書かないアフィリエイトとして
一部で話題になっているのが
My Labo(マイラボ)になります。

通常、アフィリエイトで稼ぐには
文章を書くのが必須なんですが
それを「書かない」と言うマイラボには
いちアフィリエイターとして
少し興味を持ちました。

なので、マイラボについて
色々と調べてみたんですが…

まぁ、残念なものでしたね

だって、マイラボなんて無価値ですし
悪質な事までしてましたので。

詳しくはこの先で解説してますので
マイラボが気になられているなら
ぜひこの先をご覧になってくださいね

コンティー海
SE(システムエンジニア)からアフィリエイターに転身した人。わずかなアクセスしか来ない弱小ブログながら、ライティング技術を極め、稼げる文章構成を作り上げる事で、アフィリエイトで月200万円を達成。自分のライティング技術や文章構成は下記で公開してるので、よろしければご覧になってみてくださいね
⇒ライティング技術について
⇒稼げる文章構成について

マイラボから提供されるのはまとめサイトではない

まず、マイラボの話では
まとめサイトが提供されるのですが
内容的にまとめサイトではなかったです。

じゃあ、どんなサイトが
マイラボから提供されるのかと言うと…

「アンテナサイト」です。

そもそもの話として、まとめサイトとは
色んなサイトから情報を集めてきて
それをまとめて1つの記事にするのが
まとめサイトになります。

例えば、下記のようなサイト。

引用元:ハムスター速報

一方、アンテナサイトとは
色んなサイトの記事を紹介するだけ、
そういったサイトとなります。

例を挙げると下記のサイトです。

引用元:だめぽアンテナ

そして、マイラボのサイトって
中身を確認してみたところ、
まとめサイトではなく
内容的にアンテナサイトなんですよ
amiさんのブログに載っていた
  マイラボサイトを確認

下記はマイラボから提供されたサイト、
その中にある1つの記事なんですが、

引用元:自宅で高級すき焼きを食べました(マイラボ)

「Read More」のボタンをクリックすると
下記のように別のサイトに
飛ぶようになっています。

引用元:自宅で高級すき焼きを食べました(アメブロ)

つまり、まとめサイトのように
色んなサイトの情報が
1つの記事にまとまってるのではなく
単に、他サイト記事へのリンクが
貼り付けてあるだけなんです。

しかも、この記事だけでなく
他の全ての記事も同じでした。

このように、マイラボサイトの記事は
他サイトに遷移するだけのものであり、
やってる事としては
他サイトの記事を紹介してるだけなので
内容的にアンテナサイトになるのです。

他にも、マイラボのサイトは
RSSフィードを利用する事で
書かないサイト運営を実現してるんですが
アンテナサイトでも同じように
RSSフィードを利用しています。

この点から見ても
マイラボのサイトはまとめサイトではなく
アンテナサイトになるんですね

では、

上記の内容を踏まえた上で
マイラボが稼げるかどうかですが…

残念ながら『99%』稼げません。

だって、マイラボは
アンテナサイトで稼ぐのに最も重要な事を
ちゃんと教えてくれませんので。

マイラボは99%稼げない

下の記事でも説明した内容ですが
アンテナサイトで稼ぐためには
「相互リンク」が必要不可欠です。

というのも、アンテナサイトって
壊滅的にSEOが弱すぎるので
相互リンクができないと
まともにアクセスが集まらないので…

実際、大手アンテナサイトの
アクセス情報を解析してみると
Googleなどの検索エンジン経由のアクセスが
全くと言っていいほどありません。
※ 下記画像のオーガニック検索が
  検索エンジン経由のアクセスです

SimilarWebの情報

でも、上記画像を確認すると
リファラル(他サイト経由のアクセス)は
かなり多くなってますよね?

これこそが相互リンクの効果です。

頑張って相互リンクを増やす事で
アンテナサイトのアクセスは増え、
それによって稼ぎを得ていくのです。

しかし、

マイラボでは相互リンクの重要性を
ロクに説明してないんですよ

まぁ、ごく普通のサイトやブログなら
相互リンクなんかしなくても
記事などのコンテンツを増やす事で
アクセスを集められます。

ですが、アンテナサイトは
「普通」じゃありません。

他サイトの記事を紹介するだけの
超低質な記事しかない超特殊なサイトです。

そのため、勝手に記事が増えると言っても
一生、Googleから評価されませんので
相互リンクする努力をしなければ
永遠にアクセスは0にしかなりません。

当然、稼げる額も0です。

なので、相互リンクの重要性を説明しない
マイラボとかいうサービスでは
『99%』稼ぐ事ができないんですね
(100%と言っても過言ではない)

そもそも、アンテナサイトを運営するなら
わざわざ、お金を払ってマイラボを使うより
無料サービスを使えばいいです。

無料サービスがあるからマイラボなんていらない

具体的に、アンテナサイトが作れる
無料サービスは下記のものたちになります。

引用元:アンテナサイトメーカー

引用元:アンテナ覇王

これらのサービスを使えば
一切、お金をかけずに
マイラボと同じようなサイトが作れますし、
広告掲載もできますので
稼いでいく事も可能です。

まぁ、サイトのデザインに関しては
自分らで作る必要があるので
デザインをやってくれるマイラボの方が
この部分は勝っています。

でも、デザインってアンテナサイトでは
大して重要じゃありません。

アンテナサイトで稼ぐためには
1にも2にもアクセスを集める必要があり
そのアクセスを集めるためには
相互リンクが重要となってきます。

もちろん、サイトのデザインが
全くの無意味、とまでは言いませんが
ぶっちゃけ、どうでもいいですね

そのため、デザイン部分は勝ってますが
マイラボなんか不必要です。

お金を出してまで参加する価値は
コレっぽっちもありません。

それに、マイラボの運営会社である
株式会社KREEDって
どうにも怪しいんですよねぇ

株式会社KREEDへの疑念

何が怪しいかと言うと、
株式会社KREEDが慈善団体である
「Team KREED」を運営し、
全国の児童養護施設への
支援活動を続けている点です。

2012年から事業収益の一部を使って
この慈善団体を運営してる話なんですが
コレがオカシイんですよ

というのも、国税庁に載っている
株式会社KREEDの企業情報を
下記のように確認してみたんですが、

引用元:国税庁

株式会社KREEDができたのって
下記のように平成29年、
つまりは2017年なんです。

2017年に誕生した企業が
2012年から事業収益の一部を使って
慈善団体を運営するのなんて
タイムマシンが無ければ不可能ですよね?

また、2012年から活動しているらしい下記、
「Team KREED」のホームページなんですが、

引用元:KREED

ドメイン情報を確認してみたところ、
上記ホームページが作られたのは
なんと、2014年だったんです。

JPRSの情報

コレもオカシイですよね?

以上の事を加味すると
株式会社KREEDって実は
慈善事業をしていないのでは?

こんな疑念を持ってしまいましたね

まぁ、もしかしたら
国に何の申請もせずに事業を行ってたり
ホームページを作る前から慈善事業をしてた
なんて可能性があるかもしれません。

でも、

マイラボの悪質とも言える契約を考えると
その可能性は0だと感じましたね

悪質と言えるマイラボの契約

まずは、こちらの画像をご覧ください。

引用元:マイラボのBasicプラン

これはマイラボのBasicプランの
申し込み画面となるんですが
コレを見てどう思いますか?

おそらく、
「月額プランは1ヶ月ごとで
 年額の方は1年契約なんだな」

と、思われるのではないでしょうか?

ですが、マイラボの利用規約では
こんな事が書いてあるんです。

引用元:マイラボの利用規約

なんと、12ヶ月単位の契約しかないんです。

一応言っておきますが
コレって年額プランの利用規約ではなく
月額プランの利用規約ですからね

つまり、

月額プランを選ぼうが
年額プランを選ぼうが
どちらも12ヶ月の契約になるのです。

月980円の月額プランであっても
強制的に1年間分の11,760円が
かかるようになっているのです。

しかも、12ヶ月単位でしか契約できない話は
利用規約にしか書いてなく
プラン説明のところには
何も、全く、一切、書かれてません。

加えて言うと、
マイラボの支払い画面でも
12ヶ月単位の話は書いてないです。

引用元:マイラボの支払い画面

「客を勘違いさせて
 金をむしり取ってやろう!」

そんな魂胆がありありと見えます。

正直、かなりタチが悪いですよね?

そのため、先ほどの疑念点は
事実である可能性が非常に高いです。

まぁ、実際のところは分かりませんが
少なくとも、マイラボが不要であるのは
間違いありませんので
こんなサービスは受けない方がいいです。

99%…いや100%と言っていいぐらい
稼ぐ事なんかできませんので。

マイラボの解約について

ちなみに、既にマイラボに参加してしまい
スグにでも解約したいと思われたなら
支払停止の抗弁をするしかないと思います。

マイラボの支払いは
Stripeという決済代行会社を使っており
契約内容はクレジット契約になりますので
支払停止の抗弁を行う事が可能です。

Stripeに対して抗弁書を送って
支払いを止めてもらう感じです。
※ Stripeの情報は下記の通り

引用元:ebiz

ただ、マイラボの費用は安めなので
支払停止の抗弁が認められるかは
かなり厳しいでしょうね

とはいえ、マイラボの契約は
かなり悪質な部類になりますので
もしかしたら、抗弁書を送る事で
決済代行会社が支払いを止める可能性は
決して0ではないと思います。

で、もし抗弁書を送るなら
まずは、最寄りの消費者センターや
国民生活センターに行ってください。

支払停止の抗弁のやり方について
色々と教えてくれますので。

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加