こんにちは、コンティー海です。

日利1%前後の報酬があるらしい
ゲリオストレード(Gelios Trade)という案件が
一部で話題となっているみたいです。

実際に、日利1%が貰え続けるなら
素晴らしい案件だと思いますが
多数の詐欺案件が存在した
HYIP並みの日利の高さを考えると
そう易々とその言葉を信用するべきではありません。

そこで、このゲリオストレード(Gelios Trade)の
運営会社について
信用できるかを色々と調べてみました。

その結果…

ゲリオストレード(Gelios Trade)は
危険という結論に達しました。

理由についてはこの先に書かせていただきますので
ゲリオストレード(Gelios Trade)が
気になっている方は
とりあえず、この先をご覧になられてから
参加するかどうかを決めていただければと思います。

ゲリオストレード(Gelios Trade)

オファー名:ゲリオストレード(Gelios Trade)
販売会社:GELIOS TRADE LIMITED
URL:https://gelios.com/

ゲリオストレード(Gelios Trade)の不審点

創設者が実在するか怪しい

まず、ゲリオストレード(Gelios Trade)を作ったのは
上記公式ページを見る限りでは
「William Svensson」という
ノルウェーの人らしいです。

ゲリオストレードを作った人

なんでも、William Svensson氏は
慈善家としても有名であり
2016年には5億ドルもの寄付をしたとのこと

ちなみに、この5億ドルという数字は
世界の寄付額ランキングで
トップ5にも入る数字であり
この中には、投資の神様と呼ばれる
ウォーレン・バフェット氏や
マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏なんかも
入っています。

そのため、ノルウェーではさぞ有名な人なんだと思い
ノルウェー版のGoogleで検索をかけてみたんですが…

検索結果

ゲリオス(Gelios)の
William Svensson氏に関係する情報は
一切なかったんですよ(汗)

さすがに、これだけの額を寄付すれば
少なくとも、ノルウェーのメディアは
ほっとかないと思うのですが
ノルウェーでは違うのでしょうか?

まぁ、そんなことはないでしょうから
そう考えると、
ゲリオストレード(Gelios Trade)の創設者である
William Svenssonが実在する人物なのか
正直、怪しく感じてしまいますね

他にも、所在地に関しても不審な点があります。

所在地がオカシイ

公式ページには
ゲリオストレード(Gelios Trade)の
所在地が載っており
それをGoogle Map上で調べたところ
下記のように存在はしました。

ゲリオストレードの所在地

しかし、

ほぼ同じ位置に
別の地図情報があったんですよ

別の地図情報

微妙に場所が違うので
別の建物かな?と最初は思ったのですが
上空からの写真では
下記のように建物は一つしか無かったんです。

上空写真

また、Google Map上にある「Gelios Trade」では
「New Horizon Building」と表示されていますが
上空写真を見る限り、建物は一つしかなく
その建物は「New Horizon Apartments」となってます。

ゲリオストレード(Gelios Trade)側の
設定ミスなのかは分かりませんが
ちょっと不自然ですよね

というか、仮にちょっとした設定ミスで
「New Horizon Apartments」が
正しい所在地だとしても
この所在地って、単なるアパートなんですが
5億ドルも寄付するような大金持ちが
こんなところでビジネスをするでしょうか?

いずれにしても不自然ですよね

で、不自然な点はこれだけでなく
レビュー内容もオカシかったんですよ

レビューは偽装

まず、ゲリオストレード(Gelios Trade)には
下記のように、いくつかのレビューが付いています。

レビューの内容

上記は★5のレビューをなっているので
これだけを見るなら
なんか良さそうに見えるかと思いますが
実は…

全てのレビューが★5なんですよ

しかも、★5を付けている人たちはいずれも
1回か2回のレビューしか行っておらず
2回レビューしている人も
下記のように、
「Gelios Trade」のレビューしかしてなかったんです。

2回レビューしている人

別に、★5のレビューが付くこと自体を
オカシイと言うつもりはありません。

ただ、

全てのレビューが★5であり
その★5を付けた人たち全員が
「Gelios Trade」のレビューしか
してないってことになると
それは不自然になりますよね

というか、これらのレビューは
偽装されたものと考えるのが自然かと思います。

このように、ゲリオストレード(Gelios Trade)に関しては
不審点がいくつか存在したのですが
一番ヤバいと感じたのは
次にお話するライセンスを調べた時です。

金融ライセンスがないんですが?

ゲリオストレード(Gelios Trade)を運営している会社は
「Gelios Trade Limited」であり
公式ページでは下記のように
ベリーズの企業だと書いてありました。

ベリーズの企業

そこで、本当にベリーズの企業として
登録されている企業かを
下記のサイトで調べてみたところ、

IBCR

引用元:http://www.ibcbelize.com/

とりあえず、登録はされているみたいでした。

Gelios Trade Limitedの検索結果

登録番号も「172808」となっていたので
企業として登録されているのは
間違いないとは思います。

しかし、

「Gelios Trade Limited」には
金融ライセンスの認可は下りてなかったんです。

というのも、この「IBCR BELIZE」というサイトには
下記のように、金融ライセンスが与えられている企業を
検索することができるんですが、

金融ライセンスの検索ページ

そのページで「Gelios」で検索したところ
下記のように、無かったんですよ

「Gelios」の検索結果

つまり、顧客に対して金融サービスを提供してるのに
「Gelios Trade Limited」には
金融ライセンスの認可が下りてないんです。

普通に考えて、大分マズいですよね

だからこそ、冒頭でもお話したように
ゲリオストレード(Gelios Trade)は危険だと
お伝えしたんです。

まぁ、ここまで不審点が色々とありましたが
だからと言って100%詐欺だと言うつもりはありません。

ただ、これだけ不審点があるので
それだけ怪しいということは事実であり
もし、ゲリオストレード(Gelios Trade)に
参加されるなら
常に資金を持ち逃げされるリスクがはらんでいることは
意識していただければと思います。

ちなみにですが、

仮に、一時ホントに報酬が入ってきても
スグに信用するのは辞めてくださいね

というのも、詐欺の常とう手段として
最初は報酬を支払って顧客を信用させ、
より多くの資金が入ってきたら蒸発する、
というものがありますので。

まぁ、持ち逃げされるのを覚悟して
試しにやってみるのを悪いとは言いませんが
それをやってもいいのは
何かしらの継続した収益を
出すことができる方だけだと思います。

仮に持ち逃げされたとしても
別の収益源があるなら
立ち直ることも容易ですからね

しかし、そういった収益源がなければ
たった1回の詐欺にあうだけで
立ち直ることができなくなってしまいます。

なので、まずは収益源を作られることから
始められる方がいいかと思います。

では、どうすればそんな収益源が作れるのか?

手法的な話をすれば色々と種類がありますが
まず、初めにやっておいた方がいいのは
お金を稼ぐための「本質」を知ることです。

なんせ、この「本質」を知ってないと
どんな手法を実践したとしても
結果を出すことは難しいですし
収益を生み出し続けることも不可能なので。

ちなみに、今ならその「本質」を
下記リンク先に無料で公開していますので
もし、確かな収益源を作りたいなら
是非とも、下記リンクを
クリックしていただければと思います。
⇒お金稼ぎの本質を知ってみる

この本質によって
今まで何をやっても1円も稼げなかった方が
稼ぐという結果を生み出したり、
収益を何倍にも膨らませることに成功したりなど
あなたが収益源を作る上で
絶対に知るべき内容となってますので。

⇒絶対に知るべき本質について

それでは、失礼いたします。