佐渡凌一のゼトラス…かなり不安なんですが


こんにちは、コンティー海です。



「AI(人工知能)」の研究は

色んなところでされており

ちょこちょこニュースでもAIの話が出るようになってきましたね



で、今回はそんなAIが搭載されたシステムらしい

佐渡凌一氏が開発したゼトラスというものを取り上げました。



なんでも、佐渡凌一氏が言うには

ゼトラスというシステムは

仮想通貨の自動トレードシステムらしく

このゼトラスを使って

1000人で1000億円を目指すとのこと



「なんかAIが入ってるなんて、ゼトラスって凄そう」



なんて「AI(人工知能)」という言葉に

過剰に期待を持たれた方がいらっしゃるかもしれませんね



ただ、現実的な話をしてしまうと

現状のAIは一般の人が思ってるほど

凄いものではないんです。



また、ゼトラスを開発したという佐渡凌一氏ですが

どうもAIに対する知識が全然無いような感じなんですよね…



なので、率直な感想を言わせていただくと

佐渡凌一氏のゼトラスにはかなりの不安を感じちゃいました。



まぁ、詳しくはこの先に書かせていただきましたので

佐渡凌一氏のゼトラスにご興味を持たれている方は

是非とも参考にしていただければと思います。



佐渡凌一のゼトラス


販売者:佐渡凌一

オファー名:ゼトラス

インタビューワー:仲矢翔

価格:無料

URL:https://signal-jp.net/st02-haoa/



AIには種類がある


多くの方は「AI(人工知能)」と聞くと

「ドラえもん」や「ターミネーター」などの

人間と同じことができる機械、

ということをイメージされるかと思います。



もちろん、AI研究の中にはそういったものもありますが

それはあくまで「強いAI」と呼ばれるものが該当します。



しかし、今使われているAIは「強いAI」ではなく

「弱いAI」と呼ばれているものです。

(「強いAI」はまだまだ研究段階です。)



専門的な話は理解しずらいと思うので割愛しますが

「弱いAI」というのは

日常の中で見ることができるそこら辺の機械と同じで

同じ作業を黙々と繰り返すことしかできません。



なので、いくらゼトラスがAIを搭載しようが

日々、変化する仮想通貨市場では

ハッキリ言って、大した役には立ちません。




まぁ、チャート分析でよく話題になる

「ダブルトップ」や「ダブルボトム」などの

何かしらの「形」を見つけるのには役には立つでしょう。



しかし、



いくらその「形」を見つけようが

それだけで稼げるようになるほど甘い世界ではなく

絶対的に、人間ならでは「経験」や「カン」が必要になってきます。



もちろん、佐渡凌一氏のゼトラスを取り入れて

トレードの手助けをさせるのはありですが

それだけでずっと稼げるようになるかと言えば

現段階のAIの機能ではまず不可能です。



そのため、このゼトラスに限らず

あまり「AI」に対して過度な期待を持つのは

辞めた方が賢明かと思います。




バツ



まぁ、そもそも

ゼトラスにAIが搭載されてるかも怪しいですがね



佐渡凌一氏、ホントにシステム開発のリーダーだったの?


佐渡凌一氏が用意した動画の中で

佐渡凌一氏は

「ディープラーニングという機械学習」と言ってました。







ゼトラスのことを説明してる時に

佐渡凌一氏がそう言ってたんですが

この発言を聞いた時自分は思わず

「えぇ…」と思ってしまいました。



「ディープラーニングという機械学習」という発言から分かる通り

佐渡凌一氏は

「ディープラーニング = 機械学習」と思ってるみたいですが

この二つって全然違うものなんですよ



簡単に言うなら

人間側がある程度進む道を決めるのが「機械学習」で

全てをAI側が決めるのが

「ディープラーニング」となっています。



例えば、「移動平均線を使った投資手法をやりたいな~」

と思ったなら

「機械学習」でそう設定して

移動平均線の投資手法をAIに学習させればいいですが

「ディープラーニング」は

「どの投資手法を使うか?」も全てAI側が学習し判断するんです。



なので、「ディープラーニング」というのは

「機械学習」の上位版というイメージであり

いうなれば、「ドラえもん」や「ターミネーター」みたいなものなんです。



当然、ディープラーニングを使うのか、機械学習を使うのかでは

コンセプトが全く違いますし

開発する上で使用するアルゴリズムやプログラム、

さらにはシステム設計の仕方だって相当変わってきます。



まぁ、自分は元システムエンジニア(SE)ではありますが

AIの専門家ではないので

そこまで詳しく知ってるわけではないですが

それでも、上記に書いたことぐらいは知ってます。



にもかかわらず



AIを搭載したらしいゼトラスの

システム開発のリーダーである

佐渡凌一氏があんな発言をするなんてオカシイですよね



佐渡凌一氏はシステム開発のリーダー



だって、ゼトラスのシステム開発リーダーなら

AIの専門家と言っても過言ではありませんし

それなのに、AIに関して間違った発言をするのは

普通に考えて、あり得ませんからね




まぁ、まだゼトラスの全容は明かされてないので

何とも言えない部分はありますが

それでも、佐渡凌一氏の信用性は正直低いので

かなり不安があるオファーではあります。



それに、仮想通貨のトレードをするなら

「投資資金」が必須ですし

それこそ、佐渡凌一氏が語った「億」を目指すのであれば

最低でも、数百万円単位の大金が必要です。



しかも、トレードを行う以上

マイナスになる可能性は絶対にゼロになりませんし

最悪の場合、その大金を一瞬で失うことすらあります。




想像してみてください…



あなたの大切な100万円や200万円というお金が

いつの間にか「0」になってた時を…



考えただけでも怖いですよね



なので、そういった「失うリスク」に

少しでも恐怖を覚えた方は

「失うリスク」がない稼ぎ方を

実践される方がいいかと思います。



具体的には、費用が一切かからないものがいいですね



なんせ、費用がゼロということは

何も失うことがありませんからね



ちなみに、ついこの間取り上げた

キャッシュクリエーションクラブ(CCC)は

費用ゼロで実践することができる

「失うリスク」が全くないものとなっています。



しかも、「国内」と「海外」を融合させて

全く新しいビジネスモデルなんで

ライバルが全くいない

正に、ブルーオーシャンな稼ぎ方なんですよね



つまり、初心者さんでも稼ぎやすいです。



まぁ、詳しくは下記リンク先の記事に書いてありますので

もし「失うリスクゼロ」で

ガッツリと稼ぎたいという方は

是非とも、ご覧になっていただければと思います。

⇒「失うリスクゼロ」のモデルを見てみる



今までになかったそのビジネスモデルに

「そんな稼ぎ方があるのか!?」と

驚かれると思いますので


⇒驚きのビジネスモデルを確認



それでは、失礼致します。



成功するための無料メルマガ


メルマガ

 

今、激熱なオススメ商材!

■磯島氏のキャッシュクリエーションクラブ

磯島氏のキャッシュクリエーションクラブ

詳細はこちらから

 

■斎藤健太氏のマネスタ

斎藤健太のマネスタ

数あるSNSの中で
ダントツにレスポンスがいい
可能性の塊であるインスタグラムで
不労収入を得てみませんか?

詳細はこちらから

 

よく読まれている人気記事

強欲

■成功への近道は「強欲」になることです
普段は嫌われることが多い強欲な人
でも、強欲な人の方が成功しやすいです。
⇒詳細はこちらから

アフィリエイトで稼ぐのに必要な要素

■アフィリエイトで稼ぐのに必要な要素はたった「二つ」だけです
アフィリエイトって難しいように感じますが
実は、稼ぐのに必要な要素は二つしかないんです。
⇒詳細はこちらから

行動

■ためらうよりスグ行動に移した方が賢い二つの理由
色んな不安があってついつい行動に移せない…
でも、さっさと行動に移した方が賢いんです。
⇒詳細はこちらから

自己紹介

■ネットビジネスで生計を立てるまでの軌跡と簡単なプロフィール
自分がネットビジネスで
生計を立てるまでの経験を公開中
⇒詳細はこちらから

磯島氏のキャッシュクリエーションクラブ

■楽に大金が稼げる磯島氏のキャッシュクリエーションクラブについて
国内と海外を合わせてた唯一無二のビジネスモデル!
⇒詳細はこちらから

 

あなたからのご連絡をお待ちしております!

もし、商材についてもっと聞いてみたいことがあったり

あなたが実践しているネットビジネスで

相談してみたいことがありましたら

遠慮なく、お気軽にご連絡くださいね

conty_umi@yahoo.co.jp

 

おそらく、自分のようにネットビジネスで生活してる人は

まだまだ珍しいと思いますし

そうなると、中々近くの人に相談するというのは難しいと思うので

是非とも、ご相談いただければと思います。

 

一つ一つ、丁寧にお答えさせていただきますので

コンティー海に相談してみる

 

また、コメントからのご連絡もお待ちしております!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ