こんにちは、コンティー海です。

「アフィリエイトはオワコンだ」

そんな事を語っている人がいますが
市場規模などのデータを確認すれば
アフィリエイト自体は
決してオワコンではありません。
※ 詳しくは下記記事で解説しています。

ただ、

そんなアフィリエイトでも1つだけ、
「オワコン」と言っても過言ではない、
未来のない手法が存在します。

その手法とは…

「トレンドアフィリエイト」です。

ハッキリ言ってトレンドアフィリエイトは
今後、ドンドン稼げなくなりますから
今からこの手法を実践されるのは
ホント辞めた方がいいですし
既に実践されているなら
今スグにでも辞めるべきです。

もちろん、トレンドアフィリエイトを
オワコンだと言うのには
それ相応の理由がありますので
この先で詳しく解説します。

クリック型広告のとある機能が
トレンドアフィリエイト収益力を支えている

トレンドアフィリエイトが
オワコンである理由を説明するには
トレンドアフィリエイトの収益構造を
理解しておく必要があるので
初めに、収益構造の話から説明しますね

まず、トレンドアフィリエイトとは
その名の通り流行りのネタを使って
ブログに記事を書き、
多くのアクセスをブログに集める事で
報酬を得ていく手法となっています。

そして、その報酬を得るための手段は
主にGoogleアドセンスなどの
クリック型広告に頼ります。
(広告がクリックされると報酬が入る、
 そういった広告です)

で、なんですが

実はこのクリック型広告には
トレンドアフィリエイトの
収益力を支えている
とある機能があるんですよ

ブログを読んでいる読者によって
違う内容の広告が表示される

という機能が。

例えば、有名芸能人の最新動向について
書かれている記事Aがあったとしましょう。
(この記事にはクリック型広告が
 記事内に配置されているとします)

その記事にBさんとCさんが訪れました。

Bさんは普段から
美容の事を調べている方で
一方、Cさんは普段から
副業の事を調べている方でした。

この場合、Bさんが見た記事Aでは
美容系の広告が表示されるんですが
Cさんが見た記事Aでは美容系の広告ではなく
副業系の広告が表示されるんですよ

つまり、同じ記事ではあるものの
人によって表示される広告に
違いが出るようになっているのです。

どうしてこんな事をするかと言えば
端的に言うと「儲かる」からです。

通常、トレンドブログに
集まる人たちの属性は
かなりバラバラとなっています。

美容に興味がある人たちだったり、
副業に興味がある人たちだったり、
スポーツに興味がある人たちだったり。

そして、表示される広告が
クリックされるかは
広告の内容と読者の属性によります。

仮に、美容の広告を出したとするなら
美容に興味のある人はクリックしますが
副業やスポーツに興味のある人たちは
広告をクリックしたりしません。

だって、美容に興味がないのですからね

そのため、トレンドブログに設置する
広告の内容を1つに絞ってしまうと
大多数のアクセスは広告内容に
興味のない人たちとなってしまうため
ほとんど広告がクリックされず稼げません。

だからこそ、広告を変えているのです。

読者にあわせた広告を表示することで
いろんな属性の人たちに興味を持ってもらい
広告のクリック率を上げるようにし、
それで収益力を上げているのです。
(実際問題、ここまでやってもクリック率は
 1%もない事の方が多いですが…)

ちなみに、こういった読者によって
広告内容を変えるようなものは
「行動ターゲティング広告」と
呼ばれています。

さて、

トレンドアフィリエイトの収益構造は
一通り説明ができましたので
次からはいよいよ、
トレンドアフィリエイトが稼げなくなり
オワコンになる理由について
解説していきますね

クリック型広告の収益力が70%もダウンする

それでは、オワコンになる理由ですが
それは下記ニュースの内容が理由です。

引用元:Bloomberg

ザックリと説明すると
サードパーティークッキーの利用を
Googleが2022年までに終わりにする、
という内容となっています。

技術的に詳しくない方だと
「これがオワコンと何の関係があるの?」
と思われるかもしれませんが
実は、めちゃくちゃ関係があるんですよ

まず、先ほどもお伝えしましたが
トレンドアフィリエイトで稼ぐためのカギは
読者によって表示する広告を変えられる
行動ターゲティング広告です。

では、その広告はどうやって
読者によって表示する広告を
切り替えているのでしょうか?

技術的な話をすると
長くて難しい話になるので割愛しますが
簡単に言うと、
「サードパーティークッキー」
広告の切り替えを可能としています。

つまり、

今後、サードパーティークッキーを
Googleが利用しなくなるという事は
読者一人一人にあわせた
適切な広告を表示できなくなるのです。

そうなれば当然
広告のクリック率はガクッと下がりますし
稼げる額も減る事になりますよね

実際、Googleが行った調査では
大多数のトレンドニュース系サイトが
60%~70%の収益ダウンになった、
という結果が出ています。

引用元:サードパーティークッキー無効によるサイト運営者への収益影響調査

控えめに言っても「ヤバイ」ですよね

だって、得られるアフィリ報酬が
半分以上も消えるのですからね

会社のお給料で考えてみれば
そのヤバさがイメージできるかと思います。

仮に、会社のお給料が
いきなり半分以上もカットされたら
暴動が起きても不思議ではありませんよね?

まぁ、そうは言っても
サードパーティークッキー以外の方法で
行動ターゲティング広告を実現する、
そんな対応がされる可能性は
ゼロではないでしょう。

でも、だとしても

トレンドアフィリエイトが
オワコンから脱出する事はないでしょうね


わずか1ヶ月足らずの短期間で
200万もアフィリエイトで荒稼ぎした
驚愕の文章構成!

オサデサリの法則

いずれにしてもトレンドアフィリエイトはオワコン

行動ターゲティング広告が復活しても
オワコンになる理由ですが
それは下記画像をご覧になられれば
お分かりになるかと思います。

これは「行動ターゲティング広告」で
検索した際に表示された
関連キーワードの部分になるんですが
「行動ターゲティング広告 削除」
「行動ターゲティング広告 無効」
「行動ターゲティング広告 うざい」の3つが
表示されていますよね

ちなみに、ここに表示される
関連キーワードは
ユーザが検索する時に
実際に使ったキーワードたちになります。

この結果から分かるように
行動ターゲティング広告はユーザから
嫌われているんですね

そのため、もしも
サードパーティークッキーに変わる
別の方法で行動ターゲティング広告が
実現できるようになっても、
この広告自体がそもそも嫌われているので
今回のようにいずれは規制される宿命です。

だからこそ、トレンドアフィリエイトは
もう「オワコン」なのです。

まぁ、全く稼げないとは言いませんが
まとまった収益を得るには
今まで以上の莫大なアクセスが
絶対に必要となりますから
個人がやるにはあまりにも無謀過ぎます。

なので、これからは
トレンドアフィリエイトではなく
特化型アフィリエイトを
実践していくべきだと思いますね

特化型アフィリエイトを行うべき

トレンドアフィリエイトは
どんな属性の人でもいいから
とにもかくにもアクセスを
より多く集める手法でしたが
特化型アフィリエイトはその逆で
特定の属性の人だけを集める、
そういった手法になります。

具体的に言うと、
美容に興味がある人だけを集めるために
美容関連の記事を中心にしたり、
副業に興味がある人を集めるために
副業関連の記事を多く書いたりなど。

じゃあ、なぜ特化型の方がいいかと言うと
その方が無駄がないからです。

トレンドアフィリエイトの場合
莫大なアクセスを集めますので
美容、副業、スポーツなど
様々な属性の人たちが集まってきますが
行動ターゲティング広告がダメになると
表示できる広告の内容は
1つに絞られてしまいます。

仮に、美容広告に絞るなら
副業やスポーツなど美容以外の属性には
収益効果は見込めませんよね

そうなると、美容以外の属性を集めるのが
そもそも無駄でしかありませんよね!

収益効果が無いのに
わざわざ手間暇かけて
そんな無駄なアクセスを集めるなど
ハッキリ言って無意味ですよね!!

だったら、そんな無意味な事はせずに
最初から収益効果がある属性だけを
集めるようにすればいい

そうゆう結論になりますので
特化型アフィリエイトがいいのです。

なので、もし当記事をご覧のあなたが
トレンドアフィリエイトに
ご興味があったり、
もしくは実践されているなら
悪い事は言いませんので
トレンドアフィリエイトなんか辞めて
特化型に切り替えていただければと思います。

こんな未来のないオワコン手法なんて
実践するだけ虚しいだけですので。

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加