こんにちは、コンティー海です。

「アフィリエイトで稼ぐには
 どのくらいの作業量が必要なのか?」
初心者アフィリエイターさんなら
とても気になる内容だと思います。

ちなみに、あなたなら
どの程度の作業量だと思いますか?

100記事?
300記事?
1,000記事?

人によって答えは様々でしょうが
ぶっちゃけてしまうと
作業量に対する回答に
絶対的なものはありません。

ただ、

ある条件を付けるのであれば
「絶対的」とまでは言えなくても
ある程度の目安となる作業量を
答えられなくはありません。

今回はそんな作業量について
解説していきたいと思います。

アフィリエイトに必要な作業量は?

作業量を求めるのに必要な条件

まずは、先ほどお伝えした
条件を明かしたいと思います。

その条件ですが端的に言えば
「ライティング力」です。

読みやすい文章や、
分かりやすい文章や、
感情を揺さぶるような文章、
そういった文章が書ける
ライティング力が条件になります。

では、そのライティング力があるなら
どのくらいの作業量がアフィリエイトで
必要になってくるのでしょうか?

ライバルを超える作業量が必要

結論から先に言ってしまうと
「ライバルを超える作業量」
これが答えとなります。

例えば、検索上位のサイトたちが
いずれも2000文字の記事を
30記事以上 書いてたとしましょう。

この時、2000文字を超える
文字数で記事を書き、
さらに30記事を超える記事数になれば
SEO効果がかなり高まり
検索上位に表示されやすくなります。

当然、検索上位に表示されれば
アクセス数が増えますので
アフィリエイトで得られる収益が
増える事にもなります。

ただ、冒頭でもお伝えしましたが
この作業量はあくまで目安です。

この作業量を超えれば
「絶対に稼げる」とはなりません。

というのも、
SEOは文字数と記事数だけで
検索順位が決まるのではなく
PV数、シェアされた数、滞在時間など
様々な要因で決定されますので。

そして、他サイトのPV数や滞在時間などを
正確に確認する手段はありません。

なので、絶対的な作業量は出せませんが
少なくとも文字数と記事数は
他サイトであっても確認できますし
SEOにも効果がある要因ですので
これらをクリアする事で
検索上位になりやすくなります。

そのため、あるジャンルや
特定のキーワードを狙って
アフィリエイトをされるなら
ライバルサイトの文字数と記事数で
必要となる作業量を
ある程度は判断できますので
作業量が知りたい場合はこの2つを
確認していただければと思います。

さて、

ライティング力がある前提での
必要となる作業量は
お分かりいただけたでしょうが
その前提条件である
ライティング力はどのくらいの作業量で
身に付ける事ができるのでしょうか?

それはあなたの状況によって
変わってきます。

ライティング力のための作業量

日常的に文章を書いているなら

もし、あなたが日常的に
仕事やブログ運営などで
文章を書かれているなら
大体、100 ~ 300記事程度の作業量で
十分なライティング力を
身に付けることが可能です。

頻繫に文章を書かれているなら
「てにをは」などの基礎的な部分は
かなり身に付いてるでしょうから
そこまで沢山の記事を書かなくても
ライティング力が身に付きます。

ただ、アフィリエイトでは
分かりやすさ、読みやすさ、感情など
新聞や小説などで書かれる文章とは
違う文章能力が必要となってきます。

なので、そういった文章能力を
身に付けなければいけないので
普段から文章を書いてる人でも
100記事以上は書かないと
中々、稼げるようにはなりませんね

まぁ、アドバイスをくれる人がいれば
もっと少ない作業量でもいけますが
自分自身だけで改善する部分を見つけ、
どう改善するかを考えるとなると
どうしても、それ相応の作業量が
必要不可欠となってしまいます。

あまり文章を書かれてないなら

続いて、あまり文章を
頻繁に書かれていないなら
ライティング力を身に付けるのに
かなりの作業量が必要となります。

個人差はありますが
1,000記事ぐらいは書かないと
かなり厳しいでしょうね

というのも、アフィリエイトに必要な
分かりやすさ、読みやすさ、感情だけでなく
てにをは、正しい助詞や接続詞の使い方、
勘違いされない主語や文構成など、
こういった文章の基礎的な部分も
十分にできてないでしょうから
そんな状態ではまともな文章など
書けるわけがありませんので。

「私たちは日本人なんだから
 まともな文章は書けるでしょ」

そう思われるかもしれませんが
ハッキリ言います。

文章をなめるな。

日本語を理解できる
日本人だからと言って
ちゃんとした日本語文章を
必ずしも書けるわけではありません。

むしろ、日常的に文章を
書かれてない方は
まともな文章を書けない事の方が
正直に言って多いと言えます。

ちょっと話は変わりますが
「名選手 必ずしも名監督にあらず」
という格言はご存知でしょうか?

現役時代に抜群の成績を残した
スター選手などが
現役を退いて監督になっても
必ずしもスゴイ監督にはならない、
という事実を基にした格言になります。

文章を書く事もコレと同じです。

正確に読める力があっても
正確な文章が書けるわけではありません。

「読む」ための能力と
「書く」ための能力とでは
必要となる能力が全く違います。

だからこそ、普段から文章を
書かれていないのであれば
かなりの作業量をこなさないと
ライティング力は向上しないのです。

以上のように
普段から文章を書いていても
逆に書いていなくても
いずれにしてもそれ相応の作業量が
アフィリエイトでは必要になるんですね

とはいえ、

できれば少ない作業量で
稼げるようになりたいですよね?

そう思われるなら
添削を受けられるのがいいです。

添削を受ける

手っ取り早くライティング力を上げるなら
ライティング技術のある人に
ミッチリと添削をしてもらうべきですね

何かしらの記事を書いて
添削をしてもらい
ダメな点を指摘してもらう、
次にそのダメな点を意識して
良い記事になるように書く、
そして、その記事を添削してもらう…

コレを繰り返し行っていけば
たったの30記事という作業量でも
ライティング力は劇的に上がります。

結局、自分一人で実践するよりも
アドバイスをくれるような
導き手がいた方が結果は出やすいですし
その結果も早く出てくるものなんです。

実際、名だたるスポーツ選手たちも
コーチなトレーナーなどの導き手を
必ずと言ってもいいほど用意しますし
そうする事によって
輝かしい成績を上げられますからね

なので、より早く
確実な結果を求められるのであれば
添削が受けれるような
コンサルなりコミュニティなどに
参加されるのがいいかと思います。

アフィリエイトは楽じゃない

ここまで必要な作業量について
解説をしてきましたが
100記事や1,000記事など
結構な作業量が必要になる事は
ご理解いただけたかと思います。

そして、もうお分かりでしょうが
アフィリエイトは決して楽ではありません。

でも、

苦労してこの作業量をこなせれば
雇われサラリーマンでは
一生不可能なお金を手にできる、
そんな夢のあるビジネスです。

なので、たくさんのお金を
欲しいと思われるなら
是非ともアフィリエイトを
実践していただければと思います。

少なくとも一般的な起業よりかは
遥かに低リスクですので。

それでは、失礼致します。