こんにちは、コンティー海です。

今回は西村公児氏の年商1億円の通販起業法を評価します。

通販ビジネスの黄金律である、
3つのステップを進めるだけとのこと

それでは、見てみましょう。

オファー名:年商1億円の通販起業法
販売者:西村公児
販売会社:株式会社ニュースパイラル
責任者:鳥居昇太
価格:無料
URL:https://new-spiral.com/mailorder_entrepreneur/

年商1億円を達成するための具体的な販売量は?

まずは、登録した際に見れる動画を載せておきます。

科学的に証明でき、再現できるビジネスが通販だと、
西村公児氏は謳っていますが、
年商1億円とは、かなりデカいことをいいますね~

いくら、ネットでの購入率が上がっているとはいえ、
もちろん、年商1億は難しいです。

まず、下記の表をご覧下さい。


引用元URL:https://www.garbagenews.net/archives/2243770.html

1世帯当たりの、月にネットでどのくらい支出するかのグラフですが、
大体、最近は8000円ぐらいだというのが分かるかと思います。

では、月の平均支出額である、8000円の商品を売るとしましょう。
平均支出額で売れるのであれば、悪くないと思います。

その場合、年商1億円を目指すのであれば、
月に800万円以上は稼ぐ必要があるので、
1000個以上の商品を売る必要があるのです。

となると、購入率は10%いけば、まぁまぁと言われてるので、
月に、1万人を超える集客を行う必要があります。
東京ドームの収容人数の約1/5の人数です。

ただし、これはあくまで、
値段が8000円で購入率が10%の時の話です。

販売する商品の値段や、購入率によっては、
さらなる集客数を求められることにもなります。

正直、一個人で実現するのは、
かなり難しいでしょう。

まぁ、西村公児氏も、
おそらくは、自分の会社を持っているような、
経営者の方をターゲットにしているのでしょう。

西村公児氏の過去の実績

西村公児氏という方ですが、
どうやら株式会社ルーチェに所属しているみたいです。

で、この中でいくつかのインフォを出しています。
通販ビジネススタートアップ講座や、10億通販塾など

見て頂ければ分かるかと思いますが、
社長や経営者という単語があると思います。

さらには、実践者の紹介部分です。

有限会社辻建設や株式会社チカラインターナショナルなど、
いずれも、何かしらの企業しか書いてありません。

こういった、西村公児氏の過去の実績からも分かるように、
このオファーは何かしらのビジネスを既に行っている、
経営者に向けたものなのです。

一個人と経営者では、資金力やら労働力が全然違うので、
いくら経営者をコンサルして結果を出そうが、
一個人で同じように結果が出るかと言えば、可能性は低いと思います。

なので、すでにビジネスを行っている経営者の方であれば、
この後開催されるウェブセミナーを見るのもいいでしょう。

ただ、ビジネスを行っていない、一個人や初心者の方は、
ウェブセミナーを見ても、あまり得られるものはないと思います。

まぁ、通販ビジネスに興味があるなら見てみるのいいかもしれませんが、
この先でセールスされるであろう、高額塾は辞めといた方がいいです。

結果がでるとは思えないですからね(苦笑)

まぁ、今回のオファーに関しては
残念な結果となりましたが
今、こうして当記事を読まれているあなたは
何かしらの稼ぐ情報を得ようとして
今回のオファーを知ったのだと思います。

その知ろうする行動自体は
大変、素晴らしいものです。

なんせ、この世の中には
行動すらできない方は
ごまんと存在しますからね

でも、とても惜しいことに
情報を得ているところがダメだからこそ
思うような結果を出せていないのです。

なので、是非ともまずは
情報を得ているところを変えてみませんか?

例えば…

自分のところなどいかがでしょう?

もちろん、当記事をご覧になられて
何もためになることが無ければ
自分のところから情報を得る必要は
全くありませんが
もし、少しでもためになる部分があったなら
試しに自分のところから
情報を得ていただければと思います。

今なら、お金稼ぎの「本質」が知れて
「6大特典」も手にできる
特別キャンペーンを開催してますので
是非とも、下記リンク先に
アクセスしていただき
「本質」と「6大特典」の2つを
受け取っていただければと思います。

⇒「本質」と「6大特典」を受け取る

それでは、失礼いたします。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加