ブログで稼ぐために必要な
うまい文章を書くには
様々な文章力が必要であり、
その1つが「語彙力」になります。

実際、知ってる言葉が少ない、
語彙が乏しい状態だと
表現豊かな文章なんか
書けるわけがありませんからね

なので、今回は語彙力を鍛えるためには
どんな事を行えばいいかと
この記事でお話したいと思います。

この先に書いてある内容を
実践していただく事で
誰でも語彙力を鍛えられますので
是非とも、取り入れて
いただければと思います。

コンティー海
SE(システムエンジニア)からアフィリエイターに転身した人。わずかなアクセスしか来ない弱小ブログながら、ライティング技術を極め、稼げる文章構成を作り上げる事で、アフィリエイトで月200万円を達成。自分のライティング技術や文章構成は下記で公開してるので、よろしければご覧になってみてくださいね
⇒ライティング技術について
⇒稼げる文章構成について

言葉をメモする

まず、語彙力を鍛えるのに
やるべき事は「言葉をメモする」です。

具体的に言うと
ブログやSNS・youtube・サイトなどの
ネット媒体で使われていた言葉、
他にも、TV・漫画・書籍・広告など
日常で目にする媒体で
使われていた言葉など、
そういったものをメモしてください。

ただ、何でもかんでも
メモすればいいわけではなく
「コレ、いいじゃん」と思った言葉や
自身が普段 使わない言葉に絞って
メモしてくださいね

あと、自身が知らないような
難しい言葉なんかは
メモしなくていいですからね

というのも、難しい言葉というのは
他の人たちも知らない可能性が高いため
いくら、そんな言葉を知っても
記事を書く時に役立ちませんので。

ちなみに、どうして
様々な言葉をメモするかと言うと
語彙力を鍛えるためには
言葉、そのものを知る必要があるからです。

例えば、書く文章の内容的に
「儲ける」という言葉の相性が良くても
「儲ける」という言葉を知らなければ
文章を書く時に使えませんよね?

また、メモをするのは
単純に忘れないためです。

「コレ、いいじゃん」という言葉を
見つけられても
いざ、記事を書こうとした時に
その言葉を覚えてなければ
意味がありませんからね

それに、人は忘れるものですので
そういった意味でもメモするべきです。

ただ、メモして言葉を
知るだけではダメです。

使えなくてはダメです。

なので、言葉をメモしたら
次はその言葉を使いましょう。

メモした言葉を使う

言葉を使うためにやるべき事は
当然、「記事を書く事」です。

仮に、「儲ける」という言葉をメモしたなら
ブログに記事を書く時に意識して
「儲ける」を使うだけでになります。

先ほども言いましたが
言葉は知ってるだけでは無意味です。

記事を書く時に
その言葉を思い付くことができ、
そして、その言葉を記事で
使えなければいけません。

なので、ただメモするだけでなく
記事に書く必要があるんですね

ちなみに、1回だけ使うのではなく
なるべく繰り返し使ってください。

というのも、繰り返し使えば
確かな記憶として残りやすく
そうなると、記事を書く時に
自然とその言葉が思い付けるので。

とはいえ、

メモした言葉が必ずしも
記事に使えるとは限りません。

例えば、「儲ける」が良いと思って
メモしてたとしても
書く記事の内容が美容系だと
「儲ける」なんて言葉は使えませんよね?

なので、言葉をメモして使うだけでなく
同義語や連想語を調べたりもしましょう。

同義語や連想語を調べる

それでは、同義語や連想語を
調べるための方法ですが
「weblio」や「日本語シソーラス」、
これらを使えば簡単にできます。

引用元:weblio

引用元:日本語シソーラス

実際、「儲ける」という
言葉で調べてみると
下記のように様々な言葉が出てきます。

それと、「日本語表現インフォ」のような
感情表現を調べられるサイトもいいですね

引用元:日本語表現インフォ

あとは、記事を書き上げた後に
上記のサイトたちを使って
別の言葉を知って、それを使えばOKです。

このやり方であれば
記事の内容に関連した知らない言葉を
覚えながら使う事ができますので
より、ブログの内容に適した語彙力を
鍛える事ができます。

言葉は知るだけでなく使えないと意味がない

気になった言葉をメモする、
同義語・連想語を調べる、

そして、言葉を記事に書く、
以上が語彙力を鍛えるために
行うべきことになります。

正直、やってる事としては
言葉を知って使うだけですので
何の変哲もなく地味な作業です。

ですが、その地味な作業でしか
語彙力は鍛えられません。

でも、地味ではありますが
やる事は誰でもできる事です。

そのため、どんな方であろうとも
語彙力を鍛える事ができますし
表現豊かな文章が書けるようになります。

なので、ここまでお伝えした事を
是非とも、取り入れていただき
語彙力を鍛えていただければと思います。

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加