こんにちは、コンティー海です。

今回はハイパーマーケティングホールディングス株式会社が提供している、
ファッション通販について評価します。

先行者利益が獲得できると書いてありますが、
ビジネス内容を見る限り、獲得できるとは思えませんでした・・・

オファー名:ファッション通販無料講座
販売会社:ハイパーマーケティングホールディングス株式会社
責任者:加藤行俊
価格:無料
URL:https://abc3th.jp/lp/fashion/

ただの焼き増しインフォ?

ファッション通販を評価する前に、
まずは、ハイパーマーケティングホールディングス株式会社が、
以前に販売していたインフォを紹介しておきます。

それが、Amazonファッション通販です。


引用元URL:https://abc2th.jp/lp/1h/index.html

で、このAmazonファッション通販ビジネスですが、
今回のファッション通販と非常に内容が似ているのです。

一つ目の理由として、ファッション通販という点で被っています。

次に、月300万円稼ぐ点です。

今回のファッション通販では、無料登録を行うと、
ファッション通販ワークショップへの勧誘ページが出るのですが、
そのページの中に、「月300万円稼ぐ」と書いてあります。

最後に、
Amazonで販売するという点です。

以上、三つの共通点から今回のファッション通販は、
以前のAmazonファッション通販ビジネスと同じものである可能性が高いと言えます。

仮に、以前のものと同様だった場合、
そんなものに、先行者利益などあるでしょうか?
既に実践している人がいる以上、先行者とは言えませんよね

まぁ、100歩譲って、今やれば、
まだ、Amazonファッション通販ビジネスでも先行者利益があるとしましょう。

その場合、重要になるのは、
Amazonファッション通販ビジネスのビジネスモデルです。

ビジネスモデルは、今や有名な○○転売だった

さて、肝心のファッション通販のビジネスモデルですが、
中身は中国転売でした。

中国で商品を仕入れて、日本で売るという流れです。

正直、中国転売などかなり有名で、実践者の方も沢山いらっしゃいます。

まだ、誰も知らないような真新しいノウハウであれば、
以前にインフォを出していても、先行者利益があったかもしれませんが、
既に有名になっているノウハウでは、先行者利益などありません。

そもそも、転売するのであれば、
安く仕入れて、高く売る必要がありますが、
中国の物価が上がっているのをご存知でしょうか?

まずは、下記グラフをご覧下さい。


引用元URL:https://ecodb.net/country/CN/imf_cpi.html

これは、中国の消費者物価指数なのですが、
右肩上がりに上がっているのがわかるかと思います。

要するに、中国の物価がドンドン上がっていってるということです。

各メーカーも中国工場から東南アジアに、
拠点を移しているぐらいですからね~

なので、中国転売のメリットであった、
安く仕入れるという点が難しくなっていると言えます。

それを考えても、今から中国転売を始めても、
先行者利益なんてものは、ありえません。

安く仕入れるのが難しくなった以上、
仕入れ値より、売値が高くなるかを、入念にリサーチする必要があります。

紹介ページに書いてあるように、
スキルや経験が不要で、スキマ時間でできるような、甘いものではないです。

まぁ、今回のオファーに関しては
残念な結果となりましたが
今、こうして当記事を読まれているあなたは
何かしらの稼ぐ情報を得ようとして
今回のオファーを知ったのだと思います。

その知ろうする行動自体は
大変、素晴らしいものです。

なんせ、この世の中には
行動すらできない方は
ごまんと存在しますからね

でも、とても惜しいことに
情報を得ているところがダメだからこそ
思うような結果を出せていないのです。

なので、是非ともまずは
情報を得ているところを変えてみませんか?

例えば…

自分のところなどいかがでしょう?

もちろん、当記事をご覧になられて
何もためになることが無ければ
自分のところから情報を得る必要は
全くありませんが
もし、少しでもためになる部分があったなら
試しに自分のところから
情報を得ていただければと思います。

今なら、お金稼ぎの「本質」が知れて
「6大特典」も手にできる
特別キャンペーンを開催してますので
是非とも、下記リンク先に
アクセスしていただき
「本質」と「6大特典」の2つを
受け取っていただければと思います。

⇒「本質」と「6大特典」を受け取る

それでは、失礼いたします。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークをしていただければと思います。
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加

今後もためになる記事を書いていきますので