こんにちは、コンティー海です。

いい感じの導入文が思い付かないから
ブログ記事が書けない…

こんな悩みを持たれている方は
決して少なくないかと思います。

ただ、いい感じの導入文って
既に型が決まっており
下記の構成を意識するだけで
簡単に、誰でも、いい感じの導入文が
書けちゃうんですよねぇ

・どんな問題を体験したかを書く
・その問題の解決方法だけを書く
・詳しくはこの先で

というのも、
「読者に記事本文を読ませる事」
が、導入文の目的であり
そのためには「確信」と「疑問」がいりますが
上記3つの要素を導入文に書けば
これらを満たせるからです。

今まで5年以上もブログ収益だけで生活し
1ヶ月で200万円以上も稼いだりしましたが
この構成以外の例外はないですね

詳しくはこの先で解説しますので
ブログに効果的な導入文を書かれたいなら
是非とも、ご覧いただければと思います。

導入文の悪い例

初めに、こちらの導入文をご覧ください。

引用元:クラゲがいいじゃん

これは記事タイトルが
「完了(強意)の助動詞の未然形「な」+
 推量の助動詞の「む」=確述用法」
の、導入文になりますが
内容としては筆者の近況が書かれています。

結構、導入文に筆者の近況を
書かれる方は多いですが
コレ、辞めた方がいいです。

というのも、この内容は新規読者に向けて
書くべき内容ではないからです。

ブログの導入文は新規読者に向けて書くべき

まず、そもそもの話になりますが
ブログ記事に訪れてくれる読者さんは
基本的には新規の人が多くなります。

実際、自分が運営しているブログでも
圧倒的に新規読者の方が多いです。

まぁ、ブログの内容や書く記事によって
多少の変動はありますが
それでも、既存読者が新規読者を
上回る事はまずありません。

当然、新規読者の方が多いのですから
書くべき導入文の内容も
新規読者に向けたものを書くべきです。

では、新規読者に向けた導入文には
どんな内容を書くべきなのか?

書くべき導入文は確信状態にする内容

基本的に新規読者はGoogleなどの
検索エンジンから訪れる事が多いので
記事タイトルを見てやってくるものです。

先ほどの悪い例で言えば
「完了(強意)の助動詞の未然形「な」+
 推量の助動詞の「む」=確述用法」
を見て、ブログに訪れる感じです。

当然、記事タイトルを見て訪れるのですから
その読者さんは記事タイトルに関連する内容が
ここにはありそうだと思い、訪れます。

なので、ブログの導入文に書くべきなのは
「ここにありそう」という半信半疑状態を
「ここにある」という確信状態へと変える、
そんな内容を書くべきなのです。

だって、「ここにある」と確信できれば
読者さんは記事を読みますからね

そうなると、先ほど例で挙げた
導入文に近況を書くのは良くないですよね

なんせ、例で挙げた記事に訪れる読者は
助動詞について知りたいと思ってるのに
いきなり、筆者の近況なんか読まされたら
「タイトルと内容が全然 違うじゃん!」
となって、去ってしまうでしょうからね

まぁ、筆者のファンなどの既存読者なら
近況が書かれていても読みますので
既存読者に対しての記事であれば
導入文に近況を書くのもなしではありません。

ですが、記事に訪れてくれる読者さんは
基本的に、既存より新規の方が圧倒的に多い以上
新規に向けた効果的な導入文である
確信状態にする導入文を書くべきとなります。

ただ、

確信状態にするだけの導入文では
正直、物足りない導入文になります。

読者さんに「疑問」も残せないと
導入文としては不十分と言えますね

導入文は疑問も残せないとダメ

なぜ、「疑問」も残す必要があるかと言うと
導入文だけで満足させないためです。

というのも、導入文だけで満足しちゃうと
その後の記事本文を読む必要がなくなりますし
読む必要がなければ記事本文は読まれませんので。

なので、導入文であまり情報を出し過ぎて
読者さんが満足してしまうのは
避けなければいけないんですね

もちろん、確信状態にするためには
ある程度 情報を出す必要はあります。

じゃあ、導入文はどう書けばいいのか?
という話になりますが
それこそが冒頭でお伝えした
・どんな問題を体験したかを書く
・その問題の解決方法だけを書く
・詳しくはこの先で

この3つの要素を入れた導入文になるんです。

記事本文が読まれる導入文の構成

どんな問題を体験したかを書く

一番初めに導入文で書くべきなのは
「どんな問題を体験したかを書く」になります。

例えば、当記事を例に挙げると
「ブログ 導入文」で検索する人たちが
陥りそうな問題として
「いい感じの導入文が思い付かないから
 ブログ記事が書けない…」を
導入文に入れる感じです。

コレを入れる事によって読者さんが
何について書かれた記事かを
把握しやすくなりますので
確信状態に近づける事ができます。

また、読者さんから「うんうん」だとか、
「わかるわかる」という
共感を得る目的もありますね

というのも、共感を得る事ができれば
その後の内容が信用されやすくなるので。

なので、単に問題提起をするだけでなく
なるべく問題に関わる何かしらの
体験談を書けた方がベストですね

その問題の解決方法だけを書く

問題について書いたら
次は「その問題の解決方法だけを書く」です。

問題と解決方法を導入文に書く事で
「私が知りたい情報がここにある」と
読者さんに感じてもらう事ができます。

ただし、あくまで解決方法だけを書いてください。

その解決方法がホントに効果があるかの
理由などについては書かない方でください。

なぜかと言うと、
人というのは理由を知りたがるからです。

実際、あなたもそうだと思いますが
何か問題が起こった時に誰かから
「こうすればいいんだよ」って言われたら
「なんでそれがいいの?」って聞きますよね

もちろん、聞かなくても分かる事は
聞いたりしませんが
少なくとも、分からない事に関しては
ほぼ100%理由を聞きますよね

そのため、理由を言わずに
解決方法だけを導入文に書く事で
読者さんの中に疑問を植え付ける事ができます。

詳しくはこの先で

ここまでで既に十分ではありますが
念には念を入れて最後に
「詳しくはこの先で」を導入文に
書いた方がいいですね

読者さんの中に疑問がある状態で
「理由はこの先で詳しく解説します」
と書いてあれば
この先を読めば疑問が解消される、
そう、読者さんは感じますので
より読んでもらいやすくなります。

以上が、記事本文を読んでもらうための
効果的な導入文となります。

まとめ

ブログに書くべき導入文は
記事本文が読みたくなる、
そういった導入文を書くべきです。

そのためには「確信」「疑問」
導入文に入れる必要があり
それを実現できる導入文の構成は
下記の通りです。

・どんな問題を体験したかを書く
・その問題の解決方法だけを書く
・詳しくはこの先で

この構成を意識して導入文を書く事で
適当に導入文を書くより
遥かに、記事本文が読まれるようになるので
是非とも、この構成を意識して
導入文を書いていただければと思います。

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークをしていただければと思います。
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加

今後もためになる記事を書いていきますので