報商材に書いてあるこの価格…

情報商材で詐欺するヤツらのウソなんですよ

実際、消費者庁の調査によって
上記の情報商材に表示されている
「通常価格10万円」は事実無根だと分かっていますので。


引用元:カシャカシャビジネスに対する消費者庁の調査

なので、情報商材の表示に
値引きがあったとしてもその値引き自体が
事実無根である可能性がありますので
お得感は感じないでいただければと思います。

手口15:低額でものちのち高額な情報商材を買う羽目に

情報商材の価格はまちまちとなっており
高いものだと10万円を超えるぐらい
高額な情報商材なんかもあります。

ただ、中には5000円程度の価格で
手にできる情報商材も存在します。

一例を挙げるとマツケンの
コピー&ペーストin YouTubeとうい情報商材です。

ただ、上記のマツケンの情報商材は
低額で購入したものには具体的な稼ぎ方が
一切書いてなかったんですよ(汗)

じゃあ、具体的な稼ぎ方を知るために
何をしなければいけないかと言うと
高額な情報商材の購入です。


引用元:マツケン情報商材に対する消費者庁の調査

なんでこんな事をしているかと言うと
情報商材で詐欺するヤツらは
簡単な要求のあとに大きな要求をすると
人はその要求を呑みやすい、という
人間心理を巧みに利用しているからです。
(フット・イン・ザ・ドアと呼ばれるテクニックです。)

また、「勿体無い」と思う人間心理も利用しています。

というのも、低額ではあるものの
稼ぐために情報商材を買ったのに
実際に稼ぐためには高額な情報商材が必要、
そういった状況になると人って
「せっかく買ったんだから
 次の情報商材も買ってしまおう」

ってなってしまう方が非常に多いんですよ

「せっかく」というのが正に勿体無いの精神です。

つまり、いくら情報商材の価格が
低額だったとしても
最後には高額な情報商材を売りつけられるんですね

もちろん、フット・イン・ザ・ドアは
単なるテクニックでしかないので
それ自体を悪く言うつもりはないですが
重要なのは、低額なゴミを売りつけられたのに
勿体無い精神で高額なものまで買ってしまうところです。

ハッキリ言いますが
低額な情報商材がゴミであったなら
その後の高額情報商材もゴミ同然になりますし
低額な情報商材が詐欺まがいなものなら
高額情報商材も詐欺まがいなものになります。

だって、ゴミや詐欺を提供してきた販売者なのですから
商品が変わろうがゴミや詐欺しか提供できませんからね

なので、勿体無いと思って
高額な情報商材を買われてしまうのは
その行為自体が勿体無い行為ですので
今後は、そんなことをしないでいただければと思います。

手口16:情報商材販売者とインタビュアーはグル

情報商材の紹介をする際には
ほぼほぼ誰かしらのインタビュアーが
存在しているものです。
(インタビュアーがインタビューしながら
 情報商材の内容が明かされていく流れです。)

で、なんですが
実はこういったインタビュアーって
情報商材の販売者とグルなんですよ

つまり、インタビュアーがよく言う
「○○さんのノウハウってスゴイですねぇ」
なんて販売者を褒める言葉は
単に「言わされてるだけ」なのです。

実際、加藤浩太郎のギフトという情報商材では
販売者とインタビュアーが
ともに詐欺容疑で逮捕されていますので。
(販売者とインタビュアーはグルだと判明しています。)


⇒加藤浩太郎のギフトが9億円の詐欺被害を生んだ理由

結局、インタビュアーという存在も
情報商材を買わせるための
詐欺手口の1つにしか過ぎないのです。

そのため、もしインタビュアーの言葉を
信用されたことがあるなら
今後は信用しないでいただければと思います。

だって、グルである以上インタビュアーの言葉には
何の信用性もありませんからね

手口17:動画コメントは情報商材における詐欺手口の1つ

情報商材の紹介動画では
下記のような感想コメントが
付いていることがあります。

ただ、これらのコメントってほとんどが
情報商材で詐欺するヤツらが用意した
ヤラセコメントなんですよ

実際、奥山政幸のチームマスターでは
動画の視聴回数がわずか1回でありながら、
それに対するコメントが
100件以上も来てましたので。

・視聴回数

・コメント数

⇒奥山政幸のチームマスターについて

動画の視聴回数が1回しかないのに
その動画に対するコメントが
100件以上もきているなど
どう考えてもヤラセですよね

もちろん、全てのコメントが
ヤラセだとは言いませんが
残念ながら、ほぼ全てのコメントは
情報商材で詐欺するために用意された
ヤラセであるのが現状です。

手口18:無料でシステム(アプリ)は配布されない

中には、無料で稼げるシステムを配布します!
と語っている情報商材も存在します。

現に、杉山直人のレジスタンスアプリは
登録さえしてくれれば
無料でアプリを配布すると言ってました。


⇒杉山直人のレジスタンスアプリについて

しかし、実際には無料で配布されることはなかったです。

というのも、最終的に
「システムメンテナンス費用が必要なんです」
とか言って、お金をせびってきましたので(汗)

このように、最初は無料ですと言いながら
最終的には何かしらの理由をこじ付けては
お金をむしり取ろうとしてくるのが詐欺の手口なのです。

また、「無料だからちょっと見てみようかな」
と安易な気持ちでメールアドレスやLINEの
友達追加をするのは辞めた方がいいです。

というのも、安易な気持ちで動画を見始めたら
動画の雰囲気に飲まれてしまって
最終的には詐欺まがいな情報商材を
買われてしまう方が結構多いので。

手口19:○○億円の開発費は情報商材で詐欺するヤツらが言う虚言

自身のシステムやアプリが
凄いものであることを印象付けるために
もの凄い開発費がかかった、
と言ってくる情報商材の販売者がいます。

一例を挙げると藤田真一のオートビットチャージとか。


⇒藤田真一のオートビットチャージ

この時はオートビットチャージというアプリを
15億円もかけて開発したって
藤田真一は豪語していましたね

こういった多額の開発費を言われると
「このアプリってスゴイアプリなのかな?」と
感じるかもしれませんが
それでは情報商材で詐欺するヤツらの
思う壺になってしまいます。

というのも、15億円という開発費は
全くのウソでしたので。


引用元:オートビットチャージの消費者庁の調査結果

なので、システムやアプリの性能を見極めるのに
開発費は全く役に立ちませんので
今後は、開発費は当てにしないでくださいね

手口20:無料版アプリは詐欺情報商材を買わせるためのまがい物

メールアドレスやLINEの登録をすると
下記のような稼ぐためのアプリが
無料で使えることがあります。

で、実際に使ってみると
まず間違いなくアプリ内では
稼げている感じになります。

そして、無料版アプリで稼げると
「無料版で稼げたから本番版も稼げるだろう」
と感じてしまう方が多く
そのまま本番版アプリを購入されてしまうのです。

しかしですねぇ…

こういった無料版のアプリに関しても
情報商材で詐欺を行う手口になってるんですよ

実際、上記で挙げた
黒澤昇の金の小槌アプリなんですが
このアプリで稼いだ利益は
全くのデタラメであることが
証明されていますので。
⇒金の小槌アプリがデタラメである理由

他にも、以前に提供されていたアプリに
消費者庁の調査が入ったことがあるんですが
その結果、
アプリには稼げる仕組みは一切存在しておらず、
実践者もいなかったことが分かっています。


引用元:CCSに関する消費者庁の調査結果

まぁ、全ての無料版アプリが
詐欺アプリだとは言いませんが
実際問題、稼ぐための機能が一切搭載されてない
見てくれだけのまがい物アプリは非常に多いです。

手口21:詐欺情報商材は最初は報酬を支払うもの

詐欺情報商材の多くは購入代金を貰ったら
報酬などを一切払うことなく
そのまま雲隠れしてしまうものですが
中には報酬をちゃんと支払うものもあります。

例えば、ソーシャルネットの情報商材とかです。


引用元:ソーシャルネットに対する消費者庁の調査

実際に報酬が支払われると
「この情報商材は信用できるのでは?」
と感じられるかと思いますが
それは非常に危険なんですよ

なんせ、報酬を支払うという行為そのものが
情報商材で詐欺するヤツらの手口だからです。

というか、詐欺師が行う詐欺の常とう手段ですね

現に、数多くの詐欺被害を生み出した
プラストークンというウォレットでも
最初のうちは報酬が支払われていましたし
過去に0円倶楽部が紹介していた
ウォーターサーバー案件という詐欺に関しても
始めはきちんと報酬が出ていました。

じゃあ、なんで詐欺情報商材たちは
報酬を最初のうちは支払うかと言えば
顧客から信用を得るためです。

現に、本当に報酬が支払われれば
上記のように信用してしまう方が多いですからね

そして、その情報商材を信用すると
より多くのお金を使ってしまったり、
他の人にその情報商材を紹介される方も
中にはいらっしゃいます。

当然、そうなれば詐欺情報商材に
より多くの資金が集まることになります。

つまり、情報商材で詐欺するヤツらが
報酬を支払うのは
詐欺師がより多くの利益を得るためであり
言い換えるなら、
多大な詐欺被害を出すための手口なのです。

なので、いくら報酬が支払われたとしても
簡単に信用するのは危険ですので
十分にご注意いただければと思います。

以上が情報商材で詐欺するヤツらが使う
多くの方々を騙すための21もの手口です。

では、続いてこれらの手口を踏まえた上で
どうすれば情報商材で詐欺にあわないかを
解説していきたいと思いますね

情報商材で詐欺にあわないための対策

情報商材販売者の言葉を鵜呑みにしない

情報商材で詐欺するヤツらが使う21の手口」で
いくつのもの事例をご紹介してきましたが
情報商材販売者が見せたり語ったりする
経歴、書籍、実践者、札束、銀行通帳、
その他ありとあらゆるものが
いくらでも偽装することができるものです。

なので、まずは情報商材の
販売者や、実践者や、インタビュアーが言うことを
鵜呑みにしないでください。

「私のシステムは開発に数億円もかけた
 とても優れているシステムなんです!」
と言われても信用しないでください。

「○○さんのツールを使ったら
 ものスゴク稼ぐことができたんですよ」
という実践者がいたとしても
「○○さんというスゴイ資産家の方がいらっしゃるんです」
とインタビュアーが語っていても
疑いを持ってください。

情報商材で詐欺にあわないためには
信用しないのがまず第一になりますので。

とはいえ、情報商材の販売者たちも
言葉巧みに情報商材の紹介をしてくるので
「この情報商材、もしかしたら本物かも?」と
淡い期待を持たれることもあるでしょう。

その場合は事実確認を行ってみてください。

詐欺にあわないために事実確認を行う

例えば、情報商材の販売者が
「世界的大企業に勤めてました」とか、
「いくつもの会社を経営してます」と
言ってたとしましょう。

中には、情報商材販売者の自信満々な物言いや
かっこいい立ち姿に
情報商材販売者の言葉を
そのまま信用されてしまう方がいらっしゃいますが
自信満々な態度やかっこいい姿など
ちょっと練習すれば誰にでもできることですので
何の根拠にもなりません。

だからこそ、事実確認をしっかりと行ってください。

「○○企業に勤めていた」と語っていたなら
その○○企業に実際に聞いてみるとか、
「△△本を出版した」と言ってたなら
その本を探してみるとか。

そして、事実確認を行って「1つ」でも
ウソであるものが判明したなら
もう、その情報商材には
手を出さない方が賢明です。

たった「1つ」だけで決めてしまうのは
かなり厳しいように感じるかもしれませんが
ホントに詐欺にあいたくないなら
これぐらい慎重になるべきです。

そもそも、何もやましいことがなければ
ウソをつく必要なんて1ミリもありませんよね

ということは、1個でもウソがあるなら
何かやましいことがある証明になりますし
やましいことがある情報商材は
詐欺情報商材である可能性が高いので
手を出すべきではないのです。

そもそも、ウソがバレる時点で
その情報商材の質もたかが知れてます。

ウソがバレるということは
情報商材の質が低いことの証明

まず、ウソを信用してもらうためには
それ相応のスキルが必要です。

例えば、あなたの近くにいる人がいきなり
「俺、月に1000万も稼いじゃう起業家なんだぜ」
って言ってきても
まず間違いなく信用しませんよね

じゃあ、どうすれば1000万円の話を
信用するようになるのでしょうか?

1000万の札束を用意する?
ビジネスの知識をひけらかす?
証人を呼んでくる?
大金が入ってる通帳を確認させる?
出版した本を見せびらかす?

人それぞれ信用する要素は違うでしょうが
重要なのは、単にウソをつくだけでは
誰も信用しないということであり
ウソを信用させるためには
何かの「要素」が必要になる、ということです。

要するに、そういった「要素」を用意できる
それ相応のスキルがなければ
ウソを信用させることはできないんですね

つまり、

ウソがバレるということは
提供される情報商材の質が
低レベルであることを示しており
そんな低レベル情報商材を手にしたところで
あなたが成功できるわけがないのです。

なので、1つでもウソを見破れば
確実にその情報商材はあなたにとって
不必要なものだと言えるんですね

ただ、中には事実確認を行っても
ウソか事実かを判別できない時があります。

そういった分からない情報商材の時は
どうすればいいのでしょうか?

分からない情報商材に手を出すのは
ギャンブルするのと同じ

事実確認を行っても分からなければ
情報商材販売者が語っている実績などは
事実かもしれないしウソである可能性もあります。

もちろん、事実であるなら
その情報商材を手にすることで
稼げるようになる可能性は高いですが
ウソであったなら稼げるようにはなりません。

なので、仮にそういった情報商材に手を出すなら
「宝くじ」を買うような感覚になるべきです。

「まぁ、当たらないだろうけど
 当たったら嬉しいし買ってみようかな」

それぐらいの気持ちになれなければ
よく分からない情報商材に手を出すのは
ハッキリ言って辞めた方がいいですね

だって、分からないのですから
詐欺にあうかどうかも全くの未知数ですからね

結局、分からないものに手を出すのは
ギャンブルと同じなんですよ

別に「ギャンブルをするな!」
とまでは言いませんが
個人的な意見としては、本当に稼ぎたいのであれば
ギャンブル購入は辞めた方がいいと思いますね

情報商材の価格は数万円と高額ですし
高額な情報商材をギャンブル感覚で購入するのは
常識的な金銭感覚を持っていれば
そんなことはしませんからね

また、あなたにとって
本当に優良な情報商材を手にしたいのであれば
最も重要視するべきなのは「情報」です。

情報商材で重要視するべきなのは情報

自身の情報商材が
スゴイものであることを証明するために
多くの情報商材販売者たちは
実績や札束を見せびらかしてきます。

しかし、情報商材で詐欺するヤツらが使う21の手口
でもお伝えしたきた通り
大抵はねつ造されているものです。

そもそも、「情報」自体が商品である
情報商材なのですから
一番、重要視するべきなのは
実績でも札束でもなく
質の高い「情報」が提供されるかどうかです。

それ以外の銀行通帳やら、経歴やら、
インタビュアーやら、景品やら、
キャッシュバンクなんかはゴミクズでしかない。

そんなゴミクズがどんなに良さそうに見えても
所詮はゴミでしかありませんので
それだけで「優良情報商材」かどうかを
判断することなどできません。

じゃあ、どうするのかと言うと
情報商材の紹介がされる時に
どの程度の「情報」が提供されているかを
確認するのです。

先ほども言いましたが
「1000万円稼いでるんだぜ」と言っても
それをそのまま信用する人はいないので
必ず、情報商材の販売者たちは
それを信用させるために
何かしらの稼ぐための「情報」を提供してきます。

だからこそ、その「情報」で判別するんです。

例えば、紹介動画の中で販売者が
転売に関する「情報」を言ってたなら
その「情報」がどこにも載ってない
貴重な「情報」であるかを調べたり、
紹介ページ内でアフィリエイトの「情報」が出てたなら
その「情報」が正しいかを判別したり。

基本的に、情報商材の中身と
情報商材を紹介する時の「情報の質」は
下記のような関係となります。

情報商材の中身 ≧ 情報商材の紹介時

なので、紹介時に提供される情報が
質の高いものであればあるほど
実際の情報商材の中身は
それだけ良いものである可能性が
高くなるんですね

もちろん、経歴や実績なども
情報商材を見極める上での
1つの要因にはなり得ますが
一番、重要なのはどれだけ質の高い情報が
提供されているか?です。

まぁ、とはいえあなたのレベルが低いと
中々、難しくはあるでしょう。

仮に、情報商材の質の高さを
「10」がマックスだとするなら
「3」の質はかなり低いと言えますが
それでも、あなたのレベルが「1」だと
「3」でも十分、スゴそうに見えるものですからね

でも、あなたのレベルが「5」なら
「3」なんてどうでもいい情報だと感じますよね

つまり、より優良な情報商材を求めるなら
あなた自身がレベルアップしなくてはいけないのです。

もし、レベルアップしたいと
少しでも思っていただけたなら
それを実現するための無料メール講座を
ここではご用意していますので
よろしければ、ご活用いただければと思います。
⇒本質を知ってレベルアップするメール講座

ちなみに、ロクに情報を明かさない情報商材は
提供できる情報がほとんどない、
クソ情報商材である可能性が高いので
そういった情報商材には手を出されない方が賢明です。
(詐欺濃厚ですから)

また、

情報商材にご興味を持たれる方々は
大抵、稼ぐためのスキルをお持ちでない事が多く
そんな状態でも何か稼げる手法はないか?
と情報商材を探されることが多いかと思います。

中には、本業が忙しくて時間がないため
簡単に稼げる手法を探す方もいらっしゃることでしょう。

「素人でも稼げる方法はないだろうか?」
「簡単に稼げる手法ってないかな~?」など。

ハッキリ言いますがそんな事を考えるから
情報商材で詐欺にあうんです。

素人でも稼げる簡単な手法を探す、
そんな事をするから情報商材で詐欺にあう

「世の中には知らない事がいっぱいある」

言われなくても誰もが知ってる
当たり前のことではありますが
その当たり前が情報商材で
詐欺にあってしまう要因になるんです。

例えば、情報商材の販売者が
「今までに無かった新しい手法です!
 だからスキルの無い初心者さんでも簡単に稼げます!」
なんて事を言ってきたとしましょう。

それをスグに信用する人はいないでしょうが
「もしかしたら、私が知らないだけで
 素人でも簡単に稼げる方法が何かあるのかな?」
と、知らないものに対して
期待を抱いてしまう人は少なくありません。

まぁ、未知のものに期待を抱かれるお気持ちは
決して分からなくはありませんが
当ページをご覧になられたあなたは
今後は絶対に辞めてくださいね

「素人のまま」や「簡単に」稼げる、
そんな手法がある事に期待をするのは…

そもそも、あなたは素人にお金を出したりしますか?

仮に、あなたが病気になったとして
医学の知識が全くない素人に
お金を出してまで診察してもらいますか?

そんな事、絶対にしませんよね

医学の知識があるプロのお医者さんに
お金を出して見てもらいますよね

つまり、人がお金を出すのは
自身にはない知識を持ってる
素人ではないプロに対してなんですね

それが資本主義の原理原則であり
過去、現在、未来において
変わることがない不変の真理です。

だからこそ、「素人のまま」で稼ぐことなどまず
できませんし「簡単に」も同様なのです。

なので、「情報商材で重要視するべきなのは情報
でもお話しましたが
是非とも、あなた自身がスキルを身につけ
素人を脱出するために
レベルアップしていただければと思います。

もちろん、スキルを身につけるのは
簡単なことではありませんが
そうしなければこの先もずっと
情報商材で詐欺にあい続けることになるでしょうね

なんせ、情報商材で詐欺するヤツらは
簡単に稼ぎたいという思いを利用して
詐欺をしていますので…

まとめ

以上が情報商材で詐欺するヤツらが使う
21もの詐欺手口とそれに対する対策です。

色んな手口があることは
十分にご理解いただけたと思いますが
最後に言っておきます。

詐欺師は悪いですが
決してバカではありません。

努力の仕方は間違ってますが
詐欺師たちも日夜、
努力をしているからこそ
上記の手口を編み出せているのです。

なので、今後も新しい手口が
ドンドン出てくるでしょうから
できる限りはここで紹介したいとは思ってます。

とはいえ、自分一人では
紹介できる実例も限られてしまいますので
もし、ここに載っている以外のもので
あなたが知っている実例がありましたら
コメントなどで自分に
教えていただければと思います。

そうすることによって
1人でも情報商材で詐欺にあう方々を
救うことができますので。

それと、詐欺にあわないためには
やっぱり、あなた自身がしっかりと
知識やスキルを身につけて
どうすればお金が稼げるのかを理解するべきです。

そうすれば、詐欺的な情報商材が
いかに愚かしいことを言ってるかが
簡単に分かってきますし
詐欺情報商材にも引っかからなくなります。

もし、そういった知識をお望みなら
下記に、お金が稼ぎの「本質」が知れる
無料メール講座へのリンクを
ご用意しておきましたので
是非、ご覧になっていただければと思います。
⇒本質を知るメール講座

それでは、失礼いたします。