こんにちは、コンティー海です。

ブログという媒体で情報発信するなら
できるだけファンを増やしたい、
そう考える人は多いかと思います。

では、ファンを増やすには
どんなブログを作ればいいのか?

それは「面白いブログ」です。

面白くないブログに
ファンなんかつきませんからね

そのため、いかに面白い記事を
ブログに書けるかが大切です。

そして、この記事では
そんな面白いブログに必要不可欠な
面白い記事の書き方について
徹底的に解説していきます。

「徹底的」と書いたように
単に手法を解説するのではなく
面白いとは何なのか?
人はどうして面白いと感じるのか?
その本質までをも解説します。

なので、是非ともこの先をご覧いただき
「面白い」の本質から手法も含めて
知っていってくださいね

この記事を読み終えるころには
面白い記事が書けるように
なっちゃいますので…

人が面白いと思うのに絶対必要な3つの本質

何を面白いと思うかは
人によって変わるものではありますが
実は、それらの面白いと感じるものには
ある「共通点」があります。

その共通点こそが下記3つの本質です。

・興味
・知らない
・分かる

つまり、
「興味のある知らない事が分かった時」
この時にこそ、人は面白いと感じます。

例えば、野球好きな人が野球を観戦すれば
間違いなく面白いと感じるでしょう。

でも、野球が好きじゃなければ
たとえ野球を観戦したとしても
面白いと感じませんし
最悪、つまらないってなっちゃいますよね?

また、仮に下記のような記事があって、

手軽に稼げる副業とは?

その記事の中には
「ブログを始める事」しか
書いてなかったら
「そんなの知ってるわ」ってなり
面白いとは感じませんよね?

別の例えをするなら
先の展開が読めてしまった小説、
みたいな感じです。

この先、何が起こるかが分かっちゃうと
つまんなくなっちゃいますからね

あと、興味がある知らない事でも
説明や解説が下手くそで
よく分かんなかったりすると
人は面白いと感じません。

ちょっと極端な例ですが
あなたが好きな小説家が
新しい小説を出版したとします。

当然、好きな小説家の新刊なのですから
めちゃくちゃ興味があるでしょうし、
中身も全く知りませんから
その新刊を読めば まず間違いなく
面白いと感じるでしょう。

でも、

もし、その中身が全て
日本語ではなくあなたが知らない
アイルランド語で書かれいてたら
あなたはどう思いますか?

まともに読む事ができないので
面白いと感じるわけがないですよね?

つまり、人に面白いと思ってもらうには
興味のある知らない事を伝えるだけでなく
それをしっかりと理解させる、
これも必須になってくるんです。

だからこそ、面白いの3本質は
・興味
・知らない
・分かる
この3つなのです。

当然、面白い記事を書くにも
この3つを含んだ記事でなければ
絶対に面白い記事になりません。

では、この3つを含めた記事を
どうすれば書く事ができるのか?

次から、そんな手法的な事を
解説していきたいと思います。

面白いブログ記事を書くために行うべき最低限の事

狙ったキーワードで検索する

まず、行うべきなのは
読者が何を知らないかを調べる事です。

具体的には、狙ったキーワードで
検索をしてみてください。

※ 今回の記事では
  「ブログ 書き方」を例にして
 後続の解説を進めていきます。

「ブログ 書き方」で検索し、
検索結果に表示されたページを
いくつか開いてみて
どんな内容を書いてあるかを
チェックしてみてください。

実際に、「ブログ 書き方」で
検索してチェックしてみると
ブログの記事の書き方について
書いているページがほとんどです。

この結果から、読者が知らない事は
「どうゆう風に記事を書けばいいのか?」
と予想する事ができます。

そして、この予想が
「読者が何を知らないか?」に対する
回答となります。

というのも、Googleなどの検索エンジンで
検索上位に表示されるものって
読者が知りたいと思ってるものが
表示されるようになってるので。

なので、実際に検索して
検索上位のページをチェックする事で
読者が何に「興味」を持ち、
何を「知らない」かを
理解する事ができるんですね

これで、「興味」と「知らない」は
クリアできましたので
あとは、「分かる」をクリアすれば
面白い記事が書けます。

答えを探す

「分かる」をクリアするために
何をするべきかと言うと
当然、「答えを探す」です。

先ほどの例で言えば
「どうゆう風に記事を書けばいいのか?」
この疑問に対する答えを探せばOKです。

読みやすい記事を書くとか、
セールスライティングを学ぶとか、
ターゲットを絞って書くとか、
こんな感じですね

ちなみに、情報過多の現代なら
ネットや本を活用する事で
大抵の答えは探し出せるので
こういったものを利用して
答えを探していただければと思います。

あと、「狙ったキーワードで検索する」で
確認したページには
まず間違いなく答えが載ってますので
そういった答えを使うのもありです。

こうして答えを探す事で
「分かる」をクリアできますが
それだけだと不十分です。

答えの理由を考える

「どうゆう風に記事を書けばいいのか?」
「その答えは読みやすい記事です」
そう、記事に書いたとしても
それだけでは面白い記事にはなりません。

まぁ、幼稚園児ぐらいの子供なら
それでも面白いと感じるでしょうが
ブログ記事に訪れるのは
ほぼ100%大人の方々です。

そうなると、上記の記事内容では
こんな風に思ってしまいます。

「なんで?」と…

当然、「なんで?」の説明がないと
読者は満足せず、面白いと感じないので
答えだけではダメなんです。

「理由」も必要になるのです。

なので、面白い記事にするには
単に答えを書くだけはなく
その理由についても下記のように
きちんと説明しなくてはダメなんですね

どうゆう風に記事を書けばいいのか?
⇒読みやすい記事を書けばいい
⇒読みやすくしないと
 読者が去ってしまうから

以上、ここまで解説した事を行うと
面白いに必要な3本質、
・興味
・知らない
・分かる

を含んだ記事にできます。

ただし、

ここで解説したのは
あくまで最低限の事です。

正直、今の時代、
これだけで面白い記事になる事は
ほぼ不可能です。

本当に面白いブログ記事にするなら ここまでやりましょう

先ほどの説明した下記3つの作業は
面白い記事を書くために
やらなくてはならない作業です。

・狙ったキーワードで検索する
・答えを探す
・答えの理由を考える

でも、残念ながら今の世の中は
さっきも言ったように情報過多社会です。

要するに、答えを探して見つけても
読者が既にその答えを
知ってる可能性が高いんですよ

まぁ、ブログ記事の書き方を
よく知らない読者がいたとして
その人が「ブログ 書き方」で検索し、
1番初めに読む記事に関しては
どんな内容でも面白いとなるでしょう。
(何も知らないのですから)

そのため、あなたが書いた記事が
必ず、1番初めの記事になるなら
行うべき最低限の作業だけでも
面白い記事にできます。

ですが、そんなうまくいきませんよね?

そのため、面白い記事にするには
オリジナリティがいるのです。

じゃあ、どうやって
オリジナリティある内容を
記事に書く事ができるかと言うと
下の記事でも解説したんですが
「過程」か「結論」、
どちらかを変えるしかありません。

過程を変えるために

まずは、過程を変えるですが
つまるところ理由の部分に
変化をつける事になります。

「読みやすくしないと
 読者が去ってしまうから」
という理由だけでなく
「私の経験上・・・」だとか
「データ的に・・・」などの
別な理由にするのです。

ちなみに、この過程を変えるですが
正直、結論を変えるより簡単です。

というのも、理由となる過程って
色々と作る事ができちゃうので。

現に、1つの結論を導き出すための理由って
1つではない事がほとんどですし
理由が複数ある方が多いですからね

とはいえです。

色んな過程があると言っても
それを思い付けるかは別問題ですよね?

なので、誰でも実践できる事で
簡単に過程を変える事ができる、
そんな3つの手法をここで
お伝えしたいと思いますね

例えをあげる

まずは、「例えをあげる」です。

実際、読みやすい記事を書く理由として
「読者が去ってしまうから」と言うだけより
読みやすい記事と読みづらい記事、
これらを例えとして見せて
説明する方が分かりやすいですよね?

それに、どんな例えをあげるかって
自身がしてきた経験に左右されやすいので
オリジナリティが出やすいですし。

野球をしてきた人は
野球に例えて説明する事が多く、
サッカーをしてきた人は
サッカーに例えて説明する、
みたいな感じです。

また、比喩である例えをする事で
読者の印象に残りやすくもなるので
そういった意味でも
面白い記事に効果的ですね
※ 詳しくは下の記事を参照

他にも、「自身の意見・感想を言う」のも
面白い記事を書くのに効果があります。

自身の意見・感想を言う

「読みやすさってホント大事ですよ」
こんな感じで、ちょっとした感想でも
十分に記事を面白くできます。

というのも、書き手の意見や
感想が書いてない記事って
淡々と説明している、まるで
機械が書いたかのように感じるので
人間味がなくて面白くないんですよねぇ

それに、人には個性があるので
自分の意見や感想って
オリジナリティとなりやすく
そういった意味でも効果的なんです。

なので、記事を面白くするには
自身の意見や感想などを
ガンガン書いてった方がいいですね

また、意見や感想だけでなく
「体験・経験談を語る」のも効果的です。

自身の体験・経験談を語る

これも意見・感想と同じように
オリジナリティが出やすいので
書くと面白い記事となります。

くわえて、体験や経験談って
ストーリー的な話になりやすいですし
人はストーリーを面白いと感じるので
そういった意味でも体験・経験談は
記事を面白くする事ができます。

なので、意見や感想だけでなく
自身がした体験や経験談なんかも
ドンドン盛り込んでくださいね

以上が過程を変えるについてです。

結論を変えるために

続いて、結論を変えるですが
先ほどもお伝えしたように
過程を変えるよりも難易度が高いです。

なぜなら、オリジナリティを出す以上
答えを探す」で説明したような
ネットや本を調べて結論を探すのではなく
自身の力で新しい結論を
生み出す事になるので。

そのため、論理的な思考力や
答えを導き出す能力がなければ
相当に厳しい方法となります。

ただ、コツはありますので
そのコツを解説したいと思います。

視点を変える

まずは、「視点を変える」です。

例えば、「稼ぐために」という視点になれば
セールスライティングに沿った、
記事の書き方がいいでしょうし
「理解しやすくするには?」であれば
わかりやすい書き方にする、が
結論になってきます。

他にも、自身の経験を活かして
「サラリーマン視点」や
「主婦視点」などで考えてみても
独自の見解ができますね

サラリーマンは時間がないから
時間がなくてもできるブログ運営は?
⇒記事を外注するのがいい

こんな感じで結論を変えたりできます。

あと、仮定を作って考えるのもありです。

仮定を作って考える

例えば、下の記事なんかは
仮定を作って考えた記事となります。

この記事は、
「商品をいっぱい紹介するのはダメ」
という常識をひるがえして、あえて、
「いっぱい紹介した方がいい」
という仮定で書いた記事です。

そして、
「どんな状況ならこの仮定を
 事実にできるのか?」
それを考えて結論を出し、記事にしました。

ちなみに、出した結論としては
収益率がいい商品を見つけるのに
いっぱい商品を紹介してみて
収益率を検証してみましょう、
という内容の記事となっています。

こんな感じで、
普通とは違う仮定を作ってみて
それを実現するにはどうすればいいのか?
それを考える事で新しい結論を
生み出す事ができちゃうんですね

いずれにしても、結論を変えるには
高い思考力が求められるので
あまり自信がないなら
過程を変える方が簡単ですので
そっちでオリジナリティを出して
面白い記事にした方がいいです。

以上が、過程と結論を変えるについてです。

…でも、実を言うと

オリジナルっぽく見せるだけなら
過程と結論、どっちも変えなくても
そう見せる事は可能です。

ただ「順番を変える」だけでもいいんです。

順番を変える

例えば、ブログ記事でよくある
結論を書いてから理由(過程)を書く、
そんな構成になっている下の記事を、

どうやってブログ記事を書けばいいのか?
初心者さんはそんな悩みを
持っているものです。
その悩みに対する回答は
読みやすく書く事です。
というのも、実際にブログ運営した経験上
読みにくいブログって
全然読まれないんですよ。
データ的にも読みやすいブログより
読みにくいブログの方が
滞在時間が少なくなるので。
つまり、ブログを読みやすくしないと
記事を読まずに読者が去っちゃうんです。
なので、読みやすいブログにしましょう。

下の記事のように
先に理由(過程)を書いてから
その後に結論を書く感じです。

どうやってブログ記事を書けばいいのか?
初心者さんはそんな悩みを
持っているものです。
私も、昔はそんな悩みを持ってましたが
とある経験から分かった事があります。
どんな経験かと言うと
読みやすいブログと読みにくいブログ、
どっちも作ってみた時の経験です。
その時に、読みにくいブログって
読みやすいブログより滞在時間が少なくなる
というデータが出たんですよ。
つまり、ブログを読みやすくしないと
記事を読まずに読者が去っちゃうんです。
なので、読みやすいブログを書かないと
ブログはダメなんですね。

どっちも内容は全く同じですが
「結論⇒過程」の記事を
「過程⇒結論」にする事で
読者は違う記事だと感じます。

つまり、内容のオリジナル性ではなく
流れのオリジナル性を出すのです。

内容のオリジナル性よりかは
インパクトが弱いですが
それでも、流れをオリジナルにする事で
記事を面白くできますので
この手法もうまく活用してくださいね

さて、

ここまでの事を行えば
それなりに面白い記事が書けますが
それよりもっと面白くするなら
もう1つ、意識するべきものがあります。

それは「感情」です。

感情を込めるともっと面白い記事になる

興味のある知らない事が分かれば
人は面白いと感じますが
そのプロセスによって
面白いと感じる度合いは変わります。

実際、機械のように淡々と説明されるのと
感情を揺さぶる説明がされるの、
どっちがより面白いかと言えば
間違いなく後者ですよね?

なので、感情を揺さぶる事も
記事を面白くするのに効果的なんですね

そして、そのための手法というのが
「感情を込める」なのです。

具体的には心の中で感じた事を
そのまま文章にしてください。

例えば、下のように起こった事を
そのまま書いたものより、

昨日、東京に向かうときに
知らない人にぶつかられたが
特に謝ってこなかった。
正直、イラっとした。

下のように心の中で感じた事を
文章にした方が感情が動きます。

昨日、東京に向かうときに
知らない人にぶつかられたが
特に謝ってこなかった。
「はぁ!?なんだアイツ!」と思った。

他にも、色んな感情を表す、
感動詞や終助詞を使ったり、
感情表現を書くのもオススメです。

詳しくは下の記事で解説してますので
そちらをご確認ください。

感情を込めた文章を書くと
グッと面白い記事にできますので
是非、ブログに記事を書く時には
感情を込めて書いてくださいね

ちなみに、

もっともっと面白い記事にするなら
下記も試してみてください。

もっともっと面白い記事にするための書き方

読者の意見・感想を代弁する

まずは、
「読者の意見・感想を代弁する」です。

例としては下記の通りです。

ブログで稼ぐには
1,000記事 書く必要があります。
えー、そんなに書くの…
と感じるかもしれませんね。

記事を読んだ時に読者が
どんな事を思うかを考えて
それを記事に書くのです。

こうする事で読者が
「この人、私の事を分かってくれる」と
共感をしてくれるので
記事を面白いと感じてくれやすくなります。

あと、意外性を出すのも効果的です。

意外性を出す

例えば、下記のように
世間の常識とは正反対の事を言ったり。

実はタバコって健康にいいんですよ

そうする事で、「マジで!?」と
読者を驚かす事ができますので
その驚きが面白さになります。

ただし、

ちゃんと理由付けはしてくださいね

人が面白いと思うには
「分かる」が必要不可欠ですので
いくら意外性で驚かせても、
理由を説明しなければ納得できず
「分かる」となりませんので。

他にも、記事内の意見を変えるのも手です。

どうやってブログ記事を書けばいいのか?
その答えは読みやすく書く事です。
なんせ、ブログを読みやすくしないと
記事を読まずに読者が去っちゃうので。
なので、読みやすいブログにしましょう。
でも、残念ながら
読みやすいだけではダメなんです。
わかりやすさもブログにはいるんです。

最初は読みやすさが必要と言ってたのに
途中、「でも」という逆説の接続詞を入れ
意見を変える事で
ちょっとした驚きを読者に与えます。

驚愕!ほどの驚きじゃなく
ちょっとした驚きであっても
面白い記事にできますので
是非、やってみてくださいね

以上が、もっともっと面白い記事にできる、
そんな書き方となります。

「共感」と「驚き」がカギですので
是非、もっともっと面白い記事を書くのに
この2つを組み込んでみてくださいね

まとめ

どんな方でも理解できるように
面白い記事の書き方について
論理的に、徹底的に、
解説してきましたので
かなりの長文となってしまいました。

なので、最後にまとめますね

まず、人が「面白い」と感じるのは
下記3つの要素を全て含んだ時です。

・興味
・知らない
・分かる

興味のある知らない事が分かった時、
この時に人は「面白い」と感じます。

そして、この3つを記事に組み込み、
面白い記事にするための手法は
下記12個の手法となります。

・狙ったキーワードで検索する
・答えを探す
・答えの理由を考える
・例を挙げる
・自身の意見や感想を言う
・自身の体験や経験談を語る
・視点を変える
・仮定を作って考える
・順番を変える
・感情を込める
・読者の意見や感想を代弁する
・意外性を出す

興味があって知らない事を調査し、
知らない事の答えを探し(理由付き)、
オリジナリティを作り、
読者の感情を揺さぶり、
読者からの共感を得て、
読者に驚きを与える、

これらを実現するための手法が
上記12個の手法です。

「面白い」の本質を知り、
そこから作られた手法を実践すれば
誰でも面白い記事を書く事ができます。

なので、是非とも本質を覚えて
上記12個の手法を実践し、
面白い記事を書いていただき
沢山のファンを生み出してくださいね

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加