大橋慎也氏のCWSで”社畜”から救済される仕組みを作る


こんにちは、コンティー海です。



「仕事が辛い…もう働きたくない…」



社会に出て働けば、苦しいことはありますし

そんな痛々しい思いを、一度は感じたことがありますよね



現に、働くことが美徳とされてきた日本でも

今や半数以上の人が「できるなら働きたくない」と思っている

という調査結果も出ています。



本音は働きたくない人の割合
引用元URL:http://sirabee.com/2016/06/20/132756/



とはいえ、日々生活していくためには

お金がかかる以上、「もう、イヤだ…」と思いつつも

働いてお金を稼がなければなりません。



なので、上司からの理不尽な言葉の暴力や

同僚からのモラハラに耐え忍んだり

山のような仕事を押し付けられ

ボロボロになりながらも毎日残業したり、休日出勤したりと

悲痛な思いを抱えて、仕事を続けている人は多いでしょう。



悲痛


しかも、ほとんどの人は

やりたくもない仕事をしていると思いますし

その現状に、虚しさすら感じている人もいらっしゃると思います。



でも、家賃、ローン、税金、生活費、

借金の返済など、様々な費用がかかる以上

お金の問題を解決しなくては

会社に拘束され続けますし、永遠に”社畜”のままです。




正直、こんな人生など

働くために生まれてきたようなものですし

それでは、あまりにも悲しすぎませんか



でも、既にそんな悲しい現状を受け入れてしまい

何か行動を起こしてまで、現状を変えたくないなら

このページを閉じてください。



ただ、



少しでも悲しい現状を打破するために行動したい

と思っているなら、ちょっとだけお時間を取って頂ければと思います。



なぜなら、今回取り上げた大橋慎也氏のCWSは

そんな悲しみを払拭できるものだからです。



解放される


端的にCWSの内容を言うと

とある自動更新サイトの仕組みと

誰でもできる簡単作業を積み重ねることで

働かなくても楽してお金が入る

不労収入の仕組みを作り上げるノウハウになります。



そうなれば、様々なしがらみから解放されますし

肉体的にも精神的にも余裕を持った生活が可能です。



もし、社畜から救済され

あなたらしい自由なライフを、喜びに満ち溢れながら送りたいなら

是非とも、ワクワクしながらこの先を読み進めて頂ければと思います。




大橋慎也氏のCWS


オファー名:CWSClock Work System

販売者:大橋慎也

販売会社:野口企画

価格:24,800円

CWSの販売ページはこちらから



購入者をバカにするようなガラクタとは、一線を画す


働かなくてもお金が入る、不労収入と言われると

「え~ウソでしょ」「ホントにそんなことができるの?」と

色々と疑惑を持たれると思います。



うまい話には裏があると言われていますし

そういった話は警戒するのが当然です。



いつの時代にも、他人からお金を搾取しようと画策している

恐ろしい人たちは沢山いますからね(汗)




実際、不労収入を謳う

様々な商材を個人的に見てきましたが

そのほとんどがガラクタでした。



例えば、自動記事更新ツールで

記事を書かずに報酬が自動で入りますという商材だと

自動作成された記事の質が悪すぎて

アクセスがゼロで報酬もゼロだったり

システムを設置するだけで勝手にトレードをしてくれる

自動売買を謳うFX商材だと

そのトレードロジックが破たんしていて

報酬がゼロどころか、マイナスになることすらあります。



しかも、手厚いサポートがありますと書いてあるのに

質問メールを送っても、いつまでも返信がなかったり

返金保証もありますと書いてあるのに

あれやこれやと理由を付けては返金しなかったりと

購入者からしたら「ナメてるの?」と

激怒するような対応をしているとこもあります。



挙句の果てには、商材の販売者が雲隠れをして

返金しようにも泣き寝入りするしかなくなり

悔しさをかみしめた人も沢山いらっしゃいました。




怒り


それだけに、CWSの販売ページを開いて

1記事も書かずに報酬を得る、と書かれているのを見た時

個人的には「またか!」と、呆れましたし

購入するつもりは全くなかったです。



ところが、その考えは一変しました。



まず、一通り販売ページを読まないと

今までのガラクタと同じだと言いきれないので

最後まで読み進めたのですが

そこには、不労収入を得るための確かな理論があったのです。



そのため、自分の中にある呆れが、段々と確信に変わりましたし

最終的にはCWSを購入しちゃいました。



で、CWSを手にし、マニュアルを読み進めたのですが

正直、マニュアルを読み終えた頃には

その革新的な戦略に感服しましたし

そんな戦略を考え出した

大橋慎也氏のビジネスセンスの高さには

ただただ「脱帽」という感じでしたね




だからこそ、そんな秀逸なCWSをこうして紹介している次第です。



それでは、ここから先は

その革新的な戦略について詳しく解説します。



思わず怨んでしまう、自動更新という非道サイト


CWSはアフィリエイトに関する商材であり

冒頭で、とある自動更新サイトの仕組みと

誰でもできる簡単作業を積み重ねることで

不労収入を得ると書かせて頂きました。



そこで、まずは自動更新サイトについて説明します。



アフィリエイトと言えば

サイトを作って、記事を上げていき

報酬を得るという流れが一般的です。



そのため、記事を書くためのネタ探しや

面白い文章を書くためのスキル、センスも必要であり

それを日常的に続けなくてはいけないので

記事作成というのはかなり大変な作業と言えます。



でも、実は自動で記事が更新される

アンテナサイトというものがあるのです。




もしかしたら「アンテナサイトなんて初めて聞いたよ、何それ?」

と思われているかもしれないので

簡単に説明すると、様々な他サイトの最新情報を受信し

それをサイトに表示しているものになります。



例を出すと、こんな感じのサイトで

ほぼ他サイトへのリンクしかありません。



アンテナサイトの例


最初にアンテナサイトを知ったときは

「いや、そんなのムリでしょ」と不快感すら感じました。



だって、大変な思いをして記事を作って

サイトを運営をするのが常識なのに

自動更新でサイトを運営するなんてアホな話

どうしても蔑んでしまいます。



それに、そんなことがまかり通ったら

「今までは何だったのか」と憎しみすら感じます。



まぁ、その当時はそんなことも考えましたが

上記で書いた通り、アンテナサイトはちゃんと存在しますし

しかも、今現在メチャクチャGoogleに優遇されているサイトです。



なぜなら、昨今、お金儲けを優先しすぎたサイトの乱立から

ゴミみたいな情報を上位に表示させるより

様々な他サイトの情報が表示されるサイトの方が

有益だとGoogleが認定したからです。



その証拠に、「○○ 速報 まとめ」などの

複合キーワードで検索をすると、大体その検索の

1ページには2~4つのアンテナサイトが表示されています。



*クリックすると検索結果の画面が開きます。
「芸能速報まとめ」の検索結果



これは紛れもなくGoogleが、

アンテナサイトを認めている証拠といっても過言ではありません。



そんな、空前のSEO無双を起こしているアンテナサイトで

クリック型広告を配置して、キャッシュポイントを作るのが

CWSの第一段階になります。




当然、SEO無双を起こしているので

アンテナサイトにはかなりのアクセスがきますし

クリック型広告であれば

アクセスをキャッシュに変えるのは簡単です。



ただ、集客力はあるものの、他サイトの情報を載せているので

どうしても他サイトにスグに遷移することが多く

広告のクリック率は悪くなりがちですし

効率的に報酬を得るのが難しいと言えます。



そのため、良くても月に数万円ほどの報酬にしかなりません。



まぁ、早ければ数分間で完了する設定さえ終えれば

自動でサイトが更新されるようになり

その後は、ちょっとしたメンテナンスだけで済むようになるので

その必要時間の少なさを考えれば

数万円の報酬でも、あり得ない高パフォーマンスだと言えます。




でも、この程度ではちょっとしたお小遣い程度の額です。



これでは、脱社畜を実現できるの程の報酬額ではありませんし

会社に辞表を出すことなどできません。



ただ実は、CWSというのはアンテナサイトの商材ではないです。



確かに、アンテナサイトだけに特化した商材もあり

CWSと同じぐらいの値段で販売もされていますが

アンテナサイトはただのサブであり

メインは全く別のものになります。



そして、そのメインにより

月に数十万円という収益を得ることが可能になるのです。




それでは、いよいよCWSの核心に触れていきます。



ワンランク上の不労収入が得られる、デタラメな○○ブログ


第一段階では、アンテナサイトで報酬を得ながら

集客パワーを蓄えましたが

今度は、その集客パワーを使い

さらなる不労収入を得るための、あるブログの解説です。



そのブログとはWIKI式ブログになります。



そもそも話なのですが

Wikipedia(WIKI)というのをご存知でしょうか?



ネット上にある百科事典みたいなコレです。



wikipedia


古今東西、様々な情報が載っているので

利用されている人も多いと思います。



で、このWIKIですが

1人の人間が運営しているわけではなく

いろんな人がページを作ったり、編集したりできる

ユーザ参加型の運営方法を取っています。



そして、ユーザ参加型のブログを運営するノウハウというのが

CWSのメインになるのです。




ここまで解説すると、CWSのノウハウがいかに計算され尽した

革新的なノウハウであるかが、少しずつイメージできてきたかと思います。



ピコーン


つまり、赤の他人でも記事更新ができるブログが作れるので

自分が何もしなくても、勝手にブログの記事が増えていくという

まるで、ポルターガイストみたいな現象が起こるのです。



それに、アンテナサイトとは違い

ただ他のサイトの最新情報を載せているのではなく

人間が新しい記事を作成していくので、質の違いは歴然です。



もちろん、質の高いブログであれば

滞在時間は増えますし

そうなれば、同じクリック型広告でも

クリック率は上がり、結果として報酬も増えます。



さらに、WIKIには信用があります。



実際、何かを調べる際に

「○○ WIKI」と検索される方は多いです。



そんな信用があるWIKIで何かをオススメすれば

「WIKIでオススメされてるなら買ってみようかな」

という心理が働きますし

それゆえに、商品が売れることによって報酬が入る

成約型広告でもキャッシュを生むことができます。



当然、クリックするだけで報酬が入るクリック型広告より

難易度の高い成約型広告の方が、報酬額は圧倒的に高いです。



このようにWIKI式ブログというのは

質の高い記事を、自動生成できる仕組みによる滞在時間のアップや

WIKIという信用度により、成約型広告も狙えるという特徴から

アンテナサイトより効率的に不労収入を得ることが可能になります。




ハッキリ言って、月に20~30万円という

一般的な生活を送るための月収であれば、十分に射程圏内ですし

むしろ、月収50万円越えのちょっとリッチな生活も狙えます。



ここまでの説明で

CWSに期待を抱いていることでしょうが

それでも「参加者って簡単に増えるの?」と

まだ疑問な部分があるかもしれません。



確かに、WIKI式ブログを立ち上げたばかりでは

媒体力が弱いため、アクセス数はかなり少ないでしょうし

それでは参加者は中々増えないでしょう。



でも、そのために第一段階があるのです。



アンテナサイト ⇒ WIKI式ブログへの導線を作り

アンテナサイトの集客パワーを利用すれば

効率的に参加者を増やすことができます。



この入念に考えられたノウハウには

あなたも驚かれたことでしょうし

正直自分も、CWSの全貌を知った時には舌を巻くほど驚きました。




驚き


ビジネスとは様々な経験や絶妙な発想から

新たなビジネスモデルが誕生するとよく言いますが

CWSのビジネスモデルは、正にそんな斬新なビジネスモデルと言えますし

それを考え出した大橋慎也氏には驚嘆です。



しかも、この斬新なビジネスモデルには

追い風が吹いており、今がチャンスと言えます。



本家の衰退から見えるビジネスチャンス


まずは、下記グラフをご覧ください。



wikipediaの編集者数のグラフ


これは、本家WIKIの参加者数のグラフなのですが

ご覧の通り、年々減少しているのが分かると思います。



「本家がこんななのに、WIKI式ブログに参加する人なんかいるの?」

と、普通はそう考えるでしょう。




確かに、本家WIKIに参加者離れが起こっているなら

WIKI式ブログにも参加者離れが起こる

と考えるのは自然な流れですが

一つ、考えなければならないことがあります。



それは”なぜ参加者離れが起こったか?”です。



理由は簡単で、本家WIKIがユーザーに対し

「お布施をしろ」的なアピールを

かなりの頻度で行っているからになります。



この行いにより

「人のふんどし(知識)で補われているのに寄付しろなんて虫が良すぎる」

と感じる人が増え、本家WIKIを毛嫌いし

参加者離れが起こったのです。



要するに、編集したいというニーズは減ることなく

本家WIKIの参加者だけが減ったのです。



ということは単純に、本家WIKIから離れた参加者が

WIKI式ブログに流れてくる可能性が高いと言えますよね



編集したいというニーズが残っていて

本家WIKIを毛嫌いしている状態で

WIKI式ブログを見つければ

そっちに移るのが当たり前でしょう。



また、WIKI式ブログでは、ただ広告を貼るだけなので

“お金をくれ”アピールなんて必要ありませんし

毛嫌いされる心配もありません。



だからこそ、本家WIKIから参加者を効率的に奪える

今がベストタイミングなのです。




とはいえ、さすがにWIKI式ブログを用意しただけで

中身が何もないスカスカの状態では

あまりにも見栄えが悪すぎなので

それでは、参加しずらいブログになってしまいます。



なので、多少は自分でコンテンツを用意しなくてはいけません。



ただ、WIKIという性質上

コンテンツを作ると言っても、誰でもできる簡単作業のみで

手軽にコンテンツを作ることが可能です。



えっ?たった2ステップで大丈夫?


既に解説しましたが、WIKIというのは

ネット上の百科事典になります。



なので、ありのままの事実を書く必要があり

そこに凝った文章は必要ありませんし

文章スキルやセンスは1ミリも必要ありません。



やることは下記のたった2ステップのみです。

1:知らない単語を検索する

2:検索結果をコピペする




よりイメージしやすいように

“銀魂 かぶき町大活劇”に関するWIKIを作ると仮定して

実際にどのようにコンテンツを作成するかを説明します。



1:知らない単語を検索する

まずは、Google等で”銀魂 かぶき町大活劇”を検索し

下記のように関連するサイトを見つけ

自分のWIKI式ブログに載っていない

知らない単語(情報)を探し出します。



銀魂 かぶき町大活劇のツイッター


銀魂 かぶき町大活劇の公式サイト


2:検索結果をコピペする

検索して、知らない単語(情報)を見つけたら

後はそれを、自分のWIKI式ブログにコピペで上げるのみです。



銀魂 かぶき町大活劇の記事


たった、コレだけですし

この程度、中学生でもできますよね




ただ、勘のいい方でしたら

「いやいや、それじゃコピーサイトって認定されてダメでしょ」と

嫌悪感を抱くかもしれません。



でも、その点は全くと言っていいほど問題ないです。



なぜなら、現在検索上位に表示されるまとめサイトの殆どが

Wikipediaやニュースサイトの文章を

丸々抜粋しサイトを運営しています。



あれって、言ってしまえばコピーサイトですよね?



にもかかわらず、なぜスパム判定や

コピーサイト判定をされないかご存知でしょうか?



答えは簡単で、そのサイトが第三者が関与できるかできないかの差です。



つまり、第三者がコメント出来たり

自由に編集ができるかどうかが、スパムかどうかの判定の基準になります。



もちろん、これは確実な情報ではありませんが

今現在、ほぼコピーサイトといっていいまとめサイトや

自分のこれまでの検証でも、検索上位にいるものは

皆、この状態に設定し運営しています。



他にも、人の知りたいという知的好奇心を満たすためのサイトは

ほぼほぼ、上位表示されるので

コピーサイト等の心配はいらないと言っていいです。



このようにWIKIという性質上

コピペという簡単作業のみでコンテンツが作れますし

ネット百科事典という人の知的好奇心を満たす

役立つブログを作る以上

Google等からスパム判定される心配もありません。




では、そんな簡単作業をどの程度やれば

WIKI式ブログとして見栄えがよくなり

ネット上で認知され、参加者が増えていくかと言えば

大体、200回ぐらいのコピペが必要です。



「えぇー、200回もコピペするのぉ?」と

面倒に感じるかもしれません。




ただ、ハッキリと言わせて頂きますが

コピペという作業は地味ではありますが、かなり楽な作業です。



いろんな情報をリサーチして、そこから独自の考えを持ち

それを伝えるために、あれやこれやと

文章の書き方に悩む必要はないですし

書く内容とトレンド情報を合わせて

「うまい!」と思わせる文章を書くために

自分の脳ミソをフル回転させる必要だってありません。



こんな苦行をやるよりかは、遥かに楽ですよね



それでも、できるだけ早い段階で参加者を増やして

自分がやる作業を少なくするのがベストだと思いますので

そこについては特典の方でサポートさせて頂きます。



続いて、CWSで得ることができる

コンテンツ内容についての解説です。



全てが揃っている、衝撃のオールインワン


まず、CWSのマニュアルはこんな感じに纏められています。



CWSのマニュアル一覧


総ページ数は約200ページ強で

図解入りで分かりやすいという印象でした。



マニュアルにはワードプレスも分からないような

超初心者さんのための

ワードプレスインストールガイドも入っているので

何の知識もない、ゼロからの状態でも始められます。



仮に、ワードプレスを使ったことがある方でも

作業を効率化する役立つプラグインの導入方法~使用方法までが

詳しく載っているので便利です。



さらには、アンテナサイトを使った集客方法以外にも

FacebookやツイッターなどのSNSを使った方法

キュレーションサイトを使った方法、などなど

多岐にわたって様々な集客方法も解説されています。



他にも、CWSの要であるWIKIについてのサイト戦略や

収益最大化の裏技なんかも解説されているので

正に、至れり尽くせりなマニュアルです。



そして、一番目を見張るのが

CWS独自のテンプレートとプラグインです。




通常、WIKI式ブログを運営するためには

WIKI文法という専門知識が必要になります。



そのため、まずはWIKI文法を勉強する必要があり

その敷居の高さから

涙をのんで諦めてしまう人が多かったです。



しかし、



このCWS独自のテンプレートとプラグインを使うことにより

WIKI文法を知らない人でも、誰でも簡単に

WIKI式ブログを運営できるようになったのです。




なので、是非とも技術の進歩に喜びを感じながら

嬉々としてCWSを実践して頂き

稼いでもらいたいのが自分の願いですね



そして、そんな願いをより確実に実現するために

当ブログ限定の特典を用意しました。



コンティー海の限定特典で、さらなる力を


今回この有益で優良といえるマニュアルの紹介にあたって

マニュアルと並行して実践すると、とんでもなく恐ろしく稼げてしまう

収入アップのプレミアム特典」を20枠 15枠限定で配布します。



というのも、こういったアフィリエイト系のノウハウは

自分のホーム収益場といえるほどの得意分野なので

かなり充実している且つ、有益ですぐにでも稼げてしまうノウハウを

提供できる自信があります。



正直、このノウハウは今までの総額で

5年間で3000万円は余裕で超えるほどの収益を生み出している

生きたノウハウなので、是非この特典も使ってもらい稼いで頂きたいです。



なぜなら、自分は数年前まで

半年以上も数百円しか稼げなかった時期がありました。



報酬が全然ない時期でも、1日2~3時間は作業をしていましたし

長い時は、1日中作業をしていることもあったです。



自分の頑張りが報われない

辛くて苦しい時期が続きましたし

泣きたくなるときもありました。




そんなきつい時期がわかるからこそ

あなたにはそんな思いをして欲しくないですし

そのために、こうして特典を用意した次第です。



もちろん、そういった苦い時期があったからこそ

今の自分は存在しているのですが

早く稼ぐのと、ゆっくり稼ぐのとでは

どう考えても前者の方がいいですよね?



また、稼ぐからこそ見いだせる、気づけることも多々あります。



お金がすべてとは言いませんが

この世の悩みの90%はお金を稼ぐことで解決できます。



自分も稼げるようになったせいか

その90%で悩んでいたことがぶっ飛んでしまいました。



やはり、人間にはある程度の余裕がないと

見いだせないものがあるので

この特典でその近道をし

新たな境地に立ってください。



さて、長くなってしまいましたが

以下より自分の特典がどんな感じになっているのか

解説していきますので、是非ご覧いただき

その凄みを知っていただければと思います。



・海式クリエイティブイメージパック・零



この特典では、なぜこのノウハウにおいてWIKIなのかを解説し

通常の理解度をさらに増すことで、収益額を安定させる知識が詰め込まれてます。



・海式スクリーンパフォーマンス解説書



この章では画像の重要性や画像が人の脳や

クリック率に影響する心理学を応用し1.5倍のクリック率をはじき出す

人間の盲点ともいえる思考を操り収益金を伸ばしていく

裏技が解説されています。



・海式ユーザー巻き込み型のシステム構築法



ハッキリ言って、単発でクリックや商品が売れるなどの

システムが出来上がっていないアフィリエイトはタラれば実践です。



そのため、この解説書では

いかに計算されたやり口で人を誘導し

人が全く気づかれることなく行動(書かせる)を

コントロールするかの極意が解説されていますので

目玉の特典項目といっても過言ではありません。



・海式炎上商法を変形させたワイルドな裏テク



言葉の通り

この手法は炎上を狙ったちょっとグレーな手法なんですが

心がきれいすぎる方には、再現できないかもしれません。



といっても誰かが痛い目に合うというわけではないのですが

多少、片足をどぶに突っ込んでもいいという人のみ

実践してください。



手法自体も中学生程度の日本語力と

理解力があればだれでも実践できますし

収益結果は2~6倍ほど跳ね上げることも可能です。



以上の4項目だけ今は公開させていただきますが

それ以外にも、ここでは正直書けないような恐ろしい手口を

特典内に記載しておりますので

是非そちらも、ご購入後はご期待いただければと思います。

CWSの特典付き申し込みページはこちらから



社畜という悲しい宿命から抜け出し、自由と喜びの人生を得ませんか?


年功序列の崩壊、日本経済の停滞などから

会社内でいくら頑張っても

お給料が上がることはありません。



そんな、頑張りが報われない辛い状況のために

失意のどん底に落ちるかもしれませんが

何もしなければ、より悲痛な叫びを上げることになります。



落ち込む


なので、絶望的な状況を打破するためにも

今、行動するしかありません。




今回取り上げたCWSは

不労収入を得る、仕組みを作り上げるノウハウであり

そんな状況からサヨナラし、自由な人生を謳歌することが可能です。



作り上げると言っても、第一段階のアンテナサイトでは

簡単な設定を終えれば、後は放置で運営することできます。



CWSのメインであるWIKI式ブログ(第二段階)も

アンテナサイトの集客パワーを利用すれば

記事更新をしてくれる参加者が効率的に集まりますし

何もしなくても、勝手に記事が更新されるようになります。



仮に、参加者が少なくても

WIKI式ブログの性質上、誰でもできるシンプルな2ステップで

手軽にコンテンツを作ることが可能です。



さらに、一般的にはWIKI式ブログを運営する上で必須な

WIKI文法の習得も、CWS独自のコンテンツがあれば必要ありません。



この独自コンテンツは他では見たことがありませんし

おそらく、日本初のコンテンツです。




そんな革新的なCWSを手にし

不労収入の仕組みを作り上げれば

時間的にも、資金的にも余裕に満ちた生活を送れます。



毎日昼過ぎまで寝ていようが

最新ゲームが出たからと言って1日中ゲームをしていようが

朝が来るまで漫画やアニメを見ようが

人が少ない平日に旅行に行こうが

出勤している人を横目に遊びに行こうが

何の問題もありません。



社畜という奴隷から解放され

あなたらしい人生を、笑顔に満ち溢れながら送れます。



自由


しかも、上記で書かせて頂いた通り

CWSには追い風が吹いており

参入するなら今がチャンスです。



こんな傑作な商材を知れたのは、非常に幸運ですし

それをこのベストタイミングで紹介できるなど、まさしく奇跡です。




是非とも、このミラクルな機会に

CWSで不労収入の仕組みを作り上げ

いち早く救済され、羽ばたいて頂ければと思います。

CWSで羽ばたく!



では、失礼致します。



もし、CWSについて

「ここも知りたい」という箇所がありましたら

下記にメールフォームをご用意しましたので

お気軽に、ご連絡してください。

(コメントの方もお待ちしております。)

コンティー海へ連絡

↓↓ ためになりましたら、シェアをお願いします! ↓↓

2 Responses to “大橋慎也氏のCWSで”社畜”から救済される仕組みを作る”

  1. 森眞吾 より:

    インターネットビジネスの経験はありません!勿論アフィリエイトの世界はわからないです。CWSも理解しておりません。
    しかし インターネットビジネスは何でもいいから 初心者が意外と簡単にできるものを探しています。そして虫のいい話ですが稼ぎたいと思っております。CWSは本当に初心者でもできますか?
    もう少し知りたいですがーーー。よろしくお願いいたします。

    • コンティー海 より:

      コメント、ありがとうございます。

      CWSは、初心者さんにもオススメできるインフォです。

      継続して行うべき作業は、ネット検索をして得てきた情報を、
      そのままコピペのように上げるだけです。
      今の時代、ネット検索やコピペという作業は、
      どんな方でも行ったことがあると思います。

      最初の構築段階は、されたことのない作業だと思いますが、
      インフォ内に、手順がきちんと載っており、
      サポート期間もありますので、迷うことはないです。

      何より、一度構築してしまえば、
      後は、誰でもできる簡単作業だけで済みます。

      CWSを手に入れて、コツコツと簡単作業を積み重ね、
      稼いでいって頂ければと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ