以前、当ブログでは50記事と100記事時に
アクセス数と収入がどうなるかを調査した
そんな記事を書きました。

そこで、今回の記事はさらに上の記事数、
200・300・500記事を達成した時に
アクセス数と収入がどのくらいになるのか?

それを調査した結果について
この記事でお見せしたいと思いますね

調査方法としては50・100記事と同様で
「○○記事達成時の運営報告」を
発表しているブログ計50個確認しました。
※ 500記事の運営報告をしているブログは
  数が少なかったため調査対象のブログは
  35個になっています。

200→300→500と記事が増えると
アクセス数や収入がどう変わるかが
この記事をご覧になると分かるので
ぜひ、ご覧になってみてくださいね

200・300・500記事

運営者写真

コンティー海
SE(システムエンジニア)からアフィリエイターに転身した人。わずかなアクセスしか来ない弱小ブログながら、ライティング技術を極め、稼げる文章構成を作り上げる事で、アフィリエイトで月200万円を達成。自分のライティング技術や文章構成は下記で公開してるので、よろしければご覧になってみてくださいね
⇒ライティング技術について
⇒稼げる文章構成について

200・300・500記事を達成した時の変化

アクセス数(月間)

まずは、アクセス数のグラフからです。

200記事達成時の月アクセス数(PV)

300記事達成時の月アクセス数(PV)

500記事達成時の月アクセス数(PV)

200記事達成時だと10,000以下のアクセスが
全体の4割を占めていますが
300・500記事なると10,001~30,000が
全体の4割を占める結果となりました。

各記事数による最大値・最小値は
下記の通りとなります。

200記事 300記事 500記事
最小値 40PV 1,809PV 2,857
最大値 135,000PV 188,000PV 500,000PV

収入(月間)

続いては月の収入についてです。

200記事達成時の月収(円)

300記事達成時の月収(円)

500記事達成時の月収(円)

どの記事数であっても
月の収入が10,000円以下のブログが
半数以上を占める結果となりました。

記事数が増えると
中には、多くの収入を得ているブログが
ちらほらと出てきましたが
生活できるほどの収入を得ているのは
一握りのブログだけでしたね

また、各記事数による最大値・最小値は
下記の通りとなってました。

200記事 300記事 500記事
最小値 0円 0円 0円
最大値 100,000円 426,223円 900,000円

どの記事数であっても収入0円のブログが
少なくとも1つ以上はありました。

期間

最後は期間についてです。

200記事達成までの期間(月)

300記事達成までの期間(月)

500記事達成までの期間(月)

200記事だと1年以内に達成するブログが多く
300記事だと1年以上かかるブログが増え
500記事にもなると1年以上かかる方が
多くなる結果となりました。

ただ、中には強者ブログもあって
記事を外注する事によって
500記事をたったの5ヶ月で
達成しちゃってるブログがありましたね

外注するなら500記事であっても
かなり早く達成できますが
一個人だけで記事を書くとなると
1年以上はかかるのが普通でしょうね

ちなみに、各記事数による
最大値・最小値は下記の通りです。

200記事 300記事 500記事
最小値 2ヶ月 3ヶ月 5ヶ月
最大値 39ヶ月(3年3ヶ月) 60ヶ月(5年) 60ヶ月(5年)

以上が調査結果となります。

で、この調査を実施した事で
1つ分かった事があります。

なので、次はこの分かった事について
解説していきたいと思いますね

アクセス数は記事数に比例しなかった

まずは、こちらのグラフをご覧ください。

記事数よるアクセスの変化

コレは先ほどのアクセス数の円グラフを
棒グラフに直したグラフなんですが
どの記事数帯においてもアクセス数は
圧倒的に10,001~30,000PVが
一番多くなってますよね?

ちなみに、期間についても
同じように棒グラフにすると
下記のようになりました。

記事数よる期間の変化

こちらに関しては
200・300・500と記事が増えるにつれて
期間も増えているのが
お分かりいただけるかと思います。

つまり、

記事数が増えれば時間は増えるけど
アクセス数はそれに比例して
増えていかないんですね

当然、アクセス数が増えてないので
収入も同じような結果でした。

記事数よる収入の変化

もちろん、中には記事数を増やす事で
アクセス数や収入を増やしてるブログも
決して0ではありませんでしたが
そんなブログは滅多にありませんでしたね

じゃあ、なんで比例しなかったのか?

「コレです!」と言える
明確な答えがあるわけではないですが
いくつか予想できる回答があるので
次はこの回答を解説します。

なぜアクセス数が記事数に比例しなかったのか?

記事の品質が悪いままだから

まずは、記事の品質が悪かったからです。

実際、今回の調査を行う上で
いくつものブログの記事を読みましたが
数百記事を書いてきたのに
読みにくかったり分かりづらい低品質記事を
書いているブログがありましたので。

当然、低品質記事はSEO的にマイナスで
ブログのアクセス数に悪影響がでます。

「記事数が増えればアクセスも増える」

一般的な感覚だとそう思うかもしれませんが
いくら記事数を増やしていっても
それらが低品質なものだと
アクセス数は伸びていきません。

なので、単に記事数を増やすだけでなく
品質も高める努力が必要になるんですね

ライバルが強くなったから

他にも、ライバルが強くなったから
という理由も考えられます。

なんせ、ライバルが強くなって
そのライバルが自身が書いた記事より
より、品質の高い記事を書いたなら
その記事が検索上位に表示されますので。

そうなれば、自身の記事の
検索順位が下がってしまうので
アクセス数も減っていきます。

なので、定期的に
ライバルブログをチェックしたり
過去記事のリライトを行ったりして
ブログ全体の品質を高める努力を
行わなくてはいけませんね

ジャンルとしての限界

あと、ジャンルとしての限界
訪れている可能性もあります。

例えば、「ブログ」といキーワードで
月間検索数を調べてみると
下記のように「368,000」ですので
仮に、「ブログ」ジャンルで
記事を書いていったとしても
アクセス数がコレを上回るのは厳しいです。

「ブログ」の月間検索数

当然、他のジャンルでも同様なので
アクセス数が限界値に近くなってるなら
これ以上のアクセスアップは望めません。

その場合は別のジャンルについても
記事を書いてく必要がありますね

1PVあたりの収益力が大切

今回の調査結果から分かるように
ブログのアクセス数は記事数を増やしても
せいぜい30,000PVぐらいで
100,000PVを超える事は、まずありません。

そのため、「現実的に」
生活できるほどの収入を
ブログだけで稼いでいくなら
30,000PVでいかにして稼ぐかを
考えていく必要があります。

考える

しかし、一般的に1PVあたりの収益力は
0.3円となっているので
このままでは月に10,000円程度しか
ブログで稼ぐ事ができません。

生活できる程の収入なんて
夢のまた夢です。

では、どうすればいいのか?

ライティング技術を磨いてください。

実際、自分はライティング技術を学ぶ事で
たった30,000PVのブログから
200万円を超える収入を得ています。
(1PV65円ぐらいです)

なので、ぜひライティング技術を学び
1PVあたりの収益力を高くしてくださいね

ちなみに、ライティング技術については
下記の記事で解説していますので
よろしければこちらの記事もあわせて
ご覧になっていただければと思います。

それでは、失礼いたします。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加