こんにちは、コンティー海です。

今や、オリジナリティを出す事は
アフィリエイトにおいて
とても重要な事となっています。

実際、検索エンジン最大手のGoogleも
オリジナリティがある記事を書く事を
推奨しているぐらいですので。

とはいえ、
「オリジナリティの出し方なんて
 どうすればいいか分からないよぉ…」

頭かを抱えている方は
非常に多いかと思います。

確かに、オリジナリティのある
記事を書くのは簡単な事ではありませんが
実を言うと…

オリジナリティの出し方って
ブログ記事の本質から考えると
たった2つしかないんですよ

「過程を変えるか」
「結果を変えるか」

この2つだけです。

詳しくはこの先で解説していますので
オリジナリティのある記事を書きたい方は
是非とも参考にしてくださいね

なぜオリジナリティの出し方は2つだけなのか?

まずは、オリジナリティの出し方が
2つである理由ですが
それは…

ブログ記事の構造は大きく分けると
「過程」と「結果」の
2つに分ける事ができるからです。

例えば、「○○ 治し方」や
「○○ 解消」などの
何かしらの悩みをテーマにした記事で
考えてみましょう。

当然、悩み系の記事ですので
記事の中でその悩みを解決できる、
何かしらの方法が書かれます。

また、単に方法が書かれるだけでなく
どうしてその方法が効果的なのかの
理由についても書かれるものです。
(理由がないと信憑性に欠けますからね)

このように、理由という「過程」
解決方法という「結果」、
この2つによって作り出されるものが
いわゆるブログの「記事」なのです。

悩み系の記事だけでなく
どんな記事でも同じです。

アフィリエイトの稼ぎ方についての記事も
そのやり方とそれが有用な理由という
「過程」と「結果」がありますし、
思わず笑ってしまう面白い記事でも
オチとそれまでのフリなどの
「過程」と「結果」があります。

全ての記事は「過程」と「結果」だけで
成り立っているのです。

という事はですよ

「過程」と「結果」の2つしか
ブログ記事にはないのであれば
オリジナリティの出し方なんて
この2つのいずれかを
変えるしかありませんよね?

だって、オリジナリティというのは
言ってしまえば差別化ですし
それには人と同じではダメですので
何かを変える必要がありますからね

では、「過程」と「結果」を変えるには
何をすればいいのでしょうか?

自身の経験を活かす

一番、手っ取り早いのは
自身の経験を活かす事です。

仮に、あなたが美容師さんなら
美容師目線で物事を考えてみるとか。

いわゆる「見方を変える」ってやつです。

そうする事で
他の人とは違う「結果」を導き出せたり
「過程」にしたって
一風変わった「過程」にする事もできます。

なので、自身の経験に基づいた見方をすれば
結構、オリジナリティって
簡単に出せちゃうんですね

ちなみに、何の変哲もない経験でも
組み合わせ次第では
オリジナリティとなり得ます。

例えば、主婦の方々は
世の中にいっぱいいらっしゃいますが
その主婦と法律と合わせて
「主婦が知るべき法律一覧」なんてすれば
十分にオリジナリティが出ます。

もちろん、可能であるなら
珍しい経験や貴重な経験の方が
よりオリジナリティは出しやすいです。
(経験してる人が少ないので)

ですが、

現在の情報過多社会であれば
経験なんて簡単に知れちゃうんですよ

なんせ、今やネット上には
様々な情報が星の数ほどもありますし
一個人がSNSで情報発信する時代ですので
それを読んだり聞いたりする事で
簡単に経験を知る事が可能です。

でも、一つの所だけで
情報を得るのは辞めてください。

色んなブログやサイトを見たり、
様々なSNSアカウントから
多角的に情報を仕入れるようにしてください。

というのも、ネット上の情報には
間違っているものも多々ありますので
多角的に情報を集めないと
間違った情報をつかまされる事になるので。

また、可能であれば知るだけでなく
実際に「体験」してみる方がいいです。

「経験に勝るものはない」
なんて格言があるぐらいですし。

まぁ、体験する事は
知る事以上に時間がかかりますので
何でもかんでもを体験できませんが
自身が興味のあるものや
大事だと感じるものは
できるだけ体験していただければと思います。

まとめ

ここまでお伝えしたように
ブログ記事でオリジナリティを出すには
「過程」か「結果」を変えるしかありません。

そして、そのためには「経験」が重要です。

なので、是非とも様々な「経験」を
知ったり、体験していただき、
オリジナリティ溢れる記事を
書いていただければと思います。

それでは、失礼致します。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加