こんにちは、コンティー海です。

PMCというネットスクールを運営している
高山俊氏という人が
この度、PMCで教えている内容を
セミナーにて公開するらしいです。

そのセミナーがインビテーションになります。

何でも、この高山俊氏のセミナーに参加し
PMCの内容を知ることができれば
会社を辞めずに年収を2倍にできるとのこと

ただ、PMCの内容では
年収を2倍にするのは厳しいと思いますね

それどころか、この内容はリスクが高いので
いずれは稼ぐこともできなくなるでしょう。

まぁ、その理由についてや
インビテーションで語られるPMCの内容などは
この先に書かせていただきますので
気になる方はご覧になっていただければと思います。

オファー名:Invitation(インビテーション)
販売者:高山俊
販売会社:株式会社SD TRADE JAPAN
価格:無料
URL:http://the-invitation.net/opt/

インビテーションで語られるPMCの内容について

まずは、高山俊氏がインビテーションで語る
稼ぎ方についてお話をしたいと思いますね

で、先に結論からお話すると
高山俊氏の稼ぎ方は「無在庫転売」です。

引用元:https://professional-merchant-club.com/pmc3/

ちなみに、無在庫転売のことはご存知でしょうか?

もしかしたら、ご存知でないかもしれないので
簡単にご説明すると
仕入れを後で行う、在庫を持たない転売です。

通常、転売というのは
商品を仕入れてから、その商品を出品するものなんですが
無在庫転売では先に出品を行い
売れてから商品を仕入れる流れとなってます。

ちょっと作業の流れを解説すると、
楽天で100円で売っている商品を
アマゾンで110円で出品してその商品が売れたら、
楽天で売っている商品を仕入れて発送する感じです。

そのため、一般的な転売とは違い
在庫が売れ残ることがないので
赤字になるリスクを抑えることが可能です。

「赤字になるリスクが少ないなんていいじゃん!」

もしかしたら、そんなことを思われるかもしれませんが
無在庫転売にはこのメリットがかすんで見えるほどの
重大なデメリットがあるんですよ(汗)

利益があまりでない…

まず、無在庫転売というのは
売れてから仕入を行うので
いつ売れるかが分からなく
どうしても仕入のタイミングは
こちらで決めることができません。

なので、無在庫転売での仕入れ先は
商品さえ残っていれば
いつでも仕入れることができる
アマゾンや楽天などの
ECサイトを使うことが多いです。

実際、高山俊氏の無在庫転売も
アマゾン、楽天、ヤフーというECサイトを使ってます。

まぁ、無在庫転売でなくても
仕入れにこういったECサイトを使うことがあるので
別にこの仕入れ自体をとやかく言うつもりはないんですが…

現実問題、コレだとあまり利益がでないんです。

例えば、あなたのお近くにある
スーパーについて考えてみましょう。

同じ商品でもスーパーによって
価格が変わることはありますが
そんな劇的には変わりませんよね

そして、アマゾンや楽天などのECサイト間についても
同じ商品で価格が変わることはありますが
そこまで大きな価格差にはならないんです。

だからこそ、ECサイトで仕入と出品を行う無在庫転売では
高い利益を得ることができないのです。

結局のところ、一般の人が誰でも利用できるようなところでは
どんな商品も似たり寄ったりの価格になるので
そういったところで仕入を行っていては
いつまで経っても利益は低いままなんですね

それでも、稼ぎ続けることができるなら
実践してみるのもいいかとは思いますが
無在庫転売には他にもデメリットがあるんです。

無在庫転売は規約的にアウト

先ほど、利益が低くなるという話をしましたが
他にもデメリット点があり
このデメリットが重大な欠点になります。

それは、ほとんどのECサイトで
無在庫転売は許可されてないということです。

なので、規約的にアウトな無在庫転売を続けると
各ECサイトからアカウント凍結をくらうリスクが
ドンドン高まってしまうんですね

実際、無在庫転売を行っている人が
アカウント凍結をくらってしまい
それまでの稼ぎがいきなりゼロになった、
という恐ろしい話をちょくちょく聞きます。

他にも、高山俊氏の無在庫転売を行うと
個人情報漏洩に当たる可能性があるんですよ

まず、高山俊氏の手法では
自身が梱包と発送の作業を行わず
各ECサイトに任せるものとなってます。

例えば、アマゾンで商品Aを出品してる時に
Bさんがその商品Aを買ったとしましょう。

当然、あなたは商品Aが売れたので
商品の仕入れを行う必要があります。

そこで、あなたは楽天から商品Aを仕入れます。

で、なんですが
この仕入れの時に送り先をあなたの住所にせずに
Bさんの住所を指定するんです。

すると、あなたが行った楽天での仕入れでは
あなたに商品Aが届くのではなく
Bさんに商品Aが届くようになりますよね

以上のようにして、梱包や発送をしなくても
転売ができるようになるんですね

一見すると、梱包や発送の作業を削れるので
うまいやり方だと思うかもしれませんが
Bさんの視点で考えてみると
住所という個人情報が
勝手に使われていることになります。

個人情報が騒がれている現代において
コレってかなりヤバいですよね

実際、下記のような考えを持たれいる方もいらっしゃいます。

つまり、高山俊氏の無在庫転売手法は
規約的にも個人情報的にもアウトだと言うことです。

まぁ、在庫が残るリスクは少ないかもしれませんが
それ以上に、上記のような致命的なリスクがあるので
高山俊氏の手法は実践されない方が賢明かと思います。

それに、得られる利益も少ないですし
どうせやるなら高利益を得たいですよね

じゃあ、どうすればいいかと言えば
普通では利用することができない
安く仕入れられるところから商品を仕入れるんです。

例えば、この前取り上げた
リセールキングの特権を利用するとかですね

というのも、この特権って
一般の人が利用することができない
リセールキングだけの特権となってるんです。

そして、この特権を利用すると
圧倒的に安い価格で仕入れることができちゃうため
劇的な利益を得ることができちゃうんですよ

詳しい内容については
下記リンク先の記事に書いてありますので
もし、少しでもご興味が湧きましたら
是非ともご覧になっていただければと思います。
⇒リセールキングについて

あり得ない利益が得られる驚異の物販ビジネスが
そこにはありますので。

⇒驚異の物販ビジネスについて

それでは、失礼いたします。