こんにちは、コンティー海です。

最近の日本はまだまだ不況ですし
会社に勤めていても
いつまで給料が貰えるかは分かりません。

また、日本には年金問題もありますので
年金が貰えるか怪しいものですから
少しでも安定した生活を送るために
50代で起業される方は少なくありません。

ただ、当たり前の話ですが
50代ともなれば若い頃とは違いますので
その頃の意識のままで起業してしまうと
失敗する原因となってしまいます。

そこで、50代で起業しても失敗しないための方法を
この記事でお伝えさせていただきますね

なので、もし当記事をご覧のあなたが50代前後であり
その上で起業しようと思われていらっしゃるなら
是非とも、参考にしていただければと思います。

50代は体力的にキツイ起業は辞めるべき

まずは、体力的にキツイような起業は
50代の方は辞めた方がいいです。

50代ともなれば若い頃と比べ
体力は衰えてくるものですし
20~30代なら問題なかった徹夜作業も
年齢的にかなり厳しくなりますからね

まぁ、無理すればできなくもないでしょうが
そんな無理を続ければ体を壊しますし
当然、体を壊して作業ができなくなれば
起業した事業は失敗へと終わってしまいます。

じゃあ、どんな起業が体力的にキツイかと言うと
コンビニオーナーとかですかね

実際、下記リンク先の記事にも書きましたが
コンビニは24時間営業が通常であり
地獄のように働くことがありますので。
⇒コンビニオーナーの末路は悲惨!

他にも飲食関連も辞めた方が賢明です。

月の休みがたった1日だけだったりと
かなりの時間、働くことになったりすので
50代の方には相当、過酷ですから…

もちろん、コンビニや飲食店がやりたい
と昔から思っていたなら50代の方でも
そういった起業をされてもいいでしょうが
単に、収入の柱が欲しくて起業されるなら
別の起業にした方がいいと思います。

例えば、ネット起業など。

というのもネット起業であれば
重労働をすることはありませんし
他にも色々とメリットがありますので。
※ ネット起業のメリットについては
  下記にまとめてありますのでご興味がありましたら
  ご覧になっていただければと思います。
  ⇒田舎で0円で起業しても儲かるのはネット起業だけ

それと、体力的に問題ない起業であっても
好きでもない業界での起業は
辞めた方がいいかと思います。

好きでもない業界で起業すると失敗する

50代ともなると
会社に長年勤めた方が多いでしょうから
その業界に関する知識や経験は
かなりついていることが多いでしょう。

そして、そういった知識や経験を活かして
会社を辞めても同じ業界で起業される方が
中にはいらっしゃいます。

確かに知識や経験が活かせる50代なら
会社員時代と同じ業界で起業するという選択は
起業で失敗しないための戦略としてはありですが
もしも、その業界が大して好きでもないなら
いくら知識や経験が活かせると言っても
その起業は辞めた方がいいかと思います。

モチベーションがだだ下がりになりますので…

まず、起業されればスグに分かるのですが
起業して失敗しないためには
会社員時代とは全く違う知識や経験が
必ず必要になってきます。

そのため、いくら会社員時代では
できる社員だったとしても
独立して起業するとまず間違いなく
何かしらの失敗をしてしまうものです。

当然、失敗すれば嫌な気分になりますし
そんな中で好きでもない業界で
事業を続けていくのって結構、辛いんですよ

これが好きな業界なら違ってきますが
どうしても嫌いな業界だとやる気が起きず
作業に集中できなくなってミスを連発し
失敗に終わってしまう可能性が高くなるのです。

なので、50代で起業されるなら
知識や経験に頼った起業より
好きか嫌いかでどんな起業をするかを
選ばれた方がいいかと思いますね

まぁ、「何があろうともモチベーションは維持できる!」
という強いメンタルがあるならまだしも、
そういったメンタルに自信がないなら
好きな嫌いかで起業する内容を決めた方が
失敗に終わる可能性を低くすることができます。

また、知識や経験の蓄積からくる
50代ならではプライドの高さも
起業して失敗する原因となるんです。

変にプライドを持つと50代起業は失敗する

50代ともなれば人生経験が豊富な方が多く
それゆえかプライドが高いこともあります。

でも、このプライドのせいで
起業で失敗することになるんですよ

例えば、「こんな依頼、俺に頼むなよ!」と
仕事をえり好みした結果
仕事が依頼されなくなって稼げなくなったり、
他の人からのアドバイスに
「あいつは全然分かっていない!」と
全く聞き耳を持たなかったせいで
事業がうまくいかずに失敗したり…

もちろん、プライドを持つこと自体は
決して悪いことではありません。

「俺が1番なんだ!」なんて事を思ってもいいです。

というのも、プライドを持ってる人は
自信を持っているものですし
その自信がプレゼンやセールスなどでは
相手を納得させるための材料になりますので。

ただ、

プライドが無くてもいい場面では
変にプライドなど持たないでください。

独立して起業するのであれば
ゼロからのスタートになりますので
そんな中で仕事のえり好みをするなど
周りから見れば「やる気あるの?」と
呆れられてしまいますし
折角、アドバイスを貰ったのに
それを「あいつ分かってない」と切り捨てるのは
自身の成長を妨げる愚かな行為です。

だからこそ、起業して失敗したくないなら
必要ない場面ではプライドなんか捨ててください。

50年以上も培ってきた
知識が経験があるのかもしれませんが
その知識や経験だけが
世界の全ててではありません。

当たり前ですが、人それぞれ個性があり
その個性ある人たちが多種多様な経験をされます。

そのため、少なくともその数だけ
色んな知識や経験があるのです。

なので、起業で失敗しないためにも
自身が成長していくためにも
変にプライドを持たれるのは
辞めていただければと思います。

50代でも起業はできる

ここまで、50代で起業して失敗しないための
3つの要素について解説をしてきました。

中には、50代で起業するのに
「もう物覚えが悪いから起業はできない」と
思われている方がいらっしゃいますが
50代で起業しても成功することは可能です。

かのワシントン大学、
加齢健康人文科学研究センター所長である
ジーン D コーエン博士によると
「年長者の脳には若年者と同等の学習能力はない」
「年齢とともに創造性は衰える」
という世間の常識はすべて…

「間違いである」と発表しています。

つまり、50代であろうとも
新しい事を覚えることは全然 可能であり
むしろ、今までに蓄積した知識や経験で
若者より有利に起業することができます。

なので、年齢的な理由で
起業を諦めていらっしゃったなら
そんなのはただの言い訳にしかなりませんので
もし、本当に起業したいと思われるなら
年齢なんて気にせず、起業していただければと思います。

それでは、失礼いたします。