「祝!100記事達成!!」

ネット上にはこんな感じで
ブログ100記事を達成した時の
喜びや振り返りを書いた記事が存在します。

また、100記事を達成した後の
ブログへのアクセス数や収入などを
公開している記事もあります。

そこで、今回の記事では
上記の100記事達成の記事を
いくつか確認してみて
アクセスと収入の集計を取り
その結果をグラフでお見せします。
(合計50ブログを調査)

「ブログに100記事を書くと
 どんな変化があるのか?」

こんな疑問を持たれてるなら
参考になる記事ですので
ぜひ、ご覧になってみてくださいね

100記事達成

運営者写真

コンティー海
SE(システムエンジニア)からアフィリエイターに転身した人。わずかなアクセスしか来ない弱小ブログながら、ライティング技術を極め、稼げる文章構成を作り上げる事で、アフィリエイトで月200万円を達成。自分のライティング技術や文章構成は下記で公開してるので、よろしければご覧になってみてくださいね
⇒ライティング技術について
⇒稼げる文章構成について

100記事を達成した時の変化

アクセス数(月間)

まずは、100記事を達成した時の
月間アクセス数のグラフをご覧ください。

100記事達成時の月アクセス数

結果としては3000PV以下のブログが
ほとんどとなってましたね

ちなみに、一番多いアクセス数が
月間102,717PVで
一番少ないアクセス数は100PVでした。

ついでに言うと、
自分がブログ・アフィリエイトを始めて
ブログに100記事を書いた時は
月間アクセス数は約50PVだったです。

収入(月間)

続いては月の収入になります。

100記事達成時の月収

ご覧の通り、ブログに100記事も書いても
アフィリエイトで稼げる額は
月、500円にもならないブログばかりでした。

一番多くて120,000円で
少ないと0円なんてブログもありましたね
(ちなみに、自分は0円でした)

ただ、0円だったのは6ブログだけでしたので
ほとんどのブログは100記事を書けば
多少は報酬を得る結果となりました。

ただし、

上記グラフの収入額は
あくまでアフィリ報酬の額ですので
現実に手にした収入ではありません。

というのも、アフィリ報酬って
現実のお金として使うためには
報酬の引き落としが必要なんですが
この引き落としをするためには
最低でも報酬額が5,000円を超えないと
引き落としができないんですよ

ですので、実質的な収入を得られたのは
報酬額が5,000円を超える
3割にも満たないブログだけとなります。

期間

最後は、100記事を達成するのに
かかった期間のグラフになります。

100記事達成までの期間

大体、半年以内に100記事を
達成される方が多かったですね

一番早い方は2ヶ月、
遅いと84ヶ月(7年)なんてブログも。
(ちなみに、自分は3ヶ月)

ここまでが調査結果となります。

アクセス・収入・期間
いずれの結果を見てみても
ブログによって差が出る結果となりました。

それと、この結果からいくつか
分かった事がありますので
次は、その事について解説しますね

ブログ100記事調査で分かった事

どんなブログでもアクセス数は増える

まずは、アクセス数についてです。

調査結果としては下は100PVで
上は102,717PVと差がでましたが
どんなブログであっても
大なり小なり、アクセスは来てました。

そう、アクセス0はなかったんです。

ですので、どんな方であろうとも
ブログに100記事も書けば
アクセス数は絶対に増えるでしょうね

上がる

まぁ、どれくらい増えるかは
ブログのジャンルや記事の内容、
記事の品質などによって
どうしても変わってしまうので
一概には言えません。

先ほどお伝えしたように
100記事達成時のアクセス数は
ブログによって差が出てますからね

ただ、どのブログであっても
アクセス数は0ではなかったので
少なくともブログに100記事も書けば
誰でも、アクセスが増える事を
実感できるでしょうね

アドセンスだと収入0円はないが低収入になる

他にも、Googleアドセンスなどの
クリック型広告が収益源のブログだと
得られる収入が低くなる傾向がありました。

これに関しては
元々、クリック型広告で得られる報酬は
1クリック当たり数円~数十円程度と
かなり低い報酬額となってるので
当然と言えば当然の結果ですね

クリック型広告ではなく
商品購入などで報酬が発生する成約型だと
数千円の報酬なんてザラにありますので
クリック型の報酬がいかに低いかが
ご理解いただけるかと思います。

とはいえ、クリック型広告は
広告がクリックされるだけで
報酬が発生する仕組みとなってるので
報酬の発生しやすさは高いですけどね

今回の、100記事調査においても
報酬の発生しやすさのためか
アドセンスを収益源にしてるブログで
収入0円のブログはなかったですし。

ですが、

報酬をお金として使うためには
引き落としが必要になりますし
アドセンスの場合だと
最低8,000円以上の報酬額でないと
引き落としができません。

そのため、実質的な収入としては
ほとんどのブログが0円でした。

0円

報酬発生のしやすさは
クリック型広告の魅力ですが
その分、得られる報酬は低く
引き落とし条件なども考えると
実質的な収入が得にくいのは
大きなデメリットですね

成約型広告だと高収入になれる

一方、クリック型広告ではなく
成約型広告を収益源にしているブログだと
得ている収入が高くなってました。

やはり、クリック型より成約型の方が
報酬額が高くなりますので
その影響が出たんでしょうね

ただし、クリック型とは違い
収入0円のブログがありました。

成約型だと広告クリックだけでなく
商品購入などの成約も必要なため
報酬を得るための難易度が高いので
この結果になったのでしょうね

とはいえ、報酬額はこっちの方が高く
引き落とせる報酬額になってるブログが
いくつかありましので
現実的な収入を得ているのは
クリック型より成約型を
収益源にしてるブログの方が多かったです。

お金

以上が、100記事調査をして分かった
アクセス面と収入面のお話です。

最後に、ここまでの調査結果を基に
どうすれば100記事で収入を得られるかを
解説していきたいと思いますね

なんせ、ブログを始められる方は
大抵、収入を得るのが目的でしょうから。

100記事を書いてアフィリエイトで稼ぐには?

時間をかけても記事の品質を上げる

まず、ブログを開設して
アフィリエイトで収入を得るには
アクセスが必要不可欠となります。

そのために必要なのが記事の品質です。

記事の内容やブログのジャンルで
アクセス数は変わってきますが
どんな記事やジャンルであっても
品質の高い記事を書けなければ
アクセス数は増えてきませんので。

実際、100記事調査でも
記事の品質にこだわってるブログの方が
アクセス数は多くなってましたし、
Googleなどの検索エンジンも
品質を高めるべきと言ってますから。

もちろん、記事の品質を高めようとすると
1記事を書くのに時間がかかりますし
100記事調査の結果としても
品質を気にしているブログの方が
100記事を達成するまでに
時間がかかる傾向がありました。

ただ、時間をかけてでも
記事の品質を高めなくないと
結局のところアクセスが増えないので
時間よりも品質を重視するべきです。

「急がば回れ」

急がば回れ

このことわざのように
急いで100記事を達成しようとせず
じっくり1記事1記事 丁寧に
書き上げてくださいね

成約型広告を収益源にする

また、ブログの収益源として
アドセンスなどのクリック型広告ではなく
成約型広告を選んだ方がいいです。

クリック型だと報酬が安すぎですし
報酬の引き落とし条件もあるので
収入を得るのが厳しくなるので。

まぁ、クリック型でも
莫大なアクセスを集められるなら
「塵も積もれば山となる」のように
収入を得る事はできなくはありません。

でも、調査結果から分かるように
ブログに100記事を書いただけで
莫大なアクセスを集めるのは
現実的に考えて不可能なので
クリック型を選んでしまった場合
100記事で収入を得るのはまず無理ですね

もちろん、成約型広告だと
難易度は上がってしまいます。

ですが、難易度の低い
クリック型広告を選んだとしても
現実で収入を得られなければ
実践した意味がないでしょうから
そうなると成約型広告を選ぶべき、
という結論になりますね

成約

ちなみに、成約型広告で稼ぐなら
商品を効果的に販売できる、
セールスライティングを
学ばれた方がいいので
よければ下の記事をご覧くださいね

100記事は単なる通過点

ブログに100記事を書かれるその努力は
とても素晴らしい努力です。

実際、ブログの継続率を調査した時に
100記事を達成した割合を
算出した事があるんですが
下記グラフのように半数は
100記事を達成できてませんから。

100記事を達成した割合

しかし、残念ながらそれだけで稼げるほど
アフィリエイトは甘くはありません。

ここまで解説したきたように
報酬を得る事はできても
引き落とせるまでの報酬は
稼ぎ出せない事がほとんどですから。

なので、100記事は単なる
通過点だと思ってくださいね

100記事達成し、その上で
さらに記事を書き続けないと
現実的な収入など得られませんので。

それでは、失礼いたします。

この記事はためになりましたでしょうか?

もし、ためになりましたら是非とも
ブックマークしてくださいね
(下記オンラインブックマークも
 よろしければご活用ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加