AIEを手掛ける滝川准士(じゅん)はダメICOコンサルタント


こんにちは、コンティー海です。



今年に入ってから様々なICOが出ていますが

今回は取引所をオープンするためのICOとなっており

その名も、「AIE」というらしいです。



ちなみに、AIEを手掛けているのは

滝川准士(じゅん)氏という人になっています。



なんでも、滝川准士氏が言うには

モンゴルには仮想通貨の取引所がないから

ここに取引所を作ればガッツリと儲かるとのこと



さらには、滝川准士氏が作る取引所で

得られた利益のいくらかが

AIEを保持している方々に分配されるらしいです。



ホントに、滝川准士氏が豪語してることが実現されるなら

AIEを売ることによって得られた売買利益だけでなく

継続した利益をも得られることになるので

「利益」という部分だけで見れば

かなりオイシイICOではあるでしょう。



しかしですね、



この「滝川准士」という人物は

ハッキリ言って、ダメICOコンサルタントだと思います…




滝川准士氏のAIE


販売者:滝川准士

オファー名:エクスチェンジ・アンバサダー

販売会社:MEDIA TYCOON HOLDINGS LIMITED

価格:無料

URL:http://ea-y.net/lp/2rfjl/



モンゴルで取引所をオープンするべきでない


まず、自分が滝川准士のAIEをパッと見た時

「なんで、わざわざモンゴルでやるの?」

という感想を抱きました。



というのも、モンゴルでは

何度かデフォルト(国家破綻)が起こっており

お世辞にも豊かな国とは言えないんですね



それに、つい1~2年前にも経済危機で

パニックが起きてるぐらいなので



モンゴルのパニック



確かに、資源が豊かな国であるのは

滝川准士氏の言う通りではあるんですが

別に、滝川准士氏が開く仮想通貨取引所に

その資源が必要になるかと言えば

答えは「NO」です。



だって、仮想通貨というのは

ネットさえあれば使えるものである以上

リアルにいくら有用な資源があろうとも

何ら関係がありませんからね



まぁ、法人税は日本と比べて大分安くはありますが

大手取引所バイナンスが移転したマルタでも

法人税はかなり安いですし

他にも、規制が緩いスイスという選択肢がある以上

モンゴルを選ぶ理由が何にもないんですよね



正直、取引所の関係者と接点があるなら

これぐらいのことは知っていて当たり前なんですが

それでも、旨味のないモンゴルをおすあたり

「滝川准士氏のビジネスセンスはゼロではないのか?」

と感じてしまいました。




ぶっちゃけ、滝川准士氏の動画をちょっと見ただけで

上記のように、「滝川准士」に対して

ダメなイメージを持ってしまったんですが

動画をさらに見進めると、

もっとダメなイメージを持ってしまいました…



滝川准士氏…ちゃんと調べたの?


動画内で滝川准士氏は

モンゴルで取引所をオープンする理由の一つとして

「モンゴルに取引所がない」と言っていました。



まぁ、取引所がない国で

取引所をオープンすることができれば

その国内での需要を取り込めることができるので

かなり儲けることは可能でしょう。



でも、実は既に



「IDAX」という取引所がモンゴルには存在しており

ネット上での売買もできちゃうんです。



IDAX
引用元URL:https://www.idax.mn



つまり、滝川准士氏が語っていた

「モンゴルに取引所がない」という話は

全くのデタラメだった、というわけなんです。



というか、

こんなの少し調べれば簡単に分かる話ですし

それこそ、取引所の関係者と

接点があることを自称している滝川准士氏であれば

知ってなくてはいけないことだと言えます。



にも関わらず、この「IDAX」を知らないのは

「滝川准士氏って初心者さんなのか?」

とすら思ってしまいました(苦笑)



他にも、モンゴルの著名人である

「Ganhuyag Ch. Hutagt」や「Gantulga Dorjdugar」などの方々から

バックアップが受けられると滝川准士氏は言ってるんですが

この方々のツイッターやフェイスブックを見る限り

「滝川准士」や「AIE」との接点は

何にも出てこなかったんですよね



Ganhuyag Ch. Hutagt氏のツイッター


Gantulga Dorjdugar氏のフェイスブック



実際にこの方々から

バックアップが受けられるほどの関係であれば

SNS上で「滝川准士」や「AIE」の情報が出てきても

何ら不思議ではないんですが

こうも情報が何も出てこないところをみると

「ホントにこの著名人の方々と面識があるのか?」

という疑念を抱いちゃいました。




というか、情報業界で紹介されるICOって

ウソ偽りを書いて、

紹介するICOをスゴそうに見せてるものが

かなり多いんですよ



現に、つい最近でた金森力氏のICOで

マースグローバルという企業の名前を出してたんですが

マースグローバル側から

金森力氏との関係をきっぱり否定されてましたし…



まぁ、だからと言って

滝川准士氏のAIEについても

同じように偽りを書いてるのかは分かりませんが

少なくとも、モンゴルで取引所をオープンする理由は

何に無いことは紛れもない事実ですし

そんなモンゴルを勧める滝川准士氏に

ビジネスセンスが無いのは間違いありません。




当然、そんなビジネスセンスのない

滝川准士氏のICOに参加したところで

稼げるわけがありませんので

参加されない方がいいかと思います。



それでは、失礼致します。



成功するための無料メルマガ


メルマガ

 

今、激熱なオススメ商材!

■磯島氏のキャッシュクリエーションクラブ

磯島氏のキャッシュクリエーションクラブ

詳細はこちらから

 

■児玉聖氏のMC Engine

児玉聖氏のMC Engine

「一級品のツール」と
「効果絶大のノウハウ」が一緒になった
スーパー・ハイブリッド・ビジネスセット!

詳細はこちらから

 

よく読まれている人気記事

強欲

■成功への近道は「強欲」になることです
普段は嫌われることが多い強欲な人
でも、強欲な人の方が成功しやすいです。
⇒詳細はこちらから

行動

■ためらうよりスグ行動に移した方が賢い二つの理由
色んな不安があってついつい行動に移せない…
でも、さっさと行動に移した方が賢いんです。
⇒詳細はこちらから

災難

■コインチェックのやらかしによってネム保有者に降りかかる災難
日本を震撼させたコインチェック事件
そしてネム保有者には更なる災難が…
⇒詳細はこちらから

自己紹介

■ネットビジネスで生計を立てるまでの軌跡と簡単なプロフィール
自分がネットビジネスで
生計を立てるまでの経験を公開中
⇒詳細はこちらから

児玉聖氏のMC Engine

■児玉聖氏のMC Engineという超次元なツールビジネスセットについて
一級品のツールと効果絶大のノウハウが一緒に!
正に、スーパー・ハイブリッド・ビジネスセット
⇒詳細はこちらから

 

あなたからのご連絡をお待ちしております!

もし、商材についてもっと聞いてみたいことがあったり

あなたが実践しているネットビジネスで

相談してみたいことがありましたら

遠慮なく、お気軽にご連絡くださいね

conty_umi@yahoo.co.jp

 

おそらく、自分のようにネットビジネスで生活してる人は

まだまだ珍しいと思いますし

そうなると、中々近くの人に相談するというのは難しいと思うので

是非とも、ご相談いただければと思います。

 

一つ一つ、丁寧にお答えさせていただきますので

コンティー海に相談してみる

 

また、コメントからのご連絡もお待ちしております!


4 Responses to “AIEを手掛ける滝川准士(じゅん)はダメICOコンサルタント”

  1. 通りすがりのサラリーマン より:

    確かにモンゴルで仮想通貨取引所をオープンするのは
    得策ではなさそうですね
    いざオープンしても経済破綻してしまっては
    取引所にかなりのダメージが出そうですね
    ところでこの滝川准士って人
    容姿は変わってますが百田正文って人だと思います。

  2. 滝川准士は百田正文です より:

    この滝川准士って人www
    福岡出身の百田正文、百田政文、百田悠希と
    名前をコロコロ変えている詐欺師ですねww

    • コンティー海 より:

      コンティー海です。
      コメント、ありがとうございます!

      ちなみに、別の方からメールをいただいたのですが
      どうやら滝川准士氏(百田正文)は
      詐欺まがいの社債を販売していた
      ガテックジャパンとの関わりもあるようです。

      これだけの情報が出ている以上
      このAIEというオファーは
      かなり危険なオファーでしょうね

  3. DD より:

    動画を見たんですが字幕の和訳がでたらめでした。さらにモンゴル側から提携などしていないと否定しています。皆さん気を付けてください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ