こんにちは、コンティー海です。

今回は、宮田大輔氏のオートレジスタを評価します。

制作期間3年、製作費1500万円、というシステムらしいですが、

どこのシステム会社だか分かりませんが、

よくこんな費用で引き受けたな、と思っちゃいましたww

だって考えてみて下さい。

システムエンジニア1人のお給料で20万以上はかかるので、

システム会社としては、会社の利益を考えると、

エンジニア1人につき、30万円以上は欲しいはずです。

仮に、このオートレジスタというシステムを、

エンジニア1人で作成し、1ヶ月30万円の契約で実施したとすると、

3年間で1000万以上はかかるということになります。

しかも通常、システムを作るさいは、

最低でも数人のチームで作るのです。

また、エンジニア1人当りの単価も技術力によって変わりますし、

1ヶ月30万円など、最低ラインと言えます。

いや~、制作期間3年を製作費1500万円で受けちゃう、

システム会社はスゴイですね~

宮田大輔氏に弱味でも握られているんですかね~(笑)

それでは、そんな破格のシステムをみていきましょう。

オファー名:オートレジスタ

販売者:宮田大輔

販売会社:株式会社ケープロマーケティング

インタビューアー:小野寺

価格:無料

URL:https://ysc-ar.net/web/01/lp/os/SS06b/

Yahooショッピングの利用者数は?

早速登録して、確認してみました。

ビジネスモデルは無在庫転売でした。

仕入先は明かされていませんでしたが、

販売先はYahooショッピングになっていました。

Yahooショッピングは、初期費用、固定費がかからず、

販売手数料もアマゾン、楽天と比べて安いので、

転売をする上でのランニングコストが安く済みます。

転売なので、商品を売った時の利益率や、

様々な商品を販売して、収益を上げるのは重要ですが、

こういったランニングコストを下げるのも、

収益を上げることに繋がるのです。

初期費用、固定費がかからないので、

全く転売をやったことがない方にとっては、

参入障壁が低いかもしれません。

色々と利点があるYahooショッピングですが、

まだまだ、利用者が少ないんですよねー

引用元URL:https://www.netratings.co.jp/news_release/2016/06/Newsrelease20160628.html

上記表から分かるように、アマゾンや楽天は3000万人を超えていますが、

Yahooショッピングは2000万人も届いていません。

一方で出店数は、昨年の夏ごろのデータになってしまいますが、

アマゾンが約18万に対し、Yahooショッピングは約34万と、

Yahooショッピングの方が倍近く多いです。

やはり、各種費用が安く抑えられるので、人気がでたのでしょう。

ただ、これでわかるのは、

販売者ばかりが多くなり、利用者が少ないということです。

要するに、ライバルが多いので、価格競争に巻き込まれやすくなり、

中々、商品が売れない可能性が高くなると言えます。

確かに、ランニングコストが安く抑えられるのは魅力ですが、

上記のことは意識しておいた方がいいと思います。

さて、肝心のオートレジスタというシステムの性能は、

どんなものなのでしょうか?

謎だらけの破格なシステム

誰でも簡単で、再現性100%で、リスクゼロで、

クリックするだけで自動的にお金を稼ぐツール、

と謳ってはいますが、具体的に何をしてくれるかは明かされてませんでした。

まぁ、自動的に稼ぐと言っているので、

どこか別のECサイト(アマゾン、楽天など)から、

売れそうな商品をリサーチしてきて、

商品名、詳細、値段なんかをコピーして、

Yahooショッピングにそのまま載せる的なものでしょう。

(値段に関しては利益がでるように、上乗せはするとは思います。)

まぁ、色々と自動化して、時間短縮を図るのはいいことですが、

無在庫転売は別にリスクゼロではないです。

下記の記事に理由は書いてありますので、

興味があれば、ご覧になって下さい。

やまかわわたる氏のノーリスク無在庫販売

無在庫転売やYahooショッピングのデメリットを考えると、

個人的にはあまりオススメしません。

(転売のとっかかりとして、無在庫転売をちょっと試してみる分にはいいですが)

それに、制作期間や製作費の部分で怪しさ満点なので、

基本的には辞めといた方がいいです。

怪しさ満点のインフォを購入しないため

このオファーのように、システムの制作期間や製作費を語って、

このシステムはスゴイんだよ、と謳うインフォは沢山あります。

そういったシステムというのは大体、

中身は全然明かさず、ただスゴイと言うものが多いです。

残念ながら、

怪しさ満点のシステムを購入したところで、

稼げるようにはなりません。

そんなシステムを購入しないためにも、

当ブログをブックマークして下さい。

なぜ、そのシステムが怪しいのかを、

当ブログでは論理的に解説しています。

様々なシステムの評価を行っておりますので、

是非とも、当ブログで情報収集を行って頂ければと思います。