久世誠氏のオールウィナーには入国したくないな…


こんにちは、コンティー海です。



「作業ゼロ、努力ゼロ、才能ゼロで稼げます!」

そんな人の心をくすぐる甘い言葉で

情報商材を販売されている方はごまんといますが

その多くは、買ったら後悔するような残念なものばかりです。



もちろん、

中にはそんな甘い言葉を実現しているものはありますが

実際は抜きん出た才能が必要であったり、

もの凄い作業量が必要だったり、

ヒドイ時は、そもそも全く稼げるようなものでなく

むしろ、マイナスになるようなものすら存在します。



そして、今回取り上げた

久世誠氏のオールウィナープロジェクトに関しては

「ヒドイ」パターンになりそうな商材だと感じましたね(汗)




まぁ、詳しくはこの先に書かせていただきましたので

もし、久世誠氏のオールウィナープロジェクトを見て

「長年みずほ銀行で働いてたんだから

 お金稼ぎに関してはスゴイ人なのか?」

と少しでも勘違いをされた方は

その認識を改めていただければと思います。



久世誠氏のオールウィナー


オファー名:オールウィナー

販売者:久世誠

販売会社:合同会社トラストイノベーション

インタビューワー:加藤ヒロアキ

価格:無料

URL:http://all-winner-project.com/lp/1/



オールウィナーの内容とは?


まず、久世誠氏が言うには

オールウィナープロジェクトに参加すれば誰でも

作業、努力、準備、才能ゼロで

毎月100万円が提供されるとのこと



また、このオールウィナーに参加者が増えると

久世誠氏自身にも利益があると言ってました。







で、これだけの情報でも

自分の中でパッといくつかのビジネスモデルが浮かんだんですが

下記画像を見た時に

「あ~、あのビジネスモデルをやるのか」と

久世誠氏のオールウィナーを断定することができました。



PAMMの結果


では、



そのビジネスモデルが一体何かと言えば

「PAMM」と呼ばれているものになります。



というのも、

「PAMM」をやったことがある人なら分かるのですが

上記画像の画面って「PAMM」を実践している人に送られてくる

収益結果の報告書なんですよね



そのため、実際に「PAMM」をやったことがある自分には

久世誠氏のオールウィナープロジェクトが

「PAMM」であることが分かるんです。




とはいえ、「PAMM」は日本では実践できないため

「PAMM」と言われてもほとんどの方が

「?」になっていると思いますので

簡単に説明すると、FXの代行みたいなものです。



要は、自身でFXを実践するのではなく

第三者であるA氏に自身の資金を預けて

そのA氏が実際にFXを実践し

そこで出した利益の一部が

あなたに還元されるというものです。



つまり、久世誠氏のオールウィナーというのは

あなたの資金を久世誠氏に預けて

久世誠氏がその資金でFXを実践し

そこで出した利益の一部が

あなたの収益になるということになります。




そのため、久世誠氏が言うように

作業、努力、才能ゼロで実践することは可能ではあります。



なにせ、久世誠氏があなたの代わりにFXをするのですから

あなた自身が難しいFXをしなくても済みますからね



しかし、



誰でも毎月100万円が貰えるかといえば

それはまず無理だと思います。




毎月100万円が貰えない二つの理由とは?


第一にFXで収益を上げるため

月に100万円を貰おうと思ったら

かなりの資金が必要になるからです。



仮に、久世誠氏が毎月

月利20%もの好成績を出すと考えるなら

月に100万円を貰うためには

最低でも1000万円の資金が必要になります。



「月利20%なら500万円では?」と

思われたかもしれませんが

「PAMM」で出した利益の半分ぐらいは

実際にトレードをした人の利益になるため

月利20%という成績であっても

実際にあなたのところに入るのは月利10%分になるからです。



そのため、月に100万円を貰おうとしたら

1000万円という資金が必要になるのです。



そして、そんな大金をポンと出せる人なんて

まず、いませんよね



無理



それに、もしもそんな大金をポンと出せるとしても

久世誠氏がその大金から

FXで実際に利益を出せるかといえば

個人的には無理だと感じます。




というのも、オールウィナーの紹介ページや動画で

みずほ銀行という大手バンクに長年勤めていたから

久世誠氏は金融のプロであり

そのため、久世誠氏はお金を稼ぐことに精通していると

しきりに語っていました。



では、そんな元銀行員である久世誠氏が

FXでホントに利益を出せるかと言えば

そんな風には思えませんよね



確かに、FXは金融の一種ではありますが

だからと言って、FXで利益を出せるかと言えば

それは全くの別問題です。



だって、久世誠氏が動画でも語っていましたが

銀行員というのは金融商品を勧めるだけで

実際にFXのトレードを行うことはありませんからね



要は、野球選手として優秀な人だったとしても

野球監督として優秀な人になるかは別問題ということです。



これが第二の理由になります。



そのため、最低でも

久世誠氏のトレーダーとしても能力が

ホントに高いのかを見極めるまでは

オールウィナープロジェクトには参加しない方がいいです。



なにせ、FXを行うということは

損失を被る可能性があるということであり

そんな中で久世誠氏の能力を見誤るということは

最悪、久世誠氏に預けた数十万、数百万というお金が

久世誠氏にせいでゼロになるということなので…




まぁ、他人にお金を預けて

他人に何かしらの稼ぐ作業を行ってもらうのは

楽ではありますが

その反面、失敗して預けたお金が

無くなってしまうというリスクもあります。



なので、そういったリスクが怖いというなら

あなた自身が稼ぐ作業を行うものが

あなたに向いているでしょうね



ただ、あまり難しい作業は行えないというのであれば

以前、当ブログで取り上げた

MC Engineというものが、あなたにピッタリだと思います。



なぜかと言えば、

MC Engineで行うべき作業はパクリメインの簡単作業のため

スキルの無い初心者さんでも

容易くこなせるからです。



しかも、MC Engineにはすんごいツールが付いてるんですよ



そのツールを使うと

作業スピードを最大8倍にまで増やすことができる

まぁ~、ヤバいツールなんです。



と、MC Engineについて簡単に解説しましたが

詳しく解説すると長くなってしまうので

もし、簡単作業だけでガッツリと稼ぎたいなら

下記リンクをクリックしていただき

MC Engineの詳細をご覧いただければと思います。


⇒MC Engineの詳細を見てみる



MC Engineの全貌をたったの5分間で分かるように

凝縮して内容を書かせていただきましたので

⇒5分間でMC Engine見る



それでは、失礼致します。



成功するための無料メルマガ


メルマガ

 

今、激熱なオススメ商材!

■磯島氏のキャッシュクリエーションクラブ

磯島氏のキャッシュクリエーションクラブ

詳細はこちらから

 

■斎藤健太氏のマネスタ

斎藤健太のマネスタ

数あるSNSの中で
ダントツにレスポンスがいい
可能性の塊であるインスタグラムで
不労収入を得てみませんか?

詳細はこちらから

 

よく読まれている人気記事

強欲

■成功への近道は「強欲」になることです
普段は嫌われることが多い強欲な人
でも、強欲な人の方が成功しやすいです。
⇒詳細はこちらから

アフィリエイトで稼ぐのに必要な要素

■アフィリエイトで稼ぐのに必要な要素はたった「二つ」だけです
アフィリエイトって難しいように感じますが
実は、稼ぐのに必要な要素は二つしかないんです。
⇒詳細はこちらから

行動

■ためらうよりスグ行動に移した方が賢い二つの理由
色んな不安があってついつい行動に移せない…
でも、さっさと行動に移した方が賢いんです。
⇒詳細はこちらから

自己紹介

■ネットビジネスで生計を立てるまでの軌跡と簡単なプロフィール
自分がネットビジネスで
生計を立てるまでの経験を公開中
⇒詳細はこちらから

磯島氏のキャッシュクリエーションクラブ

■楽に大金が稼げる磯島氏のキャッシュクリエーションクラブについて
国内と海外を合わせてた唯一無二のビジネスモデル!
⇒詳細はこちらから

 

あなたからのご連絡をお待ちしております!

もし、商材についてもっと聞いてみたいことがあったり

あなたが実践しているネットビジネスで

相談してみたいことがありましたら

遠慮なく、お気軽にご連絡くださいね

conty_umi@yahoo.co.jp

 

おそらく、自分のようにネットビジネスで生活してる人は

まだまだ珍しいと思いますし

そうなると、中々近くの人に相談するというのは難しいと思うので

是非とも、ご相談いただければと思います。

 

一つ一つ、丁寧にお答えさせていただきますので

コンティー海に相談してみる

 

また、コメントからのご連絡もお待ちしております!


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ