こんにちは、コンティー海です。

世の中には、ウソを付く人はごまんといますが
ちょっと今回のウソは「やり過ぎでしょ」と思うようなヒドイ内容でした。

で、そんなヒドイ嘘を付いてるのが
このジャパンホープというオファーを手掛けている
ジェームスワタナベ氏という人物です。

いや~、ジェームスワタナベ氏が語っていることを
調べれば調べれるほど
ドンドンと嘘が見つかっちゃったんですよね(汗)

まぁ、詳しくはこの先に書かせていただきましたので
もし、ジェームスワタナベ氏のジャパンホープに
少しでも期待をいただいているようでしたら
これを機に、その期待はスパッと消していただければと思います。

販売者:ジェームスワタナベ
オファー名:ジャパンホープ
販売会社:株式会社Royal Trust
インタビューワー:東てる美、池尾武蔵
価格:無料
URL:https://jp-hope.net/algorithm/

週刊実話を見てみたけど…

まず、ジェームスワタナベ氏の経歴として
「週刊実話に載りました」という記載があったので
下記画像の週刊実話が
どの「号」のものかを調べてみることにしました。

で、色々と調べてみると
上記ジェームスワタナベ氏が載ったという週刊実話は
「2018年6/21号」であることが分かりました。

ジェームスワタナベ氏が載ってるのが
「2018年6/21号」ということが分かったので
早速、その号の週刊実話を見てみることに

その中には、最近ニュースでよく取り上げられる
和歌山県で起こったドンファンの話や
サッカーワールドカップの話、アメフト暴行の話など
事実や推論なんかが色々と書いてありましたね

で、一通り読み終えてみたんですが
無かったんですよ…

ジェームスワタナベ氏の記事が(汗)

「あれ、見落としたかな?」と思い
再度、週刊実話をパラパラと見てみたんですが
それでも見つからなかったんです。

この時点で自分は確信しましたね

「あ~、ジェームスワタナベ氏が言ってた
 週刊実話の話は嘘だったんだ」と

俄然、ジェームスワタナベ氏に対する信用は落ちましたし
正直、ゴールドマンサックスで働いてた話も
「嘘でしょ」と思うようになりました。

だって、ゴールドマンサックスに
ジェームスワタナベ氏がヘッドハンティングされて
ゴールドマンサックスで働くことになったという話ですが
そのジェームスワタナベ氏が
なぜヘッドハンティングされたかの理由については
詳しいことは書いてありませんでしたし

普通、ヘッドハンティングされるなら
「あなたの○○ノウハウが我が社には必要だ!」
「あなたの○○スキルが当社をより良くするんだ!」と
何かしらの「決め手」があるはずですし
その「決め手」は当然、ヘッドハンティングされる当人にも話されます。

しかし、ジェームスワタナベ氏の話では
「なんか一生懸命頑張ってたら
 ヘッドハンティングされちゃいました」と言ってるだけであり
ただ「頑張る」ということが
「決め手」になったという話しっぷりでした。

そんな「頑張る」だけでヘッドハンティングされ
副社長にまでなれるなら
世の中、副社長で溢れかえってますよね

まぁ、ジェームスワタナベ氏が
ゴールドマンサックスで副社長だったという話は
事実かどうかは分かりませんがね
(ただ、ジェームスワタナベ氏の話に信憑性がないのは事実です。)

ただ、ジェームスワタナベ氏について
もう一つ分かったことがあります。

「世界各国でホーププロジェクトを実施した」という
ジェームスワタナベ氏が話してた内容も嘘だと言うことです。

1週間で終わるわけがないよね

さて、上の見出しに対して
「1週間って何のこっちゃ?」と
困惑されている方がいらっしゃるかもしれませんね

なんせ、ジェームスワタナベ氏の動画や紹介ページでは
「1週間」なんて話は何も出てきてませんからね

では、この「1週間」とは何なのかと言えば
下記ホームページの運営期間となります。


引用元URL:https://hope-project.co/

ちなみに、どうして運営期間が1週間だと分かるかと言えば
上記ホームページのURL
「hope-project.co」が作られたのが
「2018-06-06」だからです。
(この記事を書いてたのが「2018-06-13」です。)

「このホームページとジェームスワタナベ氏に
 何の関わりがあるの?」

もしかしたら、このホームページを初めて見た方は
そんなことを思われているかもしれませんね

でも、上記ホームページをよくよく見てみると
「EU HOPE」とか「ASIA HOPE」とか「US HOPE」とか
さらには、「JAPAN HOPE」って書いてありますよね

そうなんです。

先ほどのホームページは
ジェームスワタナベ氏のホームページになるんです。

しかも、

「世界各国でホーププロジェクトを実施した」ことの「証明」として
ジェームスワタナベ氏が自分らに提示したホームページなんです。

だからこそ、「1週間で終わるわけがないよね」という見出しにしたんですね

だって、ジェームスワタナベ氏の話では
日本以外で実施したホーププロジェクトは
既に終わってるという話ですし
仮に、その話が本当であるなら
たったの1週間で世界各国でホーププロジェクトを実施し
沢山のお金持ちを生み出したことになってしまいます。

そんなのあり得るわけがないんですよね

ちなみに、ジェームスワタナベ氏のホームページを
よくよく見てみると
ヨーロッパは「2011年」、アジアは「2013年」、アメリカは「2015年」に
開催したと書いてありました。
(たったの1週間しか運営してないのに…)

要するに、上記ジェームスワタナベ氏のホームページというのは
「世界各国でホーププロジェクトを実施した」という嘘に
信憑性を持たせるために急きょ作られた
嘘ホームページということです。

まぁ、ここまでくれば
自分が言うまでもなくご理解いただけると思いますが
間違っても、こんなジャパンホープという
危なげなオファーには近づかないでくださいね

ジェームスワタナベ氏が語る「貨幣発行権」に
いくら興味を持とうが
そもそも、ジェームスワタナベ氏自体に
これっぽちの信用性がありませんので

それでは、失礼致します。