こんにちは、コンティー海です。

世界的仮想通貨取引所である
バイナンスを超える神案件として
最近、一部で話題になっているのが
「FShares」というものになります。

バイナンスでさせ
まだ開発中の分散型取引所(DEX)を
FSharesが既に完成させたとして
話題となっていました。

ちなみに、FSharesが完成させたDEXは
FShares DEX(FSDEX)という名前です。

確かに、DEXを完成させたのが
事実であるならスゴイことですし
それなら投資案件として
かなりの期待を持てることでしょう。

でも、

FSharesについて色々と調べたところ
どうにも怪しい点が多いんですよねぇ

その怪しい点については
この先に書いてありますので
FSharesに投資をするかどうかを
迷われている方は
参考にしていただければと思います。

情報商材名:FSharesコイン
URL:https://fsdex.io/

FSharesの報酬システムは破綻している

まず最初に自分が気になったのは
FSharesの報酬についてです。

現状、FSharesには
FShares Clubというものがあり
ここに入会することによって
FSharesに投資を行えるようになっています。

で、このFShares投資なんですが
下記の予想収益をご覧になれば分かる通り
かなりの利益が見込まれているいるんです。
(投資金が400倍になるとか)


引用元:https://mitti-mitti-mitti.hatenablog.com/entry/2019/06/07/142110

他にも、FSharesを紹介することで得られる
紹介報酬なんかも存在しています。

まぁ、投資をしたり紹介したりするのですから
上記のような報酬が貰えるのは
ごく普通のことではあるんですが…
正直、不安を感じちゃうんですよねぇ(汗)

というのも、FSharesは
取引所に関する案件であり
当然、FShares側の利益は
取引所を運営することで得られる
運営利益になるはずです。

そして、上記の報酬も
この運営利益から支払われるはずです。

しかし、

FSharesが開発した取引所、
「FShares DEX(FSDEX)」は
手数料が無料なんですよ

つまりは、FSDEXを運営したところで
利益が発生するわけがないんです。

当然、利益が発生しない以上
報酬なんか支払えるわけがありませんよね

まぁ、もちろん
まだ明かされていない情報があるかもしれないので
もしかしたら、FShares側には
利益を得られる算段があるのかもしれません。

ただ、FSharesの不審な点は
他にもあるんですよ

8/22追記:マイニングには何の信用性もない

当記事をご覧の方から有り難いことに
追加情報がご提供されましたので
その情報を元に、再度調査を行いました。

内容としては、
先ほどの報酬に関するもので
なんでも、マイニングを行うことで
上記報酬をFShares側が
支払ってくれるらしいです。

まぁ、確かに
仮想通貨のマイニングであれば
利益を得ることは不可能ではありませんし
FShares側が得られる利益額によっては
さっきの報酬システムの話も
現実味を帯びてくるでしょう。

ただし、

マイニングを行うことで
ホントに利益が得られる算段があるならです。

そもそも、一体何のマイニングを行うのでしょうか?

マイニングというのは
仮想通貨決済のお手伝いをすることで
その仮想通貨がお駄賃として貰える仕組みです。

なので、ビットコインなどの
ちゃんと価値ある仮想通貨のマイニングなら
利益を出せなくはありませんが
無価値なゴミ仮想通貨のマイニングでは
いくらマイニングをしようが利益なんてでません。

仮に、価値ある仮想通貨のマイニングでも
そういったマイニングには
既にライバルが沢山存在しますので
その中でも勝ち続け、利益を出せるだけの
何かしらの要因が必要になります。

他を圧倒するだけの
スーパーマイニングマシーンを持ってるとか。

いずれにしても単に
「マイニングで稼いで報酬を渡します」
なんてことを言われたところで
その発言には豆粒ほどの信用性もありません。

だって、その発言だけでは
「稼げる」という証拠に
なっていないのですからね

というか、

FSharesのホワイトペーパーを確認しましたが
マイニングで稼ぐなんてことは
どっこにも書いてなかったです。

ホワイトペーパーというのは
仮想通貨プロジェクトにおける
全ての事柄が書いてあるものなので
そのホワイトペーパーに書いてない以上、
先ほどのマイニングに関する発言は
誰かが言いだしたデタラメである可能性が
かなり高いでしょうね

以上が、8/22時点での
報酬に関する追加情報になります。

それでは、続きの方をご覧ください。

FSharesはホントに実在するの?

今回のFSharesは
中国の人が中心となっている案件であり
なんでも、中国の認可が下りたことで
多くの中国人がFSharesに参加しているとのこと。

そこで、実際のところは
どうなのかを調べるために
FSharesの公式ページである
「https://fsdex.io/」の
アクセス解析を行ったみたところ
下記のような結果になりました。

はい、日本からのアクセスしかありませんでした。

既に、数万単位の中国の人々が
参加されているなら
中国からのアクセスがゼロなのは
どう考えても、オカシイですよね

また、中国政府が運営している
中国企業の検索が行える
「国家企業信用情報公開システム」で
認可を受けたとされる
「FShares Technology Ltd」を
検索してみたんですが、


引用元:http://www.gsxt.gov.cn/index.html

こちらに関しても、
「FShares Technology Ltd」に該当するものは
1件も存在しなかったんです。

この時点でFSharesの運営者や企業が
ホントに実在するものなのか、
かなり疑わしく感じてきました。

そして、その疑わしさは
FSDEXにも向いていったんです。

8/22追記:国家市場監督管理総局から認可などされてない

当記事をご覧の方から有り難いことに
追加情報がご提供されましたので
その情報を元に、再度調査を行いました。

内容としては、
FSharesという仮想通貨が
中国の政府機関である
「国家市場監督管理総局」から
認可を受けているというものです。


引用元:https://www.youtube.com/watch?v=OLR2t01ngM0

今や、中国が仮想通貨全面禁止にしているのは
周知の事実となっていますが
もし、そんな政府から認可を受けたなら
FSharesはかなりスゴイと言えるでしょう。

しかし、ハッキリと言っておきます。

「国家市場監督管理総局」から
そんな認可がおりることは
100%あり得ません。

まず、そもそもの話ですが
仮想通貨の分類は金融や証券になりますので
仮に、認可がおりるとしても
金融や証券に関わる機関が
認可をおろすことになります。

では、国家市場監督管理総局という政府機関は
一体、どんな機関なのでしょうか?

その答えは下記画像になります。

ご覧の通り、いくつかの機関の
様々な機能が統合されたのが
国家市場監督管理総局になるんですね

では、

この中に金融や証券に関わる機関が
1つでも存在してますか?

…答えは「NO」ですよね

つまりはそうゆうことです。

ちなみに、下記の
国家市場監督管理総局のサイトで、


引用元:http://www.samr.gov.cn/

「FShares」を検索してみましたが
下記のように、FSharesに関する情報など
1つも存在しませんでした。

国家市場監督管理総局の中で
FSharesの情報が一切ない以上、
認可を受けたなんて話は
全くのデタラメだということです。

こういった事実無根のことを
あたかも事実と言うような案件は
詐欺的なものが多いので
正直、それだけでリスクと言えます。
※ 詐欺案件が行う他の手口は
  下記記事にまとめてありますので
  今後、騙されないためにも
  1度はご覧になった方がいいかと思います。
  ⇒【実例付き】詐欺情報商材がよくやる12の手口

以上が、8/22時点での
国家市場監督管理総局に関する
追加情報になります。

それでは、続きの方をご覧ください。

FSharesコインは取引されてない

FSharesでは現状、
ブロックエクスプローラーというものが
既に用意されています。

引用元:https://www.fscan.io/

ちなみに、ブロックエクスプローラーというのは
仮想通貨の取引履歴が見れるサイト、
と思っていただければと思います。

そのため、FSharesが用意した
上記ブロックエクスプローラーは
FSharesの仮想通貨、
つまりはFSharesの分散型取引所で使う
FSharesコインの取引履歴が見れるサイトです。

で、このサイトを見てみると
下記のようにFSharesコインが
頻繁に取引されているのが分かります。

が、どうにもこの取引履歴が
不自然なんですよねぇ

まず、上記取引履歴では
取引された時間(生産時間)が
2019年7月25日となっているんですが
この取引履歴を見た時って
2019年7月24日だったんですよ

現在時刻が2019年7月24日なのに
2019年7月25日の取引なんか
できるわけがないですよね

まぁ、時差というものがあるので
それだけでは何とも言えませんが
他にも、取引時間が規則正しく
1秒づつズレているのも気になります。

というのも、取引される時間は
通常はまちまちなので
普通は下記のように、
バラバラになるはずだからです。
※ 下記はビットコインの取引履歴です。

それに、あの超有名仮想通貨である
ビットコインでさえ
数分おきでしか取引されてないのに
できたばかりのFSharesコインなんかが
ビットコインを超える
スーパーハイスピードで取引されるなんて
不自然だと思いませんか?

しかも、規則正しく取引がされているんですよ

正直、FSharesコインの取引に対して
「この取引、偽物では?」
という、疑念を抱いてしまいましたね

そして、一番ヤバいと思ったのが
FSharesのブロックエクスプローラーが
ネット通信を行ってない点です。

そもそも、ブロックエクスプローラーは
取引履歴を表示するために
仮想通貨のブロックチェーン上の
ネットワークにアクセスするため
通常であれば、下記のように
ネット通信の履歴が残るはずなんですね
※ 下記は別のブロックエクスプローラーの
  ネット通信履歴になります。

にも関わらず、FSharesの
ブロックエクスプローラーでは
ネット通信の履歴がないことを考えると
そこから導き出されるのは…

FSharesコインの取引履歴はデタラメという結論です。

当然、FSharesコインの取引履歴が
デタラメということになるなら
既に完成していると言われた
分散型取引所「FSDEX」も
デタラメということになりますし、
この案件が根底から覆ることになります。

いずれにしても
FSharesには不審点が数多く存在するので
安易に参加されるのは
辞められた方がいいかと思います。

不審点が多いということは
それだけ詐欺にあうリスクが
高まることになりますので
わざわざ、死地に向かうような投資は
避けた方が賢明ですからね

まぁ、詐欺にあうのを覚悟の上で
試しにやってみるのを悪いとは言いませんが
それをやってもいいのは
何かしらの継続した収益を
出すことができる方だけだと思います。

仮に詐欺にあったとしても
別の収益源があるなら
立ち直ることも容易ですからね

しかし、そういった収益源がなければ
たった1回の詐欺にあうだけで
立ち直ることができなくなってしまいます。

なので、まずは収益源を作られることから
始められる方がいいかと思います。

では、どうすればそんな収益源が作れるのか?

手法的な話をすれば色々と種類がありますが
まず、初めにやっておいた方がいいのは
お金を稼ぐための「本質」を知ることです。

なんせ、この「本質」を知ってないと
どんな手法を実践したとしても
結果を出すことは難しいですし
収益を生み出し続けることも不可能なので。

ちなみに、今ならその「本質」を
下記リンク先に無料で公開していますので
もし、確かな収益源を作りたいなら
是非とも、下記リンクを
クリックしていただければと思います。
⇒お金稼ぎの本質を知ってみる

この本質によって
今まで何をやっても1円も稼げなかった方が
稼ぐという結果を生み出したり、
収益を何倍にも膨らませることに成功したりなど
あなたが収益源を作る上で
絶対に知るべき内容となってますので。

⇒絶対に知るべき本質について

それでは、失礼いたします。