こんにちは、コンティー海です。

アフィリエイトを行うには
媒体が必要であり、その媒体の中には
「守りの媒体」が存在することを
以前にお伝えしました。
⇒アフィリエイトを始めるのに必要なものは「二つ」だけです

そこで、今回はどういった媒体が
「守りの媒体」になり得るかについて
解説したいと思います。

巷では、アフィリエイトをするには
「ブログが必須」と言われてますが
別にブログでなくても
今回 解説する2つの条件さえ満たせば
どんな媒体でも実践することが可能です。

なので、アフィリエイト実践においての
視野を広げるためにも
これからお伝えする2つの条件を
しっかりと覚えていって
いただければと思います。

守りの媒体になり得る条件

条件1:リンクが配置できること

アフィリエイトを実践する以上
余程の理由が無い限りは
「稼ぐ」ことが目的になるかと思います。

なので、アフィリエイトで稼げる媒体でなければ
意味の無い媒体となります。

では、アフィリエイトで稼ぐには
最低限、何が必要なのでしょうか?

その答えは「アフィリリンク」です。

なんせ、アフィリエイトで稼ぐには
報酬を出してくれるASPが必要であり
そのASPが報酬を出してくれるのは
アフィリリンクが押された場合ですので。

そのため、守りの媒体になり得るのは
リンクが配置できる媒体になります。

例えば、はてなブログやFC2ブログなどの
無料ブログサービスや
ワードプレスを使った有料ブログサービス、
他にも、ツイッターなどのSNSも当てはまります。

ただ、利用するサービスによっては
「アフィリエイトNG」というものもあるので
そういった媒体は避けてくださいね

条件2:オープンであること

先ほど、アフィリリンクのことをお話しましたが
仮にアフィリリンクを配置したとしても
そのリンクを押してくれる
誰かがいないことには
アフィリエイトで稼ぐことはできません。

そのため、アフィリリンクが入っている
何かしらのコンテンツを
適当に作るだけでは稼ぐことはできないです。

なので、その作ったコンテンツが
多くの人の目に触れることができる
オープンなコンテンツであることも重要です。

例えば、最近ちょっと話題となっている
クローズドSNSですと
自身が上げた投稿(コンテンツ)は
一部の人にしか見てもらえない
限定的なコンテンツとなってしまうので
守りの媒体にはなり得ません。

一方、一般的なブログサービスなどは
コンテンツを作れば
誰でもそのコンテンツを見ることができます。

なので、こういったオープンなものでないと
アフィリエイトで稼ぐことはできないんですね

以上が2つの条件となります。

で、この2つの条件を満たしている
一つの媒体が「ブログ」となるので
多くの方やサイトなどでは
「アフィリエイトをするにはブログを開設する」
と説明されることが多いんですね

確かに自分もブログを利用することは
大いに賛成ですが
何も、ブログだけにこだわる必要はありません。

1つの媒体だけで全てを満たす必要はない

ここまでの内容を
ご覧になられた方の中には
「2つの条件を同時に満たさなければいけない」と
考えてしまわれる方が
もしかしたら、いらっしゃるかもしれませんね

もちろん、その考えも間違いではありませんが
それだけが正解というわけではありません。

例えば、

条件1を満たすものとして
「クローズドSNS」を使い、
条件2を満たすものとして
「ツイッター」を使うことでも、
アフィリエイトを実践することも可能です。

この場合の流れとしては
オープンだけどアフィリエイト禁止のツイッターで
投稿をして人を集め、
その人たちをクローズドSNSへ誘導し、
最終的にクローズドSNSで
アフィリエイトを行う感じになります。

このように、
別に同時に条件を満たす媒体を使わなくても
複数の媒体を組み合わせることで
アフィリエイトを実践することは可能なんですね

まぁ、もちろん
複数媒体を運営するのは大変なので
「ブログ」などの同時に条件を満たす媒体の方が
運営する上では簡単ではあるため
最初はブログ運営をするのが賢明だとは思います。

でも、あえて大変な複数媒体運営をすることで
新たなビジネスチャンスが生まれることも
また「事実」なんですよ

なので、当記事をご覧になられたあなたは
「アフィリエイト = ブログ」という
固定概念にはとらわれずに
是非とも、もっと自由にアフィリエイトを
実践していっていただければと思います。

「アフィリエイトはブログじゃないとダメ!」
なんて規約も、法律も、制約なんかも
この世には存在しないのですからね

それでは、失礼いたします。