大橋慎也氏のCWS コピーライティング力不要のアフィリエイト戦略


こんにちは、コンティー海です。



当ブログでは、アフィリエイトに関するスキルやノウハウ、

具体的にどうやって収益を発生させるか?

などについて、日々情報発信をさせて頂いてます。



今更ですが、アフィリエイトが何なのかを、

実はしっかりと理解をしていない、という方のために、

おさらいという意味で簡単に説明すると、

他人の商品をネット上で紹介し報酬を得るビジネスです。



例を出すと、自分が持っているブログなどのネット媒体に、

紹介したい商品の広告を置いて、

その広告から誰かが商品を購入すると、報酬が入るという流れになります。



一見、「広告貼るだけじゃん」

と思うかもしれませんが、そんな簡単な話ではありません。




自分のブログで商品を紹介するので、

ブログを見た人が、「コレ欲しい!」

と思ってもらうような文章を書く必要があります。



要するにコピーライティング力が必要なのです。



この能力は、すぐに身につくものではなく、

地道に日々鍛えていくのが一般的な練習方法なんですが、

これを継続するのは中々に大変です。



実際、商品を何回紹介しても、全然売れなく、

そういった努力が報酬に結びつかなくて、

アフィリエイトを辞められる方が後を絶ちません。



他にもブログで稼ぐにはコピーライティング力を身に付ける以外にも、

集客という壁があります。



そこまで難しいことではないのですが、

大体安定的にアクセスを獲得するには3か月は必要で、

当然、記事更新は欠かさずに行う必要があります。



この期間は、アクセスが全然来なくて、報酬も全く上がらないのに、

記事だけは上げ続けないといけないという、

まるでサービス残業をしているかのような状態です。



このサービス残業期間を乗り越えられず、

アクセスも大して集まらないまま、

面倒になり、音を上げてしまい、

記事更新を辞めてしまう方も多いです。



このように、アフィリエイトで稼ごうと思ったら、

コピーライティング力という身に付けるべきスキルや、

記事更新という、毎日の作業があり、

広告を貼ればいいだけ、という楽な作業ではありません。



「広告貼るだけ」という甘い考えでアフィリエイトに参加される方は、

あっという間に挫折しますし、

多少は継続した方でも、

中々報酬が上がらない中で、

面倒な作業を続けることができずに辞めてしまいます。




挫折


この苦難の道のりを進むことができれば、巷で言われている、

何もしなくてもお金が入ってくる状態になれますが、

中々、ゴールできる方は少ないです。



なので、そういったゴールができない方々を狙った、

アフィリエイトのインフォが増えてきました。



「コピペのみのコピーライティング力いらず!」とか

「自動で記事が投稿されるので、記事投稿いらず!」とか



ただ、蓋を開けてみると、

コピペや全自動で作った記事が、質が悪すぎるものが多く、

Google等からスパム扱いを受けて、圏外に飛ばされた、

なんとことはよくある話です。



自分としても、コピーライティング力や記事更新いらずの、

アフィリエイト戦略があれば、

ぜひとも実践してみたいので、

普段から、情報収集は欠かさず行ってます。



そうした情報収集の中で、

画期的なブログ運営方法を見つけました。



それがWIKIです。



このWIKIですが、今までの常識であった苦難の道を進まずに、

収益を発生させることができるので、

アフィリエイト業界のイノベーションとも言うべき運営方法になります。



WIKIという新時代のブログ運営方法


まずは、Wikipedia(WIKI)というのをご存知でしょうか?

ネット上にある百科事典みたいなコレです。



wikipedia


古今東西、様々な情報が載っているので、

利用されている方も多いと思います。



で、このWIKIですが、1人の人間が運営しているわけではなく、

いろんな人がページを作ったり、編集したりできる、

ユーザ参加型の運営方法を取っているのです。



本題に戻りますが、

このWIKIと同様な運営方法を取るのが、

新時代のブログ運営方法になります。



これにより、何が起きるかというと、

自分が何もしなくても、記事が増えていき、

他力本願で自分のブログが強化されていくのです。




しかも、WIKIというのは信用があります。

実際、何かを調べる際に、「○○ WIKI」と検索される方は多いです。



そんな信用があるWIKIで、何かをオススメすれば、

「WIKIでオススメされてるなら買ってみようかな」

と思いますし、さらにユーザ参加型なので、

より信用度を上げるための口コミだって得られます。



このように、WIKI式ブログは、

今までのアフィリエイトの常識を打ち破ることが可能なのです。



打ち破る


コピーライティング力がなくたって、

その信用度で商品は売れていきますし、

日々の記事更新は他人任せで、勝手に増えていきます。



ただ、参加しているユーザが少ない初期段階では、

自分でも記事を作成する必要はありますが、

それでも、書く内容としては、

他の記事内容をコピペしてまとめるのみです。



あくまで、百科事典なので、事実を書く必要があり、

むしろ凝った文章など書く必要などなく、

コピーライティング力は必要になりません。



やることと言ったら、

ネットサーフィンのような、

簡単にできる作業で情報を探し、

これまた簡単作業であるコピペでその情報を記事にするだけです。



で、そんな簡単作業をどの程度やれば、

ネット上で認知され、ユーザが増えていくかと言えば、

大体、200回ぐらいのコピペが必要になります。



「ええ? 200回もコピペするの?」

と思ったのであれば、このページを閉じて、

旧式アフィリエイトを実践してください。



はっきり言って、

コピペという作業は地味ではありますが、かなり楽な作業です。




簡単


いろんな情報をリサーチして、

そこから独自の考えを持ち、それを伝えるために、

あれやこれやと文章の書き方に悩む必要はないですし、

書く内容とトレンド情報を合わせて、

「うまい!」と思わせる文章を書くために、

自分の脳ミソをフル回転させる必要だってありません。



ただ、勘のいい方でしたら、

「コピペしたら、コピーサイトってGoogle等に認定されるんじゃない?」

と思うかもしれません。



しかし、その点は全くと言っていいほど問題ないです。



なぜなら、

現在あるまとめサイトの殆どが、

Wikipediaやニュースサイトの文章を、

丸々抜粋しサイトを運営しているものがあります。



あれって、言ってしまえばコピーサイトですよね?



にもかかわらず、なぜスパム判定や、

コピーサイト判定をされないか、ご存知でしょうか?



答えは簡単で、そのサイトが、

第三者が関与できるかできないかの差です。



つまり、第三者がコメント出来たり、

自由に編集ができるかどうかがスパムかどうかの、

判定の基準になります。



もちろん、これは確実な情報ではありませんが、

今現在、ほぼコピーサイトといっていいまとめサイトや、

自分のこれまでの検証でも、SEOの上位にいるものは、

皆、この状態に設定し運営しています。




他にも、人の知りたいという、

知的好奇心を満たすためのサイトは、

ほぼほぼ、上位表示されるので、

コピーサイト等の心配はいらないと言っていいです。



しかし、そんなWIKIの恩恵を受けられるのは、

極わずかの専門的な知識を持っている人だけになります。



その専門的な知識というのが、WIKI文法です。



革新的なブログ運営方法であるWIKI式ブログですが、

そのWIKI文法のせいで、

参入障壁は非常に高く、

中々、手を出しずらいものでした。



ただ、最近になって、専門知識がなくても、

WIKI式ブログが運営できる、というインフォが出ました。



それが、大橋慎也氏のCWSです。



今まで、コピーライティング力で悩んだり、

日々の記事更新に疲れている方には朗報ですし、

これからアフィリエイトに参入したい、という方でも、

苦難の道を歩まなくても済みますので、

是非とも、この先を一字一句余すこと無く読んでください。




また、当ブログからは、

CWSと相性のいいオリジナルの特典もご用意しましたので、

ご期待、頂ければと思います。



大橋慎也氏のCWS


オファー名:CWSClock Work System

販売者:大橋慎也

販売会社:野口企画

価格:24,800円

CWSの詳細はこちらから



初心者でも自然にできる、優しいCWS


まず、このインフォの第一印象としては、

正直、「また、くだらないインフォかな?」

という感じでした。



コピペのみのコピーライティング力いらずで、

記事も自動更新されると謳っているので、

「世に溢れかえっている無価値なインフォと同じかな?」

と疑うのは、当然の反応でしょう。



ただ、その感想は間違いであり、

WIKIという明確な根拠がある以上、

稼げて当然のスキームであるのは上記で書かせて頂いた通りです。




では、WIKI式ブログを運営するにあたって何を変えるかと言えば、

実は何も変わらず、普段のブログ運営と同じなのです。



というのも、このCWSでは、

一般的なブログをWIKI式ブログに変換するコンテンツを用意しているので、

そのコンテンツを取り入れるだけで、WIKI式ブログになります。



一度設定するだけで、

後はいつもと変わらずにブログ運営ができるのです。



例えば、記事投稿する画面は下記の通りで、

一般的にブログを運営するときに使われている、

ワードプレスの画面と同じなのが分かると思います。



CWSの記事作成画面


しかも、下部に検索機能まで付いているあたり、

ユーザの利便性をよく考えていますし、

個人的に非常に好感を持てます。




WIKIという性質上、検索は頻繁に行いますし、

その検索を、記事を書きながらできるのは嬉しい機能です。



では、「銀魂 かぶき町大活劇」に関するWIKIを作ったと仮定して、

実際にどのように記事を作成するかを説明します。



ただ、必要な作業というのは、たったの2ステップです。



1ステップ目:情報収集

まずは、ネットサーフィンを行い、

「銀魂 かぶき町大活劇」に関するサイトを見つけ、

情報を取得します。



銀魂 かぶき町大活劇のツイッター
銀魂 かぶき町大活劇の公式サイト


2ステップ目:取得した情報を記事にする

後は取得した情報を、自分のブログに上げるのみです。



銀魂 かぶき町大活劇の記事


このように、通常のブログ運営とは違い、

誰でも出来るネットサーフィンと、

ほぼコピペのみの作業だけで済みます。




まぁ、記事投稿も、

編集するユーザさんが増えてくれば、

自分がやらなくても勝手に増えていくので、

最終的にはいらなくなりそうですけどね(笑)



見て頂いた通り、CWSではWIKI文法という専門的な知識がなくても、

既存の知識のみで実践できるコンテンツを用意しているので、

ブログ初心者さんでも安心してできます。



今までWIKIという恩恵を受けられなかった人でも、

誰でも、簡単にWIKIという恩恵を受けられるので、

このコンテンツだけでも十分に価値がありますが、

これに加えて、爆発的に集客を行う方法まで載っています。



アンテナサイトという潤滑油


ユーザ参加型のWIKI式ブログを運営するので、

ユーザが集まって来れば、何もしなくてもガンガン記事が増えていきますが、

コンテンツ数の少ない初期段階では、どうしても集客パワーが少なく、

参加するユーザというのが少なくなりがちです。



そんな初期段階時の集客力不足を補い、

より早くWIKI式ブログを回すための潤滑油になるのが、

アンテナサイトになります。




潤滑油


もしかしたら、

「アンテナサイトなんて初めて聞いたよ、何それ?」

と思われているかもしれないので、簡単に説明すると、

様々な他サイトの最新情報を受信しそれをサイトに表示しているものです。



で、このアンテナサイトなんですが、

今現在、めちゃくちゃGoogleに優遇されているサイトと言えます。



なぜなら、

昨今、お金儲けを優先しすぎたサイトの乱立から、

ゴミみたいな情報を上位に表示させるより、

様々な他サイトの情報が表示されるサイトの方が、

有益だとGoogleが認定したからです。



その証拠に、「○○ 最新情報」などの、

複合キーワードで検索をすると、大体その検索の、

1ページには2~4つのアンテナサイトが表示されています。



*クリックすると検索結果の画面が開きます。
複合キーワードの検索結果



これは紛れもなくGoogleが、

アンテナサイトを認めている証拠といっても過言ではありません。



そんな空前のSEO無双を起こしているアンテナサイトで集客を行い、

その集めた人たちをWIKI式ブログに流すことにより、

初期段階時の集客力不足を補うのです。



しかも、ただ集めるだけではなく、

アンテナサイトにクリック型広告を配置して、

報酬まで得てしまおう、という流れになっています。



WIKI式ブログの運営に加えて、

アンテナサイトからの集客も行い、

さらにはキャッシュポイントも増やすという、

一石二鳥、三鳥もの、完璧に計算されたビジネスモデルです。




これには正直舌を巻くほど驚きました。



驚き


ビジネスとは様々な経験や絶妙な発想から、

新たなビジネスモデルが誕生するとよく言いますが、

このマニュアルを考案した販売者さんは、

それができる優秀な方なんだと、

個人的にかなりの好印象を感じています。



ただ、「複数のサイトを運営するなんて大変そう・・・」

と不安になるかもしれませんが、

実は、アンテナサイトというのは何もしなくても運営できるのです。



というのも、監視するサイトを決めたら、

後は自動で、そのサイトの最新情報が、

自分のアンテナサイトに表示するようにしてくれる、

無料サービスがあります。



その無料サービスを使い、最初の設定さえ終えれば、

後は手放しで勝手に運営されるのです。



もちろん、その無料サービスについては、

マニュアル内に詳しく書いてあります。



なので、複数のサイト運営を行いますが、

メインで更新を行うのは、WIKI式ブログの1つだけという、

非常に効率的なモデルになっています。




効率的


また、CWSで手にできるものは、

これだけではありません。



至れり尽くせりなマニュアル


CWSのマニュアルはこんな感じに纏められています。



CWSのマニュアル一覧


総ページ数は約200ページ強で、

図解入りで分かりやすいという印象でした。



マニュアルには、ワードプレスも分からないような、

超初心者さんのための、

ワードプレスインストールガイドも入っているので、

何の知識もない、ゼロからの状態でも始められます。



仮に、ワードプレスを使ったことがある方でも、

作業を効率化する、役立つプラグインの導入方法~使用方法までが、

詳しく載っているので、便利です。



さらには、アンテナサイトを使った集客方法以外にも、

FacebookやツイッターなどのSNSを使った方法、

キュレーションサイトを使った方法、などなど

多岐にわたって様々な集客方法も解説されています。



そして、CWSの要であるWIKIについてのサイト戦略や、

収益最大化の裏技なんかも解説されているので、

正に、至れり尽くせりなマニュアルです。



是非、このマニュアルを手にして、

うまく学んで実践して頂き、

稼いでもらいたいのが自分の願いですね



で、そんな願いをより確実に実現するために、

当ブログから特典を出したいと思います。



コンティー海があなたの不安を完全サポートします


今回この有益で優良といえるマニュアルの紹介にあたって、

マニュアルと並行して実践すると、とんでもなく恐ろしく稼げてしまう、

「収入アップのプレミアム特典」を20枠限定で配布します。



というのも、自分はこのアフィリエイト系のノウハウは、

自分のホーム収益場といえるほど、得意分野なので、

かなり充実している且つ、有益ですぐにでも稼げてしまうノウハウを、

提供できる自信があります。



正直、このノウハウは今までの総額で、

5年間で3000万円は余裕で超えるほどの収益を生み出している、

生きたノウハウなので、是非この特典も使ってもらい、稼いで頂きたいです。



なぜなら、自分は数年前まで、

半年以上も数百円しか稼げなかった時期があったのですが、

あるノウハウや仕組みをちょっと取り込んだだけで、

結果が大きく変わりました。



ここで言わせていただきたいのは、

自分が稼いでいるというアピールがしたいのではなく、

稼げない方や、稼げない時期のつらさが非常にわかるからこそ、

この特典を使い、自分のような苦い思いを、

今、この記事を読んでいるあなたに、して欲しくないんですね



もちろん、そういった苦い時期があったからこそ、

今の自分は存在しているのですが、

早く稼ぐのと、ゆっくり稼ぐのとではどう考えても、

前者の方がいいですよね?



また、稼ぐからこそ見いだせる、気づけることも多々あります。



お金がすべてとは言いませんが、

この世の悩みの90%はお金を稼ぐことで解決できます。



自分も稼げるようになったせいか、

その90%で悩んでいたことがぶっ飛んでしまいました。



やはり、人間にはある程度の余裕がないと、

見いだせないものがあるので、この特典で、

その近道をし、新たな境地に立ってください。



さて、長くなってしまいましたが、

以下より自分の特典がどんな感じになっているのか、

解説していきますので、是非ご覧いただき、

その凄みを知っていただければと思います。



・海式クリエイティブイメージパック・零



この特典では、なぜこのノウハウにおいてWIKIなのかを解説し、

通常の理解度をさらに増すことで、収益額を安定させる知識が詰め込まれてます。



・海式スクリーンパフォーマンス解説書



この章では画像の重要性や画像が人の脳や、

クリック率に影響する心理学を応用し1.5倍のクリック率をはじき出す、

人間の盲点ともいえる思考を操り収益金を伸ばしていく、

裏技が解説されています。



・海式ユーザー巻き込み型のシステム構築法



はっきり言って、単発でクリックや商品が売れるなどの、

システムが出来上がっていないアフィリエイトは、

タラれば実践です。



そのため、この解説書では、

いかに計算されたやり口で人を誘導し、

人が全く気づかれることなく行動(書かせる)を、

コントロールするかの極意が解説されていますので、

目玉の特典項目といっても過言ではありません。



・海式炎上商法を変形させたワイルドな裏テク



言葉の通り、

この手法は炎上を狙ったちょっとグレーな手法なんですが、

心がきれいすぎる方には、再現できないかもしれません。



といっても誰かが痛い目に合うというわけではないのですが、

多少、片足をどぶに突っ込んでもいいという方のみ、

実践してください。



手法自体も中学生程度の日本語力と、

理解力があればだれでも実践できますし、

収益結果は2~6倍ほど跳ね上げることも可能です。



以上の4項目だけ今は公開させていただきますが、

それ以外にも、ここでは正直書けないような恐ろしい手口を、

特典内に記載しておりますので、

是非そちらも購入後はご期待いただければと思います。

CWSの特典付き申し込みページはこちらから



CWSのまとめ


さて、最後になりましたが、簡単にまとめです。



このCWSは、WIKI式ブログに関するインフォとなっており、

普通のブログをあっという間に、

WIKI式ブログに変身させてしまうコンテンツがあり、

それに付随して、収益最大化をするためのWIKIサイト戦略、

爆発的に人を集める集客戦略も記載されています。



ユーザ参加型のWIKI式ブログであれば、

自動で記事更新がされ、

WIKIという信用度から商品も売れます。



また、WIKI式ブログで記事を上げるにしても、

内容としては、様々な他サイトの情報をコピペして、

上げるのみです。



自分の頭を必死に働かせて、

面白い文章を作る必要はありませんし、

毎日の面倒な記事更新も、他力本願で出来てしまいます。



今までのアフィリエイトの常識であった、

苦難の道を進まなくても、

簡単作業のみで稼いでいくことができるのです。



巷に溢れている、根拠もなくコピペのみで完了する、

と謳うインフォとは、一線を画しますし、

不明な人口知能での自動投稿、と謳うインフォと比べても、

そもそも、他人という人間が記事を更新するので、

人口知能とは比べものにもなりません。




また、当ブログからは、より収益を上げるための

「収入アップのプレミアム特典」を、

20枠限定ではありますが、用意させて頂きます。



ちなみに、このWIKI式ブログですが、

参入するとしたら、今、このタイミングがいいです。



というのも、

本家Wikipediaの客離れが始まっているからになります。

実際、2007年には56,000人もいた編集者が、

2012年には35,000人まで減少しました。



wikipediaの編集者数のグラフ


その理由として、本家Wikipedia側が、

ユーザーに対し「お布施をしろ」的なアピールを、

かなりの頻度で行っているからになります。



このWikipedia側の行いにより、

「人のふんどし(知識)で補われているのに寄付しろなんて虫が良すぎる」

と思われているため、

そういったアピールをしないで実践できる、

今回のアフィリエイト手法は、

その穴をついた、いい手法といっていいのです。




当たり前ですが、

「お金をくれ」とアピールするサイトと、

ただ広告だけを貼っているサイトであれば、

当然後者のサイトの方が信頼性が高いですよね。



だからこそ今がチャンスなのです。



チャンス


ぜひとも、このインフォを手にして頂き、

今の苦難の道からいち早く抜け出し、

あなたのブログ運営に、

イノベーションを起こして頂ければと思います。


CWSの特典付き申し込みページはこちらから



さて、ここまでざっと解説させていただきましたが、

何分つたない文章になっているかもしれないので、

これをお読みいただいた方でCWSのここも知りたい、

という方のためにメールフォームをご用意しました。



是非お気軽にメールして頂き、

ご質問いただければと思います。

コンティー海へ連絡



では失礼致します。

↓↓ ためになりましたら、シェアをお願いします! ↓↓

2 Responses to “大橋慎也氏のCWS コピーライティング力不要のアフィリエイト戦略”

  1. 森眞吾 より:

    インターネットビジネスの経験はありません!勿論アフィリエイトの世界はわからないです。CWSも理解しておりません。
    しかし インターネットビジネスは何でもいいから 初心者が意外と簡単にできるものを探しています。そして虫のいい話ですが稼ぎたいと思っております。CWSは本当に初心者でもできますか?
    もう少し知りたいですがーーー。よろしくお願いいたします。

    • コンティー海 より:

      コメント、ありがとうございます。

      CWSは、初心者さんにもオススメできるインフォです。

      継続して行うべき作業は、ネット検索をして得てきた情報を、
      そのままコピペのように上げるだけです。
      今の時代、ネット検索やコピペという作業は、
      どんな方でも行ったことがあると思います。

      最初の構築段階は、されたことのない作業だと思いますが、
      インフォ内に、手順がきちんと載っており、
      サポート期間もありますので、迷うことはないです。

      何より、一度構築してしまえば、
      後は、誰でもできる簡単作業だけで済みます。

      CWSを手に入れて、コツコツと簡単作業を積み重ね、
      稼いでいって頂ければと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ