こんにちは、コンティー海です。

昔と比べ、ネットが発達した今の世の中には
様々な稼ぎ方が存在しています。

しかし、いかに稼ぎ方が多くなろうとも
実際に稼げる人というのは今でもごくわずかです。

というのも、いくら多種多様の稼ぎ方があろうとも
結局のところ、ホントに稼げる人には
何かしらのスキルやセンスが
備わっていることが多いからです。

では、スキルやセンスがない方では
稼ぐことはできないのでしょうか?

…いいえ、決してそんなことはありません。

例えば、一般の人たちでは利用できない
何かしらの特権を見つけることができれば
その優位性を持って稼ぐことは十分に可能です。

とはいえ、そんな特権など
そこらへんに転がっていることはありませんし
たとえ必死になって探そうとも
そう易々と見つかるものではありませんがね

…しかし、

実は、そんな特権を提供してくれるものが
この度、一般公開されたんです。

その名も、高間祐太氏のリセールキングになります。

ちなみに、このリセールキングの内容は
物販ビジネスになっているのですが
正直、この物販ビジネスは…

あまりにも「ズル過ぎる」ものでした。

だって、中学生でもできる単調作業で
高利益を叩きだすことができちゃったんで。


なので、特権を使ったズル過ぎる物販ビジネスで
スキルなし、センスなしにガッツリと稼ぎたい方は
是非とも、この先をご覧になっていただければと思います。

「簡単に稼ぎたい」という想いを実現できるものが
ここにはありますので…



オファー名:リセールキング
販売者:高間祐太
参加費:39800円
⇒リセールキングへのご参加はこちらから

一般的な物販ビジネスの悲しい実情

先ほど、リセールキングは
物販ビジネスだとお伝えしましたが
中には、物販ビジネスでの利益の上げ方や
そもそも物販ビジネスそのものを
ご存知でない方もいらっしゃるかと思います。

なので、最初は物販ビジネスについて
説明をさせていただきますね

まず、物販ビジネスというのは
商品を仕入れて、その商品を販売し
利益を上げていく手法全般を指しており
イメージしやすい言い方をするなら
「転売」と言うのがいいかと思います。

また、一言に転売と言っても
その種類には様々なものがあるんですが
どのようなものでも
利益を上げるために重要な要素は共通しています。

それは「リサーチ」です。



そもそもの話になりますが
物販ビジネスは商品を仕入れて販売するビジネスである以上
仕入にかかった費用を超える価格で販売をしなくては
利益になりません。

当たり前ですよね

100円のボールペンを仕入れても
そのボールペンを90円で販売したのでは
販売するたびに10円の損失になってしまうので
仕入れ価格である100円を超える
110円とか、120円とかで販売しないと
利益にはなりませんからね

そのため、巷に溢れている
色んな転売手法で行うリサーチというのは
基本的には、価格差を調べることが
メインとなっています。

例えば、アマゾンとメルカリで
商品Aの価格に差があるかを調べた時に
アマゾンでの商品Aの価格が120円で
メルカリでの商品Aの価格が100円なら
メルカリで商品Aを仕入れて
アマゾンで販売すればそれだけで利益になりますよね

なので、価格差を見つければ
利益を出せる可能性は出てきます。

そう、あくまで可能性です。

というのも、価格差がある商品を見つけて仕入れても
売れないということが起こるんですよ


「どうゆうこと?」と思われるかもしれませんが
普段、あなたがお買い物をする時を
ちょっとイメージしていただければと思います。

…あくまで何か商品を買うときって
その商品を欲しいと思った時ですよね

要するに、価格差がある商品を見つけたとしても
買い物客がその商品を欲しいと思うかは
全くの別問題ということであり
当然、欲しいと思われない商品は売れません。

これが物販ビジネスにおける「壁」になるんですよねぇ



価格差を見つけること自体は
誰でもできる単調な作業ですし
価格差を見つけるツールなんかもあるので
物販ビジネスをやったことのない
初心者さんでも簡単にできます。

ただ、先ほどもお話したように
「価格差がある = 売れる」というわけではありません。

売れるためには買い物客が欲しいと思う商品、
つまりは需要のある商品を探し出す必要があるんですね

そして、そういった需要のある商品を見つけるには
今どんなものが流行っているかを調査したり
それだけでなく、
トレンドや買い物客の潜在的需要を理解したりなど、
幅広いスキル、ノウハウ、経験、
さらにはセンスなども必要になってきます。

そのため、色んな転売手法があろうとも
実際に結果を出せるのは
ごく限られた人たちだけとなっているんですよ


実際、転売を始められた多くの方は
「仕入れたけど、全然商品が売れないよ…」とか、
「売るために価格を下げたら、赤字になっちゃったよ…」とか、
こういった悲鳴を上げられることが非常に多いんです。



以上が物販ビジネスの実情であり
価格差があって、かつ需要がある商品を探し出す
確かな「リサーチ力」がない人たちでは
利益を上げることができない、
かなり厳しいビジネスとなっているんですね


ただ、

同じ物販ビジネスであるはずの
リセールキングに限って言うと
「リサーチ力」は必要になりません。

リサーチにスキルやセンスは不要
ただ「マネするだけ」でいいんです

まず初めに言っておきますが
リセールキングも物販ビジネスである以上
商品を探す、という行為は必要なので
「リサーチ」自体は行います。

しかし、リセールキングのリサーチは
一般的なリサーチとは大きく異なるんですよ

そのリサーチを一言で表すと…

「マネするだけ」です。



というのも、リセールキングで販売する商品は
他の中国輸入転売ヤーさんが販売している商品の中で
実際に結果が出ている商品と
全く同じものを販売する流れとなっているからです。


そのため、リサーチをするときに
需要なんかを気にする必要がなく
さらには価格差すらも特に意識せずに
ただ「マネする」ことだけを考えるだけでいいんですね

つまり、リセールキングであれば
通常は必須であるはずの
スキルやセンスなんかが無くても
簡単にリサーチができてしまうのです。

だって、「マネする」だけなので
それこそ中学生でもできてしまうような
単調作業ですからね




とはいえ、

おそらく当記事をご覧のあなたは
「ホントにマネするだけで稼げるの?」
という疑念を抱いてるかと思います。

なんせ、一般的な物販ビジネスと違い
ただただ「マネするだけ」、
という異質なリサーチになってますしね

確かに、あまりにも異質なリサーチなので
こういった疑念を抱くのは当然だとは思います。

それに、他の中国輸入転売ヤーさんをマネして
同じ商品を販売するということは
それだけ価格競争が起こりやすくなりますし
そうなると、赤字になる可能性が高くなりますからね

…でもですねぇ

実際、リセールキングでは
「マネするだけ」で収益を上げることができ
その驚きの結果は自分も体験しちゃったんです。

なので、ここからは
実際に自分がリセールキングを実践して
収益を上げた際の体験談をお話したいと思います。

あっという間に商品が売れて
あっけなく月利45%を達成

初めに言っておくと
あなたが感じたであろう疑念は
実は、自分も感じてました。

一応、自分は物販ビジネスの経験があり
いかに需要がある商品をリサーチするかが大事かを
少なくとも初心者さんよりかは
身に染みて理解していたので
どうしても高間祐太氏の異質なリサーチには
最初、疑念を持ってしまったんですね

とはいえ、このリセールキングの話は
自分が信用しているビジネス仲間である
U氏からの話だったので
とりあえず疑念はあるけど、
やってみることにしたんです。

まずは、仕入れる商品を探すリサーチですが
高間祐太氏が言うように
「マネするだけ」を意識してやったので
かなりあっさりと終わっちゃいましたね

時間的に言ったら、1時間ぐらいで
何点か商品を見つけることができました。
(1点見つけるのに10分もかかってないと思います。)


一般的な物販ビジネスであれば
仕入れる商品を決めるのに
様々なデータや指標を見たりするので
それだけで1日が終わることがありますし
下手すると、何日もかかったりするんですが
それと比べると、リセールキングのリサーチは
ホント「あっという間」という感じでしたね




とはいえ、いくらあっという間にリサーチが終わろうとも
重要なのは、それが売れるかどうかです。

なので、あっという間のリサーチが終わった後
その商品を販売するために
仕入れを行ってみることにしました。

ちなみに、

このリサーチで見つけた商品って
一度も仕入れたり、販売をしたことがないどころか
今までプライベートでも買ったこともないような
自分にとって全くの未知の商品だったので
「ホントにコレが売れるのか?」
と疑いながら仕入をしてました。


で、そうこうしてる内に
下記のように商品が届いたので、



早速、出品してみることにしたんです。

正直な話、仕入れ自体は最低限の仕入資金で行ったので
「最悪、売れ残ってもいいや」
という軽い気持ちでやってたんですが
そんな気持ちとは裏腹に
出品したその日に通知が来たんですよ

「売れました」という通知が…



「お~、売れちゃったよ」と
この通知を見た時はちょっとニヤッとしましたが
仕入れた商品は一つだけではないので
しばらく様子見をすることにしました。

で、大体3週間ぐらい経った後
下記のような売上になったんです。


※ 「86,310円」の売上です。

仕入れに使った資金は
大体5万円ぐらいだったので
諸経費を引いた利益率で言うと
約45%という結果でした。
(ちなみに、仕入れた商品は完売です。)


最初は疑いを持ちながらやってましたが
この結果が得られた後は素直に
「この物販ビジネス、かなりスゴイのでは?」
と思うようになりましたね

なんせ、ただ人のマネするだけのリサーチで
よく知りもしない商品を仕入れ稼げちゃったわけですし
さらに、普通の物販ビジネスでは
利益率は20%前後しかいかないものなんですが
リセールキングでは利益率45%という
とんでも無い数字を叩きだせたので。




ちなみに、

この結果が得られた後に
仕入資金を増やしてリセールキングを実践した時は
下記のような売上を達成しました。

メルカリでの売上
※ 「690,500円」の売上です。

しかも、この売上はあくまで
メルカリだけで販売した時の売上ですので
アマゾン、楽天と販路を広げていけば
月収7桁も余裕でしょうね

そのため、物販ビジネスをやったことがない
全くの初心者さんであったとしても
リセールキングであれば高利益が出せる、
と言っても過言ではありません。


とはいえ、

中には、
「価格競争が起きたら、赤字になるんじゃないの?」とか
「赤字になんなかったのは、運が良かっただけでは?」とか
「物販ビジネス経験者だから稼げたんじゃないの?」と
まだまだ疑いの目でご覧になられている方が
いらっしゃるかもしれませんね

確かに、いくらマネして稼げた体験があろうとも
稼げる「理由」についてはまだ解説できてないので
上記のような疑いを持つのは
当たり前のことだと思います。

そこで、次はいよいよ
リセールキング最大の強みであり
先ほどの疑いに対する答えでもある
「理由」について解説をさせていただきますね

高利益を叩きだせる「理由」について

その「理由」を解説する前に
リセールキングの仕入れシステムについて
解説をさせていただきたいと思います。

というのも、この仕入れシステムが
「理由」に繋がっていくので…

まず、何度かお伝えしたように
このリセールキングは中国輸入ビジネスのため
中国から商品を仕入れる必要があります。

では、どうやって中国から仕入れるかと言うと
中国の輸入代行業者を利用するんです。

ただ、自分たちが直接
輸入代行業者とやり取りを行うわけでなく
高間祐太氏が輸入代行業者とのパイプ役になっているので
実際は、仕入れたい商品のリストを
高間祐太氏に渡すだけとなっています。
(高間祐太氏に商品リストを送ると
 その商品が中国から届くようになってます。)

で、なんですが

この輸入代行業者が
全てのカギになってるんですよ

というのも、高間祐太氏とタッグを組んでいる輸入代行業者って
一般的な転売ヤーさんが利用している「小売店」ではなく
「卸売店」から商品を買い付けてくるんです。


ちなみに、「卸売店」と「小売店」の違いはご存知でしょうか?

図で表すと下記のような感じになっており
「卸売店」というのは
メーカーから仕入れて小売店に販売するところで
「小売店」というのは
卸売店から仕入れて消費者に販売するところになっています。



例えば、家電転売でよく利用される
ヨドバシカメラなんかが「小売店」ですし
他にも、アマゾンや楽天などで出品している
ネットショップなんかもその大半が「小売店」です。

要するに、一般的な人たちが利用するところは
大抵「小売店」になってるのです。

一方、「卸売店」というのは
消費者さんではなく「小売店」を相手にするので
仮に「卸売店」を知っていたとしても
そもそも、一般的な人たちでは
利用できないことが多いんですね
(「一般客お断り」という感じです。)

そして、

実は、「卸売店」での販売価格って
「小売店」より断然安いんですよ




というのも、「卸売店」は「小売店」より
商品を作っているメーカーに近いからです。

例えば、農家さん(メーカー)から
直に野菜を買うのと、スーパーで野菜を買うの
どちらかがより安く買えるかと言えば
間違いなく、農家さんからの直買いですよね

要するに、メーカーに近いお店であればあるほど
その分、物の値段というのは安くなるんです。

そのため、
「メーカー ⇒ 卸売店 ⇒ 小売店」となっている「小売店」と
「メーカー ⇒ 卸売店」となっている「卸売店」とでは
「卸売店」の方がメーカーに近いために
商品を安く仕入れることができるんですね

これが、リセールキング 最大の強みであり
これこそが全ての答えなんです。


つまり、

中国輸入転売ヤーさんと同じ商品を仕入れようが
一般の転売ヤーさんでは参入できない
「卸売店」からの仕入を行うため
たとえ、価格競争が起こっても一人勝ちすることができ、
さらには、普通の転売ヤーさんでは実現できない
あり得ないほどの利益率をも実現でき、
そして、価格競争の話も高利益率の話も
全ては偶然ではなく…

「必然」なのです。

いかがでしょう?

冒頭でお伝えした「ズル過ぎる」という話が
なぜ「ズル過ぎる」のかが
お分かりになったのではないでしょうか

なんせ、中国輸入転売ヤーさんが
一生懸命、価格比較を行い
需要があるかどうかを必死にリサーチして
やっとの思いで収益という結果を出してるのに
リセールキングでは、
卸売店という「特権」を使うことによって
そんな中国輸入転売ヤーさんの苦労なんかお構いなしに
ただ「マネするだけ」
ものスゴイ収益を上げてしまえるのですからね

正直、高間祐太氏には感服するしかありませんでした。



なんせ、高間祐太氏が編み出した
リセールキングの稼ぎやすさ、利益率の高さはもちろんのこと
「継続性」に関しても素晴らしいの一言だったので。

高間祐太氏のリセールキングは
最低でも数十年は稼ぎ続けることができます。

先ほど、「継続性」という話をしましたが
ここでいう「継続性」とは当然
ビジネスとしてどの程度の期間
稼ぎ続けることができるか、になります。

で、リセールキングの「継続性」について
先に結論を言ってしまうと…

少なくとも、数十年は稼ぎ続けることができるでしょうね

「いやいや、今の時代に
 数十年も稼ぎ続けられるなんて無理でしょ」と
思われるかもしれませんが
リセールキングのビジネスモデルであれば十分に可能です。

むしろ、数十年という期間も
実は、かなり控えめに言った期間なんですよねぇ

もちろん、それにも明確な理由があります。

まず、ここまで解説したように
リセールキングというのは
中国輸入転売ヤーさんのマネをする
ビジネスモデルとなってましたよね

なので、中国輸入転売ヤーさんが消えない限りは
稼ぎ続けることができるビジネスだと言えます。


ということは、リセールキングの「継続性」を判断するには
「中国輸入転売ヤーさん」の存在がキーとなってくるんですね

では、

「中国輸入転売ヤーさん」という存在は
いつになれば消えるのでしょうか?

1年後? 10年後? はたまた50年後?
それとも100年後?

…いいえ、いずれも違います。

その答えは、「消えることはない」です。



なんせ、中国輸入というビジネスは
今後も稼ぎ続けることができるため
そんな稼げるビジネスを
「中国輸入転売ヤーさん」が手放すわけがないからです。

そもそも、「輸入」というビジネスは
海外から商品を仕入れて日本で販売するものです。

そして、当たり前の話ですが
国が違えば物価はもちろんのこと
思想、文化、需要など様々な違いがあるため
同じ商品でも国ごとによって価格差が出ます。

例えば、自分たち日本人には
イクラなど、生で食べる文化がありますが
生で食べる文化がないニュージーランドでは
イクラって捨ててしまうんですよ

こういった文化の違いからも
いかに国が違うことによって
商品の値段が変わるか、ということが
お分かりになるかと思います。

また、転売というのは
価格差があってこそ利益が出るビジネスです。

要するに、国をまたぐ輸入であれば
今後も何かしらの価格差は生まれるので
中国輸入転売はこの先も稼げるビジネスだと言え
さらに、そんな中国輸入転売を
転売ヤーさんが辞めるわけがないんですね

だからこそ、「中国輸入転売ヤーさん」が
キーとなっているリセールキングは
今後、何十年と稼げるとお伝えしたのであり
それはつまり…

リセールキングを手にされる方には
長期的な利益が約束されているのです。


そして、自分が高間祐太氏に感服したのも
単に「初心者さんでも稼げるビジネス」だけでなく
「数十年先でも稼ぎ続けられるビジネス」という
「継続性」の部分も素晴らしかったからです。

というのも、短期間だけでいいなら
稼ぎやすいビジネスはいくらか存在するのですが
長期間稼げるものを探すとなると
全くと言っていいほど、全然ないんですよねぇ

それこそ、広大な砂漠の中で
たった一つの砂粒を見つけるぐらいに…



なので、容易に長期間稼げる
リセールキングを教えてくれたU氏には
とても感謝してますし
そんなリセールキングを編み出した高間祐太氏には
何度かお伝えしているように
ほんっと、「感服」するしかなかったんです。

さて、

ここまでの解説でリセールキングの全容は
お伝えできたと思いますが
既に、
「これって私のためにあるようなもんじゃん!」と
期待で胸が膨らみまくってる方が
いらっしゃるかもしれませんね

確かに、リセールキングには
その期待に応えられるだけの力がありますが
まずは、落ち着いていただければと思います。

というのも、いくらリセールキングと言っても
デメリット部分はあるからです。

リセールキングにも存在するデメリットについて

まずは、需要がある商品を見つける
リサーチ力が身に付かないという点ですね

なんせ、リセールキングのリサーチは
単に「マネするだけ」ですから
上記のようなリサーチ力は
身に付くことはないでしょう。

また、リサーチ力に関連することとして
中国語が身に付かないのもデメリットになります。

というのも、リセールキングでは
高間祐太氏が中国輸入代行業者とのパイプ役になるので
自分たちは中国語を話す必要がありません。

そして、中国語が話せないということは
中国から情報を得ることができないということであり
それは、中国語を話せるライバルたちと比べ
リサーチに差が出ることになります。

もちろん、中国語が必要でなかったり
一般的なリサーチ力がいらないからこそ
リセールキングは初心者さんでも結果を出せるのですが
そういったリサーチ力を求めている方には
物足りなさを感じてしまうかもしれませんね


他にも、作業の単調さに嫌気が指す方も
いらっしゃるかもしれません。

というのも、ただでさえ
ルーチンワークが多い物販ビジネスの中で
リセールキングではリサーチまでも
流れ作業になっているため
考えることが全然ないんでよねぇ

なので、あれこれ考えながらビジネスをされたい方だと
リセールキングのあまりのワンパターンぶりに
つまらなさを感じてしまうかもしれません。


あとは、仕入資金が必要なのもネックだと思います。

一応、リセールキングは
最低5万円からの仕入れでもOKなので
よくある投資案件のように
数十万円の資金が必要、ということはありません。

ただ、それでも
仕入資金が多いに越したことはありませんし
その方が得られる利益額は増えます。

もちろん、物販ビジネスである以上
仕入れにお金がかかるのは当然ではあるんですが
中には、仕入資金を用意するのが難しい
という方もいらっしゃることでしょう。

なので、そういった方々は
残念ながら、折角リセールキングという
異例の輸入ビジネスを知ったとしても
諦めるかしかありません。

…ここ以外で知った方々は、ですがね

というのも、ここでは
単にリセールキングのことを伝えるだけ、
なんてショボイことはしません。

では、何をするのか?

簡単です。

リセールキングのデメリットを完全補完する
オリジナル特典をプレゼントさせていただきます。


つまり、仕入資金が無くても
このオリジナル特典で手軽に仕入資金が作れるようになり
それに加え、リサーチ力も身に付けられ
さらには、単調作業の自動化もできるようになるということです。

それでは、

ここからは自分が用意した
オリジナル特典についての解説を
していきたいと思います。

リセールキングを完全補完する
オリジナル特典について

先ほどお伝えしたようにリセールキングには
「仕入資金が必要」、「単調作業ばかり」、
「リサーチ力が身に付かない」というデメリットがあり
ここからお伝えするオリジナル特典は
そんなデメリットを解消するものとなってます。

ちなみに、自分が用意した特典は全部で四つです。

まず、一つ目は…

「仕入資金が必要」を解消するための特典
「お手軽ザクザクノウハウ集」になります。



・食っちゃ寝の堕落生活を送るだけで
 40万円もゲットできちゃう超グウタラ錬金術

・スキルなし、経験なし、センスなしでも
 10万円は稼げちゃう簡単マネーメーカー

・普段は捨ててしまうようなレシートが
 お金に変わっちゃう魔法のアプリ

・ゲーム感覚でポチポチしてるだけなのに
 チャリンチャリンとお駄賃が入ってくる集金サイト

 …などなど

これにより、仕入資金が無い方でも
50万円は楽に稼げてしまうんで
それを仕入資金として使えば
一気に、75万円もの売上を出すことができちゃいます。

また、「お手軽ザクザクノウハウ集」には
スキルが必要なもの、センスが必要なものは
一切ありませんので
ハッキリ言って、どんな方でも実践でき
そして、どんな方でも稼げる内容です。

ただその分、
継続して稼ぐことは難しいんで
できるだけこのノウハウで稼げたお金は
リセールキングに使ってくださいね

なんせ、リセールキングは今後何十年と稼げる
継続性があるビジネスなので。

つづいて…

「単調作業ばかり」を解消するための特典
「オート タスク システム」です。



・オート タスク システムの概要

・オート タスク システムの導入方法

・オート タスク システムの使い方

この「オート タスク システム」では
とあるシステムについて解説しています。

そのシステムを知ったのは
自分がシステムエンジニア(SE)の時だったんですが
ぶっちゃけ、かなりの衝撃を受けましたねぇ

なんせ、今まで1時間以上かかってた作業が
とあるシステムを取り入れただけで
わずか1分で終わるようになっちゃったので。

普通にヤバいですよね

だって、1時間が1分って単純計算で作業時間が
1/60になったわけですからね

しかも、このシステムを知ってる人って
SEの中でも少数派だったので
おそらく、世間の99%以上の人たちは
このシステムを知らないでしょう。

当然、このシステムを知らない人たちは
ハッキリ言って、それだけで
とんでもない時間を無駄にしてることになります。

なので、是非とも
「オート タスク システム」を導入していただき
作業時間を大幅にカットして
有意義な時間を過ごしていただければと思います。


次に三つ目の特典ですが
もちろん次は「リサーチ力が身に付かない」を
解消するための特典で、その名も…

「フロンティア転売」です。



・フロンティア転売【戦略編】

・フロンティア転売【実践編】

・フロンティア転売【応用編】

この「フロンティア転売」は
実際に自分が現在進行形で行っている転売手法で
上記画像にも載っている通り
インスタと転売を組み合わせたものとなってます。

具体的には、転売で売り出す商品を
インスタでリサーチする感じですね

どうしてインスタかと言えば
転売ヤーさんがリサーチをする上で
ほとんど利用しない媒体だからです。

というのも、転売ヤーさんが行うリサーチって
基本的にはアマゾンなどのECサイトで
価格差の調査や商品の売れ行きを見ることが多いんで
リサーチにSNSって使わないんですよねぇ

しかし、今や現代人の多くは
SNS上で様々な投稿をしてるので
実は、こういった投稿から
需要を見つけることができちゃうんです。

要するに、「フロンティア転売」というのは
他の転売ヤーさんが見つけてない
新たな需要を見つけ出す転売手法であり
それはつまり…

「独占販売」が可能ということです。



だって、他の転売ヤーが気づいてない需要をリサーチして
その商品を販売するわけですからね

もちろん、「独占販売」ということは
利益も独り占めになりますので
是非とも、「フロンティア転売」で
ウハウハな転売ライフを送っていただければと思います。


さて、

ここまでの特典で
既にリセールキングのデメリット補完は
完了してるわけなんですが
最初にもお伝えしたように
自分が用意した特典は全部で四つです。

では、最後の一つが何かと言うと
あなたをサポートするための特典になります。

しかも、無期限で永久のサポートです。



正直、ただの特典に
「無期限永久メールサポート」を付けるなんて
ここ以外ではあり得ないでしょうね
(なんせ、かなりの手間ですので)

ただ、あなたが安心して実践するには
サポートは欠かせないでしょうし
できれば期間も長い方がいいかと思います。

なので、そういったあなたの要望に応えるためにも
「無期限永久メールサポート」を特典として付けているんですね

そのため、例え何が起ころうとも
いつまでもあなたをサポートさせていただきますので
安心してリセールキングを実践することができます。

以上、四つの特典が
自分がリセールキングの参加者さんのために用意した
「オリジナル特典」です。



⇒オリジナル特典付きでリセールキングに参加

ちなみに、

こういった特典には
受け取るのにお金がかかる場合があるのですが
自分が用意したオリジナル特典は
全て無料でプレゼントします。

ただ、

プレゼントする数については
制限を設けさせていただきますね
(自分しか知らない貴重なノウハウや
 サポートなどもありますので)

具体的には先着15名様 10名様にのみ
「オリジナル特典」をプレゼントさせていただきます。

なので、「オリジナル特典」付きで
リセールキングを手にされたい方は
どうぞ特典が残っているうちに
お早めに手にしてくださいね

これほどの特典を無料で手に入れるチャンスは
他ではまずありませんので
是非ともこのチャンスをものにし
他とは次元が違う利益を
ガッツリと得ていただければと思います。

⇒チャンスを掴み取る!

あー、それと

もし何か疑問点などがありましたら
お気軽に質問してくださいね
⇒コンティー海に質問

というのも、一人であれこれ考えるより
自分に質問した方が
スグに疑問点は解決されるからです。

もちろん、考えること自体は
とても素晴らしいことではありますが…

一人で何日も悩んでいるのと
質問してパッと答えを得るの、
どちらが効率的かと言えば
言うまでもなく後者ですよね

なので、どんな些細な疑問点でもいいので
何かありましたら下記メールアドレス宛に
早急にご連絡してくださいね
⇒conty_umi@yahoo.co.jp

当たり前ですが、時間は有限ですので
わざわざ時間をかけなくても解決できるものは
サッと解決していただければと思います。

それでは、あなたからのご連絡を
心からお待ちしております。