アフィリエイト記事やブログ記事の
文字数について調べてみると
現状、意見が分かれています。

「文字数なんか関係ない」
「文字数は少ない方がいい」
「文字数は多くするべき」

こんな感じで。

そうなると どれがホントに正しいか
よく分からなくなってきますよね?

ただ、

文字数における正解は
「文字数は多くするべき」です。

なぜなら、Googleが提供している
SEOガイドラインをよく読んで
しっかりと理解すれば
そう結論づける事ができるので。

詳しい内容はこの先に書きましたので
アフィリエイトやブログの文字数について
本当の正解が知りたいなら
このまま読み進めてくださいね

アフィリエイト・ブログ文字数

文字数「だけ」を増やしてもアフィリエイトはダメ

初めに、こちらの引用をご覧ください。

we don’t have an algorithm that
counts the words on your page
and says Oh everything until
100 words is bad everything
between 100 and 500 is fine
and over 500.
we don’t look at it like that
we try to look at the pages
overall and make sure that this
is really a compelling and
relevant search results to users
and if that’s the case then
that’s perfectly fine if that’s
long or short or lots of images
or not that’s essentially up to you

引用元:Google Webmaster Central office-hours hangout

この引用はGoogleが実施している
オフィスアワー・ハングアウトという
オンライン質問会みたいなところで
Googleの社員さんが語った内容です。

要約すると、文字数の多い少ないが
SEOの直接的な要因にはならない、
みたいな感じの内容となっています。

「じゃあ文字数なんか関係ないのでは?」

そう思われるかもしれませんが
物事はそう簡単な話ではありません。

確かに、文字数だけを増やすのは
SEO的に意味のない行為です。

例えば、「アフィリエイトとは」
というキーワードに対し、
下記2つの記事があったとします。

・記事1
アフィリエイトはネット広告を使って
稼いでいく手法です。

・記事2
あああああああああああああああああ
あああああああああああああああああ
あああああああああああああああああ

文字数は「記事2」の方が多いですが
この2つの記事であれば
検索上位にくるのは「記事1」です。

「アフィリエイトとは」という疑問に対し
「記事2」は答えになってませんからね

このように検索キーワードと
全く無関係な内容で文字数を増やしても
SEOの効果はありません。

…ありませんが、
無関係じゃなければ話は変わってきます。

情報量の多さからくる文字数の多さはアフィリエイトに効果的

まずは、下の画像をご覧ください。

情報が豊富なのがいい
引用元:Googleウェブマスター向けガイドライン

コンテンツと品質に関して
引用元:Googleウェブマスター向け公式ブログ

「情報が豊富なサイト」
「包括的で完全な説明」

書かれているのが
お分かりいただけるかと思います。

これらは記事の品質に関する
Google側の発言となっているので
これらを満たすとSEO的にプラスです。

例えば、先ほど例として挙げた
「アフィリエイトとは」なら
下の「記事1」よりも「記事2」、
「記事2」よりも「記事3」が
検索上位に表示されるようになります。

・記事1
アフィリエイトはネット広告を使って
稼いでいく手法です。

・記事2
アフィリエイトはネット広告を使って
稼いでいく手法です。
アフィリエイトを実施するには
ASPが必要になります。

・記事3
アフィリエイトはネット広告を使って
稼いでいく手法です。
アフィリエイトを実施するには
ASPが必要になります。
ASPとはa8.netのような
アフィリエイト広告を
紹介してくれるサービスです。
このサービスは無料で利用できます。

「記事1」はアフィリエイトは何か?
に対する答えだけですが
「記事2」ではそれに加え
アフィリエイトを実践するのに必要な
ASPの話をしていますし、
「記事3」ではさらに
ASPの詳細が説明されていますので。

このように情報量が多い方が
SEO的にプラスになるので
アフィリエイトでは有効なんですね

有効

そうなると、

必然的にアフィリエイト記事の文字数も
多い方がいい、となりますよね?

だって、情報量が増えると
説明する事も増えてきますので
それに比例する形で
文字数も増えていきますから。

ただし、何でもかんでも
情報量を増やせばいいかと言うと
そんな事はありませんからね

読者が求める情報で文字数を増やさないとダメ

仮に、「アフィリエイトASPオススメ」で
書かれた、下記2つの記事があるとします。

・記事1
ASPはアフィリエイト広告を
手に入れるためのサービスです。
ブログさえ持っていれば
無料で手にする事ができます。
そんなASPですが
個人的にオススメなのはa8.net。

・記事2
個人的なオススメASPは
a8.netになります。
アフィリエイト広告の数が
他のASPよりも多いからです。

どちらの記事も
アフィリエイトのASPに関する
情報を載せていますので
先ほどの話だけを考えるなら
検索上位に来るのは
情報量が多い「記事1」でしょう。

でも、GoogleのSEOスターターガイドでは
「読者が求めているもの提供する」のが
大切だとも書かれています。

読者が求めているものを提供する
引用元:SEOスターターガイド

そうなると、検索上位になるのは
果たして「記事1」でしょうか?

…いいえ、違います。

「読者が求めるもの」も考えるなら
検索上位にくるのは「記事2」です。

「アフィリエイトASPオススメ」で
検索をしているのですから
このキーワードで検索する読者は
既に、ASPを知ってる読者のはずです。

という事は、この読者に対しては
ASPに関する情報は不必要ですよね?

それを踏まえて記事1と記事2で
読者が必要としている部分だけを示すと
下記のようになります。

・記事1
ASPはアフィリエイト広告を
手に入れるためのサービスです。
ブログさえ持っていれば
無料で手にする事ができます。

そんなASPですが
個人的にオススメなのはa8.net。

・記事2
個人的なオススメASPは
a8.netになります。
アフィリエイト広告の数が
他のASPよりも多いからです。

こうなると「記事2」の方が
情報量が多くなりますよね?

そのため、単に検索キーワードに
関係している情報ではなく、
その検索キーワードで検索する読者が
本当に求めている情報で
文字数を多くしないとダメなのです。

求めている

とはいえ、もしかしたら
ここまでの解説をご覧になられても
「文字数は多い方がいい」という意見に
半信半疑かもしれませんね

そこで次は決定的な証拠となる
文字数に関するSEO実験について
お見せしたいと思います。

【SEO実験】アフィリエイト記事は文字数が多い方が有利

まずは、下記画像をご覧ください。

ハーニゥパーニゥの検索結果

これは「ハーニゥパーニゥ」で
検索した時の検索結果となります。

ここに表示された4つのブログは
それぞれ「ハーニゥパーニゥ」が
どんなものかを説明しており
説明内容としては下記の通りです。

・ハーニゥパーニゥは亡国が作ったもの
・ハーニゥパーニゥは海外ビジネス
・ハーニゥパーニゥは海外で話題のビジネス
・ハーニゥパーニゥは実在しない言葉

ちなみに「ハーニゥパーニゥ」とは
自分が作った 実在しない架空の言葉で
上記4つのブログ記事の中では
「ハーニゥパーニゥは実在しない言葉」と
説明しているブログのみが事実となります。

他は全くのデタラメです。

そして、事実を語っているブログ記事は
文字数が29文字となっており
他のデタラメな記事に関しては
全て文字数が100文字を超えています。

普通に考えて
文字数だけが多いデタラメな記事より、
文字数の少ない事実が書かれた記事の方が
検索上位にくるべきでしょう。

じゃあ、結果はどうなったのか?

最初にお見せした画像から
お分かりになるかもしれませんが
事実が書いてあるはずの記事が
一番、検索順位が下になり、
逆に、デタラメしか書いてない
文字数だけが多い記事たちが
検索上位となりました。

このSEO実験の結果から分かるように
文字数は多い方が絶対に有利なのです。

有利

もちろん、キーワードの中には
このSEO実験の結果とは逆で
文字数が少ない記事が
検索上位に来てる事があります。

でも、そういったキーワードたちは
外部リンク数・評判・
クリック率・滞在時間など
文字数以外の別の要因が絡んでいます。

一方、上記のSEO実験は
純粋に文字数だけの要因です。

なんせ「ハーニゥパーニゥ」は
この世に存在しない言葉ですから
100% 誰一人として このキーワードで
検索する事はありませんから。

検索する人がいないのですから
「ハーニゥパーニゥ」のブログを
認知する人たちは確実にゼロですし、
認知されていないなら
外部リンクを貰う事も、
評判が上がる事もなく、
クリック率・滞在時間もゼロのままです。

だからこそ、このSEO実験によって
「文字数が多い方がSEO的に有利である」
と、言う事ができるのです。

ただ、念のために言っておきますが
ウソでもいいから文字数を増やすべき、
なんて言うつもりはありませんからね

そんな事をしてしまうと
読者の満足度は下がってしまいますし
そうなれば悪評が広がったりして
最終的には検索順位は下がっちゃうので。

ですので、読者を満足させられるよう
キーワードに関連する、
読者が求める情報を記事に書いて
文字数を増やしていってくださいね

ちなみに、

アフィリエイト記事の文字数は
最低でも2,000文字はあった方がいいです。

アフィリエイト記事は最低2,000文字は欲しい

どうして2,000文字かと言うと
理由は下記の画像になります。

クオーツカーブ

これはアメリカで人気の
大手ビジネスメディアサイト「Quartz」が
発表したグラフ<クオーツカーブ>です。

で、このグラフが何を表してるかと言うと
語数によるアフィリエイト記事の
読まれやすさを表しています。
(このグラフの語数は英単語で計算)

そして、このグラフから分かるように
500語数以下と800語数以上が
読まれやすいという結果となってます。

日本語の文字数で計算すると
大体、1,250文字以下の記事と
2,000文字以上の記事となりますね

そのため、先ほどお伝えしたように
2,000文字以上を目指すべきなのです。

いくら頑張って記事を書いても
読まれなければ意味がないですからね

一応、1,250文字以下もいい、
という結果が出ていますが
情報量を増やそうとすると
どうしても文字数が増えてしまうので
基本的には2,000文字以上がいいですね

もちろん、キーワードによって
読者が求める情報量は変わるので
情報量が少なくてもいいものなら
1,250文字以下でもありです。

例えば、「2021 令和 何年」という
キーワードで記事を書くなら
読者が求めているのは
「2021年は令和何年か?」ですから
1,250文字以下でも問題ありません。

でも、「アフィリエイト」だと
アフィリエイトとは?
アフィリエイトの始め方は?
アフィリエイトのメリットは?など
読者が求める情報は多岐にわたるので
そうなると1,250文字以下で
その情報全てを解説するのは無理です。

ですので、2,000文字以上は目安として
アフィリエイト記事の文字数は
どのキーワードをターゲットにするかで
変えていただければと思います。

あと、

もしかしたら当記事をご覧のあなたが
文字数を増やすのが苦手かもしれないので
SEO効果がある文字数の増やし方も
ここで解説しておきますね

SEO効果のあるアフィリエイト記事の文字数の増やし方

キーワードの深堀

まず解説するのは、
「キーワードの深堀」です。

深堀

例えば、「アフィリエイト おすすめ」
というキーワードを狙って
ブログ記事を書くとしましょう。

「アフィリエイト おすすめ」の
記事を書くのですから
おすすめのアフィリエイト手法を
記事内で紹介する事でしょう。

でも、おすすめを紹介するだけでは
「私がオススメするアフィリエイトは
 物販アフィリエイトです!」

で終わってしまうので
これだけでは どう頑張っても
文字数は大した数になりませんよね?

そのため、オススメを教えたら
次に読者は何が知りたくなるかを
考えてみる(深掘)のです。

オススメ手法を教えたのなら
次は実践方法が知りたいのでは?
あるいは稼げる額が知りたいのかも?
それとも、その手法が載っている
オススメ情報商材が知りたいのかな?など。

こうして深堀をする事で
オススメ手法を教えるだけでなく
その手法のやり方や稼げる額など、
記事に書ける情報が増えていきます。

当然、書ける情報が増えるのですから
必然的にアフィリエイト記事の文字数も
増える事になりますよね?

しかも、深掘で見つけた情報は
キーワードに関連しますし、
読者が求めている可能性も高いので
そういった意味でも深堀は
SEOに効果的な文字数増やしになります。

視点を変える

他にも「視点を変える」のもいいですね

変化

先ほどの例で言うなら
物販アフィリエイトだけを
オススメするのではなく
SNSが好きな人のために
Twitterアフィリエイトも
オススメするとかですね

物販アフィリエイトがオススメだと
個人的に思ってたとしても
SNSが好きな人の視点で考えるなら
物販アフィリエイトよりもSNSと関連がある
Twitterアフィリエイトの方がいいですからね

また、視点を変えて見つけた情報は
読者が求める情報になりやすいです。

「へ~、こんな見方があるのかぁ」
「なるほどねぇ」と
読者に新たな気付きを与えられますから。

このように視点を変える事で
記事に書ける情報が増えますので
アフィリエイト記事の文字数を
効果的に増やす事ができます。

キーワードで検索する

また「キーワードで検索する」のもありです。

検索

「アフィリエイト おすすめ」で検索し
そこ検索でヒットするページを見て、
そのページにある情報を
自身の記事でも書くようにするんです。

Googleなどの検索エンジンは
読者が求める情報が書いてある記事を
なるべく検索上位に表示されるように
システムを作っているので
上記の検索でヒットした記事内の情報は
読者が求める情報になりやすいです。

ですので、検索して情報を見つけるのも
効果的な文字数になるんですね

ただし、記事内に書かれている事を
そのままコピペするのは辞めてくださいね

Googleにペナルティをもらうので。

あくまで、記事内に書かれている情報を
参考にするだけにして
実際に記事を書く時は一から記事を
書いていただければと思います。

それと、

文字数が多い方が有利だからと言って
別に最初から文字数が多い記事を
書かなくても大丈夫ですからね

最初は少ない文字数でもOK

仮に、とあるキーワードで
ブログの記事を書く時
読者から求められる情報量的に
10,000文字以上が必要だとしましょう。

さらに、そのキーワードで書いている
他のライバルブログたちが
どれも10,000文字前後だったとします。

この場合、10,000を超える文字数で
アフィリエイト記事を書かなければ
検索上位にはなれませんし、
アフィリエイトで稼ぐのは厳しいです。

ですが、別に後で記事の更新をして
文字数を増やしていっても
SEO効果はあるんですよ

効果がある

例えば、最初は1,000文字の記事でも
次に2,000文字、その次に3,000文字、
さらにその次は4,000文字…と
徐々に文字数を増やしていけば
検索順位も徐々に上がっていきます。

なので、いきなり10,000文字の記事を
書かなくてもいいんですね

それに、10,000文字の記事を
書き上げるとなったら
かなりの時間がかかりますよね
(数日、下手すれば数週間…)

当然、記事が完成するまでは
検索結果に表示される事はないので
一切のアクセスが見込めません。

でも、

文字数が少なくても記事を書けば
検索結果に表示される可能性がありますし
そうなれば多少のアクセスが見込めます。

なら、少ない文字数の記事でも
まずは記事を書き上げる方が
大切だとは思いませんか?

だって、数週間もかけて
文字数が多い記事を書き上げる場合
その数週間は確実にアクセスゼロですが、
徐々に記事の更新をしていって
文字数を増やしていく場合なら
最初からアクセスがやってくる、
その可能性はゼロではないですから。

アクセスがゼロでないなら
アフィリエイトで報酬が発生する可能性も
当然、ゼロではなくなります。

もちろん、できるのであれば
最初から文字数は多くした方がいいです。

とはいえ、中々 難しいでしょうから
まずは文字数が少なくてもいいから
記事を書き上げるのを目標とし、
その上で記事の更新を実施して
段々とブログの文字数を
増やしていく方がいいかと思います。

以上が、SEOに関する文字数の話です。

文字数が多いとSEOに有利なのは
十分にお分かりになったと思いますが
アフィリエイトで稼ぐのに必要なのは
何も「SEO」だけではありません。

広告をクリックさせて
商品を購入させる(成約)ための
「セールス」も重要です。

セールス

で、この「セールス」においても
文字数は多い方がいいんですよ

セールスにおける文字数について

セールスでも文字数は多い方がいい

どうしてセールスでも
文字数は多い方がいいかと言うと
情報量が多い方が効果的だからです。

仮に、あなたの目の前に
下のように紹介されている
アフィリエイト商材があるとします。

私(A氏)が実践している
アフィリエイト手法を教えます。

ここで質問なんですが
あなたならこの商材を欲しいと思いますか?

A氏のファンならともかく
どんな手法かも分からない段階で
欲しいとは思いませんよね?

じゃあ、この商材の紹介文に
下記が書かれてたら どうですか?

この手法で月収50万円を達成!

さらに、下記も書かれてたら どうですか?

最新のアフィリエイト手法!
初月から報酬が発生!
初心者でも実践できる堅実な手法!

単に、「アフィリエイト手法を教えます」と
書いてあるだけより
「この手法で月収50万円を達成」や
「最新のアフィリエイト手法」
「初月から報酬が発生」
「初心者でも実践できる堅実な手法」も
一緒に書かれている方が
興味が湧くでしょうし
購買意欲も上がるかと思います。

つまり、

興味や購買意欲というのは
情報量に比例するのです。

情報量が多ければそれだけ
興味や購買意欲を持たれる可能性が上がり
その強さも上がるのです。

上がる

当然、情報量の多さは
そのまま文字数の多さに直結するので
アフィリエイトで重要な「セールス」でも
文字数は多い方がいいんですね

ただ、念のために言っておきますが
SEOの時と同じでセールスでも
適当に文字数を増やすのはNGですからね

セールスでも適当な文字数増やしは厳禁

仮に月収50万円を語っている
アフィリエイト商材があるとしましょう。

効果的なセールスを行うために
「かかる費用について」の情報を
ブログ記事に書くとします。

そうすれば文字数は増えますが
もし、100万円もの費用がかかるなら
この文字数の増やしは
果たしてセールスに効果的でしょうか?

普通に考えて「NO」ですよね

確かに、文字数を増やす事は
セールスに役立ちますが
その増やしたものがデメリットなどの
マイナスにしかならない情報だったなら
逆効果でしかありません。

もちろん、デメリットを語ること自体を
悪く言うつもりはありません。

実際、デメリットを言うことで
「デメリットを正直に言ってくれたから
 この人は信用できそうかも」と
信用の獲得に繋がる事があるので。

でも「100万円もの費用がかかる」は
信用獲得を得る以上の
多大なマイナス点となってしまうので
いくら信用獲得があっても
これでは悪影響でしかありません。

そのため、セールスにおいても
適当に文字数を増やすのは厳禁なのです。

ダメ

このようにSEOだけでなく
セールス観点においても
文字数は多い方がいいんですね

まとめ:アフィリエイトは文字数が多い方がいい

ここまでお伝えしたきたように
アフィリエイトで稼ぐなら
記事の文字数は多い方がいいです。

独自のSEO実験」の結果を見ても
文字数の多いブログ記事が
検索上位に表示されましたし、
セールス観点においても
文字数は多い方が効果的となりますので。

でも、「あああああ」などの
無意味な文字で文字数を増やしても
SEO・セールスともに効果はありません。

キーワードに関連する情報や、
読者が求めている情報や、
セールス的に効果のある情報などで
文字数を増やさなければ意味はないです。

ですので、文字数を増やす際には
しっかりと意味のある情報を書いて
文字数を増やしてくださいね

それでは、失礼致します。