こんにちは、コンティー海です。

友達との連絡手段にLINEを使っている人は多いのではないでしょうか?

というか、今さら電話料金がかかる普通の電話や
メールを使って連絡している人は少数派だと思います。

それだけ、日々の生活にLINEが浸透しているってことなのでしょう。

で、今回取り上げた案件は
そんなLINEを使った稼ぎ方を教えてくれるであろう
松本圭介氏のスマホ既読ビジネスになります。

まぁ、LINEと言ってもビジネス向けに調整された
LINE@を使った稼ぎ方でしょう。

確かに、これだけLINEが日々の生活に浸透しているなら
LINE@をビジネスに取り込めば効果があるかもしれませんが
別に、稼ぎやすいとは思わないです。

松本圭介氏のスマホ既読ビジネス

オファー名:スマホ既読ビジネス
販売者:松本圭介
価格:無料
URL:https://kei-recite.com/seminar_jun/a/f/

LINEだけでお金を稼ぐ手段は乏しい

おそらく、ネットビジネスにあまり詳しくない方は
冒頭の文章を見た時に
「LINEを使うと稼げるの?」と思ったかもしれませんが
LINEだけでお金を稼ぐ手段はスタンプの販売しかありません。

ただ、今回の案件に関してはスタンプの販売ではないでしょう。

スキルや専門知識が不要と言っていますし
スキルや専門知識が必要な
スタンプの作成はないと思います。

ではどうするのかと言えば
別のキャッシュポイントを用意するのでしょう。

例えば、
アフィリエイト広告が貼ってあるブログ
転売している商品が出品されているサイト
自分が運営しているネットショップ
自分が作ったyoutube動画などなど

要するに、LINEから別の場所に誘導するのです。

で、ユーザを別の場所に誘導して
その場所で何か行動をしてもらい
利益を得るというモデルです。

まぁ、こういった集客の役割だけ
LINEに持たせたモデルはちょくちょく見かけますし
こういった使い方は全然いいと思います。

ただ、松本圭介氏が言うように
初心者さんでもできて
1日6分でできるものだとは思わないですね

友達何人いますか?

LINEに集客役割を持たせるということは
LINEに集まっている友達の数が重要になります。

この友達数がそのままブログやサイトのアクセス数になるのです。

だからこそ、より多くの友達を持っている方が
アクセス数が上がり利益も上がりますが
逆に友達数が少なければ、利益はほとんど見込めません。

まぁ、既に数万人単位の友達数であれば
1日6分で軽いメッセージを作って送るだけでも
かなりのアクセス数が見込めますし
ユーザの属性やキャッシュポイントの種類によっては
月30万円を稼ぐのは簡単だと思います。

でも、初心者さんがそんなに多くの友達がいるとは思えませんし
多くても100人ぐらいが関の山でしょう。

ということは、まずは友達集めから始める必要があります。

ただ、お分かりだとは思いますが
待っているだけでは友達は増えません。

リアルでもネットでもいいので
とにかくアプローチしなくてはいけません。

何かのセミナーやどっかのパーティーに参加して
「友達追加してください!」とアプローチしたり
ブログやSNSを運用して友達追加を促したりと

これって、初心者さんが1日6分でできる作業だとは思えないですし
むしろ、本業なみに頑張らないと厳しいと思います。

それに、折角頑張って友達を集めても
LINE@ではアカウント削除というリスクがあるのです。

リスク

しかも、何の警告もなしにバッサリと消されます。
(マジで容赦ないです(涙))

そうなれば、今まで集めた友達は全てパーです。

でも、LINE@にはこういったリスクだけではなく
LINE@ならでは良さがあったりもするので
リスクを覚悟できるなら
導入してみてるのもいいかもしれません。

まぁ、今回の松本圭介氏のスマホ既読ビジネスは
セミナーに参加しないとその全貌は明かされませんが
もし、ビジネスモデルがLINE@に関するものだった場合
最初の友達増やしをどうするのかは確認した方がいいです。

この作業がめちゃくちゃ大変だったら
初心者さんでは荷が重いですからね

それでは、失礼いたします。