宮本健二氏の無敵投資「ファンタジア」 知識不足な投資の解釈


こんにちは、コンティー海です。


今回のオファーは、

豪華クルーズ船内で動画が撮られていました。


自分もピースボートでクルーズ船に乗ったことがあるので、

動画内で出てくる画面がところどころ見覚えのある感じがしちゃいましたw

まぁ、自分が乗ったのは、正直、ボロかったですがね(笑)


とはいえ、ピースボートのボロいクルーズ船も、

2020年には新しいのにするらしいですね

「新しいクルーズ船、エコシップができます!」みたいなことを、

船に乗っている間に言っていたので

(ちゃっかり、「また乗りませんか?」みたいなセールスもかけられましたw)


なので、今回のオファーである無敵投資「ファンタジア」で出てくる、

宮本健二氏にはちょっと親近感を覚えちゃいましたww

まぁ、動画を見進めるうちに、

「え、、、宮本健二氏、何言ってんの?」

って感じになっちゃいましたが・・・


宮本健二氏の無敵投資「ファンタジア」

オファー名:無敵投資「ファンタジア」

販売者:宮本健二

インタビューアー:二谷誠

価格:無料

URL:http://fantasia-dream.com/lp/muteki/


宮本健二氏は投資を何だと思っているのか?

まずは、第1話の動画を載せておきます。





知識、スキル、経験不要で、最低投資金額が20円から始められ、

勝率97%で資産が右肩上がりに増えることが、

約束されている無敵投資らしいですが


具体的な投資内容は第1話では謎のままですね


そして、FXや株などのギャンブルみたいな投資は辞めましょう、

みたいなことを言っています。


・・・別にFXや株はギャンブルではないですけど


ただ、宮本健二氏が言うには、

ギャンブルだから全財産を溶かすと言っています。


・・・いや、全財産を溶かすのはリスク管理ができていないからでしょ


例えば、ある企業Aの株を買ったとしましょう。

この株というのは買った瞬間からいつでも売れるのです。

(もちろん、市場が閉まってたら売れませんがw)


なので、株の価値が下がってきたとしても、

スグに売れば、全財産をいきなり溶かすなんてことにはなりません。

全財産100万円がいきなり0円になることなどないです。

(とはいえ、暴落などがあって一瞬でかなりの損失を被ることはありますが)


こういった自分でリスクをコントロールできるものは投資です。

そう考えると、バイナリーやギャンブルも掛金を調整して、

リスクコントロールができるので投資と言えなくもないですかね


リスク管理


では、なぜFXや株などで全財産を失くす方がいるかと言うと、

価値が下がってきて損失が出てきたときに、

その損失を確定する損切りをしない方が多いからです。



損失が出たときに、

「いやいや、また上がるでしょ」

「こんだけ下がったし、そろそろ上がるでしょ」

という根拠のない理屈を並べて、いつまでも損切りをせずに、

最終的に資金を失くす方が多いと言えます。


このように、FXや株はれっきとした投資です。

一体、宮本健二氏は投資のこと何だと思っているのでしょうか?

むしろ投資のことを何も分かっていないのだと思います。


しかも、宮本健二氏の言う無敵投資は、

おそらくはブックメーカーでしょうが、これこそギャンブルです。


ファンタジアはギャンブル?

このブックメーカーというものですが、0.05ドルから行えます。

要するに、宮本健二氏が言う20円という低資金からできる、

ということに一致するのです。



では、ブックメーカーが何かというと、

簡単に言うと、賭博を行っている胴元のことになります。


日本では賭博は禁止ですが、海外では禁止されていないので、

そういった胴元が色々とあるのです。


ギャンブル


「まさか~、投資って言うんだから賭博じゃないよ~」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

このインフォ業界ではよくあることになります。

当ブログでも、競馬を投資と言っているものを取り上げたことがあります。

岩本圭介氏の3フィンガービジネス


そういえば、この時のインタビューアーも二谷誠氏でした。

ホント、二谷誠氏ってろくなものに出ないですねww


とはいえ、ブックメーカーで稼いでいる方もいらっしゃるので、

実際に稼げるのであれば問題ないですが、

正直、信憑性はなさそうです。


宮本健二氏の信憑性

この無敵投資「ファンタジア」というオファーですが、

いかにも誰でも稼げる、みたいなことを言っていますが、

実際の過去の実績は何も出てきませんし、

なぜ勝率97%が実現できるか、という根拠も示されていません。


そんな状態でこのオファーを信用するのは危ないですし、

信用するべきではありません。



さらに、目立たない特定商取引法に関する表示では、

「この商品は利益を保証するものではありません」

とちゃんと逃げ道を用意しています。


無敵投資「ファンタジア」の特定商取引法に関する表示


さらに、さらに、

視聴回数が31回に対して、コメント数が99個という、

明らかな偽コメントまで用意しています。


無敵投資「ファンタジア」のコメント数
無敵投資「ファンタジア」の視聴回数


様々なことが謎に包まれている状態で、

宮本健二氏の信憑性がない、

ということを考えると、現段階ではスルーが賢明な判断です。



まずは、隠されている謎が出てこない限り、

お話になりません。

とはいえ、隠されるぐらいのものなので、

ロクなものではないでしょうが・・・


ロクでもないインフォを購入しないために

このオファーのように、

具体的なビジネスモデルは隠して、

ただただ稼げると謳うインフォは沢山あります。


そして、大体そういったことをするものは、

役に立たないようなロクでもないものだから隠している、

というインフォが多いです。


当たり前ですが、ロクでもないインフォを購入したところで、

何も変わりませんし、稼げるようにはなりません。


そういったインフォを購入しないためにも、

当ブログをブックマークして下さい。



当ブログではインフォの評価を行っており、

そのインフォが役立つ、まともなインフォであるかを、

論理的に解説しています。


様々なインフォを評価しておりますので、

是非とも当ブログで、情報収集を行って頂ければと思います。


■追伸

メルマガ登録(トップ用)

 

他にも、個別でのご相談にも乗りますので、

お気軽にご連絡下さい。

コメントの方も、お待ちしております!

コンティー海へ連絡

 

トップページに戻る

↓↓ ためになりましたら、シェアをお願いします! ↓↓

7 Responses to “宮本健二氏の無敵投資「ファンタジア」 知識不足な投資の解釈”

  1. yume より:

    宮本健二氏は今まで黒川浩輝という名でブックメーカーの高額塾をやっていましたが、内容はほぼおなじと思われます。ただし参加者で儲かったという話は聞きません・・。

    • コンティー海 より:

      貴重な情報提供、ありがとうございます。

      黒川浩輝氏について少し、調べてみましたが、
      ブックメーカーの無料モニターを出していたみたいですが、
      すでにページは削除されているみたいでした。
      (おそらくこれがyumeさんの言われていたものだと思います。)

      一応、過去のWEBページを見ることはできるので、
      確認してみたところ、今回のオファーと瓜二つで、
      ブックメーカーと書かれていました。
      そして、名前は黒川浩輝氏でした。

      下記にリンクを載せておきますので、
      気になる方はご覧になって下さい。
      (正直、いつまで残っているかは分からないので、
       ご覧になりたい方はお早めに、どうぞ)
      黒川浩輝氏の無料モニター募集

      こういった情報提供のコメントはもちろん、
      当記事や当ブログに対する感想なども、
      お待ちしておりますので、
      よろしければ、コメントを行って頂ければと思います。

  2. はまだ より:

    宮本は黒川と同一人物です。どちらが本名かわかりませんが、本名で堂々とやり続けているのなら詐欺的なものでも別にスルーしてたのですが、あからさまに名前を変えて商材をだしており悪質なので(特商法違反でこれこそ詐欺です) ちょっとスルーできません。

    ノウハウはブックメーカーです。

    ・テニスとサッカーの試合を使います。

    ・テニスはライブベットで格上で強い選手に賭けます。

    ・サッカーは試合70分経過時くらいに、「これ以上この試合で3点~4点は入らない(両チーム合計)」にベットします。

    勝率は高いですが、利益は1~2%です。当然負けるときもあります。テニスでも世界ランク一位のジョコビッチが格下の選手に負けたりもします。

    サッカーも終盤15分ぐらいが一番得点がはいるので、両方あわせて3点以上はいることがよくあります。

    当然負けると全額なくなります。

    そこで、この賭けを途中でやめる「キャッシュアウト、キャッシュイン」というもをの使います。

    黒川、宮本が言うには、「うまく使えば、80%ぐらいは戻ってくる」との話ですが、賭けを途中でやめるということは、当然かなり不利な状況になっているということです。

    8割もどってくるとかあまい状況はめったにありません。

    だいたい戻ってくる金額は、50%をきります。下手すると20%~30%ですね。


    利益率の低い試合でコツコツ稼いでも、イッキに資金がなくなります。株やFXよりはるかに危険で効率が悪いです。


    黒川は、「常に資金は全額かけるのが基本」、利益率が低いのでこうしないと増えません、結局負けるとイッキに資金がなくなるわけです。


    実践者で、ある程度まで資金を増やせた人(運良く)いるようですが、最終的には、皆、資金を失い撤退するようです。


    黒川は、自分ではブックメーカーをせず、こうした商材、塾、課金制の情報(ブックメーカー)を販売することで稼いでいます。

    自分の塾やグループ(高額、30万以上)の参加者にもこうした情報を販売したり、塾やグループに勧誘して稼ぐことを推奨してます。

    追記

    あと、勝率が異常に高くて、利益率の低いものばかりに賭けていると、ブックメーカー運営会社から嫌われて、賭け金に制限がかかったりします(BET365等)

    日本でブックメーカーをやるのなら、賭けて儲けるのでなく、あくまで遊びとしてやるのがいいでしょうね。

    日本で、ブックメーカーの必勝法を見つけるのは難しいと思います。英語が堪能であれば、世界にはブックメーカーの猛者や高い勝率の情報発信者(有料)いるので、必勝法があるかもしれません。

    • コンティー海 より:

      コメントして頂き、また貴重な情報提供、
      ありがとうございます。

      なるほど、テニスとサッカーにベットする、
      ブックメーカーのインフォだったんですね

      それにしても、全額かけるのを推奨するなど、
      資金管理の「し」の字もないですね・・・
      これでは、投資ではなくただのギャンブルと言えます。

  3. 紅ローズ より:

    コンティ―海さん こんばんは
    最近本当に詐欺師が増えて嫌になります。動画内での宮本健二氏が語る一言一言がすべてでたらめで友を亡くしたと言うのもユーザーの心を掴むための芝居の一つにしかすぎません。

    私は宮本健二氏の動画を3話まで見ていましたが話しの内容がどうもうさんくさくてすぐにメール配信を解除しました。

    もとをたたせば全ての始まりが廣岡翔氏から始まりました。
    あの人の紹介してくる人は今まで信用できる良い人っていませんでした。

    何人紹介されたか数えきれません。

    その中でも特にPSP搭載パソコンを作ったと言う柴田省吾氏ですけど、あの人は本当に最悪ですね。インターネットに接続し口座番号を入力してお金を預けほったらかしの状態で資産が増えていくってしかも年利60%完全保証し誓約書に母印まで押したぐらいにして単なるバカとしか言いようがないですね。

    なんだか考えるだけでも腹がたってしまって誰かに愚痴をこぼしたくなりついつい書いてしまいました。

    • コンティー海 より:

      コメント、ありがとうございます。

      確かに、信用できそうな方というのは、非常に少ないですね

      当ブログでもPSPについて評価をしましたが、
      誓約書の中に、違反した場合に何をするかを全く書いていないため、
      とてもじゃないですが、信用できるものではありませんでした。
      柴田章吾氏のマイバンク口座「PSP」

      また、よろしければ、
      当ブログでドンドン愚痴って下さいw

      愚痴をこぼすと、ストレス解消になりますからね

  4. ガロ より:

    宮本氏の事務スタッフの一条さんと言う方から直接勧誘の電話がありました。

    「やりたくてもお金がなく、参加できない人のための分割支払いの案内です」

    とのことでした。

    この電話で「以前、黒川と言う名前で同じような勧誘をされてましたよね。なぜ名前を変えたんですか?」ときくと、「銀行融資が受けやすいから」と言っていました!

    私は元銀行員ですが、あっけにとられてしまいました。

    銀行が本名を偽っている人間に融資することなど天地が引っくり返っても有り得ません!

    法人として借りる場合も個人として借りる場合も、公的な身分証明の提出が必要です。

    もし、これを欺こうものなら融資詐欺、並びに公文書偽造で罪に問われます。

    ファンタジアは断じて信用ならないもので、詐欺連中だと確信しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ