こんにちは、コンティー海です。

いや~、今回はまた
とんでもないぐらいデカいことを語っているオファーが出てきました。

その名も、渡邉幸司氏のONE ASIA(ワンアジア)
というオファーになるんですが
なんと!
「参加者全員に1週間で1億円を確約」
ということを言っています。

正直、「そんなことあるわけないだろ」と
思ってしまいますが
中には、「1億円が貰えるなら参加したい!」と
期待されている方もいらっしゃるかもしれませんね

そこで、自分が渡邉幸司氏のONE ASIA(ワンアジア)を確認し
具体的にどういったオファーであるかや
ホントに1億円を稼ぐことができるのか
、について検証した結果を
この後に書かせていただきましたので
ご興味がありましたら、ご覧いただければと思います。

オファー名:ONE ASIA(ワンアジア)
販売者:渡邉幸司
販売会社:Fintech Gate Asia株式会社
所在地:東京都中央区日本橋2-1-3 アーバンネット日本橋二丁目ビル10階201
メールアドレス:info@oneasia2017.com
インタビューワー:藤本京
価格:無料
URL:https://oneasia2017.info/x100/

1億円が約束されているワンアジアの正体とは?

まずは、ワンアジアのビジネスモデルから
お話させていただこうと思いますが
実は、第1話の動画で渡邉幸司氏は
ワンアジアの内容を明かしていません。

とはいえ、間違いなく「仮想通貨」だと思います。

というのも、このワンアジアでは
規模10兆円超えの新興市場で1億円を手にしますが
仮想通貨の規模も
現状、10兆円を超えている状態だからです。


引用元URL:https://coinmarketcap.com/charts/

ちなみに、上記のグラフが仮想通貨市場規模の推移になります。

で、ご覧いただければお分かりになる通り
現状、1400億ドルという規模で
円で計算すると約15兆円と10兆円を超えているので
渡邉幸司氏の言っている内容と概ね同じです。

また、動画内で渡邉幸司氏が否定したビジネスモデルは
FX、バイナリー、株、ブックメーカーと
仮想通貨は入っていませんでした。

それに、資金を1000倍にするという話も
昔のビットコインの話を彷彿とさせるものですし
上記のことを総合的に考えると
やはり、仮想通貨で間違いないでしょう。

ただ、一言に仮想通貨と言っても
その稼ぎ方は様々です。

仮想通貨の稼ぎ方とは?

例えば、多くの方がイメージされるのが
ICO(トークンセール)にて
仮想通貨を購入し、ある程度の期間がたった後に
その仮想通貨を売る方法かと思います。

ただ、もしかしたらICOと言われても
ピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんので
一言で簡単に言うと
「未公開株」みたいなものです。

つまり、市場に公開される前の仮想通貨を
先行して購入するような感じです。

実際、このICOで巨万の富を築いた方も
いらっしゃるにはいらっしゃるのですが…
実は、ICOって詐欺にあうことも多いんですよね

現に、ニューヨークにある分析会社
チェーンアリシスのデータによれば
被害額は250億円に達すると出ており
10人に1人が詐欺にあっているというデータもあります。

ぶっちゃけ、結構な確率ですよね(汗)

確かに、ICOというのは
まだ市場に公開されていない仮想通貨を
先行して買うことができるので
うまくいけばかなりの利益を上げることはできますが
その分、無視することができないリスクもあるんですね

さて、ICOに関しては以上になりますが
仮想通貨を使った稼ぎ方はICOだけでなく
取引所間の値段差を狙ったアービトラージ、
仮想通貨を使ったHYIPの投資案件
、などなど
他にも色々と存在します。

とはいえ、ここでその全て語ってしまうと
あまりにも長くなってしまうので
もし、他の稼ぎ方にもご興味がありましたら
ネットビジネスに関するあらゆることを配信している
自分のメルマガにご登録いただければと思います。

(メルマガの中で仮想通貨に関する情報も配信してます。)
⇒コンティー海のメルマガに無料登録

まぁ、現段階では渡邉幸司氏のワンアジアが
仮想通貨でどのような稼ぎ方をするかは分かりませんが
少なくとも、一つ言えることは
稼げる額は自身が持っている資金に依存するということです。

要は、渡邉幸司氏が言うように
資金がほとんどない方が1億円を手にできるかといえば
それは不可能であり
1億円を手にするならそれ相応の資金が必要になるということです。

だって、どんな稼ぎ方をするにしろ
仮想通貨が手元になければ話になりませんし
そうなると、仮想通貨を買うための
「資金」が必要になりますからね

それでは、失礼致します。