こんにちは、コンティー海です。

アフィリエイトブログを作って
記事を書かれる時には
文字数はどのくらいがいいのか?と
迷われる方は多いかと思います。

「記事の文字数は多い方がいい」
「記事の文字数なんか関係ない」
「少ない文字数でも稼げる」
「むしろ、ブログは少ない文字数がいい」

このようにネット上には
文字数に関わる色んな意見が
散見していますので
どれがホントに正しいかが
分かりませんからね

ただ、ぶっちゃけてしまうと
どの意見も間違いではありません。

その上でどれか1つだけに正解を絞るなら
「記事の文字数は多い方がいい」が
アフィリエイトではベストな選択ですね

じゃあ、なんでアフィリエイトは
文字数が多い方がいいのか?

その理由について
アフィリエイトで稼ぐために重要な
SEO観点とセールス観点に分けて
解説したいと思いますので
アフィリエイトと文字数の関係を
詳しくお知りになりたいなら
このまま読み進めていただければと思います。

ちなみに、
「アフィリエイトにセールスなど不要では?」
と思われた場合は
まずは下記の記事をご覧ください。

アフィリエイトとは?超わかりやすく一言で表します

アフィリエイトにおいて
いかにセールスが大事かが
お分かりになりますから。

SEOから見た文字数の重要性

文字数が多い方が検索上位になりやすい

初めに、SEO観点から見た
文字数の重要性について解説します。

まず、SEOはご存知の通り
検索エンジン最適化を表す言葉であり
SEO対策を施す事によって
自身のサイトやブログが
検索上位に表示されやすくなります。

で、なんですが

記事の文字数を多くする事は
SEO対策において非常に有効なんです。

現に、適当なキーワードで検索をかけてみれば
スグにお分かりになりますが
文字数が1,000文字もない
そんなサイトやブログなんかは
検索上位には表示されませんので。

そのため、記事の文字数が
1,000、2,000、5,000、10,000と
文字数が増えれば増えるほど
SEO効果が期待できます。

とはいえ、例外はありますがね

【例外】少ない文字数でもいい場合

例えば、文字数が100文字程度しかない記事でも
場合によっては検索トップになれちゃいます。

【実例あり】たった100文字のブログでも検索トップになれちゃいます

では、どうして少ない文字数でも
検索トップになれたのか?

その理由はライバルが少ないからです。

実際、上記記事で挙げた100文字の記事は
「ハーニゥパーニゥ」という
今まで誰一人として記事にした事がない
そんなキーワードで記事を書いたので
ライバルが0人でしたから。

なので、ライバルが少なければ
たとえ少ない文字数であったとしても
検索上位に表示させる事は
十分に可能になるんですね

とはいえ、ライバルが増えてくると
少ない文字数では太刀打ちできませんし
仮にライバルが少なかったとしても
将来的にはライバルが
増えてくる可能性はありますので
記事の文字数は多い方が絶対いいです。

ただし、

何でもかんでも文字数を増やせばOK、
という訳ではありませんからね

文字数が多くても記事の質が低いと意味ナシ

昨今のGoogleなどの検索エンジンは
コンテンツの質を重要視しており
読者にとってためになる記事であれば
文字数が少なくても検索上位に
表示される事があります。

では、「記事の質」とは何なのか?

どうすれば「記事の質」が上がるのか?

これだけやればいい、と
1つに絞る事はできませんが
記事の質を上げるための
1つの重要な要素となるのが…

「情報量」です。

例えば、
「アフィリエイト」について書いている
2つの記事があったとします。

A記事では
「アフィリエイトの概要」、
「アフィリエイトの始め方」、
「アフィリエイトの実体験」の
計三つのテーマについて
記事が書かれていました。

一方、B記事では
「アフィリエイトの概要」と
「アフィリエイトの始め方」の
計二つのテーマについて
記事が書かれていました。

では、A記事とB記事 どちらの記事が
より読者のためになるでしょうか?

普通に考えて
B記事にはない実体験が書いてある
A記事の方ですよね

そのため、「アフィリエイト」で
検索をかけたのであれば
A記事の方が検索上位にきやすいです。

実際、Googleが運営している
ウェブマスター向け公式ブログでも
「特定のトピックに対して包括的」と
書かれていますので
様々な情報が書かれている記事が
質が高い記事となります。

引用元:Googleウェブマスター向け公式ブログ

では、

その後、B記事の運営者が
記事の文字数や情報量を増やすために
「流行りの健康方法」と
「オススメの健康食品」の
2つのテーマを新しく追記したとします。

その結果、A記事は4テーマで
B記事は5テーマになるので
情報量としてはB記事の方が
A記事よりも多くなりますし
文字数もB記事の方が多くなるでしょう。

この時に「アフィリエイト」で
検索をかけた場合
B記事の方が検索上位に来るでしょうか?

答えは「NO」です。

確かに、情報量や文字数は
B記事の方が上になりましたが
新しく追記されたテーマって
アフィリエイトと関係ありますか?

「流行りの健康方法」も
「オススメの健康食品」も
アフィリエイトとは無関係ですよね

そのため、無関係なテーマを追加して
情報量を増やしたとしても
「アフィリエイト」というキーワードの
検索順位は上がりません。

だって、「アフィリエイト」で検索する人は
「アフィリエイト」の情報を求めて
検索をしているのですから
「健康方法」の情報があっても
読者のためにはなりませんからね

要するに、狙ったキーワードに
関連する情報じゃないと
いくら情報量や文字数を増やしても
SEO的に効果はないのです。

まぁ、検索順位のランク付けは
現状、機械が行っていますので
人間感覚とのズレが
出てしまう事はありますがね(汗)

実際、人間にとっては
間違いなくただのクソブログなのに
機械には有用と判断され
検索上位に来てるブログがありますので。
(「いかがでしたかブログ」など)

いずれにしても
情報量がSEOではとても重要であり
読者のためになる情報が多い記事の方が
検索上位に表示されやすくなるのです。

…という事はですよ

情報量が多い方がいいなら
結果として記事の文字数も
必然的に多くなりますよね

情報量が多くなると記事の文字数も多くなる

先ほど例に上げた
「アフィリエイトの概要」と
「アフィリエイトの始め方」の
二つのテーマを書いているB記事を
仮にあなたが書くとしたら
どのくらいの文字数になりますか?

人によって違いは出るでしょうが
最低でも文字数は20文字以上には
どんな方でもなるかと思います。

だって、「アフィリエイトの概要」と
「アフィリエイトの始め方」の
二つのテーマの総文字数が
既に20文字をオーバーしてるのですから
この二つのテーマで記事を書くなら
どう考えても20文字は超えますよね

じゃあ、今度は
「アフィリエイトの概要」
「アフィリエイトの始め方」
「ASPについて」
「無料ブログと有料ブログの違い」
「ワードプレスの使い方」
「コピーライティングについて」
以上 六つのテーマで記事を書くなら
文字数はどのくらいになるでしょうか?

どんなに文章を短く書ける人でも
100文字は絶対に超えます。

このようにSEO対策の一環で
情報量を増やすということは
結果的に記事の文字数も
増える事になるんですね

だからこそ、文字数は多い方がいいのです。

「文字数は多い方がいいのは分かったけど
 結局、何文字がいいの?」

もしかしたら、そんな事を
思われるかもしれませんが
ハッキリ言います。

必要な文字数はライバルブログ次第

です。

上記でもお話したように
たった100文字の記事でも
検索トップになれちゃいますが
逆に、1,000文字や5,000文字も書いても
検索トップになれない事もあります。

結局はライバル次第なんです。

ライバルが全然いなければ
文字数がめちゃくちゃ少なくても
簡単に検索上位になれますが
ライバルが沢山いて
尚且つそのライバルたちが
数千文字の記事を書いていたなら
あなたもそれ以上の文字数を書いて
対抗しなくてはいけないのです。

じゃあ、ライバルブログたちは
どの程度の文字数になっているのか?

それは狙うキーワードによって
千差万別となっていますので
実際に文字数を調べる必要があります。

ライバルブログの文字数を調べるには?

文字数を調べる方法は
いくつかありますが
手軽にできるのは下記の
「ezorisu-seo」を利用する方法です。

引用元:ezorisu-seo

例えば、「アフィリエイト 始め方」
というキーワードを狙うなら
このキーワードで調査開始をすれば
下記のように平均文字数や
最大文字数が表示されます。

この結果から判断するなら
「アフィリエイト 始め方」で
検索上位を狙うのであれば
記事の文字数は8000文字はないと厳しい、
という事が分かります。

ただ、この文字数調査機能は
記事の内容だけでなく
ヘッダやサイドバーやフッターなどの
余分な部分も含めて文字数をカウントするので
そういった部分を除いた文字数が知りたいなら
自分自身で調べるしかありません。

先ほどの「アフィリエイト 始め方」なら
このキーワードで検索して
検索上位に表示されている記事を開き、

その記事内でサイドバー以外の
記事内容の部分を選択しコピーし、

下記の文字数が調べられるサイトに貼り付けて
文字数を調べる感じです。

引用元:文字数カウント

ちなみに、上記記事を調べた結果は
下記の通りとなります。

このようにネット上のサービスを使えば
ライバルブログの記事でも簡単に
文字数を調べる事が可能です。

とはいえ、あまり文字数に
囚われ過ぎるのもよくありません。

文字数を増やそうとして
適当に記事の引き伸ばしをしても
読者のためにはなりませんし
下手すると読者の反感を
買ってしまう事にもなりかねませんからね

そうなると、せっかく文字数を増やしたのに
検索圏外に飛ばされてしまった…
なんて残念な結果になっちゃいます。

そのため、情報量の多さを意識し
情報量を増やそうとして
結果として記事の文字数も増えた、
となっていただければと思います。

くれぐれも文字数だけを増やす事は
やらないでくださいね

以上がSEOから見た文字数です。

それでは続いて
セールスから見た文字数について
解説したいと思いますね

セールスから文字数の重要性

文字数が多い方が売れやすい

アフィリエイトで稼ぐには
アフィリリンクのクリックに
さらに、商品購入などの
何かしらの行動が必要不可欠です。

なので、いかにクリックさせたり
商品購入に誘導させるかが
アフィリエイトでは重要なんですが
そのためにはセールスがいります。

商品のメリットなどを伝える、
セールスを行うことによって
読み手の興味を持たせたり
購買意欲を上げることができれば
アフィリリンクをクリックしたり
商品を購入してくれる確率が
グンっと上がりますので。

で、なんですが

そんなセールスにおいても
文字数は多い方がいいんですよね

実際、何かしらの商品を紹介している
アフィリエイト記事では
文字数の多い記事の方が
商品が売れやすいので。

じゃあ、なんで文字数が多い方が
アフィリエイトする商品が売れやすいのか?

その理由は商品を買う人の立場になって
考えてみれば理解できます。

効果的なセールスは情報量に比例する

仮にあなたの目の前に
アフィリエイト商材があるとします。

そのアフィリエイト商材には
「私A氏がやっている
 アフィリエイト手法を教えます」
と書かれていました。

ここで質問なんですが
もし、あなたならこの商材を
欲しいと思いますか?

A氏のファンならともかく
どんな手法かも分からない段階で
欲しいとは思いませんよね

じゃあ、このアフィリエイト商材に
「この手法で月収50万円を達成」
「最新のアフィリエイト手法」
「初月から報酬が発生」
「初心者でも実践できる堅実な手法」
なんて事も書かれていたらどうですか?

買うかは分からないしろ
少しぐらいは興味が湧きますよね

まぁ、月収500万円を稼ぎ出す、
そんなアフィリエイト手法を探してるなら
月収50万円では興味を抱かないでしょうが
それでも、
「やり方によって月収500万円も可能」
って書いてあれば興味を持たれるでしょう。

つまり、

セールスにおいて重要な
興味や購買意欲というのは
情報量に比例するのです。

情報量が多ければそれだけ
色んなタイプの人たちが
興味や購買意欲を持たれ、
その強さも情報量が多いほど
強くなっていくんですね

さて、

ここまでくればもう、
文字数が多い方がいいのを
ご理解いただけたのではないでしょうか

セールスは情報量に比例するから文字数も多い方がいい

既に
情報量が多くなると文字数も多くなる」で
解説していますが
情報量が増えればそれに比例して
記事の文字数も増えていきます。

なので、情報量が多い方が
セールスでは効果的である以上、
セールスも文字数が多い方がいい、
という事になりますよね

むしろ、SEOよりセールス観点の方が
記事の文字数は増えやすいとすら言えます。

なぜなら、セールスには
「根拠」が必要だからです。

例えば、
「1,000万円を稼ぐ手法を教えます!」
と言われてあなたは
スグにそれを信用されますか?

余程、信頼できる人からの言葉なら
スグに信用されるでしょうか
よく知りもしない第三者なら
常識的に考えて信用しませんよね

だからこそ、信用させるための
「根拠」が絶対に必要なのです。

そして、この「根拠」についても
その量が増えるほどに
信用性は増していきます。

実際、「1,000万円も稼ぐ手法」に対し
「海外の新しい手法だから」という
1つの根拠を上げるだけより
「実践者もいて稼げている」や
「銀行口座に1000万円の入金がある」など
複数の根拠を上げた方が
信用性は高くなりますからね

このようにセールスにおいて
主張したい情報には
根拠となる情報も必要不可欠ですので
情報量が多くなればなるほど
必然的に文字数も増えていくです。

それと、念のために言っておきますが
SEOの時と同じでセールスでも
適当に文字数を増やすのはNGですからね

セールスでも適当な文字数増やしはNG

仮に月収50万円を語っている
アフィリエイト商材があるとしましょう。

効果的なセールスを行うために
「かかる費用について」の情報を
新しく増やすとします。

そうすれば文字数は増えますが
もし、100万円もの費用がかかるなら
この文字数の増やしは
果たしてセールスに役立つでしょうか?

常識的に考えて「NO」ですよね

確かに、文字数を増やす事は
セールスに役立ちますが
その増やしたものがデメリットなどの
マイナスにしかならないものだった場合
逆効果となってしまいます。

まぁでも、デメリット自体を
悪く言うつもりはありません。

実際、デメリットを言うことで
「デメリットを正直に言ってくれたから
 この人は信用できそうかも」と
信用の獲得に繋がる事があるので。

ただし、「100万円もの費用がかかる」は
信用獲得を得る以上の
多大なマイナス点となってしまうので
いくら信用獲得があっても
これでは悪影響でしかありません。

なので、セールスにおいても
適当に文字数を増やすのは
絶対にダメなんですね

ちゃんとセールス効果がある情報で
文字数を増やさないと何の意味もありません。
(むしろマイナスになっちゃいます)

以上、

SEO観点とセールス観点から見て
文字数は多い方がいい事は
ここまでで十分に
ご理解いただけたかと思います。

では、どうすれば記事の文字数を
効果的に増やす事ができるのでしょうか?


賢者は複雑な事をシンプルに考える
          by ソクラテス

お金稼ぎは難しいと
感じるかもしれませんが
突き詰めればたった1つの
単純な本質へとたどり着きます…

その本質とは?

無料メール講座にて公開中!

SEOにもセールスにも効果がある文字数の増やし方

キーワードの深堀をして文字数を増やす

まずは、キーワードの深堀です。

例えば、「アフィリエイト おすすめ」
というキーワードを狙って
ブログ記事を書くとしましょう。

「アフィリエイト おすすめ」の
記事を書くのですから
おすすめのアフィリエイト手法を
記事内で紹介するのが普通です。

でも、おすすめを紹介するだけでは
「私がおすすめするアフィリエイトは
 物販アフィリエイトです!」

これだけで終わってしまいますので
どう頑張ってもブログ記事の文字数は
大した数にはなりませんよね

なので、おすすめを教えたら
次に読者は何が知りたくなるかを
深堀してみるのです。

おすすめ手法を教えたのなら、
今度はその手法のやり方が知りたいのでは?
あるいは、稼げる額が知りたいかも?
それとも、その手法が載っている
おすすめ情報商材が知りたいかな?など。

こうして深堀をする事で
おすすめ手法を教えるだけでなく
その手法のやり方、
稼げる額、
おすすめ情報商材など、
書けるテーマが増えますよね

当然、テーマが増えるのですから
必然的にブログ記事の文字数も
増えることになりますよね

しかも、単なる引き伸ばしではなく
読者が知りたい内容ですので
文字数が増えてもその内容は
読者のためとなります。

他にも視点を変えてみるのもいいですね

視点を変えて文字数を増やす

先ほどの例で言うなら
物販アフィリエイトだけを
おすすめするのではなく
SNSが好きな人のために
Twitterアフィリエイトも
おすすめするとかですね

個人的に物販アフィリエイトがいい、
って思ってたとしても
SNSが好きな人の視点で考えるなら
物販アフィリエイトよりもSNSと関連がある
Twitterアフィリエイトの方がいいですからね

このように視点を変える事で
書けるテーマが増えますので
ブログ記事の文字数を
増やす事ができるのです。

また、視点を変えた話は
読者にとってためになる話です。

「へ~、こんな見方があるのかぁ」
「なるほどねぇ」と
読者に新たな気付きを
与えることができますからね

文字数増やしは読者ファーストが鉄則

ここまで、文字数を増やすための
2つの方法をお伝えしてきましたが
いずれの方法でも重要なのは
読者が欲するテーマを見つける事です。

つまりは「読者ファースト」の精神です。

自身が書きたい事を
思うままに書いて文字数を増やしても
それでは結果は出づらいです。

読者ファーストのブログ記事でないと
アフィリエイトは稼げません。

なので、是非とも読者ファーストの精神で
ブログ記事を書いてくださいね

さて、

ここまで文字数が多い方が
アフィリエイトでは良いと
お伝えしてきましたが
「いきなり文字数が多い記事を書くなんて
 私には無理だよぉ~」と
思われてるかもしれませんね

確かに、文字数は多い方がいいですが
何も、最初から多くなくても
別に大丈夫です。

文字数は最初は少なくてもOK

仮に、ライバルサイトたちが
どれも10,000文字を超えていても
最初から10,000もの文字数で記事を
書かなければいけない、
という事はありません。

もちろん、この状態で検索上位になるには
文字数は10,000文字はないと厳しくはあります。

でも、後で記事の更新をして
文字数を増やしたとしても
SEO効果はあるんですよ

例えば、最初は1,000文字の記事でも
次に2,000文字、その次に3,000文字、
さらにその次は4,000文字…と
徐々に文字数を増やしていけば
検索順位も徐々に上がっていきます。

それに、10,000もの文字数の記事を
書き上げるとなったら
かなりの時間がかかりますよね
(数日、下手すれば数週間…)

当然、記事が完成するまでは
検索結果に表示される事はないので
一切のアクセスが見込めません。

でも、

文字数が少なくても記事を完成させれば
検索結果に表示される可能性はありますし
そうなれば多少のアクセスも見込めます。

なら、少ない文字数の記事でも
まずは記事を書き上げる方が
大事だとは思いませんか?

だって、数週間もかけて
文字数が多い記事を書き上げる場合
その数週間は確実にアクセスゼロですが、
徐々に記事の更新をしていって
文字数を増やしていく場合なら
最初からアクセスがやってくる、
その可能性はゼロではないですからね

もちろん、最初から
多い文字数の記事を書き上げるのは
決して悪い事ではありませんし
既に、書きたい事がいっぱいあって
すんなり多い文字数が書けるなら
それでも全く問題はありません。

とはいえ、そういった方は少数でしょうから
まずは文字数が少なくてもいいから
記事を書き上げる事を目標とし、
その上で記事の更新を行って
段々と文字数を増やす方がいいかと思います。

「情報量を増やしたら文字数も増えた」
これがアフィリエイトではベスト

ここまで解説してきたように
アフィリエイトにおいて重要な
SEOでもセールスでも、
文字数は多い方が効果的となります。

ただし、文字数を増やすために
引き伸ばしをするのは逆効果です。

なので、
「読者が必要な情報を提供する」
これを一番に考えた上で
ブログ記事の文字数を
増やしていただければと思います。

それでは、失礼致します。