坂本健太氏の家族救済プロジェクト ブックメーカーに迫る規制の影


こんにちは、コンティー海です。



突然ですが、ブックメーカーをご存知でしょうか?



簡単に言っちゃうと、

賭博行為(ギャンブル)ができるようなサービスです。



「でも、ギャンブルは日本では禁止では?」

と思うかもしれませんが、

ブックメーカーというのは、多くは海外に存在するので、

現段階では、日本ではブックメーカーは規制されていません。



そのせいか、

日本人でもブックメーカーを利用している方はいますし、

「ブックメーカーを使った稼ぎ方」

なんてインフォも出ています。



今回、取り上げたオファーも、ブックメーカーに関するもので、

坂本健太氏の家族救済プロジェクトです。



ただ、今年に入ってから、

ブックメーカーに関わる環境が変わってきており、

正直、「ドンドン規制が入るのでは?」

という出来事もありますので、その話も含めながら、

坂本健太氏のオファーを評価します。



坂本健太氏の家族救済プロジェクト


オファー名:家族救済プロジェクト

販売者:坂本健太

インタビューアー:木村

価格:無料

URL:http://osb-system.com/lp/happy-family/



OSBという、現実的ではない数値を出すアプリ


坂本健太氏の家族救済プロジェクトは、

ブックメーカーに関するオファーですが、

自分たちが具体的に何をするかと言えば、

OSBというアプリの指示に従って、

ギャンブルをしていく、という内容です。



では、そのOSBを使うと、

どのくらい稼げるのかと言えば、

それは、動画内の19分過ぎで坂本健太氏が語っていました。







1万円を1年間で2000万円にしたらしいです。



事実ならスゴイことですが、

月利換算で計算してみると、

現実味がある数値とは思えません。




現実味がない


まず、1万円を1年間で2000万円にするためには、

どのくらいの月利があれば達成できるかを計算してみると、

月利90%あれば、達成することは可能です。



月利90%というと、毎月毎月、

ほぼ資金を倍にするような数値になります。



OSBを使うことで、

ホントにブックメーカーで、

月利90%という驚異的な数値を叩きだすことができるのでしょうか?



ブックメーカーが盛んなところは、

イギリスと言え、そこにはブックメーカーの予想屋が存在しており、

この予想屋というのも、一つの立派な職業として、

イギリス内では認知されています。



もちろん、成績のいい予想屋は、

尊敬されますし、名誉を得ることも可能です。



そんな優秀な予想屋さんがどのくらいの月利を出すかと言えば、

大体、20~30%がほとんどです。



ということは、坂本健太氏のOSBは、

ブックメーカーの本場であるイギリスの予想屋さんより、

3倍以上もの月利を叩きだすことになります。




OSBというのは、統計学にもとづいたアプリらしいですが、

上記のことを踏まえると、

月利90%など、現実的な数値とは思えません。



それに、統計学と一言いうだけで、OSBの具体的な性能は、

一切、明かされていません。



OSBの性能が不明な、現段階では、

坂本健太氏の話は全て夢物語としか感じないです。



夢物語


また、そもそもブックメーカーというのは、

今後、ドンドン規制される可能性が高いと、

個人的には感じます。



ブックメーカーはいずれは禁止になるのか?


まず、ブックメーカーというのは、

海外にあることが多いので、入出金の手間があったのですが、

その手間を省くために、よく利用されていたのが、ネッテラーです。



電子マネー決済ができるサービスであり、

ネッテラーへの入金のしやすさ、

ネッテラーとブックメーカー間の入出金の手軽さ、

そして、ネッテラーのカードを作ることにより、

コンビニで手軽におろせるなどの利点から、

多くのブックメーカー利用者が、使っていたサービスでした。



ただ、今年の8月に入ってから、

突如、ネッテラーが使えなくなったのです。




具体的に言うと、ネッテラー自体は使えますが、

日本にいる人は、ネッテラーを使って、

ギャンブル目的の入出金ができなくなるというものになります。



要するに、ネッテラーを使って、

手軽に入出金を行って、ブックメーカーを利用することが、

できなくなった、ということです。



とは言え、ブックメーカー自体は、

入出金の手間はかかりますが、

今でも日本で利用できますし、

法律でブックメーカーが禁止されていない以上、

そこに問題はありません。



ただ、アメリカという、

ブックメーカー自体を禁止している国もありますし、

今後、日本が禁止したとしても、おかしくはないです。

賭博行為を禁止している国ですからね



そう考えると、坂本健太氏が言うように、

孫の代まで稼げることができるかと言えば、疑問が残ります。



むしろ、賭博行為を禁止している国なら、

ブックメーカーを禁止にする可能性の方が高いでしょうし、

ブックメーカーを容認して、みすみす自国にある資金を、

海外に流すのを良しとするとは思えません。




禁止


もし、興味があって、この先の動画を見るのであれば、

月利90%を達成するための明確な根拠があるか?

そして、ブックメーカーは規制される可能性があることは、

覚えておいてください。



くれぐれも、坂本健太氏の話を鵜呑みにはしないでください。



まぁ、自分としては、

規制される可能性があるネットビジネスに手を出すより、

もっと真っ当なネットビジネスにされた方が、

いいかとは思いますがね



例えば、自分も実践している、

アフィリエイトであれば、

今後、規制される可能性ないですし、

ブックメーカーとは違って、掛金も必要なく、

資金ゼロでも始めることが可能です。



ただ、アフィリエイトというと、

文章スキルがネックになると感じるかもしれませんが、

その文章スキルがなくても実践し、稼ぐことができる、

アフィリエイト戦略もあります。



コピペという、誰でもできる簡単作業を継続することで、

ネット上にキャッシュポイントを作ることができるので、

知識のない初心者さんにも無理なく実践できる、

アフィリエイト戦略です。




下記にリンクをご用意しましたので、

興味のある方は、ご覧ください。

文章スキル不要のアフィリエイト戦略



目からうろこのアフィリエイト戦略で、

「こんなアフィリエイトがあるのか!?」

と驚かれると思いますので、

ご期待頂ければと思います。



怪しいインフォを購入しないために


坂本健太氏のオファーのように、

小資金を、莫大な資金にした、

と謳うオファーは多いですが、

実際のところ、真実がどうかは怪しいものが多いです。



むしろ、その謳い文句を信じて購入しても、

ほとんどの方が実現できていないのが、現状です。



そんな怪しいインフォを購入しないためにも、

当ブログをブックマークして頂き、

日々の情報収集に役立てて頂ければと思います。



成功するための無料メルマガ


メルマガ

 

今、激熱なオススメ商材!

■磯島氏のキャッシュクリエーションクラブ

磯島氏のキャッシュクリエーションクラブ

詳細はこちらから

 

■斎藤健太氏のマネスタ

斎藤健太のマネスタ

数あるSNSの中で
ダントツにレスポンスがいい
可能性の塊であるインスタグラムで
不労収入を得てみませんか?

詳細はこちらから

 

よく読まれている人気記事

強欲

■成功への近道は「強欲」になることです
普段は嫌われることが多い強欲な人
でも、強欲な人の方が成功しやすいです。
⇒詳細はこちらから

アフィリエイトで稼ぐのに必要な要素

■アフィリエイトで稼ぐのに必要な要素はたった「二つ」だけです
アフィリエイトって難しいように感じますが
実は、稼ぐのに必要な要素は二つしかないんです。
⇒詳細はこちらから

行動

■ためらうよりスグ行動に移した方が賢い二つの理由
色んな不安があってついつい行動に移せない…
でも、さっさと行動に移した方が賢いんです。
⇒詳細はこちらから

自己紹介

■ネットビジネスで生計を立てるまでの軌跡と簡単なプロフィール
自分がネットビジネスで
生計を立てるまでの経験を公開中
⇒詳細はこちらから

磯島氏のキャッシュクリエーションクラブ

■楽に大金が稼げる磯島氏のキャッシュクリエーションクラブについて
国内と海外を合わせてた唯一無二のビジネスモデル!
⇒詳細はこちらから

 

あなたからのご連絡をお待ちしております!

もし、商材についてもっと聞いてみたいことがあったり

あなたが実践しているネットビジネスで

相談してみたいことがありましたら

遠慮なく、お気軽にご連絡くださいね

conty_umi@yahoo.co.jp

 

おそらく、自分のようにネットビジネスで生活してる人は

まだまだ珍しいと思いますし

そうなると、中々近くの人に相談するというのは難しいと思うので

是非とも、ご相談いただければと思います。

 

一つ一つ、丁寧にお答えさせていただきますので

コンティー海に相談してみる

 

また、コメントからのご連絡もお待ちしております!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ