こんにちは、コンティー海です。

参加した人全員に1年間で現金1億円を分配する

そんなアホみたいなことを語る
危なげなオファーがまた出てきましたね…

以前にも、加藤浩太郎氏のギフトという
10万円の現金をプレゼントするオファーがありましたが
今回も、多くの人を奈落の底に落とす
大炎上オファーとなるのでしょうか?

実際、ギフトの時は
当ブログにも悲痛な声が沢山コメントされました。
悲痛なコメントが載っているギフトのレビューはこちらから

それに、森田賢二氏が語る
「1億円を分配できる」という理由が
理由になってないので
おそらく、同じてんまつになりそうです…

オファー名:森田賢二
販売者:ウィズダム(With-dom)
販売会社:合同会社東方実業
インタビューワー:木村
価格:無料
URL:https://with-dom-project.com/sub/

800億円を集められたから何だというのか?

既に、ウィズダムをご覧になられた方はご存知の通り
森田賢二氏が言うには
以前に、800億円の資金を集めることができたから
「1億円を分配できる」と語っていました。

まぁ、確かに800億円もの資金があって
森田賢二氏が本当に分配するつもりがあるなら
少なくとも、
800人には1億円を分配することは可能でしょう。

しかし、

以前に集めた800億円というお金は
あくまで、「テスラモーターズ」という
電気自動車に対する期待があったからです。

考えてもみてください。

この800億円という資金は
森田賢二氏の個人資産ではなく「集められた」資金です。

つまり、「800億」というお金は
森田賢二氏以外の第三者から沢山お金を貰ってきて
やっと実現したお金、といえます。

ということはですよ

今回のウィズダムでも
同じように資金を集めることになるでしょうが
その目的は、森田賢二氏が行う
「1億円を分配する」というボランティアのためになります。

正直…

誰がそんなお金を出すの?

って思いませんか

例えばですよ、
もしあなたの知人があなたに
「日本の将来を変えたいから100万円を譲ってくれないか?」
なんてことを言ってきたらどう思いますか?

あっ、コイツ頭ヤバい…」と感じても不思議ではないですし
少なくとも、おいそれと100万円を譲ることはしませんよね
(まぁ、仲が良ければいくらかは渡すかもしれませんが)

要は、森田賢二氏がやろうとしていることは
この頭がヤバいヤツとほぼ同様ということです。

別に「分配」をしちゃダメという法律はありませんし
そこは森田賢二氏の自由にやっていただければと思いますが
世界的なビジネスをやってきた人が
このウィズダムという仕組みを実現できると思ってるのは
正直、「ホントにビジネスをやってきたの?」と
自分は疑念を抱いてしまいますね

だって、上記でも書かせていただいた通り
ウィズダムの仕組みってあまりにも陳腐ですからね

少なくても、ビジネスを少しでもかじったことのある方なら
こんな仕組みが実現できるなんて思いませんよ

そのため、森田賢二氏が語った全ての実績が
自分には「ウソ」だと感じられてしまいますし
むしろ、
「森田賢二氏は一度もビジネスを実践したことがないのでは?」
とすら思えてきますね

まぁ、まだウィズダムの全容は明かされていないので
もしかしたら、まだ期待を抱いている方もいらっしゃるかもしれませんが
少なくとも現段階ではかなり怪しいと言わざる得ない状態ですし
以前に大炎上したギフトプロジェクトと同じ結果になりそうなので
十分に気を付けていただければと思います。

まぁ、今回のオファーに関しては
残念な結果となりましたが
今、こうして当記事を読まれているあなたは
何かしらの稼ぐ情報を得ようとして
今回のオファーを知ったのだと思います。

その知ろうする行動自体は
大変、素晴らしいものです。

なんせ、この世の中には
行動すらできない方は
ごまんと存在しますからね

でも、とても惜しいことに
情報を得ているところがダメだからこそ
思うような結果を出せていないのです。

なので、是非ともまずは
情報を得ているところを変えてみませんか?

例えば…

自分のところなどいかがでしょう?

もちろん、当記事をご覧になられて
何もためになることが無ければ
自分のところから情報を得る必要は
全くありませんが
もし、少しでもためになる部分があったなら
試しに自分のところから
情報を得ていただければと思います。

今なら、お金稼ぎの「本質」が知れて
「6大特典」も手にできる
特別キャンペーンを開催してますので
是非とも、下記リンク先に
アクセスしていただき
「本質」と「6大特典」の2つを
受け取っていただければと思います。

⇒「本質」と「6大特典」を受け取る

それでは、失礼いたします。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加