こんにちは、コンティー海です。

どんな仕事にしろビジネスにしろ
結果を出すためには
それ相応のスキルが必要であり
アフィリエイトでもそれは変わりません。

では、アフィリエイトで稼ぐためには
どんなスキルが必要なのでしょうか?

今回はその答えについて
5年以上もアフィリエイトで
生計を立て続けている自分が
お話をしたいと思います。

ちなみに、トップブロガーでも
1PV5円もいけば凄いところ
自分は1PV50円を達成しているため
少ないアクセスで大きな収益を得る能力は
トップレベルとなっていますので
どうぞ参考にしてくださいね

必要スキルその1:ライティング【優先度:高】

読者がどう感じるかで成約率は変わる

必要なスキルは全部で3つですが
その中でも最も重要なスキルと言えるのが
「ライティング」になります。

まず、そもそもの話ですが
アフィリエイトで稼ぐためには
ブログなどのネット媒体に広告を設置し
その広告を読者がクリックし、
さらに、クリックした後で表示されるLPで
商品購入などの成約を
達成しなくてはいけません。

そのためか、広告をクリックさせるまでが
アフィリエイトでできる事と感じ、
成約率はどうにもならない、と
考えている方が中にはいらっしゃいます。

でも、この考えは大きな間違いです。

例えば、広告をクリックした読者が
「ちょっとこの商品気になるな~」
って感じてクリックした時と
「この商品 今スグ欲し~!」
って感じてクリックした時で
成約率は同じなるでしょうか?

そんなはず、ありませんよね

「この商品 今スグ欲し~!」
って感じているなら
広告をクリックした後スグに
商品を買っちゃうでしょうからね

そして、ライティングスキルが高ければ
読者に「この商品 今スグ欲し~!」と
感じさせることができます。

そのため、ライティングスキルが高いと
成約率も高める事ができるのです。

ライティングの良し悪しがアフィリの稼ぎを決める

ライティングの良し悪しが
成約率を決めると言われても
いまいち、イメージができないと思いますので
ちょっと簡単な例を挙げたいと思います。

「この商品がいいです」
「この商品でいいです」

この2つの文章は真ん中にある
「が」と「で」しか違いがありませんが
読んだ時に受ける印象には
かなりの差が出てきます。

「が」を使った文章は
この商品じゃないとダメ!という
印象を受けるでしょうが
「で」を使った文章は
この商品でもOK、という
印象を受けるかと思います。

このように、たった1文字違うだけでも
読者が受ける印象に差が出てしまうんですね

もちろん、上記2つの文の差は
そこまで大きな差ではありませんが
ブログ記事で書く文は
数十、数百もの数になります。

1つ1つの差は少なくても
数十、数百で同じ差が出てしまうと
それはもう、小さな差ではありませんよね

「塵も積もれば山となる」のように
多大な差となってしまいます。

だからこそ、アフィリエイトで稼ぐなら
ライティングスキルが重要なのです。

実際、1PV50円という
アフィリ業界で異次元の結果を出せたのも
日々、ライティングスキルを向上させるために
ずっと努力してきたからです。

ライティングスキルが向上したからこそ
書いた記事を読んでくれた
読者の購買意欲がグンッと上がるようになり
高額なアフィリ商品でも
高い成約率で売れるようになったからです。

なので、少ないアクセスでも
たっぷりと稼ぎたいのであれば
是非とも、読者の購買意欲を上げれる
そんなライティングスキルを
磨いていただければと思います。

ちなみに、アフィリエイトで必要な
ライティングスキルの種類や
その身に付け方については
下記記事にまとめていますので
そちらもご覧いただければと思います。

アフィリエイトもブログもライティングが命【これ無しでは100%稼げない】

必要スキルその2:情報収集【優先度:中】

情報収集しなければ記事は書けない

続いてお話する必要スキルは
「情報収集」になります。

「ライティング」ほどではないにしろ
このスキルもアフィリエイトにおいて
かなり重要なスキルですね

なんせ、アフィリエイトで
ほぼ必須とも言える「記事を書く」事は
「情報収集」が行えなければ
まず、できませんので。

例えば、記事で書くネタに困れば
Googleや、ツイッター、yahoo知恵袋などで
ネタを探すための情報収集を行いますし、
アフィリ商品を紹介する記事を書く時も
商品の良い点を見つけるために
「情報収集」を行います。

もちろん、情報収集を行わなくても
自分自身が持っている情報だけで
いくらでも書くネタを思い付けたり、
商品の良い点を見つけられる人も
決してゼロではないでしょう。

でも、そんな人なんて本当にマレです。

自分自身の力だけでは
ネタや良い点に困るのが普通です。
(実際、自分もその1人になります)

なので、「情報収集」を行わないと
アフィリエイトは稼げないんですね

じゃあ、どうやって情報収集するかと言えば
今の時代なら情報発信者を
追っかけてみるのがオススメです。

情報発信者を追っかける

今の時代はネットが非常に発達したため
個人が、誰でも、気軽に
情報発信する事が可能となっています。

そのため、情報発信をしている人の
ブログやSNSや動画などを確認する事で
かなりの情報を収集する事が可能です。

もちろん、誰でも気軽にできるためか
ガセ情報も多く出回っていますから
そのための対策は必要になります。

じゃあ、具体的にどんな対策をするのか?

それは、情報収集する際に
1人の情報発信者だけから
情報を収集しないというものです。

分かりやすく言うなら
情報収集の「セカンドオピニオン」ですかね

1人の情報発信者だけから
情報を収集していると
その発信者がガセ情報を流した場合、
それに気づく事ができませんが
複数の情報発信者を確認していれば
何かしらの矛盾点が出てくる事があるので
ガセ情報に気付けたりしますので。

まぁ、複数にしたからと言って
100%ガセ情報を防げるわけではないですが
それでも1人だけに絞るよりかは
防げる可能性は増えますので
情報収集する時には1人だけでなく
複数の人たちから
情報を得ていただければと思います。

必要スキルその3:集客【優先度:低】

どんなスゴイ人も集客ゼロでは稼ぎもゼロ

それでは、最後にお話する必要スキルですが
それは「集客」になります。

おそらく、当記事をご覧のあなたも
「集客」が大事であるのは
よく、ご存知のことでしょう。

実際、もの凄いライティングスキルがあって
成約率が100%のアフィリ記事が書けても
その記事を読んでくれる
誰かしらの読者が集まらない事には
永遠にアフィリ報酬がゼロですからね

ただ、個人的な見解としては
「集客」はあまり重要視しておらず
それよりも「ライティング」の方を
重要視するべきだと思ってます。

集客なんてほどほどでいい

なぜ、「集客」を重要視してないと言えば
ほどほどの「集客」であっても
月収100万円を超えることが
アフィリエイトではできるからです。

実際、冒頭でお話した
1PV50円を達成した時には
1ヶ月3万PVで150万円以上も
アフィリエイトで稼ぎだしましたし。

それに、今や「集客」なんて
金で手軽に買えちゃいます。

例えば、検索エンジンの検索結果に
広告を載せる事ができる
GoogleやYahooの広告がありますし、

引用元:Google広告

引用元:Yahoo広告

ツイッターやインスタグラムで
広告を出せるサービスもあれば、
様々なブログに広告を出す事も可能です。

つまり、お金さえ出せば
どんなネット媒体にも広告を出せ
「集客」することができちゃうんですね

このように「集客」なんて
お金で簡単に解決できるので
必要スキル3つの中で最も
優先度を低くしちゃっていいのです。

確かに、「集客」なしでは稼げませんが
仮に「集客」ができたとしても
購買意欲が上がる記事を書かなければ
ハッキリ言って無意味でしかありませんので
まずは「集客」よりも「ライティング」を
優先させた方が賢明かと思います。

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークをしていただければと思います。
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加

今後もためになる記事を書いていきますので