児玉聖氏のMC Engineという超次元なツールビジネスセットについて


こんにちは、コンティー海です。



今では、自分らの生活を様々な角度からサポートしてくれる

ツールやシステムやアプリなんかが数多く存在しています。



実際、自分のPCやスマホなんかには

エクセル、ワード、chrome、メモ帳、Skype、

LINE、Google翻訳、Google Map、などなど

色んなものが入ってますし

それは当記事をご覧のあなたも同様のことでしょう。



そして、こういった「ツール」というものは

ネットビジネス界でも同じように存在しており

それにより、収益力を倍にされている方もいらっしゃいます。



でも、実際の話をしてしまうと

ツールで結果を出している方ってほんのわずかで

最悪の場合、

損失を出している方すら残念ながらいらっしゃるんです。



というのも、世に出ているほとんどのツールは

ゴミツールと言っても間違いではない

全く役に立たないものばかりなんですよね…




例えば、

1度も的中することのないロト6の予想ツール、

スパム扱いの被リンクを増やすSEOツール、

利用したらスグに凍結されるツイッターツール、

使えば使うほどマイナスになっていく自動売買ツール
、などなど

例を上げればきりがありません。



結局、多くのツールというのは

自身の情報商材を魅力的に見せるためだけに作られた

いわば、「お飾り」みたいなものなんです。



そのため、中身はスカスカになってしまい

本来考えるべき、

収益を発生させるのに必要な仕様は?

その仕様を実現するための機能は?

ユーザの利便性を考えた操作方法は?


などのことを全く考えていない、ただ動くだけの

無意味なツールになってしまってるんですね



だからこそ、そんなゴミツールを押し付けられた人は

いくらツールを使おうが稼げるわけがなく

下手すれば赤字になる可能性すらあるのです。




「こんなゴミツール、買うんじゃなかった…」



と、めちゃくちゃ後悔された方は

世の中にごまんと存在していることでしょう。



ただ、



今回取り上げた、このMC Engineで提供されるツールは

現役システム(ツール)開発のプロが

ツール利用者さんに収益を発生させるために

考えに考えて作った

いわば「収益発生装置」と言っても過言ではない

超次元のツールなんです。




さらに、このオファーではツールだけでなく

児玉聖氏が考え出した

収益率を最大7倍にまで膨らませることができる

独自ノウハウまでもが一緒に付いてきます。




なので、今回のオファーを一言で言うなら

「一級品のツール」と「効果絶大のノウハウ」が一緒になった

スーパー・ハイブリッド・ビジネスセット

だと個人的には感じますね



「なんかめちゃくちゃスゴそう!」



と、当記事をご覧のあなたは

期待に胸を膨らませているかとは思いますが

もしかしたら、「ホントかよ?」と

疑いの念を抱いているかもしれませんね



なんせ、詐欺まがいの商材が溢れている現状を考えれば

こういった疑念を持つのは当然と言えば当然でしょうから



ただ、実際に自分がMC Engineを手にして

その唯一無二な性能に身震いするような興奮を覚え

先ほどの感想を抱いたのは紛れもない事実なので

もし、あなたもそういった興奮を

少しでも体験してみたいと思ったなら

是非とも、5分間だけでいいので

集中してこの先をご覧いただければと思います。




その5分間でMC Engineの全てが分かるように

ギュッと凝縮して書かせていただきましたので



児玉聖氏のMC Engine


オファー名:MC Engine

販売者:児玉聖

参加費:リストリクションパッケージ:59800円 34800円(期間限定!)
    ブレイクスルーパッケージ :99800円 74800円(期間限定!)

※ 販売ページでは左記価格が表示されますが
  決済時には25000円オフの右記価格が表示されます。


⇒MC Engineへの参加はこちらから



SE時代のコネから偶然にも
ツール開発者S氏とお会いすることに


まずは、MC Engineを知ったきっかけから

お話をさせていただきたいと思いますが

実は今回、ネットビジネス業界のコネクションから

MC Engineの存在を知ったわけではなく

SE時代の仲間からこんなことを言われたのがきっかけでした。



「なんか俺が働いているとこに

 ネットビジネスのツールを作った人がいるらしいよ」




というのも、プロフィールに書かせていただいてる通り

自分は以前、SE(システムエンジニア)だったのですが

今でも、その当時のSE仲間たちと

たまに会って飲んだりするんですね



で、そのSE仲間の一人

N氏から上記のことを聞いたんです。



そして、N氏と同じとこで働いてる

「ネットビジネスのツールを作った人」というのが

MC Engineツールの開発者であるS氏だったわけです。



正直、この話を聞いたときは

「マジかよ、珍しいね~」とちょっと驚きましたね



というのも、自分がSE時代だったころは

「ネットビジネス関連のツールを作った現役SE」

なんて人とは一度もお会いしたことがなく

実際、N氏自身も

「いや~、俺も初めて聞いたよ」とのことでしたし



当然、現役ネットビジネスマンであり元SEの自分としては

S氏が作ったというツールが

どんなものなのか非常に気になりましたので

スグ、N氏に頼んで

自分とS氏が会えるように調整してもらいました。



そして、後日



はれてS氏とお会いできた自分は

色々とお話をさせていただき

S氏が開発したというツールの内容や

その背景(児玉聖氏の話も)なども含めて

聞くことができたんですね



対談


またその時、児玉聖氏とS氏は

S氏が開発したツールを何名かに使ってもらって

第三者目線から見たツールの性能がどうなのかをテストしたい

という考えを持っていることも聞きました。



その話を聞くや否や

「コレはチャンスだ!」と思い、ちょっと食い気味に

「是非、自分にそのテストやらせていただけませんか?」

思わず頼んじゃいましたね



というのも、S氏からツールの内容を聞いた限りでは

今までになかった目的のもとに開発された

新しいツールと感じたので

是非とも使ってみたいと思ったので



すると、「テストして欲しい」という考えがあったためか

S氏はこころよく引き受けてくれました。



その後、S氏からMC Engineツールをもらい

早速、使ってみることに…



元々はバイトより劣るノウハウでした…


さて、ここからは

自分がMC Engineを利用した時に感じた

使い勝手なんかをお話しようと思いますが

その前に、そもそもMC Engineツールとはどういったツールなのか

について解説させていただきますね



まず、MC Engineツールとは

児玉聖氏が実践して実際に収益を出したノウハウを

より効率化して収益率をアップさせるために生み出されたツールです。




ちなみに、



実践したノウハウとは無料でデータをパクってきて

色んなサイトにそのデータを挿入することにより

収益を発生させるようなものでした。



例えば、合法的にパクれるところからデータをパクって、


データをパクる


そのデータを収益を出すことができるサイトに挿入、



データを挿入


こんな感じの作業で収益を生み出していく内容です。



まぁ、データというお金のかからないものを仕入れて

別サイトにアップするという作業から

「お金のかからない転売」と言えば

イメージが付きやすいでしょうか



このように「パクって挿入」という

作業内容自体は非常にシンプルなものなので

コレと言ったスキルや才能は必要ありませんし

むしろ、高校生でも簡単にできる内容ではあります。




ただ、重要なのはここからで

この一連の作業を何度も繰り返す必要があったんですね

(サイトAで挿入したら今度はサイトBでもやる、という感じです。)



作業の繰り返し


というのも、

あまり需要がない市場からデータをパクるため

1回の作業だけでは、ほとんど稼げないんですよね…



なので、必然的に沢山稼ぐためには

何回も同じ作業を行う必要がありました。



だから、めちゃくちゃ時間がかかるんですよ(汗)



1回の作業だけなら1時間程度で終わるのですが

それを何度も行うとなると

平気で6時間以上かかることもあります。



しかも、このルーチンワークを継続して実践したとしても

得られる報酬額は月に10万もいかないため

実践した時間のわりに低報酬という

非常に効率が悪いノウハウだったんです。



実際自分も一時期やったことがありますが

その時は、わずか4万円しか稼げなかったです…


ガッカリ


まぁ、ミッチリやっていたわけではないですが

それでも正直、「バイトの方がマシでは?」

と思うぐらいのダメダメなノウハウでした。




ただ、MC Engineツールを使うことにより

「ダメダメ」な状況は一変します。



圧倒的な性能、そして圧倒的な操作性によって実現する
「ダメダメ」から「イケイケ」への大躍進


まず、MC Engineツールを使用すると言っても

基本的な作業内容は先ほどと同様で

「データをパクって挿入」という流れです。



ただ、「挿入」する場所が少し変わり

下記のように、MC Engineツール上に挿入を行います。



MC Engineツールに記入する


そして、挿入が終わったら下記のボタンを押します。



MC Engineツールのボタンを押す


すると、MC Engineツールが動きだし

下記のように「完了しました」という画面が出れば終わりです。

(時間にすると大体1秒もかからないぐらいです。)



MC Engineツールの作業完了


以上が、MC Engineツールを使用した場合に行う

作業内容の全体像となっています。



で、なんですが…



ここからがMC Engineツールのスンゴイところで

通常であれば、この「パクって挿入」という流れを

何度も何度も行う必要があるんですが

MC Engineツールを使うと、たった1回で済んじゃうんです。



というのも、先ほどボタンを押して

MC Engineツールが動くところがありましたが

この時、MC Engineツールでは

合計8サイト分の作業を自動で終わらせるように

色々と作業をしてくれているんですね



要は、従来であれば

何度も作業を繰り返し何時間もかかっていた作業が

MC Engineツールを使うと

たったの1回で終わってしまうということです。




従来とMC Engineツールを使った場合


いかがでしょう?



こうして、「従来」と「MC Engineツールを使用した場合」

とを比べてみると

いかにMC Engineツールが有用なものであるかが

ご理解いただけるのではないでしょうか



なんせ、今まで出てきた有用なツールでも

カットされる作業量は半分ぐらいがいいとこですし

そのツールでさえ

優秀なものだと言われている現状を考えれば

いかにMC Engineツールが

超次元のツールであるかが分かりますよね



現に、自分やこのツールを使用した方々は

「このツールはヤバいよ!」という

共通認識を持っているぐらいなので




なので、「ダメダメ」だったノウハウが

このツールだけで「イケイケ」になった

と言っても過言ではないでしょうね



だって、合計8サイト分の作業を自動で行うということは

本来であればかかっていたはずの作業時間を

1/8にするということであり

それはつまり…



収益率が最大8倍になるのと同じことですからね



収益アップ


ということは、

サラリーマンの平均月収以上は楽々稼げるということであり

むしろ、一般的なボーナスの倍以上を稼ぎだして

リッチな生活を送ることだってできるわけです。



また、作業時間を大幅に効率化して

収益力を爆上げするだけでなく

MC Engineツールは操作性もかなり優れているんですよね



操作性


というのも、ユーザが何か操作をすると

画面がシュッて動いたり、ボタンがクルッと回ったりして

今自分が何の操作をしたかが分かりやすく

かつ、カッコいいんです。



ぶっちゃけ、ツールを動かしてるだけで

ちょっと楽しい気分になっちゃいました(笑)




一方、今までにあった情報商材のツールは

何かボタンを押しても、特に反応はなく

いきなり画面が切り替わったりするため

切り替わるまでは動いてるんだか、動いてないんだかがよく分からず

ユーザを不安にさせることが多かったんですよね



他にも、デザインが無機質だったり…



もちろん、デザインが悪いからと言って

性能が悪いということにはなりませんが

やはり、ツールというのは人が扱うものですし

どうしても無機質なデザインというのは

ユーザに対して無駄に

「難しそう…」という先入観を与えてしまいがちです。



なので、デザインを良くするということは

難しいという先入観を無くすことができ

操作性の向上に繋がります。



そして、MC Engineのツールではユーザに

変な「不安」や「先入観」を与えないように

ユーザが操作するたびに何か反応があったり

デザインもカッコいいので

操作性も桁違いに良いんですね




ぶっちゃけ、

「やっぱ、現役のプロはスゴイな~」と

素直に感心しました。



ホント、今までのツール開発者とは技術力が段違いだと思います。



段違い


というのも、昨今の情報商材ツールを作っているのは

素人に毛が生えたような人や

以前にシステム開発をしたことがあるような

技術力が乏しかったり、

最新技術を知らないような人ばかりなんですね



だからこそ、今までのツールと

現役SEであるS氏が作ったツールとで

圧倒的な性能差が出るのは当たり前と言えるでしょう。




もちろん、S氏にテスト結果を報告する時は

「性能面、操作面、ともにすばらしいツールでした」と

報告させていただきました。



で、その報告をする少し前に

どうやらMC Engineを販売するという話が上がったらしく

S氏から「MC Engineを紹介してくれませんか?」

とお誘いがあったので

今こうして、この記事を書いている次第です。



ちなみに、



S氏とは何度かお会いさせていただく機会があり

その時に、技術的な話も色々と聞かせていただいたので

自分のSEとしての実力も上がったかな~と思ってます。



あー、それと

この上がった実力に関しては

MC Engine参加者特典の方で遺憾なく発揮しましたので

是非とも、ご期待くださいね


(特典に関しては、最後に書かせていただきました。)



さて、



ここまでで、MC Engineツールの素晴らしさは

十分にご理解いただけたと思いますが

もしかしたら、

「ツールの凄さは分かったけど

 それでも、月収100万円を超えるのは厳しいよね?」


と、思われているかもしれませんね



確かに、ノウハウ自体の収益率があまり良くないため

いくらMC Engineツールを使ったとしても

月収100万円を超えるのは、中々厳しいと思います。



では、MC Engineで月収100万円を目指すのは無理なのでしょうか?



いえいえ、そこで登場するのが

児玉聖氏の独自ノウハウになるんですね



なので、次は独自ノウハウについて解説させていただきます。


ある二つのものを加えた独自ノウハウ
それにより爆発的な収益アップが!


まず、上記でも解説させていただいた通り

元々、児玉聖氏が実践したノウハウというのは

需要の少ない市場からデータをパクるというものでした。



ですが、何もわざわざそんな需要のないところを

ターゲットにする必要はないわけです。



要は、「需要の少ない市場」ではなく

「需要の高い市場」からデータを得た方がいいということです。




当たり前ですよね



「需要の少ない市場」から得たものと

「需要の高い市場」から得たもの、

どちらがより稼げるかなど

火を見るよりも明らかでしょう。



なので、児玉聖氏の独自ノウハウでは

そんな「需要の高い市場」をターゲットにしています。




実際、自分もこの市場でビジネスを行っており

最大で月に約200万円を稼ぎだしたことがありますし

今でもコンスタントに100万円を超える収益が出ています。



それだけ、この市場は稼げるんですよね



稼げる


しかも、この市場に参入されている方は

自分が確認する限りはまだまだ少数です。



つまり、今から参入したとしても

月収100万円を達成することは十分に可能ということですし

こういったライバルが少ないという点は

これから参加する人には非常に嬉しい点だと思います。




さらに、パクり方に関しても

児玉聖氏ならではの工夫がされているんです。



というのも、

何も変えずに全く同じようにパクるのではなく

児玉聖氏が語るノウハウでは

ちょっとした変化を加えるための

「独自テンプレート」が用意されているんですね



で、この「独自テンプレート」というのは

児玉聖氏が「需要の高い市場」を研究した過程で生み出した

多くのテンプレートの内の一つであり

そして、一番稼げたテンプレートとなっています。



ちなみに、児玉聖氏の検証によると

この「独自テンプレート」を使うことによって

最大4倍もの収益アップを叩きだしたらしいです。



実際、自分もこの「独自テンプレート」を取り入れたことによって

収益率が1.5倍以上になっちゃいました



まぁ、自分は元々

この「需要の高い市場」でそれなりの結果を出していたので

爆発的な収益アップとはなりませんでしたが

それでも、200万円の利益が

コンスタントに出るようになりました。



それだけこの「独自テンプレート」って効果絶大なんですね



以上、

「需要の高い市場」と「独自テンプレート」を合わせたのが

児玉聖氏の独自ノウハウであり

だからこそ、冒頭でも語った通り

この独自ノウハウを使うことによって

最大7倍もの収益アップになるんです。




上がる



ただ、MC Engineに用意されている

二つのパッケージ(リストリクションとブレイクスルー)のうち

独自ノウハウが入っているのは

「ブレイクスルー」だけとなっています。



そのため、月収100万円超えを目指す場合は

「ブレイクスルー」を選択する必要があります。



とはいえ、MC Engineのツール自体はどちらも付くので

そこまで多く稼ぐことを考えないなら

安価な「リストリクション」の方がいいでしょう。



ただし、「リストリクション」から

「ブレイクスルー」への変更はできないので

どちらを選ぶにしろ

よくよく、ご検討いただければと思います。

(個人的には、「ブレイクスルー」の高い収益性を考えたら
 
 断然、「ブレイクスルー」の方がいいとは思いますが)



さて、



ここまで、MC Engineのツールやノウハウを解説してきましたが

いかかでしたでしょうか?



既に、MC Engineが欲しくてたまらないほど

興奮しているかもしれませんね




まぁ、「一級品のツール」に「効果絶大のノウハウ」が

セットになっているのですから

無理もないと思います。



でも、MC Engineの魅力はこれだけではないので

次はその魅力について解説させていただきますね



小銭で実践できて、さらにこんな保証まで!


まず、MC Engineを実践するのに必要なのは

「レンタルサーバー」のみであり

そのため、小銭程度の資金で始めることができちゃいます。



小銭


具体的には、月に500円程度であり

1日換算にしたら20円にも満たないという

わずか、うまい棒2本でできちゃう計算です(笑)



なので、使える資金があまりなくて

ネットビジネスを諦めていた人には

「こ、これだったら私にもできそう!」と

希望を持てるものではないでしょうか



だって、500円程度の資金であれば

ぶっちゃけ、小学生でも用意できますからね



しかも、小資金で始められるからと言って

得られる収益まで少なくなるわけではなく

上記でお伝えした通り

一般的な社会人では考えられないような

莫大な稼ぎを得ることができます。



つまり、小銭から大金を稼ぐことができるということです。



小銭から大金を稼ぐ


なので、あまり資金をかけずに

ネットビジネスで稼ぎたいと考えている方には

MC Engineほど適したものはないと思うので

そういった方には、是非とも手にしていただきたいですね



また、



MC Engineのツールには下記のような

アップデート保証も付いています。



アップデート保証


そのため、仮に環境が変わって

MC Engineの起動に問題が出た場合には

すぐさま、修正してもらうことも可能です。



やっぱり、ツール利用者としては

できるだけ長く使用したいと思うのが普通ですし

その思いを力強くサポートしてくれるこの保証は

非常に心強いと思います。



他にも、ツールの設置代行サービスまでも存在します。



設置代行


なので、PCの扱いに慣れてなくて

設置できるか心配な方にはうってつけのサービスでしょうね



もちろん、マニュアル内にはツールの設置方法が

手取り足取り解説されているため

ツールの設置に戸惑うことはないと思います。



それでも中には、「ホントにPC音痴だから大丈夫かな?」と

不安を感じる方はいらっしゃると思いますので

そういった方々の不安まで取り除く

この設置代行サービスを付ける児玉聖氏は

流石として言いようがないですね



さて、



ここまでMC Engineの様々な魅力を

お伝えさせていただきましたが

「非の打ち所がないがスゴイものじゃないか!」

と感じている方がもしかしたら

いらっしゃるかもしれませんね



ただ、勘違いしないで欲しいのですが

いくらMC Engineといえどもデメリットは存在します。



なので、次はMC Engineのデメリットについて

お話をさせていただきますね



考えられるMC Engineのデメリットは?


まず、パッと思いつくのが

継続した作業が必要ということでしょうか



まぁ、何かビジネスをして稼ぐ以上

継続して作業を行うのは当然ではありますが

中には、仕事が忙しくて作業を行う暇がない

という方もいらっしゃるでしょうから

そういった方には厳しいかもしれません。



ただ、MC Engineには優秀なツールとノウハウがあるため

休日にだけ作業を行うということも可能であり

それなら、仕事が忙しい方にも

無理なく実践することが可能だと思います。



なので、週1日でも作業をできる方なら

一般的なサラリーマン収入の倍以上は

容易に稼ぐことが可能です。




とはいえ流石に、

月1日しか作業できないとなると

収益にかなり悪影響が出ますので

そういった方は辞めた方がいいでしょうね



他には、



月収1,000万円という超大金持ちになりたい人には

あまり向いていないと思います。



というのも、いくら優秀なツールとノウハウがあろうが

やはり限界というものはあり

参入する市場規模から考えると

おそらく、月収300万円ぐらいがいいところでしょう。



そのため、超大金を得たいという方も

別のものを探された方がいいです。



ただ、月収300万円まででいいなら

このMC Engineには初心者さんでも現実的に大金を稼げてしまう

ツールとノウハウが揃っているので

是非とも、手にしていただければと思います。




大金


あとは、



MC Engineの利用者が増えることによる

競合とかでしょうか



これに関しては

残念ながら避けられないと思います。



例えば、iPhoneが出た当初は

持っているだけで注目の的になったかもしれませんが

今ではそんなことはありませんよね



なので、多くの人がMC Engineを手にした場合

MC Engineを持っているだけであった

「優位性」は損なわれるはずです。



とはいえ、

現状、生産数は300本までとなっているので

この程度の数であれば

MC Engine利用者同士での影響は

ターゲットにする市場的に少ないでしょう。




少ない



ただ、全くのゼロだとは言えず

僅かではありますが収益性に影響は出ると思います。



さて、



ここまででMC Engineの解説は終わりになりますが

いかがでしたでしょうか?



もし、MC Engineに対して

一片の魅力も感じなかった場合は

どうぞ、この先はご覧にならずに

このままこのページを閉じてください。



おそらく、そういった方には

MC Engineは向いていないでしょうし

向いていない方が実践しても

収益を上げるのは難しいでしょうからね



しかし、



少しでも魅力を感じたなら

是非とも、今しばらくだけお付き合いいただければと思います。



この先、MC Engineのデメリットを解消し

さらには、ツール面およびノウハウ面をアップグレードできる

自分が用意したとっておきの特典について

解説させていただきますので




MC Engineをあらゆる面から進化させる特典
「三種の神器」について


まず、先ほどもお話ししましたが

MC Engineは利用者が増えると収益性に影響が出てしまいます。



もちろん、最初から300本限定という条件が付いているため

ほぼ無視しても構わないような影響ではありますが

折角、数あるブログの中で

何かのご縁で当ブログをご覧になっているあなたですから

自分としては、そんなあなたに

0.1%でも影響が出ない状態で参加して欲しいと思ってます。



というのも、できるだけ参加された方からは

「すごく良かったよ」と感謝されたいですし

そういった欲求は誰もが持っているものですからね



なので、どうにかMC Engineツールをカスタマイズして

他の人が持っているMC Engineツールとは

明らかな差が出せないかと

色々と試行錯誤をしてみることにしました。



とはいえ、

そうそう、うまくはいきませんでしたがね…



なにせ、MC Engineツールを

自分で改造するようなものですからね



当然、MC Engineツール自体の中身をよく知る必要があるのですが

先ほども解説したとおり、

なんちゃってツールとは性能面、操作面ともに格が違うため

それに伴い、ツールのボリュームもかなりのものだったんです。



だからこそ、MC Engineツールを解析するには

相当時間がかかりました。

(大体、1ヶ月はかかったかと思います。)



ただ、時間をかけて解析したかいあって

ついに…



「8サイト」同時から「10サイト」同時へと増やすための

秘密のコードを開発することに成功しました!




そのコートが最初の神器である…



開発者であるS氏も知らないような
MC Engineを強化することができる、
■神器1:ドーピングコード


ドーピングコード


これにより、元々のノウハウと比べ

最大10倍の収益差が生まれます。



なにせ、10サイト分の作業を

たったの1回で終わらせることが

できるわけですからね




そして、重要なのは

自分以外のところからMC Engineを手にした人は

8サイト分の同時作業しかできないというです。



ということは、当ブログから参加されるあなたは

他の参加者さんより、頭一つ抜け出せるということであり

それはつまり、利用者が増えることによる

収益性への影響が少なくなるということです。




なので、最大300名のMC Engine利用者という限られた人の中の

さらに「ドーピングコード」利用者という「超」限られた人になって

その優位性に酔いしれていただければと思います。



また、



MC Engineの解析をしている時に

とある特殊な使い方ができることにも気づいちゃいました。



で、その使い方が次の神器である…



マニュアルにも載っていないある特殊な使い方
それによりMC Engineの性能を何倍にもアップできる
■神器2:バーサークテクニック


バーサークテクニック


まぁ、分かりやすく言うと

普通の使い方では「ドーピングコード」があっても

10サイト同時がMAXだったのが

「バーサークテクニック」によって

20サイト同時や30サイト同時もできるという感じですかね



そのため、「ドーピングコード」によって

頭一つ抜け出ていたのが、この「バーサークテクニック」により

さらに埋めようがない差が開くでしょうね



正直、「バーサークテクニック」までも手にして

圧倒的な差ができたら

「手にしてない人はかわいそうに」と

普通のMC Engine利用者さんに

哀れみすら覚えるかもしれません(笑)




ただ、あまり「バーサークテクニック」を使いすぎると

MC Engineツールに多大な負荷をかけますので

せいぜい、2倍ぐらいまでに抑えてくださいね



そして、最後の神器は…



コンティー海が教えるデータ挿入の極意
たった一つのことを意識するだけで収益率が倍になる
■神器3:アルティメットポイント


アルティメットポイント


「ドーピングコード」と「バーサークテクニック」は

MC Engineのツールに関するものでしたが

この「アルティメットポイント」は

MC Engineのノウハウ部分に

スポットを当てたものとなっています。



まぁ、ノウハウ部分に関しては

児玉聖氏の独自ノウハウがあるため

それだけでも十分な効果はありますが

「こうやったらもっと稼げるのに」と思うところがあったので

自分だけが知っている、とある極意を付けさせていただきました。



少しだけ内容を明かすと、

人間の行動心理を研究した結果生まれた

ある法則を応用して

データ挿入にアクセントを加え

収益率をアップさせる「秘技」みたいなものです。



まぁ、詳しくは特典内に書いてありますので

楽しみにしていてくださいね



以上で「三種の神器」の解説は終わりなんですが

実は、自分からプレゼントさせていただく特典は

まだ、他にもあります。



それが、メールサポートを含めた

下記、「プラスアルファ特典」です。



・MC Engineの作業をしながら
 別のところからお金をもらう方法

・データ挿入の練習をしながら
 ちゃっかり報酬も得てしまう副業

・多くの人が知らない
 MC Engineで利用するサイトのマル秘手法

・無期限メールサポート




そして、さらに!



自分、コンティー海が

あなたの代わりにツールの設置を行う

「設置代行サービス」も付けちゃいます。



もちろん、MC Engineにも設置代行サービスはありますが、

現状、10000円という安くない設置代行費用が必要です。



そこで、今回自分が提供させていただく設置代行サービスは

あなたの負担を少しでも軽くするために

もっともっと安く提供させていただきます。



「じゃあ、いくらなの?」



と、そんな声が聞こえてきそうですが

自分が行う設置代行サービスは

「10000」に1本の線を引いた額にさせていただきます。



では早速、線を引きますね



10000



はい、「10000」円

つまり完全無料で設置代行を行わせていただきます。



完全無料


・コンティー海の完全無料設置代行サービス

※ この設置代行サービスは自分個人が行っているものなので

  児玉聖氏が提供されている設置代行サービスとは全くの別物です。

  なので、当設置代行サービスを希望される場合は

  「設置代行なし」プランで手にしてください。




やっぱり、折角あなたに

MC Engineを手にしていただくのですから

「ツールの設置がでないよぉ…」

なんて悲しいことにはなって欲しくないですし

先ほども言いましたが、なるべく感謝されたいですからね



ぶっちゃけ、「三種の神器」に「プラスアルファ特典」

さらには「無料設置代行サービス」まで付いている今回の特典は

自分でいうのも何ですが、夢のような特典だと思います。



だって、

ここでは設置代行が無料のため、10000円オフでお得に参加できながら

ツールの性能アップやノウハウの収益率アップに

無期限メールサポートまで付いているのですから

至れり尽くせりの極みですよね




そのため、もしこの特典のことが広まったら

みんながみんな、自分のところから参加されることでしょう。



しかし、それでは



MC Engine利用者さんの中「明らかな差」を出す

という目的のもとに生み出された

この特典の意味が無くなってしまいます。



なにせ、300名全員が「三種の神器」付きで

MC Engineを手にするわけですからね



それに自分としても

一人で300名全員の設置代行をするのは時間的にかなり厳しいです。



そこで、



この特典には先着20名様 先着4名様

という制限を付けさせていただきます。



まぁ、できれば

多くの人に手にしていただきたいとは思いますが

それだと「差」が無くなってしまいますので

何卒、ご了承ください。



なので、「三種の神器」、「プラスアルファ特典」

「無料設置代行サービス」が付いている破格の特典を手にして

通常のMC Engine利用者さんと圧倒的な差をつけたい方は

特典が残っているうちに

下記リンクからお早めにご参加いただければと思います。


⇒特典付きでMC Engineに参加する



※ 期間限定キャンペーン中につき
  
  当ブログからMC Engineにご参加される場合、

  今であれば、両パッケージともに「25000円オフ」になります。

  (販売ページでは上記価格が表示されますが、
 
   決済時にはお得な価格が表示されます。)


※ 特典の受け取り方法ですが

  参加時に記入した「お名前」と「メールアドレス」を

  自分にご連絡いただければプレゼントさせていただきます。

  ⇒コンティー海に連絡




最後になりますが

「持てる者と持たざる者」ということわざはご存知でしょうか?



世の中には、豊かな者と貧しい者しかいない

という意味のことわざですが

その間を分けるのは

抜きんでたものを持っているか、持っていないかです。



何かしらのスキル、

何かしらのノウハウ、

何かしらのテクニック、

はたまた、何かしらのツール



どういったものでもいいですが

一般の人より豊かになるには

一般の人が持っていない

何かしらの秀逸なものが必須なんですね




そして、既にあなたもご存知の通り

MC Engineは一般の人が持っていない「秀逸なもの」であり

これを手にするあなたは

一般の人より遥かに豊かな人生を歩めるということになります。



さらに、



自分がご用意した「三種の神器」も手にしたならば

一般の人より豊かな人生を送れるMC Engine利用者さんを

さらに追い越し、

圧倒的な豊かさを手にすることが可能です。



ですので、この「MC Engine」と「三種の神器」を手にして

是非とも、「持てる者の中の持てる者」になっていただければと思います。



持てる者

⇒「持てる者の中の持てる者」になる



それと、



MC Engineや特典について

質問したいことがある場合は

遠慮せずに、自分に聞いていただければと思います。



あー、ちなみに



自分に連絡する時は、わざわざ

かしこまった文なんか書く必要はないですし

むしろ、ラフな感じの文で

らく~に質問してきてくださいね



というのも、当記事をご覧になっているあなたは

少なからずネットビジネスに興味を持っている

もしくは既に実践していることと思いますので

自分はあなたのことを

「ネットビジネス同志」だと思っています。



そんな「同志」間でのやり取りで

あえて固い言葉を使うことってないですよね



なので、是非ともお気軽に連絡してきてくださいね

コンティー海に連絡



それでは、あなたからのご連絡を

心からお待ちしております。


4 Responses to “児玉聖氏のMC Engineという超次元なツールビジネスセットについて”

  1. 下平良男 より:

    MCエンジンを注文しましたので特典をよろしくお願いします。

  2. 高橋 より:

    コンティー海さん、初めまして。

    ビットコインを買いそびれた私です。
    MC Engine、コンティーさんの英知&サービスが加わり、最強ですね!
    特典はまだ残っていますでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    • コンティー海 より:

      高橋さん
      コメント、ありがとうございます。

      特典はまだ残ってはいますが
      徐々に減っていっている状態なので
      ご興味がありましたら
      お早めに手にしていただければと思います。

  3. 小浜弘 より:

    ブレイクスルーパッケージ「設置代行サービス」の申し込みをしました。(銀行振込、これから振込します。)開始できるまでのフォローをお願いします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ