「誤字脱字なんか気にする必要ない」
こんな事を言ってるブロガーさんが
中にはいらっしゃいます。

誤字脱字があった方が人間味が出るから、
そんな理由を言ってるみたいですが
正直、どんなブログであろうとも
誤字脱字はなくすべきです。

まぁ、ブログ記事を書くのは人間ですし
大抵は運営者1人で記事を書くので
100% 誤字脱字をなくすのは
かなり難しくはあるでしょう。

ですがブログの誤字脱字は
できる限り0にするべきです。

どうして誤字脱字をなくすべきか?
という理由についてや
誤字脱字を無くすための方法などは
この先で解説していきますので
ご興味がありましたらご覧くださいね

誤字脱字

運営者写真

コンティー海
SE(システムエンジニア)からアフィリエイターに転身した人。わずかなアクセスしか来ない弱小ブログながら、ライティング技術を極め、稼げる文章構成を作り上げる事で、アフィリエイトで月200万円を達成。自分のライティング技術や文章構成は下記で公開してるので、よろしければご覧になってみてくださいね
⇒ライティング技術について
⇒稼げる文章構成について

誤字脱字をなくすべき理由

それでは、誤字脱字をなくすべき
理由についてから解説したいと思います。

ちなみに、理由は3つです。

そして、その理由の1つ目が
「SEO効果がある」になります。

SEO効果がある

なぜ、誤字脱字をなくす事が
SEOに効果があるかと言うと
GoogleのSEOスターターガイドに
そう書いてあるからです。

避けるべき方法
引用元:SEOスターターガイド

ご覧の通り避けるべき方法として
「綴りや文法の間違いが多い」という
誤字脱字に関する事があります。

まぁ、あくまで「多い」のを
避けるべきと言ってるので
多少の誤字脱字は問題ないでしょうが
それでも誤字脱字はSEO的に
マイナスになり得るものなんですね

他にも、誤字脱字をなくせば
ブログが読みやすくなります。

読みやすくできる

まずは、こちらをご覧ください。

誤字脱字ば多いと読みじくい文となちます。なにで、誤字脱字なくそた方がいい。

めちゃくちゃ読みづらいですよね?

なんせ、誤字脱字だらけで
まともに読む事ができませんからね

そして、読みづらい文章は
読者に多大なストレスを与えるので
そんな文章を記事に書いてしまうと
折角、記事を書いても読まれません。

あっという間に離脱されます。

離脱

なので、記事を読んでもらうためにも
誤字脱字はなくすべきなんですね

ちなみに、読みやすくする書き方
誤字脱字以外にも色々ありますので
色んな人に読まれるブログにしたいなら
ぜひ、下記リンク先の記事を
参考にしてみてくださいね

また、ブログを読みやすくする以外にも
誤字脱字をなくすと
信用性がなくなるのを防げます。

信用性がなくなるのを防ぐ

まず、そもそもの話ですが
誤字脱字とは「間違い」です。

で、そんな「間違い」があると
読者は「他も間違ってるのでは?」と
疑うようになってしまいます。

そうなると、役立つ情報を
ブログの記事に書いたとしても
信用されにくくなるんですよ

信用してくれないので
ブログ内でアフィリ商品を紹介しても
読者がそれを買わなくなっちゃうので
ブログで稼ぐ事ができなくなります。

そのため、ブログで稼ぐためにも
誤字脱字はなくした方がいいのです。

以上が誤字脱字をなくすべき
3つの理由となります。

SEO・記事を読ます・信用性、
いずれもブログで稼ぐには
必要不可欠なものとなりますので
それらを低下させる誤字脱字は
できるだけ0にするべきです。

ゼロ

では、どうすれば誤字脱字を
なくす事ができるのか?

次は、この事について解説します。

誤字脱字をなくす方法

音読する

まず解説するのは「音読する」です。

声を出す

実際に声を出しながら読むと
誤字脱字が見つけやすいんですよ

念のため言っておきますが
声を出して読むのが大切なので
「黙読」ではダメですからね

というのも、黙読だと
パパッと読んでしまいやすいので
誤字脱字を見落とす可能性が高いので。

一方、声を出す音読なら
黙読のようにパパッとは読めなく
丁寧に文章を読むので
黙読より格段に誤字脱字が
見つけやすくなります。

それに、音読すれば
読みづらい場所を見つけたり、
リズムが悪い文章が
分かったりもするので
こう言った意味でも黙読より
音読する方がいいんですね

期間を空けて確認する

あと、「期間を空けて確認する」のも
誤字脱字を見つけるのに効果的です。

期間

なんせ、期間を空ける事で
頭の中をリセットできるため
自身が書いた文章を客観的に見れるので
誤字脱字が見つけやすくなります。

これが、記事を書いてスグに確認すると
書いてた時に考えてた事が
頭の中に残っちゃってるので
客観的に文章を見るのが難しく、
誤字脱字の見落としが多くなるんですよ

実際、書いてスグの確認だと
見つけられなかった誤字脱字を
期間を空けて確認したら見つけた、
なんて事はよく起きますので。

ちなみに、最低1日以上は
期間をあけていただければと思います。

じゃないとリセットできないので。

システムに頼る

さて、

ここまでは自分自身の力だけで
誤字脱字を見つける方法でしたが
そういった方法だけでなく
「システムに頼る」方法もあります。

システム

というのも、誤字脱字をチェックする
そういったシステムが
今の世の中にはありますので。

例えば、マイクロソフトの「Word」とか。

word

Wordには文章校正という機能があり
その機能によって誤字脱字を
見つける事ができます。

ただ、Wordは有料システムですので
中にはWordを持ってない方も
いらっしゃるかと思います。

そんな方は無料で使える
オンラインシステムがオススメです。

一例を挙げると「Enno」とか。

Enno
引用元:Enno

チェックしたい文章を貼り付けて
ボタンを押すだけで簡単に
誤字脱字をチェックする事ができます。

ただ、残念ではありますが
これらのシステムは完璧ではないです。

例えば、下記の文。

そして、あえて解決方法だけを書き
その理由など伏せる事で
読者に中に多少の疑問を残します

正しくは「読者の中に」なのに
「読者に中に」と誤字がありますが
上記で紹介したチェックシステムたちでは
この誤字を見つける事ができません。

それでも、システムを使う事で
見つけられる誤字脱字はありますので
誤字脱字をできる限り少なくしたいなら
上記システムを使っていただければと思います。

誤字脱字はできる限り0にしましょう

ここまでお伝えしたように
ブログから誤字脱字をなくせば
SEO効果が上がったり、
ブログが読みやすくなったり、
信用性の低下が防げたり、
など
様々なプラス効果が出ます。

もちろん、一個人のブログで
全ての誤字脱字をなくすのは
ハッキリ言って不可能に近いですが
・音読する
・期間を空けて確認する
・システムを利用する

これらを行えばかなりの誤字脱字を
ブログから消し去る事ができます。

なので、ぜひ上記の事を行っていただき
誤字脱字をできる限りなくしてくださいね

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加