こんにちは、コンティー海です。

以前、詐欺情報商材がやる12の手口について
実例付きで解説しましたので
今度は、それを踏まえた上で
どうすれば騙されずに済むかを
解説していきたいと思います。

ここに書かれている3つの鉄則を意識すれば
グンッと騙される確率が下がりますので
是非とも、参考にしてくださいね

また、今回の記事は
詐欺情報商材がやる12の手口」をもとにして
お話をしていきますので
もし、まだこの記事をご覧になられてない場合は
まずは、「詐欺情報商材がやる12の手口」を先に
ご覧になっていただければと思います。
⇒【実例付き】詐欺情報商材がよくやる12の手口

騙されないための鉄則1:鵜呑みにしない

事実確認を行う

詐欺情報商材がやる12の手口」でもお話したように
多くの販売者たちは
自身の経歴をスゴク見せるために
経歴詐称を行って自分らを騙そうとしてきます。

「世界的大企業に勤めてました」とか、
「いくつもの会社を経営してます」とか。

そして、販売者の自信満々な物言いや
かっこいい立ち姿に
販売者の言葉をそのまま信用される方が
中にはいらっしゃいます。

ですが、それが何の根拠になるのでしょうか?

自信満々な態度やかっこいい姿など
あなたもちょっと練習すれば
普通にできてしまうことですし
正直、誰でも簡単にそんなことなどできちゃいます。

だからこそ、販売者が言ったことを
そのまま鵜呑みにはせずに
「事実確認」をしっかりと行ってください。

「○○企業に勤めていた」と語っていたなら
その○○企業に実際に聞いてみるとか、
「△△本を出版した」と言ってたなら
その本を探してみるとか。

そして、この段階で「1つ」でも
事実でないことが判明したなら
もう、その情報商材には
手を出さない方が賢明です。

たった「1つ」だけで決めてしまうのは
かなり厳しいように感じるかもしれませんが
ホントに騙されたくないなら
これぐらい慎重になるべきです。

そもそも、何もやましいことがなければ
ウソをつく必要なんて1ミリもありませんよね

ということは、1個でもウソがあるなら
何かやましいことがある証明になりますし
やましいことがある案件は
詐欺案件である可能性が高いので
手を出さない方がいいんですね

そもそも、ウソがバレるという時点で
その販売者の実力などたかが知れてます。

ウソがバレたということは
販売者にはその程度の実力しかない

まず、ウソを信用してもらうためには
それ相応のスキルが必要です。

例えば、あなたの近くにいる人がいきなり
「俺、月に1000万も稼いじゃう起業家なんだぜ」
って言ってきても
まず間違いなく信用しませんよね

じゃあ、どうすれば1000万円の話を
信用するようになるのでしょうか?

1000万の札束を用意する?
ビジネスの知識をひけらかす?
証人を呼んでくる?
大金が入ってる通帳を確認する?
出版した本を見せびらかす?

人それぞれ信用する要素は違うでしょうが
重要なのは、単にウソをつくだけでは
誰も信用しないということであり
ウソを信用させるためには
何かの「要素」が必要になる、ということです。

要するに、そういった「要素」を用意できる
何かしらのスキルがなければ
ウソを信用させることはできないんですね

つまり、

そのウソがバレるということは
販売者のスキルが
低レベルであることも示しており
そんな低レベル販売者の情報を貰っても
あなたが成功できるわけがないんですね

なので、1つでもウソを見破れば
確実のその販売者からの情報は
あなたには不必要なものだと言えるのです。

ただ、中には事実確認を行っても
よく分からないことがあります。

「分からない」それも1つの答えです

多くの方々は何かを調べた時に
明確な答えを出そうとします。

それがたとえ、よく分からなかったとしても
「才能があるから」とか、
「偶然に起こった」とか、
何かしらの理由をつけては
それを答えとします。

でも、才能とか偶然って
答えになるほどの理由なのでしょうか?

明確な定義も、理屈も、論理もない
才能とか偶然なんてものを
理由にしていいのでしょうか?

ハッキリ言います。

そんなものは何の答えにもなってません。

「よく分からない」というなら
「分からない」こそが答えです。

人というのは何かと「YES」か「NO」だけで
答えを出そうとしますが
分からないものを無理に
「YES」か「NO」で答えを出そうとするのは
正直言って愚かとしか言えません。

分からなければ「分からない」でいいんです。

そのため、先ほどお伝えした事実確認についても
調べた上で分からなかった場合は、
「事実」であるとも、
「ウソ」であるとも言わず、
「分からない」こそが答えなのです。

例えば、とある販売者の経歴に
「○○企業に勤めていた」と書いてあって
それの事実確認を行ったとしましょう。

仮に、「事実」だと分かったなら
それはプラスイメージになりますし
「ウソ」だと分かったなら
マイナスイメージになりますよね

でも、分からなかったなら
それはプラスにも、マイナスにもするべきでなく
プラスマイナスゼロである
「分からない」こそが正しいのです。

なので、「分からない」ものがあったら
その要素を判断基準から外して
それ以外の要素で検討すればいいんです。

では、全てを調べた上で
全てが分からなかったら
どうすればいいのでしょうか?

分からないものに手を出すのは
ギャンブルと同じです

事実確認をして何も分からなければ
その情報商材を手にして
稼げるかもしれないし、
稼げないかもしれません。

そのため、仮にそういった情報商材に手を出すなら
「宝くじ」を買うような感覚になるべきです。

「まぁ、当たらないだろうけど
 当たったら嬉しいし買おうかな」

それぐらいの気持ちになれなければ
よく分からない情報商材に手を出すのは
辞めた方がいいですね

だって、分からないのですから
成功するかどうかも全くの未知数ですからね

要するに、分からないものに手を出すのは
ギャンブルと同じなのです。

別にギャンブルをするな!
とまでは言いませんが
個人的な意見としては
本当に稼ぎたいのであれば
ギャンブルは辞めた方がいいとは思いますね

ビジネスにしろ、投資にしろ、
稼げるようになるのは確かな論理があってこそです。

そんな論理のカケラもない
運だけのギャンブルに手を出しても
あなたにとってコレぽっちもプラスに
ならないでしょうから。

以上で鉄則1は終了ですので
続いて鉄則2に移っていきますね

騙されないための鉄則2:重要視するべきなのは情報

自身の情報商材が
スゴイものであることを証明するために
多くの情報商材販売者たちは
実績や札束を見せびらかしてきます。

しかし、詐欺情報商材がやる12の手口にもある通り
大抵、ねつ造されていることが多いです。

そもそも、「情報」自体が商品である
情報商材なのですから
一番、重要視するべきなのは
実績でも札束でもなく
質の高い「情報」が提供されるかどうかです。

そして、それを判別するためには
情報商材の紹介がされる時に
どの程度の「情報」が提供されているかを
確認する必要があります。

先ほども言いましたが
「1000万円稼いでるんだぜ」と言っても
それをそのまま信用する人はいないので
必ず、情報商材の販売者たちは
それを信用させるために
何かしらの「情報」を提供してくるものです。

だからこそ、その「情報」で判別するんです。

例えば、紹介動画の中で販売者が
転売に関する「情報」を言ってたなら
その「情報」がどこにも載ってない
貴重な「情報」であるかを調べたり、
紹介ページ内でアフィリエイトの「情報」が出てたなら
その「情報」が正しいかを判別したり。

基本的に、情報商材の中身と
情報商材を紹介する時の「情報の質」は
下記のような関係となります。

情報商材の中身 ≧ 情報商材の紹介時

なので、紹介時に提供される情報が
質の高いものであればあるほど
実際の情報商材の中身は
それだけ良いものである可能性が
高くなるんですね

そのため、経歴や実績なども
情報商材を見極める上での
1つの要因にはなりますが
最も重要視するべきなのは
どれだけ質の高い情報が提供されているか?です。

まぁ、とはいえあなたのレベルが低いと
中々、難しくはあるでしょう。

仮に、質の高さ「10」がマックスだとするなら
「3」の質はかなり低いと言えますが
それでも、あなたのレベルが「1」だと
「3」でも十分、スゴそうに見えるものですからね

でも、あなたのレベルが「5」なら
「3」なんてどうでもいい情報だと感じますよね

要するに、より優良な情報商材を求めるなら
あなた自身がレベルアップしなくてはいけないのです。

もし、レベルアップしたいと
少しでも思っていただけたなら
それを実現するための無料メール講座を
ここではご用意していますので
よろしければ、ご活用いただければと思います。
⇒本質を知ってレベルアップするメール講座

さて、

ここまでは紹介ページや動画にて販売される
情報商材についての解説でしたが
それ以外にも、
セミナーで販売される情報商材があります。

とはいえ、基本的には上記で解説したことを
セミナーでも意識すればいいだけなのですが
セミナーならではの注意点がありますので
次は、その事について解説していきますね

騙されないための鉄則3:周りの状況に流されない

傍若無人になりましょう

多くの日本人が持つ特徴として
「協調性」があります。

実際、当記事をご覧のあなたも
誰かが言いだし始めた意見に賛同されたことが
一度はあるのではないでしょうか。

もちろん、周りの人とうまくやっていくためには
「協調性」はあった方がいいです。

ただ、

セミナーに参加される時は
「協調性」などない方がいいんですよ

というのも、詐欺師が行うセミナーは
日本人の特徴である「協調性」を利用して
詐欺を行ってくるものなので。

例えば、セミナー参加者に
詐欺師とグルの仲間を入れて
その仲間に都合の良いことを言わせれば
何人かは協調しちゃうものです。

だからこそ、セミナーに参加するなら
「協調性」など捨ててください。

むしろ、自分以外の周りの人たち全員、
敵だと思うぐらいが丁度いいでしょうね

だって、周りの人の意見によって
自身の考えが変わる可能性がありますし
それによって詐欺にあうこともありますから
そんな人たちを敵と言っても
過言ではありませんよね

まぁ、とはいえ
「協調性を欠くことで
 周りから嫌われるのがイヤだ」

と思われるかもしれませんが
よくよく考えてみてください。

仮に、セミナーに参加して
周りの人に嫌われたからと言って
今後、その人たちに会うことって
果たしてあるのでしょうか?

ちなみに、自分の経験上
一度もたりともありません。

なら、今後会うことないが人たちに
どんな風に思われようとも
別にどうでもよくありませんか?

そんなことよりも
あなたが詐欺に合わない方が
遥かに大事ではないでしょうか?

だからこそ、もしセミナーに参加するなら
「協調性」などその辺のドブにでも捨てて
周りが全て敵だと思い、
傍若無人な感じで参加されるのがいいかと思います。

それぐらい気概でないと
周りの雰囲気に流されるでしょうから。

常に冷静でいる

セミナーに参加するとよく
周りの人とディスカッションしたり、
ダンスなどの何かしらの行為させられたり、
音楽などがかかっていることがあります。

中には、それらによって
興奮される方がいらっしゃいますが…

はい、それ詐欺師の思う壺です(汗)

というのも、そうやって興奮させて
冷静な判断ができないようにし
衝動買いをさせるのが目的なので。

実際、セミナー内で
クソみたいな情報しか提供してないものでも
興奮させる行為によって
低レベルな情報商材を手にされる方は
後を絶ちません。

なので、くれぐれも興奮されずに
常に冷静でいてください。

仮に、何か行動すると
スグに興奮してしまう自覚があるなら
販売者から、
「緊張をほぐすために、ちょっと動きましょう」
と言われても
「いえ、結構です。」って断りましょう。

もちろん、1人だけ違うことをすると
周りの人から白い目で見られますが
さっきも言ったように
周りのヤツらは敵であり
もう2度会うことがないヤツらです。

そんなヤツらにどう思われようとも
あなたが常に冷静でいる方が
100万倍も大事ですので
販売者の思惑に決して惑わされず
いつも冷静でいることを心がけてください。

そして、

もし上記でお伝えしたことが
「私にはできそうもない…」と思われるなら
セミナーに参加されるのは辞めた方がいいです。

別にセミナーに参加しなくても
今や、情報は至るところにありますので
わざわざ、詐欺にあうリスクを高めてまで
セミナーに参加する必要はありませんので。

まとめ

ここまで、騙されないための
3つの鉄則について解説しましたが
それでも、あなたのレベルが低いと
詐欺を防ぐことは難しいです。

なので、色々と学んでください。

まぁ、中には楽して稼ぎたい
と思ってる方もいらっしゃるでしょうが
ハッキリと言います。

その「楽したい」という想いこそが
詐欺にあう一番の原因です。

なんせ、詐欺師は大抵の場合
「楽したい」人を狙っているものなので。

実際、
「コピペだけで稼げる」とか、
「1週間の内の5分だけで稼げる」とか、
「何もしなくても稼げる」とか、
そういった「楽」を全面に押し出している情報商材は
めちゃくちゃ多いですしね

だからこそ、あえて「楽ではない」ものを選べば
詐欺にあう可能性はかなり減ります。

結局は「急がば回れ」なんです。

もしかしたら、
この世のどこかにあるかもしれない
楽して稼げるものを探すより
楽せずにスキルを身につけるものの方が
最終的には早く稼げるようになるんです。

だって、楽して稼げる系のものは
詐欺師がはびこっている
詐欺師のレッドオーシャン市場であり
騙される可能性がめちゃくちゃ高いので。

なので、詐欺師のレッドオーシャン市場ではなく
今後は、詐欺師が全然いないブルーオーシャン市場に
参入していただければと思います。

そして、先ほどもお伝えした
本質を知るための無料メール講座は
あなたがスキルを身につけるための
特別なメール講座ですので
是非、ご活用くださいね
⇒本質を知るメール講座

今なら、ご好評をいただいている
6大特典もご用意していますので
本質と特典が貰える内に
ご参加していただければと思います。
(なんせ無料ですので。)

⇒本質と特典を手に入れる

それでは、失礼いたします。