こんにちは、コンティー海です。

世の中には様々なポイントカードがありますが
そのあまりの種類の多さに
お財布がパンパンになってしまっている方は多いのではないでしょうか?

やっぱり、何か買い物をした時に
ポイントが付いた方がお得ですし
そのため、あまり利用しない店のポイントカードでも
ついつい作っちゃいますよね

で、今回取り上げたオファーは
そんな買い物時にポイントが付くようなもので
小平つかさ氏のお買い物ビジネスです。

それでは早速、このお買い物ビジネスの中身について
解説していきたいと思います。

オファー名:お買い物ビジネス
販売者:小平つかさ
インタビューワー:林田、宮田
価格:無料
URL:https://okaimono-business.com/lp/

レシートだけでキャッシュバックが貰えるその仕組みとは?

まず、第1話の動画内で
小平つかさ氏が様々な買い物をして得たレシートを
ただ、カメラでパシャッと撮って
その画像データをどこかに送るだけで
20%ものキャッシュバックを貰えると語っていました。

https://www.youtube.com/watch?v=6b-_sowY9i4

なので、知らない方すると
「何それ? レシートがお金になるの?」と
不思議に思っているかもしれませんね

ただ、様々なネットビジネスやお得情報に精通している自分からすると
「なんだ、アレのことか」と
レシートをお金に変えるという部分が出るだけで
このビジネスの正体に気づいちゃいました。

では、その正体とは…
間違いなく、レシートポイントアプリでしょう。

CASHbやCODEなど色々と種類があるのですが
共通しているのは、ただレシートの情報を送るだけで
ポイントが貰えるということであり
この報酬の貰い方は
小平つかさ氏がやっていたことと全く同じですからね

それに、20%ものキャッシュバックを貰えることもありますし
中には100%キャッシュバックなんてものもあるので
小平つかさ氏が言うように
買い物をするだけで報酬が貰えるという話は間違いではありません。

そのため、このレシートポイントアプリを活用することによって
お得に買い物をすることが可能ですし
一つの節約術として役立つとは思います。

ただ、

これがビジネスかと言われれば
間違いなく「NO」ですけどね…

億万長者になんかなれませんよ

まず、当たり前ですが収益を上げ続けなくては
ビジネスとしては成り立ちません。

毎月毎月赤字ではいずれは潰れる
なんてことは中学生でも分かるでしょう。

で、小平つかさ氏のお買い物ビジネスって
正に、そんな毎月毎月赤字になるような
ダメビジネスなんですね

例えば、お買い物ビジネスで
何か1万円の商品を買ったとしても
その商品でのキャッシュバックは2000円ぐらいになります。

ということは、
出費1万円に対して利益が2000円ということになるので
トータルで考えると
8000円のマイナスになりますよね

だからこそ、小平つかさ氏のお買い物ビジネスって
ビジネスとして成り立たないダメビジネスであり
買い物すればするほどマイナスになるため
小平つかさ氏が言うように
億万長者になれるなんてことは絶対にないんですね

まぁ、日々の節約術の一つとして
レシートポイントアプリを使うのはいいですが
このアプリで収益を上げることはできない
という点は覚えておいていただければと思います。

なので、もし収益を上げたいのであれば
こういったアプリのような
出費以上の収益が出ないものではなく
出費以上の収益が出るものを実践してくださいね

まぁ、今回のオファーに関しては
残念な結果となりましたが
今、こうして当記事を読まれているあなたは
何かしらの稼ぐ情報を得ようとして
今回のオファーを知ったのだと思います。

その知ろうする行動自体は
大変、素晴らしいものです。

なんせ、この世の中には
行動すらできない方は
ごまんと存在しますからね

でも、とても惜しいことに
情報を得ているところがダメだからこそ
思うような結果を出せていないのです。

なので、是非ともまずは
情報を得ているところを変えてみませんか?

例えば…

自分のところなどいかがでしょう?

もちろん、当記事をご覧になられて
何もためになることが無ければ
自分のところから情報を得る必要は
全くありませんが
もし、少しでもためになる部分があったなら
試しに自分のところから
情報を得ていただければと思います。

今なら、お金稼ぎの「本質」が知れて
「6大特典」も手にできる
特別キャンペーンを開催してますので
是非とも、下記リンク先に
アクセスしていただき
「本質」と「6大特典」の2つを
受け取っていただければと思います。

⇒「本質」と「6大特典」を受け取る

それでは、失礼いたします。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加