「1日どのくらいの作業時間をこなせば
 アフィリエイトで稼げるのかな?」

そんな疑問を抱かれる
初心者さんは非常に多いです。

まぁ、自分も最初の頃は
作業時間などを気にしましたが
アフィリエイトで
生計を立てられるようになった今は
こう思うようになりました。

「アフィリエイトで稼ぐのに
 作業時間の多さなんか関係ない。
 必要なのはただただ成果。」と…

そう思う理由については
この先に書かせていただきましたので
是非とも、この先をご覧になっていただき
作業時間なんかを気にするのを
今後は辞めていただければと思います。

コンティー海
SE(システムエンジニア)からアフィリエイターに転身した人。わずかなアクセスしか来ない弱小ブログながら、ライティング技術を極め、稼げる文章構成を作り上げる事で、アフィリエイトで月200万円を達成。自分のライティング技術や文章構成は下記で公開してるので、よろしければご覧になってみてくださいね
⇒ライティング技術について
⇒稼げる文章構成について

作業時間ではなく成果

目標を立てるのは良い事

アフィリエイト初心者さんの中には
「1日5時間の作業するぞ!」と
作業時間を目標にされたりします。

こういった目標を立てること自体は
決して悪い事ではありませんし
下記記事でもお伝えしましたが
むしろ、モチベーション維持に繋がるので
とても良い事です。

【10万稼ぐ!】→アフィリエイトで目標金額はNG

でも、だからと言って
作業時間という目標は
アフィリエイトの稼ぎに
直結するものではないんですよねぇ

成果がなければ稼げない

例えばです。

アフィリエイトの作業を
1日8時間もこなすとしましょう。

8時間はかなりの作業時間ですし
コレだけ作業を行えば
なんかスゴク頑張ったように
感じるかもしれません。

でも、勉強や何かの商材を読むだけで
全ての時間を費やしてしまったら
アフィリエイトで稼ぐことなど
絶対に不可能ですよね

だって、アフィリエイトの仕組み的に
ブログに記事を書かなければ
稼ぐ事などできませんからね

つまり、作業時間ではなく
記事という成果が重要なのです。

タイピングに不慣れな方が
苦労して8時間もかけて作った1記事も、
慣れている人が1時間で作った1記事も、
どちらも1記事の成果であり
その分の収益にしかなりません。

いくら作業時間が多くても
成果がなければ意味がないのです。

なので、アフィリエイトで稼ぎたいなら
作業時間ではなく記事という
成果を意識していただければと思います。

とはいえ、

いくら成果が必要だと言っても
成果の量ばかりを意識していては
いつまで経ってもアフィリエイトで
稼げるようにはなりません。

成果(記事)は量だけでなく質も重要

先ほど、アフィリエイト初心者さんは
作業時間を気にされるとお伝えしましたが
それだけでなく記事数を気にされる方も
中にはいらっしゃいます。

「どれくらいの記事数を書けば
 稼げるようになるのかな?」

っていう具合に。

ただ、ライティング力がない方が
記事数の事を気にしたところで
残念ながら、稼げる可能性は
皆無と言っても過言ではありません。

念のために言っておきますが
記事数はとても大事です。

実際、10記事だけのブログAと
100記事のブログBとでは
記事数が多いブログBの方が
検索上位になりやすいので。

ただし、ライティング力があればです。

仮に、ブログBの記事質が低品質で
ブログAの記事質が高品質であるなら
検索順位が逆転する事もあります。

要するに、記事の量だけでなく
質も重要になってくるんですね

詳しくは下記記事で解説してますので
そちらをご参照ください。

『100 + x』これがアフィリエイトに必要な記事数です

さて、

記事(成果)の質と量が重要になるのは
ご理解いただけたかと思いますが
両方を満たすためには
作業時間をどう配分するかが大切です。

作業時間の配分について

記事を書く時間

まず、アフィリエイトで稼ぐには
主に2つの時間が必要になります。

その1つ目が「記事を書く時間」です。

まぁ、記事を書かなければ
永遠に稼げませんので
もの凄く当たり前の話ですね

情報収集の時間

そして、もう1つの時間が
「情報収集の時間」になります。

もし、あなたが転売ブログで
アフィリエイトをするなら
新しい転売手法、アマゾンの規約、
海外の仕入れ先などの
転売に関する様々な情報を
色んな所から収集してくる感じです。

そして、収集した情報を
記事に書く事によって
質を上げることができます。

実際問題、転売に関する
様々な情報を発信しているブログは
転売している人にとって
有益なブログになりますからね

他にも「言葉」を収集するのも大事です。

例えば、「爆益」を知ってれば
アフィリエイト商品を紹介する時に
「利益が出せる転売手法!」じゃなく
「爆益が出せる転売手法!」
と書く事ができますし
その方がなんか凄そうですよね

でも、「爆益」という言葉を知らなければ
「爆益が出せる転売手法!」と
書く事なんて絶対にできません。

なので、「言葉」を知る事も
アフィリエイトでは必要なんですね

以上、

「記事を書く」と「情報収集」、
2つの作業時間が必要ですが
これらの時間配分は、

記事を書くが2:情報収集が1

が個人的にはオススメです。

情報収集は大事ですが
これ単体では稼ぎに結びつきませんし
記事を書く事は
ライティング力の向上にもなるので
記事を書く方に
重きを置いた方がいいかと思いますので。

しかし、これはあくまで
何も知らない初心者さんの場合です。

十分な情報を持っているなら
こんな時間配分にしなくても
記事を書く1:情報収集0でも
ぜんぜん構いません。

ただ、世の中は日々変化しますので
なるべく情報収集の時間は
0にしない方がいいかと思います。

結論:作業時間は多ければ多いほどいい

作業時間の多さが
アフィリエイトの稼ぎには直結せず、
記事(成果)の量と質が重要だと
ここまでお伝えしてきました。

でも、だからと言って
「作業時間を減らしてもいい」
とは思わないでくださいね

記事の量と質を満たすには
作業時間が絶対に不可欠であり、
結局、作業時間は多いに
越したことはありませんので。

なので、できるだけ時間を確保し
その時間をアフィリエイトする時間に
当てていただければと思います。

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加