こんにちは、コンティー海です。

ビジネスを行う上で、
なるべくノーリスクで行いたいと考える方は多いですし、
そういった背景もあってか、
転売系のオファーは無在庫転売ばかりになりました。

確かに、無在庫で行うので、
売れなくて、在庫が余ってしまい、
赤字になるリスクは少ないでしょう。

しかし、そのリスクを回避するために、
失ったものもあります。
(詳しくはこの後で解説します。)

なので、個人的には、無在庫転売はオススメしていません。

さて、今回取り上げたオファーは、
その謳い文句から、おそらく無在庫転売に関するもので、
青木たかし氏のオールインワン転売になります。

上記でも既に書きましたが、
無在庫転売の時点でオススメしませんし、
青木たかし氏が言うような、
楽々できるノウハウではありません。

オファー名:オールインワン転売
販売者:青木たかし
販売会社:合同会社Rise Space
インタビューアー:朝永
価格:無料
URL:https://tfb-s.net/lp/1jyeqb/

青木たかし氏の転売を、なぜ無在庫と言えるのか?

まず、そもそも自分が、
なぜ、青木たかし氏のオールインワン転売を、
無在庫転売だと感じるかですが、
これは紹介ページ内の謳い文句と、
青木たかし氏が出した過去の商材から予想できます。

紹介ページ内の謳い文句では、
コピペで実践でき、資金も一切かからない、
と言っていました。

無在庫転売は、有在庫転売と違い、
最初に仕入は行わないため、
資金ゼロでも出品が可能であり、
基本的に出品する際の商品説明や画像は、
他サイトからコピペすることが多いです。

また、青木たかし氏は以前に、
パーフェクトEというeBayを使った無在庫転売の、
情報商材(インフォ)を販売していました。

以上のことから、
今回の青木たかし氏のオールインワン転売は、
無在庫転売のオファーだと感じます。

まぁ、仕入先や販売先は、現段階では謎ですが、
結局は、無在庫転売であり、
仕入先や販売先がどうなろうが、
過剰な労働を課せられる、労働型のブラック転売です。

仕入を小分けにしたことによる弊害

無在庫転売というのは、
仕入と出品の順番を入れ替えたことにより、
資金ゼロでも出品ができ、
在庫リスクも失くしています。

そのため、出品し、その商品が売れるたびに、
一回一回仕入を行い、購入者さんに、
商品を送ることになります。

もちろん、10個売れれば、10回の仕入れが必要です。

まだ、10回なら全然大したことはないですが、
これが100回や200回になったらどうですか?

ハッキリ言って、面倒ですよね

一方、有在庫転売であれば、自由に仕入ができるので、
それこそ、無在庫転売と違い、1回の仕入で終わらすことも可能です。

確かに、在庫リスクを失くした、
無在庫転売というビジネスモデルは素晴らしいと思いますが、
商品が沢山売れるようになって、
利益が増えてくると、労働力も増えることになるので、
時間的自由からは、ドンドン遠ざかります。

正直、ネットビジネスに参入するのって、
自由を得たいというのが、目的の人が多いですし、
それなら、利益が増えるたびに、自由から遠ざかる、
無在庫転売を選ぶべきではありません。

動画内では、青木たかし氏の自由人っぷりが披露されており、
青木たかし氏が用意した、
ゴールドラッシュエスカレーターのエレメントファイブが、
スゴイ、みたいなことを言っていましたが、
何にせよ、無在庫転売では自由人にはなれません。

まぁ、今回のオファーに関しては
残念な結果となりましたが
今、こうして当記事を読まれているあなたは
何かしらの稼ぐ情報を得ようとして
今回のオファーを知ったのだと思います。

その知ろうする行動自体は
大変、素晴らしいものです。

なんせ、この世の中には
行動すらできない方は
ごまんと存在しますからね

でも、とても惜しいことに
情報を得ているところがダメだからこそ
思うような結果を出せていないのです。

なので、是非ともまずは
情報を得ているところを変えてみませんか?

例えば…

自分のところなどいかがでしょう?

もちろん、当記事をご覧になられて
何もためになることが無ければ
自分のところから情報を得る必要は
全くありませんが
もし、少しでもためになる部分があったなら
試しに自分のところから
情報を得ていただければと思います。

今なら、お金稼ぎの「本質」が知れて
「6大特典」も手にできる
特別キャンペーンを開催してますので
是非とも、下記リンク先に
アクセスしていただき
「本質」と「6大特典」の2つを
受け取っていただければと思います。

⇒「本質」と「6大特典」を受け取る

それでは、失礼いたします。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークをしていただければと思います。
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加

今後もためになる記事を書いていきますので