こんにちは、コンティー海です。

「相馬琥太郎(コタロー)」という方が
RISEシステムというスマホだけで稼げる
誰でも使える簡単システムを開発されたらしいです。

で、そんなシステムをこの度
一般公開してくれるとのこと。

ちなみに、このRISEシステムを使うと
儲かる商品を自動で判別して抽出してくれ
そういった商品を売ると
かなりの売上を上げることができるらしいです。

まぁ、システムが売れる商品を見つけてくれるのは
自分で地道にリサーチをするよりかは簡単だとは思いますが
特別な仕入先を知ってる自分からすると
あまり魅力的には感じませんでしたね

むしろ、今回の一般公開によって
「大して稼げなくなりそうだな」
という不安さえ感じました。

その詳しい理由については
この先に書かせていただきますので
相馬琥太郎氏のRISEシステムが気になっているなら
是非、ご覧になっていただければと思います。

相馬琥太郎(コタロー)のRISEシステム

オファー名:RISEシステム
販売者:相馬琥太郎(コタロー)
URL:http://godaff.com/n-rise/lp01/index.html

相馬琥太郎のRISEシステムの限界

物販システムの実情

まず、当記事をご覧のあなたには
知っておいていただきたいのですが
RISEシステムのような商品を抽出するシステムというのは
世の中に沢山、存在しています。

アマトピアしかり、ターボAサーチしかり。

また、基本的にこういったシステムは
一般の人でも商品が購入できるところからしか
商品の抽出を行いません。
(アマゾンやメルカリなど。)

なんせいくら利益が出る商品を抽出しても
仕入れを行うことができなければ
何の意味もありませんからね

要するに、

どんな商品抽出システムも
同じようなところから商品情報を取ってくるので
システムが取ってくる商品は
大体、同じようになることが多いんです。

同じ穴のムジナ

もちろん、アマゾンに特化したものや
メルカリに特化したものなど
多少の差はあるにはありますが
抽出されてくる商品にあまり変わりはありません。

そうなると問題になるのが
「仕入商品の争奪」です。

争奪できなければ稼げない

上記でもお伝えしましたが
物販というビジネスを行う都合上、
商品抽出システムは同様なものになりがちです。

なので、商品抽出システムを使うユーザーが
増えれば増えるほど…

仕入をするのが難しくなるんですよ

難しい

例えば、商品抽出システムが
10個の商品を見つけてきたとしましょう。

その時に、商品抽出システムのユーザーが
1人しかいなければ
抽出された商品を全て仕入れて販売することで
かなりの利益を上げることができるでしょう。

しかし、これが10人や100人になってきたらどうですか?

抽出された商品は10個しかない以上
利益を出すためには
限られた商品を他の人に取られる前に
サッと仕入れるしかありませんよね

もちろん、日々新しい商品は出てくるので
抽出される商品がゼロになることはないでしょう。

ただ、いくら新しい商品が出てこようとも
その時、その時、で抽出される商品の数には
どうしても限りが出てしまいます。

当然、この限られた商品を手にできなければ
利益を上げることはできません。

つまり、

いくらRISEシステムが自動で商品を抽出しようが
相馬琥太郎氏が言うように
そう簡単に大金を稼ぐことはできない、ということです。

バツ

それに、今回の一般公開によって
RISEシステムを使用するユーザは間違いなく増えるので
そう考えると、抽出される限られた商品は
より限られたものとなるでしょうね

まぁ、RISEシステムがちゃんとしたシステムなら
全く稼げないということはないでしょうが
それでも、このシステムだけで大金を稼ぎ続けるのは
ハッキリ言って現実的ではありません。

相馬琥太郎のRISEシステムについてのまとめ

相馬琥太郎のRISEシステムは
売れる商品を抽出してくれるシステムでしたが
ここまで解説したように
こういったシステムで抽出される商品は有限です。

しかも、抽出してくる商品の情報は
同じところになりがちなので
どのシステムも同じような商品を抽出しがちです。

そのため、一見新しそうなシステムであっても
既存のシステムと同様であることが多く
思うような結果を出せないことが多々あります。

また、こういったシステムというのは
毎年のように新しいものが販売されているので
今後も、商品抽出システムを利用するユーザは
ドンドン増えていくことでしょう。

そうなれば当然、
商品を争奪するライバルが増えることになるので
利益を得るのが難しくなります。

なので、もし継続した収入が得たいなら
相馬琥太郎氏のRISEシステムのような
商品抽出システムに頼るのは辞めて
ライバルに差を付ける方法を
探された方が賢明かと思います。

なんせ、相馬琥太郎氏が一般公開したことによって
ライバルが増えるのは確実ですから。

とはいえ、

物販をやったことがない初心者さんが
いきなりライバルに差を付ける方法を探すなど
常識的に考えて、まず、無理ですよね

では、どうすればいいのか?

その一つの答えとなりうるのが
以前に取り上げた「リセールキング」です。

というのも、このリセールキングでは
一般の人には利用することができない
特別な仕入先を利用することができるので
それによってライバルたちに
差を付けることができるからです。

しかも、この仕入先って
普通の転売実践者が利用する仕入先と比べて
格安の値段で仕入れができちゃうんですよ

なので、ライバルたちと同じ商品を仕入れても
一人だけ高利益を上げることができ
たとえ価格競争が起こったとしても
一人勝ちすることができちゃうんです。

「ホントに安く仕入れるの?」と
疑われるかもしれませんが
この仕入先って一般的なものとは違い
「○○」になってるので格安なんです。

まぁ、詳しい内容については
下記リンク先の記事に書いてありますので
もし、少しでもご興味が湧きましたら
是非とも、ご覧になっていただければと思います。
⇒リセールキングについて

ライバルがいても高利益が出せる
とんでもない物販ビジネスに
ワクワクすること、間違いなしですので…

⇒ワクワクする物販ビジネス

それでは、失礼いたします。