増田優太氏のネオレンタルビジネス 今さらAirbnbですか・・・


こんにちは、コンティー海です。


夏といえば、夏野菜とかいいですよね

ナス、トマト、トウモロコシ、きゅうりと、

色々と美味しいものが沢山あります。


やっぱり、旬のものはうまいです!


そんな旬ですが、ビジネスにもあります。

もちろん旬が過ぎたビジネスでは、

稼げるようになるのは難しいです。


今回、評価するオファーも、

正直、旬が過ぎたものと言えます。

それが、増田優太氏のネオレンタルビジネスです。


増田優太氏のネオレンタルビジネス

オファー名:ネオレンタルビジネス

販売者:増田優太

価格:不明

URL:http://minpaku.hosting/opt/semi2/


旬が過ぎてしまったビジネス

早速登録して、確認してみました。

スマホ1台で完結し、初心者でも簡単に利益が出せ、

特別なスキルはいらないみたいですが、


そのビジネスとはAirbnb、民泊ビジネスでした。


個人的には、

「今更、民泊か~」という感じです。


で、増田優太氏と特別講師である、

相澤拓海氏と斎藤優志氏の二人を加えた三人で、

民泊に関するセミナーを行うみたいです。


ちなみに、このセミナーですが、

参加費用が載っていません。

セミナーの予約はできるんですが、

費用がかかるのか? 無料なのか?

が載っていないので、ひょっとしたらセミナー当日に、

セミナー費がかかるかもしれないですね


まぁ、予約するときに何も出ないので、

おそらくは無料でしょうが、

正直、「そこら辺はちゃんと表記してよ~」って感じです(苦笑)


ちゃんとして


ただ、無料であっても、

このセミナーに出る価値があるとは、

個人的には思えないです。



紹介ページ内では、

2016年、最も稼ぎやすいビジネスがAirbnb、

と謳っていますが、そんなことはないと言えます。


増田優太氏がいうAirbnbの予想収益


増田優太氏が上記のような予想収益を謳っていますが、

これは法律的に無理です。


今年の6月に規制改革実施計画が出されましたが、

そこに、民泊の営業日数を年間180日以下にすると、書いてあります。

具体的には下記の記事に書いてありますので、

よろしくければ、ご覧になって下さい。

佐藤健太式Airbnb伝承プロジェクト


これはどうゆうことかと言うと、

稼働率は50%までしかできない、ということです。


要するに、増田優太氏が言うように、

30日近くも営業することができなく、

いくら人気があろうとも15日近くに抑えられる、ということになります。


さらに、先行者利益が出るとも、増田優太氏は謳っていますが、

そんなこともないです。


上記記事に詳しく書いてありますが、

Airbnbの物件数は半年間で約2.5倍と、そうとう増えています。

要するに、かなりライバルが多いということになります。


ライバルいっぱい


ライバルが多い中で、選ばれる物件になるには、

ユーザに「この物件、泊まりたい」と思ってもらう必要があるのです。



例えば、有名な観光地の近くだったり、

駅近くの交通の便がいいところであったり、

インテリアにこだわりがあるキレイな部屋だったり、

アメニティが豊富でwifiなども完備している機能性のある部屋だったりと、

それ相応に何かしらの価値を持っている必要があります。


なんの変哲もない物件では、

選ばれる可能性は低いです。


そもそも、そういった物件ではユーザからの評価も低くなってしまいます。

そうすると、Airbnb内での物件検索で上位表示がされなくなり、

ユーザの目に触れる機会すらほとんどなくなるのです。


それに、民泊では、

維持費というのが結構かかってきます。


民泊を行う上での維持費

以前の記事に書いていますが、

維持費には大体、1ヶ月当たり5万円はかかります。

佐倉仁菜氏(になたん)の引越し億万長者


さらに、この物件が賃貸であれば、

ここに家賃までかかってきます。


維持費と家賃を考えると、

1ヶ月の出費は10万円ぐらいはかかるでしょう。


しかも、ただお金がかかるだけでなく、

色々と行う必要がある作業もあります。

お金だけでなく、時間もとられるのです。

スマホ1台で完了するものではありません。


まぁ、民泊の運用を、代行してくれる業者はいるので、

そういった業者を利用すれば、

スマホ1台で完了するかもしれません。

(のんきにコーヒー飲みながらでも、できちゃうかもww)


スマホで楽ちん


今回のオファーでは、

何も作業を行わずに稼ぐと謳っているので、

おそらく、何かしらの業者を利用するのでしょう。


当然ですが、業者を利用するということは、

利用するための費用がかかります。

ただ、成功報酬型のところもあるので、

業者を利用するのであれば、よくよく確認してみましょう。


以上のことから、個人的には、

民泊ビジネスはオススメではないです。

正直、Airbnbで民泊をやるより、

別のビジネスをやる方がいいでしょう。



旬が過ぎたインフォを購入しないために

このオファーのように、すでに旬が過ぎたインフォを、

販売しているインフォプレナーというのは沢山います。


もちろん、そんな旬が過ぎたインフォを実践したところで、

稼げるようにはなりません。


そういったインフォを購入しないためにも、

当ブログをブックマークして下さい。



そのインフォが、なぜ旬が過ぎたのかを、

論理的に解説しています。


是非とも、当ブログをご覧になって、

色々と情報を得て頂ければと思います。


■追伸

メルマガ登録(トップ用)

 

他にも、個別でのご相談にも乗りますので、

お気軽にご連絡下さい。

コメントの方も、お待ちしております!

コンティー海へ連絡

 

トップページに戻る

↓↓ ためになりましたら、シェアをお願いします! ↓↓

One Response to “増田優太氏のネオレンタルビジネス 今さらAirbnbですか・・・”

  1. テル より:

    民泊って稼ぎずらいんですね
    勉強になりました

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ