「アフィリエイトを実践するには
 ブログを持たなければならない」

多くの人たちはこう思っており、
それが常識となっています。

確かに、ブログは無いより
あった方がいいですが
別に、ブログを持ってなくても
アフィリエイトで稼げるんですよねぇ

では、どうやってブログなしで
アフィリエイトで稼ぐのか?

この記事ではそれについて
実例を基に解説していきますので
ブログなしで実践するアフィリエイトに
ご興味がありましたら
ぜひご覧になってくださいね

リアルビジネスで活用する方法なんかも
この記事で解説していきますので。

コンティー海
SE(システムエンジニア)からアフィリエイターに転身した人。わずかなアクセスしか来ない弱小ブログながら、ライティング技術を極め、稼げる文章構成を作り上げる事で、アフィリエイトで月200万円を達成。自分のライティング技術や文章構成は下記で公開してるので、よろしければご覧になってみてくださいね
⇒ライティング技術について
⇒稼げる文章構成について

ブログなしでアフィリエイトで稼ぐ実例

「泉忠司」

突然ですが、実例として紹介するのは
この人が行った事です。

まず、泉忠司という人物は
リアルでいくつかのセミナーを
開いていたんですが
そのセミナーの1つで
ブログなしでアフィリエイト報酬を
得た事がありました。

詳細をお伝えすると
セミナーに訪れた人たちに対して
あるサイトへと誘導し
そのサイトで登録作業をさせたんです。

とある仮想通貨取引所の…

で、この仮想通貨取引所では
アフィリエイトサービスがあって
紹介する事で報酬が入ってくる、
そんなものがあったんですよ

要するに、泉忠司は
セミナーにやってきた人たちに対し
ある仮想通貨取引所の事を教え
そこに登録させる事によって
アフィリエイトで稼いだんです。

なぜ、この方法で稼げたかと言うと
カギになるのは遷移のさせ方になります。

というのも、泉忠司が
ある仮想通貨取引所に遷移するために
セミナー時に用意したリンクって
実はアフィリリンクだったんです。

そして、セミナーにやってきた人たちは
そのアフィリリンクを介して
仮想通貨取引所に遷移して登録したので
アフィリ報酬が発生したんですね

アフィリエイトで大切なのはアフィリリンク

この実例から分かるように
アフィリエイトで稼ぐには
アフィリリンクが大切であり、
アフィリリンクを介して
誰かを遷移させる事ができれば
稼ぐ事ができちゃうんですね

誰かをアフィリリンクで遷移させる、
その過程は何でもいいんです。

よくあるアフィリエイト手法のように
ブログやサイトを作って
そこにアフィリリンクを貼り付けたり、
泉忠司が行ったように
セミナーにきた人たちに
アフィリリンクを提示させたりでも。

どんな方法であったとしても
アフィリリンクで遷移をさせれば
アフィリエイトで稼ぐ事は可能なのです。

そのため、アフィリエイトは
リアルビジネスでも活用できます。

アフィリエイトはリアルビジネスにも使える

では、どうリアルビジネスに
アフィリエイトを組み込むかと言うと
今で言うなら、QRコードがいいですね

具体的に言うと、
アフィリリンクをQRコードにして
資料やチラシや画面などに
そのQRコードを載せる感じです。

そうすれば、誰かがスマホから
QRコードを読み取ってくれれば
アフィリリンクから遷移した事になるので
アフィリエイトで稼げますので。

例えば、商品発送時に
別商品の紹介をするチラシを入れますが
そのチラシの中に
上記のアフィリリンクQRコードを
載せたりするのがいいですね

こういったチラシの中には
別の自社商品を紹介する事が多いですが
顧客が購入した商品と紹介する商品が
必ずしも、相性がいいわけではないですし
相性が悪いと購入される可能性は0です。

そんな時、アフィリエイトであれば
色んな商品が揃っていますので
顧客が購入した商品と相性のいい商品を
見つけられる可能性が高いです。

後は、その商品のアフィリリンクを
QRコードにしてチラシに載せれば
自社商品を紹介するよりも
より、多くの利益が期待できます。

こんな感じで、ネットのイメージが強い、
アフィリエイトであっても
リアルビジネスで活用できるんですね

ちなみに、QRコードを作る際には
下記サービスがオススメです。

引用元:cman

引用元:QRのススメ

作成する文字やURLの部分に
アフィリリンクのURLを入れるだけで
簡単にアフィリリンクQRコードを作れます。

しかも、上記サービスは
誰でも、無料で利用できますので
そういった点でもオススメですね

なので、こういったサービスを利用して
リアルビジネスでもアフィリエイトを活用し
ぜひ、収益を伸ばしてくださいね

それと、アフィリリンクのURL部分ですが
aタグ内のhref要素の値になります。

具体的に言うと、アフィリリンクって

<a href="https://XXX" YYY>ZZZ</a>KKK
※ XXX、YYY、ZZZ、KKK:任意の文字列

こんな感じになってますが
「href=」の「”」で囲まれている
「https://XXX」がアフィリリンクURLです。

例えば、アフィリリンクが下記だった時、

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BHPWX+BET4YI+22K6+AL47GX" rel="nofollow">
<img border="0" width="300" height="250" alt="" src="https://www20.a8.net/svt/bgt?aid=200701041690&wid=002&eno=01&mid=s00000009663064013000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=3BHPWX+BET4YI+22K6+AL47GX" alt="">

下記がアフィリリンクのURLになります。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BHPWX+BET4YI+22K6+AL47GX

「href=」の値がURL部分ですので
QRコードを作る時には
この部分で作ってくださいね

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加