ブログアフィリエイトの簡単なコツ ○○演出とは?

こんにちは、コンティー海です。



ネットビジネスと言われて、

ブログアフィリエイトをイメージされる方は、

少なくないと思います。



そこで、今回は、ブログアフィリエイトを実践する上で、

誰でもできる、ちょっとしたコツについて書かせて頂きました。



基本的には、ブログアフィリエイトで、

メインになるのは質のいいコンテンツ(記事)ではありますが、

それだけでは、読者は中々ついてきません。



ブログでの記事は、

本屋さんにあるような、ためになる本や、面白い本とは、

利用者の状況が違います。



その利用者の状況を理解し、

ブログアフィリエイトコツを意識しないと、

折角、いい記事を書いても読まれない、

という悲しい状況になってしまうのです。




これからアフィリエイトを始めたい方にはもちろんのこと、

既に実践しており、いい記事を書いているにも関わらず、

滞在時間が短い、と感じている方には、

参考になりますので、この先をご覧頂ければと思います。



ブログ


ブログアフィリエイトで成功するための○○演出


まず、イメージして頂きたいのですが、

本屋さんに言って、気になるタイトルのものがあれば、

その本を手に取って、中身を”読む”と思います。



本と言うのは読むものであり、

ただ、眺めているだけでは、本の内容は分かりませんからね



では、ネット上で何かしらの検索を行い、

気になるタイトルの記事があって、クリックした場合、

その記事は確実に読まれるのでしょうか?



結論から言うと、そんなことはなく、読むのにストレスを感じる、

ページであれば、速攻でページを閉じられます。




閉じる


自分も、新聞のように文字がびっしりと埋まっているページなど、

読みたくも、見たくもないですし、

そういった方がほとんどでしょう。



ブログの記事というのは、

クリックされたからといって、

本のように確実に読まれるものではありません。



では、どうするかと言えば、

利用者にストレスを与えない、読みやすさの演出が必要なのです。




そして、この演出はSEOにも効果があります。



SEOに効果があり、集客アップにつながる


「読みやすさの演出とSEOが関係あるの?」

と感じるかもしれませんが、

大いに関係があります。



というのも、読みやすさの演出を行えば、

ブログの滞在時間が増えるからです。



読みにくいブログというのは、

速攻でページを閉じられる可能性が高く、

そのため、滞在時間が短くなります。



一方、読みやすければ、

記事の内容を、最後まで読んでもらえる可能性が高いので、

滞在時間が長くなります。



この”滞在時間が長くなる”、というのが、

SEOに効果があるのです。



ご存知かもしれませんが、

Google等の検索エンジンというのは、

滞在時間というのが一つの評価基準になっています。



例えば、ダイエットに関するブログAとBがあったとしましょう。



その時、ブログAの平均滞在時間が5秒、

ブログBの平均滞在時間が1分なら、

普通に考えて、ブログBの方が見たいですよね



むしろ、平均滞在時間が5秒しかないブログAなど、

あまりの滞在時間の短さから、

怪しさすら感じるのではないでしょうか



このように、滞在時間が長ければ、

検索エンジンなどから評価されますし、

評価されれば、検索上位に表示されるので、

結果として、集客アップにもつながります。




集客アップ


だからこそ、ブログアフィリエイトにおいて、

読みやすさの演出は非常に大切なのです。



しかし、演出と言われると、

ちょっと難しいように感じるかもしれませんが、

誰でもできるちょっとしたテクニックで、

読みやすさを演出することができます。



読みやすさを演出する三つのテクニック


それでは、ここからは、

読みやすさを演出するための三つのテクニックを、

ご紹介したいと思います。



1:余白を付ける



まずは、下記の二つの文章をご覧ください。



・文章1

こんにちは、コンティー海です。
ネットビジネスと言われて、
ブログアフィリエイトをイメージされる方は、
少なくないと思います。
そこで、今回は、ブログアフィリエイトを実践する上で、
誰でもできる、ちょっとしたコツについて書かせて頂きました。
基本的には、ブログアフィリエイトで、
メインになるのは質のいいコンテンツ(記事)ではありますが、
それだけでは、読者は中々ついてきません。



・文章2

こんにちは、コンティー海です。


ネットビジネスと言われて、

ブログアフィリエイトをイメージされる方は、

少なくないと思います。


そこで、今回は、ブログアフィリエイトを実践する上で、

誰でもできる、ちょっとしたコツについて書かせて頂きました。


基本的には、ブログアフィリエイトで、

メインになるのは質のいいコンテンツ(記事)ではありますが、

それだけでは、読者は中々ついてきません。



いかがでしょう?

どちらも全く同じ文章ですが、

文章2の方が読みやすいのではないでしょうか?



逆に、文章1は行と行の間に余白がなく、

ぎゅうぎゅう詰めにされているように感じ、

読みにくかったと思います。



このように、ちょっとした改行を加えるだけでも、

読みやすさを演出することは可能です。



2:同じ語尾を続けない



それでは、次に下記の二つの文章をご覧ください。



・文章1

太郎君は朝起きました。
起きると、すでに時間は8時をまわっていました。
これでは遅刻すると、急いで準備をしました。
その後、朝食をかっこみ、学校に向かいました。



・文章2

太郎君は朝起きました。
起きると、すでに時間は8時をまわっていたのです。
これでは遅刻すると、急いで準備をしました。
その後、朝食をかっこみ、学校に向かったのです。



どちらも、同じ内容の文章ですが、

文章1は語尾にすべて「ました」を付け、

文章2は「ました」と「です」を交互に付けました。



たったこれだけの違いですが、文章2の方が何やらテンポが付いて、

面白味があるのではないでしょうか?



逆に、文章1は、語尾が全て同じで、

テンポがなく、つまらない文章に感じるかと思います。



このように語尾をちょっと意識するだけで、

文章のつまらなさを払拭し、

読んでもらえる文章になるのです。



とはいえ、1文ごとに語尾を変えていくのは難しいと思いますし、

変な語尾になって、文章自体に違和感を与えてしまっては、

元も子もないので、最低でも、

3回連続で同じ語尾にならないように気を付けて頂ければと思います。



3:色を付ける



それでは、次に下記の二つの文章をご覧ください。



・文章1

インフォプレナーAは以前にも、
無価値なインフォを販売していました。

今回のインフォも、前回と同様、
その全貌は謎に包まれており、
詳細な情報は一切、明かしていません。

そのため、前回同様、
無価値なインフォである可能性が高いため、
購入するのは辞めた方がいいです。



・文章2

インフォプレナーAは以前にも、
無価値なインフォを販売していました。

今回のインフォも、前回と同様、
その全貌は謎に包まれており、
詳細な情報は一切、明かしていません。

そのため、前回同様、
無価値なインフォである可能性が高いため、
購入するのは辞めた方がいいです。



文章1も文章2も、このインフォは購入しない方がいい、

ということを伝えるための文章ですが、

文章2の方が、より伝えたい文に目が留まったのではないでしょうか?



このように、色を付けることにより、

その部分に、目が留まるようにすることが可能です。



ブログアフィリエイトでは、

長々と文章を書くこともありますが、

伝えたいことと言うのは、

そんなに多くなることはありません。



大抵は、その伝えたいことを書くために、

根拠や例題などの肉付けをしていることが多いからです。



そのため、長々とした文章の中でも、

伝えたいことを確実に伝えるために、

色を付けるのです。



ただし、むやみやたらに色付けしても、

効果はありませんからね



仮に、例題文章の赤文字部分を、

下記のように増やした場合、



インフォプレナーAは以前にも、
無価値なインフォを販売していました。

今回のインフォも、前回と同様、
その全貌は謎に包まれており、
詳細な情報は一切、明かしていません。

そのため、前回同様、
無価値なインフォである可能性が高いため、
購入するのは辞めた方がいいです。



赤文字部分より、むしろ黒文字部分の方が、

目立ってしまいます。



あくまで、色を付けるというのは、

周りと違うデザインにすることにより、

目立たせるのが目的なので、

頻繁に使うと効果が薄くなるのです。



また、あまり沢山の色を使ってもクドイので、

せいぜい、2~3種類に絞って、

色付けされるのをオススメします。



以上が、ブログアフィリエイトで、

読みやすさを演出するための、簡単なテクニックです。



正直、誰でもできるテクニックだと思いますので、

これから記事を書くさいは意識して頂き、

読みやすさを改善し、滞在時間を伸ばして頂ければと思います。




それでは、失礼致します。



■追伸

メルマガ登録(トップ用)

 

他にも、個別でのご相談にも乗りますので、

お気軽にご連絡下さい。

コメントの方も、お待ちしております!

コンティー海へ連絡

 

トップページに戻る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ